NFさんの映画レビュー・感想・評価

NF

NF

レリック ー遺物ー(2020年製作の映画)

3.0

オーストラリア映画だけどアメリカのホラー映画っぽい。断片的な情報しか与えられずちょっと小難しいあたりは最近見たダークアンドウィケッドに似ている。
認知症を視覚的に表現したのかなという部分が唯一派手な部
>>続きを読む

モスル~ある SWAT 部隊の戦い~(2019年製作の映画)

3.2

リアル路線の戦闘映画。
主人公と同じ情報量しかこちらも与えられず、アクションシーンも中々派手なので臨場感が凄い。
ルッソ兄弟の名前で製作費大分集まったんだろう。撮影どこかな。
戦いの目的が分かった時は
>>続きを読む

サマリタン(2022年製作の映画)

3.4

結構お金のかかったヒーロー映画。大手の映画会社製作だったら絶対主演はスタローンじゃなかっただろう。戦略的とはいえAmazonもNetflixも一風変わった作品が観れるのは良い。
内容自体はやや大味。世
>>続きを読む

エクストロ(1983年製作の映画)

3.1

インベージョン系にサイキック、グロをプラス。子孫繁栄描写はエイリアンの影響か。当時流行ってたんだろうか。
だがどうしても家政婦のヌードシーンの方に目がいってしまう。
3作目まであるらしいがどこで見れる
>>続きを読む

ブラッド&ボーン 真拳闘魂(2009年製作の映画)

3.3

無敵のマイケルジェイが悪党をボコボコにしていく映画。この頃は体のキレが一番良い頃。
なんとなく雰囲気が西部劇っぽい。主人公がヒロイック過ぎるというか。若干セガール映画風。
主役が製作も兼ねるとナルシス
>>続きを読む

ヴァスト・オブ・ナイト(2019年製作の映画)

3.4

Xファイルとかでありそうな異星人との邂逅。
長回しの密室劇からの町中を走り回るカメラ等、内容の割には意外と派手。
B級C級ジャンル映画でありそうな題材を手堅く綺麗にまとめ上げた感じ。

ブラック・アズ・ナイト(2021年製作の映画)

2.5

ティーンを主役にしたヴァンパイア映画。
新しい設定や描かれ方もあるが、全体的にあまり盛り上がらなかった印象。アクションもホラーも中途半端でヴァンパイアが弱い。
黒人白人ゲイのキャストや人種問題の盛り込
>>続きを読む

ムーンフォール(2021年製作の映画)

3.3

ローランドエメリッヒの映画と聞いて多分こんな映画かなと想像していたらその通りのものが出てきた。
でも画質が良すぎて逆に安っぽく見えるようになってきたなー

牙狼 GARO DIVINE FLAME(2016年製作の映画)

3.1

牙狼アニメ1期の劇場版。
新たな敵と戦う為に全員再集結、な感じなのだけど結構バラバラに戦っている印象。
なんかみんな弱くなってない?って思ってしまう。敵が強いのかもだけど。

ゴールデン・ジョブ(2018年製作の映画)

3.5

古惑仔シリーズの同窓会的作品。
年取ってもまだこんな事で争ってんのかよとは思ったが、往年の香港映画のような無鉄砲なド派手アクションは見応えがある。
映像や美術に中国映画味はあるが香港映画らしい。
ミリ
>>続きを読む

ドラゴンウルフ(2012年製作の映画)

2.6

犯罪組織内で義兄弟が仲違いし殺し合う、というよくある物語。
仲違いする原因の過去パートと現在パートが並行して描かれるのだが、現在と過去の見分けが若干難しくややこしい。あと主人公の髪型が気持ち悪い。
>>続きを読む

自由を我が手に(2021年製作の映画)

2.0

多分コロナ禍の自粛中に色々な制約の中で製作されたんだろう。
予算の少なさはいつも以上。それでも造形のクオリティは下がってない。
中編映画なので物語はかなり簡単なもの。津田寛治演じる殺人鬼の個性の一点突
>>続きを読む

ヘブンズ・ラッシュ(2022年製作の映画)

3.5

格闘アクションのバトルシーンのみに特化した短編。
見所は多分ベイビーわるきゅーれと同じ役だと思われる伊澤沙織とのバトルと、ラストにちょっと出てくるあいつ。
フリとしては最高。

最強殺し屋伝説国岡 完全版(2021年製作の映画)

3.2

物語の切り口としてはありふれた事件や白石晃士作品と似てる。唯、戦ってる人同士の間にカメラが入り込んだりと、撮影がどうもおかしい。フェイクドキュメンタリーとしては成立していない。物語自体は面白かったので>>続きを読む

狂徒(2018年製作の映画)

2.5

アクションとしてもサスペンスとしても飛び抜けて良い所は無かった。
物語としての焦点が定まってないのと演出のもっさり加減、キレのないアクションが見ていて眠い。
本当にこれで金馬奨の最佳動作設計受賞したの
>>続きを読む

スレイト(2020年製作の映画)

2.3

韓国映画は良作が多いと思ってたけど外れもあった。
悪い意味で漫画っぽいソードアクション。
実際はアクションと呼べる程出演者達がアクション達者じゃないあたりが、日本の大作映画と似てるなぁと思ったり。

BECKY ベッキー(2020年製作の映画)

3.3

ゴア版ホームアローン。
ベッキーが強いのか脱獄囚が弱いのか。
ベッキーの情け容赦の無さが子どもらしさ全開。
鍵って結局何に使うんだろうな。SFの続編とか出来たりして。

ダンジョン・クエスト(2020年製作の映画)

2.1

TVゲームを題材にしたSFアクション。
ウルティマみたいなゲームが発端になってるんでアメリカ製ゲームが好きな人達が作ったのかと思ってたが、武器が任天堂のパワーグローブやスーパースコープだったり、背景が
>>続きを読む

デモニック(2021年製作の映画)

2.5

期待していたニールブロムカンプの新作なのに、安い…
現代のテクノロジーとエクソシストの融合を試みたんだろうが、出来上がったのはチープなザ・セルとB級ホラー。
もう欧米では終わった人扱いなのか…?

キャッスル・フォール(2021年製作の映画)

3.3

等身大のドルフとアドキンスがギャングと大金の奪い合い。
爆破解体間近の廃病院というタイトな設定なので少々安上がりでも問題無し。
爆破シーンのCGと演出が安すぎるのはちょっと引いたが

アンデッド(2003年製作の映画)

2.5

ナイトオブザリビングデッドで始まり、ジョンウーが乱入し、未知との遭遇、バイオハザードで締める。
この安さでここまで攻めるのも凄い勇気。

ルパン三世 トワイライト☆ジェミニの秘密(1996年製作の映画)

3.7

ルパンの服装がいつもと違っていたり、目の見えてる次元、金髪不二子とのベッドイン、女性キャラは2人ともヌードシーンあり。
ルパン一族の過去が少し明かされたり、色々と異色の作品。
007やハリウッド映画を
>>続きを読む

ヤクザプリンセス(2021年製作の映画)

3.1

グラフィックノベルの映画化らしい。
日本を題材にした外国映画だが特別ヘンテコ描写は無いので、ギャング系のアクション映画として普通に観れる。若干香港風。ヤクザと侍と武道家を混同している節があるのがちょっ
>>続きを読む

REVENGE リベンジ 鮮血の狩人(2020年製作の映画)

4.0

森の中で変態とデスマッチ。
狂気とコメディの狭間のギリギリを攻める展開は一部寓話的なアート映画みたいで中々面白い。
主人公が弓を使うシーンは無し。

ドーン・オブ・ザ・ビースト 魔獣の森(2021年製作の映画)

2.9

人間vs悪霊vsビッグフット。
他にも人喰いグールや死霊のはらわたみたいなのも。
色々詰め込んだ上で話もそこそこ盛り上がるのは良いんだけど、肝心のビッグフットの活躍が少ない。その手前で予算使い果たした
>>続きを読む

ハロウィン KILLS(2021年製作の映画)

3.4

脇役大量投入して大バトルが展開されるのかと期待してたけど、そこはやっぱり田舎町、ちまちま殺戮が続く。
1作目の直接続編シリーズだから、みんなマイケルが不死身だって知らないんだよな…
混乱の様相は現代社
>>続きを読む

幽霊ゾンビ(2007年製作の映画)

3.0

ホラーとコメディとバディもの(と妖怪ハンター)が融合した、他に無い味わい。
すっごいチープなんだけど妙にテンション上がってくる。
コワすぎシリーズに繋がる原型が微かにある。

テケテケ2(2009年製作の映画)

2.9

前作とは全く違うテイストの変化球。
前作で分かった法則や対策が半分どうでもよくなってる。
ゴアシーンはパワーアップ。

テケテケ(2009年製作の映画)

3.1

テケテケが結構ワイルド。
都市伝説の幽霊というよりもっと物理的なモンスターとして出てくるので、アメリカのモンスターホラーとリングが合体したみたいな感じになっている。
殺し方が豪快でグッド。

シェラ・デ・コブレの幽霊(1964年製作の映画)

3.0

幻のホラー映画と聞いてはいたが、どっちかというと探偵ミステリーやサスペンス風味の方が強い。幽霊は一つのギミックというか味付けみたいな。

ダーク・アンド・ウィケッド(2020年製作の映画)

3.0

アメリカ映画でよくある、家に悪魔的な何かが入り込んでくる系。徹底的に陰湿で背徳的。暗い。ヘレディタリー以降のトレンドなのかね。十数年前ならインシディアスみたいになりそうだし。

アフリカン・カンフー・ナチス(2020年製作の映画)

2.2

ふざけた内容だということは事前に分かってはいた。格闘シーンが中の下くらいのクオリティでその他は最低クオリティ。
アフリカの映画はクレイジーワールドの破天荒さを既に味わっていたので、何故か比較的まともな
>>続きを読む

ゼロワン Others 仮面ライダーバルカン&バルキリー(2021年製作の映画)

2.5

主役不在かつこんな小さなスケールで完結か…
今でのVシネ続編の中で一番切ない。作品としても、物語としても。

カンフートラベラー 北腿(2017年製作の映画)

2.1

やってること1作目と同じじゃん
同じ失敗を2度やってる時点で1作目よりタチが悪い

カンフー・トラベラー 南拳(2017年製作の映画)

2.4

こんなに頭の悪いSFは久しぶりに見た。
タイムトラベルが出来るならもっと他にやる事ないの?
回りくどすぎるよ

必殺! 恐竜神父(2018年製作の映画)

1.5

なんでこんなの見ちゃったんだろう…
愛すべき味として楽しめるレベルじゃない
単に雑な未完成の映画を見せられているようだ
映画愛をあまり感じとれない

>|