ミズキさんの映画レビュー・感想・評価

ミズキ

ミズキ

映画(245)
ドラマ(41)

人生フルーツ(2016年製作の映画)

5.0

できるものから、小さく、 コツコツ。ときをためて、ゆっくり。

人生フルーツ、2人のくらしは"人間らしい"理想の生き方のうちの1つだなと思う
丁寧な暮らしってこういうことなんだろうな

人生で大切にし
>>続きを読む

紳士は金髪がお好き(1953年製作の映画)

3.7

マリリンモンローかわえええ

劇中の歌が終始、男は金ってずっと言ってて草
マリリンモンローがセクシーに茶目っ気たっぷりに歌ってて、みてて清々しかった笑

昔風のあえて誇張してるシュールな感じと、美女2
>>続きを読む

マシュー・ボーン IN CINEMA/ロミオとジュリエット(2019年製作の映画)

4.0

ロミオとジュリエットを見たことないのに見るやつではなかったかもw
バレエの演劇?初めて見たけど、表現力すごいな、あんなに柔らかく体で感情を表現できるものかと思った。
ビリーエリオットで、男の人がバレエ
>>続きを読む

ビフォア・ミッドナイト(2013年製作の映画)

3.8

仕事から帰ってきてすぐに家事をこなす母を見てきたのもあってか、セリーヌの苦悩はぐっとくるものがあった
たとえ共働きでも、やっぱり女が家事はやるものだ、みたいな雰囲気は少なからずあるだろうな
家庭を持つ
>>続きを読む

頭文字[イニシャル]D Third Stage(2001年製作の映画)

3.9

日光いろは坂って響きにコースのあの感じ、最高だった!
須藤のあの冷酷で合理的な感じがまじでいい、ランエボかつあの性格は勝てる気しないもんな笑
カイとのバトルおもろすぎ
今までのバトルの中だったら、涼介
>>続きを読む

ストーリー・オブ・マイライフ/わたしの若草物語(2019年製作の映画)

3.8

じーんとくる映画だったな
愛、自分のやりたいこと、華やかさ、与えること、4姉妹それぞれが大切にするものが違ってて、おもしろかったな
ジョーの葛藤は、自分は男だから何とも言えないけど、けっこう共感できる
>>続きを読む

ガタカ(1997年製作の映画)

4.1

すごい作り込まれてるな、本当に将来こうなりそうってくらい具体性があってびびった笑
サイコパスってアニメもこんな感じで、生まれつきある程度できること決められてたっけな、遺伝子差別か〜、今の差別問題と比較
>>続きを読む

ロスト・ハイウェイ(1997年製作の映画)

3.6

うーんマルホランドドライブはけっこうはまったんだけどな〜こっちはあんまはまらなかったっていう印象
常に自分の想像を超えてくる展開で、時系列バラバラだし、えっどういうことって引き込まれてった
ただ、なん
>>続きを読む

リトル・ダンサー(2000年製作の映画)

3.7

October Skyとシチュエーションがめっちゃ似てた
自分の感情をダンスで表現してるのが見てて楽しかった
お父さんの行動にうるっときた
成長したビリーかっこよすぎるな

八重子のハミング(2016年製作の映画)

4.7

みんなの優しさ、愛がたくさん伝わってきた。
お父さんの八重子さんへの愛情がすごくすごく伝わってきて、それを思うと胸がいっぱいになった
自分の中で大切にしたい作品になった

天使の入江(1963年製作の映画)

3.7

良いことがあった時の音楽が途中からおかしく感じてきて笑ってしまった
ギャンブルを通してでしか繋ぎ止められない2人の関係性、どうしようもないけど、わりと嫌いじゃないかも笑
全てはギャンブルのため、目的が
>>続きを読む

お熱いのがお好き(1959年製作の映画)

4.4

昔のコメディって面白いのかなってちょっと思ってたけど、今みても全く違和感なく笑えてびっくりした!
時代が変わっても廃れない面白さなのかなって思った!
マリリンモンローが出てる映画初めてみたけど、まじで
>>続きを読む

ストレイト・ストーリー(1999年製作の映画)

4.3

曲がいい、映画に最高に合ってた
ライルがトラクターをみるシーンがハイライト
温かくて優しい話だったな、エモいって言葉がぴったりな映画だなと思う
最後に星空を眺めたのはいつだったっけ、最近全然見てなかっ
>>続きを読む

ローラ(1961年製作の映画)

4.0

ローラにめっちゃ似てるからてっきりローラの芸名の由来ってこの映画なのかなって思ったけど、調べてみたら全然違ったw
この映画が由来って言われた方がしっくりくるレベルに似てると思うんだが笑

ローラ自体に
>>続きを読む

ノスタルジア(1983年製作の映画)

3.3

NOTALGHIAっていう題名に魅かれた + ストーリー?設定?がおもしろそうだったからみてみた!
BIUTIFULみたいな感じで、スペルちょっと変えてたらなんか題名に魅かれて見たくなってしまうな笑
>>続きを読む

下鴨ボーイズドントクライ(2018年製作の映画)

3.3

知ってる場所めっちゃ出てくんのあつい
リアル感と曲がいい感じ
短パン気になるわ〜って思ってたら、ちゃんといじられててわらった

遠い空の向こうに(1999年製作の映画)

4.0

炭鉱で働くのが当たり前の田舎町からでもNASAのエンジニアになれる、やれば何でもできるって思わせてくれる
応援してくれるみんなが温かい
お父さんとのやりとりには、うるっときた
ほんとに周りの人に支えら
>>続きを読む

走れ、絶望に追いつかれない速さで(2015年製作の映画)

3.9

題名おもしろと思い、みてみた
見終わって、
「走れ、絶望に追いつかれない速さで」
みる前よりこのフレーズがもっと好きになった
こんぐらい余り多くは語られない余白のある感じってけっこう好きかもしれない
>>続きを読む

ビフォア・サンセット(2004年製作の映画)

3.8

あんな出会いあったら忘れられるはずがないわ、再会できなかったからこそ、お互いなおさら忘れられなかったんだろうな
夢と歌、2人とも互いへの想いを、あえて、間接的に言う感じがなんかいいな、
相変わらず、話
>>続きを読む

バリー・リンドン(1975年製作の映画)

3.6

見終わって気づいたけど、映像きれいすぎない?1975年てこんな感じなん?
シンプルにストーリー面白いし、中世?ヨーロッパの世界が見てて飽きない、3時間て長いけど、全然しんどくならなかった!
前半、自分
>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

3.8

ドレミの歌はこの映画発祥ではない?よな?笑
ほんで英語のドレミの唄初めてきいたけどこんな感じなのな笑
お父さんのEdelweissにやられた!笑
ステキすぎる!この映画で1番のお気に入りの曲!
キャプ
>>続きを読む

永遠の僕たち(2011年製作の映画)

3.9

使われてる曲がどれもすごく良かった!
繊細でセンチな感じというか、後で聴いてみようかな!
→自分が特にいいなって思ってた曲がSufjan Stevensの曲だった!びっくり!
ヒロシは加瀬亮という人だ
>>続きを読む

ソウル・サーファー(2011年製作の映画)

4.9

勇気、挑戦、家族、愛、この映画には人生においての大切なことがいっぱい詰まっていると思う
こんなにも人を勇気づけてくれる、敬虔な気持ちにさせてくれる映画はないと思った

彼女は今もまだサーフィンを続けて
>>続きを読む

ポンヌフの恋人(1991年製作の映画)

4.1

突然のハッピーエンドに笑ってしまった
どこか退廃的な雰囲気で終始進んできただけにびっくりしたな笑
どういう言葉が適切かはわからないけど、退廃的だけど、それでいて儚さと美しさを感じるような、そんな映画だ
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

3.7

コメディ要素ちょっと増えた?
1作目みたいに全員がちゃんと職人感出ててて、舞台もラスベガスでカジノだし、やっぱこれだな〜って感じ
とはいえ、11がやっぱり全員が犯罪のスペシャリストって感じがすごく出て
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.5

2人で音楽を聴くところ、電話のふりするところ、船で約束するところ、2人で草原で横になってるところが特に好き。
今日限りで終わり、でもお互いのことを知れば知るほど、どんどん惹かれていってしまう。そのもど
>>続きを読む

オール・アバウト・マイ・マザー(1998年製作の映画)

3.8

冒頭の息子と2人で暮らす母親の話からはちょっと想像のできない展開だったな
必死に力強く生きるマヌエラの姿に見入ってしまう、あんな状況でこうもしっかりと生きられるものかな、その姿を見ているだけで、なんだ
>>続きを読む

マルホランド・ドライブ(2001年製作の映画)

4.1

デヴィットリンチのインタビューがDVDの特典にあって見たけど、この映画で伝えたいことは?っていう質問に、映画をみてどう感じるかは受け取る側であって、私が決めるものではない、正解はない、人それぞれが感じ>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

3.5

こうやってまたみんな集まるだけでなんかワクワクしてくるよな
キャラ見てて楽しいからいいけど、内容自体はちょっと物足りなかった!
この前みたいに実際の実行のシーンがメインが良かったというのが正直な気持ち
>>続きを読む

ミスター・ノーバディ(2009年製作の映画)

4.2

まるで誰かの夢の中に引き込まれてる感じ、時系列ぐちゃぐちゃ、どれが本当にあったことかわからない、見てて頭おかしくなりそうだなと感じつつ、魅力的な夢の世界観へどんどん引き込まれてしまった。
なんか未来の
>>続きを読む

オペラ座の怪人(2004年製作の映画)

3.5

初めてオペラ座の怪人みた
The Phantom of the Opera
この曲が唯一聴いたことあった、ファントムが現れるときに流れるやつ
The music of the night
All I
>>続きを読む

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.8

やっぱ英語のラップって日本語のと全然違うなって
フローも全然違うし、きっとそれぞれの言語独特のリズムみたいのもあるんだろう、それぞれの言語でどんな感じなんだろうってちょっと気になった
作曲シーンはしび
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

3.6

ルパンとかワイスピ?とか現実味ない盗むやつが一般的なイメージあるけど、これはわりと現実味あるっていうか、あり得ない能力とか使わずにやってるからそういう意味で新鮮だった。現実で起こせうる理想の犯罪って感>>続きを読む

セブンティーン・アゲイン(2009年製作の映画)

4.1

Zac Efron カッケーな〜
タイムスリップして学生時代に戻るっていうのはよくあるパターンだと思うけど、これはタイムスリップしないでその時代で身体だけ若返るパターンでなんだか新鮮だった。
Zacの
>>続きを読む

イントゥ・ザ・ワイルド(2007年製作の映画)

4.6

"how important it is in life not necessarily to be strong, but to feel strong"

"Happiness only real
>>続きを読む

プライドと偏見(2005年製作の映画)

4.0

淡い日の光がとてもキレイで、キーラナイトレイの表情に思わず魅入ってしまう、くしゃっとした笑顔がまた魅力的で、イギリス流の皮肉ってやつ?ズバズバ言うし、どこかサバサバしてて芯があって、真の紳士が惚れ込ん>>続きを読む

>|