千頭利地蔵さんの映画レビュー・感想・評価

千頭利地蔵

千頭利地蔵

2015~

アリスの恋(1974年製作の映画)

5.0

人物の感情の流動、それが身体に現れ伝染して画面に写し出される“動”が本当に良い…。あと会話が良い…。ジョディ・フォスターが良い…。良い…

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.4

誰にも肩入れしきれない程度の好感度の登場人物たち、しかしその“感情”は理解できる。大義名分や正義などでコーティングされない、個人は“感情”という原初的な行動規範で動くという様を捉えている。

ディクソ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

かっこいいと思ってたマスクを馬鹿にされて急に恥ずかしくなってぶち壊したり、イケると思ってた女にフラれて一気にアンチに転じちゃうカイロ・レンくん、可愛すぎるな

ゆきゆきて、神軍(1987年製作の映画)

4.5

原一男監督、この映画をスーパーヒーロー映画として撮ったと言っていて笑った。
ヒーローと過激思想犯の紙一重感もビリビリ感じたが、仲間集めてお礼参りに行く流れ、普通にヒーローっぽくないですか?
マイケ
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

ライアンゴズリング、 "独りで死ぬ画" 似合いすぎないか?

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

映画のミュージカルパートは正直苦手(インド映画以外)なのですが、これは明らかにドラマパートとの差異に意識的に緩急付けているのでOKです

悪魔の毒々モンスター(1984年製作の映画)

3.6

毒々物質にブチ込まれたのに知能指数むしろ上がってませんか

アンダルシアの犬(1928年製作の映画)

4.2

会話を補助する字幕は一切出ないのに、どう画面情報を補完してるのか一切分からない時系列情報だけ字幕に映し出されるの、最高にニュアンスを拡大させてくれる

Tango(原題)(1981年製作の映画)

4.3

『タンポンタンゴ』ってこれが元ネタなんですかね

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.6

話が規定路線の外に止めどなく転がっていく快感に酔いしれてしまったよな

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.0

ヘイト管理が一人に集中型なので気持ちのいい因果応報を期待していたのですが、まあまあしょっぱくてやりきれなかったですね

クレヨンしんちゃん 嵐を呼ぶジャングル(2000年製作の映画)

3.9

この年齢にしてウンコでバカみてえに笑っちゃった。
シリーズ屈指の作画力&レイアウトじゃないですかね

KING OF PRISM PRIDE the HERO(2017年製作の映画)

3.5

前作の、訳の分からない劇薬を脳にブチこまれたような体験はなかった。(ストーリーがあってびっくりした)

>|