ヘビメタおやじさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ヘビメタおやじさんの鑑賞したドラマ
ヘビメタおやじ

ヘビメタおやじ

  • List view
  • Grid view

ミステリと言う勿れ(2022年製作のドラマ)

4.0

面白かったのに、記録するの忘れていました。盛り上げようとしない演出が好印象でした。菅田さんの演技が光ります。論理的に考えれば、何ら不思議でもないことを飄々と解明していく姿が素敵でした。もっと自然に、ま>>続きを読む

0

つまらない住宅地のすべての家(2022年製作のドラマ)

3.5

面白かったです。逃亡犯という非日常が、平凡な住宅街の平凡ではない日常をオープンにする設定が楽しめました。それぞれの家の事情のリアリティと、それを見事に表現した役者さんたちの演技が素晴らしかったです。や>>続きを読む

0

一橋桐子の犯罪日記(2022年製作のドラマ)

4.0

この時間帯のドラマは外れが少ないです。動機にはちょっと不自然なところもありますが、「ムショ活」という設定が面白いです。そして、シナリオ、役者さん、共に素敵でした。松坂さんのとぼけた演技と、「ムショ活」>>続きを読む

0

アストリッドとラファエル 文書係の事件録 シーズン1(2019年製作のドラマ)

4.0

アアスペルガーのアストリッドが可愛らしくて素敵でした。フランスのドラマということで、アメリカとは違う、落ち着いた雰囲気がいいです。アメリカ制作だとしたら、もっとコメディタッチになつていたと思います。丁>>続きを読む

0

オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ シーズン2(2022年製作のドラマ)

3.5

シーズン1に続いて、台詞の面白さは素晴らしいです。視聴者の力不足なのか、うれしいのですが、おふざけ演出のせいでストーリーをしっかり追いきれませんでした。楽しかったのですが、どうしてももやもやしてしまい>>続きを読む

0

オリバーな犬、(Gosh!!)このヤロウ(2021年製作のドラマ)

4.0

設定と演出、台詞がぶっ飛んでいて楽しかったです。オリバーとハンドラーの掛け合いも、よかったです。「時効警察」を過激にした感じで、これを放映したNHKに拍手します。却って、民放では流せないかもしれません>>続きを読む

0

レイジング・ディオン シーズン2(2022年製作のドラマ)

3.0

打ち切りらしいですけれど、それなりに形がついていてよかったです。変な植物の出現から、話がしっくりこなくなって、ドラマとしての綻びが感じられました。ブレイデンとの戦いのシーンは全くゾンビ作品です。母がか>>続きを読む

0

競争の番人(2022年製作のドラマ)

4.0

公正取引委員会という、誰もが知っていて、今まで取り上げられなかった組織をテーマにしただけで、原作者に拍手です。悪ふざけのないコメディのバランスが、いい感じでした。そして、新しい知識を与えてくれつつ、エ>>続きを読む

0

家庭教師のトラコ(2022年製作のドラマ)

3.5

トラコの目的がハッキリするまでの、家庭教師業のやり方が本当に楽しかったです。子供、家族に食い込んでいくプロセスがわくわくしました。特に、子供たちの変化には心が動きました。目的がハッキリしてからは、わく>>続きを読む

0

ちむどんどん(2021年製作のドラマ)

1.5

ストレスの溜まる作品でした。登場人物の行動に一貫性が無さすぎです。主人公を初めとして、作者の都合のよいように動かされている感じが強いです。イタリア料理のこと、沖縄料理のこと、沖縄返還時のこと、沖縄差別>>続きを読む

0

レイジング・ディオン シーズン1(2019年製作のドラマ)

3.5

無数にある超能力ものの中で差別化を図るのは大変だと思います。能力を知った親の戸惑いがリアルに描かれています。しかし、一話完結でもないのに、日常生活に比率が大きく、大きなストーリーの流れが弱くてスピード>>続きを読む

0

プリズム(2022年製作のドラマ)

3.5

「しもべえ」「正直不動産」からのトーンの違いに、最初は戸惑いました。それから、ジェンダー問題で困惑しました。しかし、丁寧に描かれていたので、吉田栄作さん、森山未來さんの演技に引き込まれるように見ました>>続きを読む

0

ロスト・イン・スペース シーズン3(2021年製作のドラマ)

3.5

とにかく、出演者の成長に驚きました。ウィルの身長と顔つき、ペニーのほっそり、若い人の成長はすごいぁという思いです。ドラマの中でも成長しているので、シンクロが自然です。ストーリーの一貫性を狙ったのはわか>>続きを読む

0

正直不動産(2022年製作のドラマ)

4.5

「しもべえ」を楽しみ過ぎたので、次はあまり期待しないでおこうと思いつつ視聴しました。自重する必要ゼロでした。全開で楽しみました。ストーリーというか、正直に変身した後の台詞だけで十分見る価値がありました>>続きを読む

0

しもべえ(2022年製作のドラマ)

4.5

面白くて毎回楽しみに待っていました。設定はくだらないのに、安田さんの演技で最高のエンターテインメントになっています。主演の女優さんも親近感の湧く佇まいで、演技も上手で応援したくなりました。ラストはネタ>>続きを読む

0

カムカムエヴリバディ(2021年製作のドラマ)

4.0

孫までの三代を描く初の試みと話題になりました。時代による風俗の違いがあるので、映像を見るだけでも楽しかったです。親子のすれ違いによる決別、運命のイタズラによる再会、ドラマとしても見応えがありました。る>>続きを読む

0

おかえりモネ(2021年製作のドラマ)

3.5

主人公が気象予報士を目指すというメイン・ストーリーはあるものの、青春群像劇という感じです。仙台編が面白かったです。東京へ出てからは、傘いるかちゃんとこさめちゃんに持っていかれている感じでした。清原さん>>続きを読む

0

おちょやん(2020年製作のドラマ)

4.0

子供時代の鶏を売りにいくところと、芸者上がりの継母と入れ替わりに家出するところを覚えています。「うちはすてられたんやない、うちがお父ちゃんを捨てたんや。」この子役さんの演技が素晴らしくて、ずっと子供時>>続きを読む

0

エール(2020年製作のドラマ)

4.5

出てくる人全て魅力的でした。幼少時代からの長い話ですが、主人公と音楽のつながり、奥さんとのつながりが丁寧に描かれていて、寄り添うように見ていました。窪田さん、二階堂さんの役者としての力に改めて感服しま>>続きを読む

0

スカーレット(2019年製作のドラマ)

3.5

下宿屋の女将の無理な命令が印象に残っています。それが、後で為になるのはよくある流れですが。陶芸になってからは、ギスギスした場面が多く、幸せいっぱいの結婚も破綻して、辛い話でした。

0

なつぞら(2019年製作のドラマ)

4.0

広瀬さんの可愛らしさに尽きる感じでした。特に、北海道時代は、草刈さんの魅力と相まって、見ていて幸せでした。アニメになってからはちょっとダウンという印象でした。

0

まんぷく(2018年製作のドラマ)

4.0

ヒロインがお母さん女優で話題になりました。そこに不安もありましたが、波瀾万丈のストーリーで楽しかったです。製塩所の場面をよく覚えています。インスタント・ラーメン開発秘話も楽しかったです。長谷川さんが素>>続きを読む

0

半分、青い。(2018年製作のドラマ)

2.5

ヒロインよりも、周りの人たちのほうが魅力的だったという印象です。特に、漫画家の先生は圧倒的でした。ヒロインの片耳が聞こえない設定が、全く生かされていないのが残念でした。

0

わろてんか(2017年製作のドラマ)

3.5

寄せを興行主側から見られる珍しい作品でした。芸人のわがままにイライラしたことを覚えています。主演二人の役柄に魅力が足りない気もしました。

0

ひよっこ(2017年製作のドラマ)

3.0

行方不明の父親を探す、メイン・ストーリーがありますが、どうもストーリーが弱いです。工場の寮生活の場面が楽しかったです。レストランの場面は店の裏で、ウダウダ話している印象でした。有村さんは、「あまちゃん>>続きを読む

0

べっぴんさん(2016年製作のドラマ)

4.0

何かを成し遂げた女性のストーリーは魅力的です。芳根さんも魅力的でした。アイディアを出し合うキアリスの洋服作りの場面は楽しかったです。

0

とと姉ちゃん(2016年製作のドラマ)

4.0

雑誌作りになってから、とても面白くなったのを覚えています。特に、製品テストは楽しかったです。高畑さんは主演になって輝いていました。

0

あさが来た(2015年製作のドラマ)

4.0

モデルの女性実業家が素晴らしいので、作品も当然面白かったです。波瑠さんもフレッシュでよかったです。ディーン・フジオカさんの「あささんはファースト・ペンギンです。」の台詞を覚えています。

0

まれ(2015年製作のドラマ)

3.0

何となく太いストーリーがない作品だったという印象です。ヒロインの土屋さんは素敵でしたし、山崎さんの漆職人もよかったです。能登や輪島塗の魅力も伝わりましたが、やはりストーリーが弱かったと思います。

0

マッサン(2014年製作のドラマ)

4.0

ウィスキー作りに突き進むマッサン自身も魅力的でしたが、奥さん役のシャーロットさんのたどたどしい日本語で諦めかけるマッサンを叱りつける姿は今でも覚えています。

0

花子とアン(2014年製作のドラマ)

4.0

村岡花子の人生が素敵だったから、ドラマとしても面白かったのだと思います。吉高さんの舌足らずな台詞回しも気にならなかった記憶があります。吉高さんの作品ではベストだと思います。

0

ごちそうさん(2013年製作のドラマ)

3.5

ヒロインとしては年齢が高いと失礼な先入観で見始めましたが、杏さんの魅力で夢中になったのを覚えています。

0

あまちゃん(2013年製作のドラマ)

4.5

本格的に朝ドラを見始めた作品です。朝ドラもレヴューできると知らず、今頃になりました。とにかく、能年さんの魅力と宮藤さんのぶっちゃけたシナリオがマッチしていました。東日本大震災も無理なく描かれていました>>続きを読む

0

ロスト・イン・スペース シーズン2(2019年製作のドラマ)

3.5

スミスを筆頭に、家族以外の人が裏切りや隠し事のオンパレードで、ちょっとげんなりします。ピンチの多くが人災というのも、どうでしょうか。それでも、映像が美しく、純粋なピンチにはハラハラするので、楽しめます>>続きを読む

0

青天を衝け(2021年製作のドラマ)

4.0

吉沢亮が主演したから、これだけ見られるドラマになったと感じました。特に、青年渋沢栄一は見ていて楽しかったです。それと、草彅剛の将軍慶喜は主役よりも印象に残るくらいでした。実業家になってからは、それなり>>続きを読む

0

シャーロック・ホームズの冒険(1984年製作のドラマ)

4.5

話には、推理劇としてはばらつきがあります。よくわからない回もありました。しかし、このシリーズの魅力は、役者です。ホームズとしか思えない人物が、ホームズとしか思えない奇行を繰り返し、事件を解決する。ワト>>続きを読む

0
>|