ゆみモンさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ゆみモンさんの鑑賞したドラマ
ゆみモン

ゆみモン

映画(1563)
ドラマ(65)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

それでも、生きてゆく(2011年製作のドラマ)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

2011年の放映当時は、何故か全く知らずに見ていなかった。
10年以上経ってからだが、今やっと全編見られて良かった。
こんなに次回が待ち遠しいドラマ、見るのが辛いのに見ずにいられない作品は久しぶりだ。
>>続きを読む

0

埋もれる(2014年製作のドラマ)

3.2

このレビューはネタバレを含みます

他にも何人かの方が書いていたが、てっきり映画だと思っていたらWOWOWのドラマだった。
映画のような雰囲気や重厚感のある作品だった。
ラストの謎を残すような終わり方も映画のようだった。

葉子の元夫は
>>続きを読む

0

運命の人(2012年製作のドラマ)

4.0

さすが山崎豊子原作。
いくら小説(フィクション)の形をとったにしても、事実をもとによくここまで書き込んだものだと思う。
全10話のTBS日曜劇場。この頃はまだこういう骨太の社会派ドラマがあったな〜と懐
>>続きを読む

0

時効警察(2006年製作のドラマ)

3.0

ナンセンスなギャグが多いが、素直に楽しめた。
オダギリジョー、麻生久美子はじめ出演者たちのキャラが良い。
殺人事件の時効が撤廃されたから、もう続編は作られないのだろうか?

0

季節のない街(2023年製作のドラマ)

3.7

「どですかでん」の現代版。
個性派演技派の俳優たちの見事なキャスティング。

池松壮亮
濱田岳
三浦透子
MEGUMI
片桐はいり
ベンガル
LiLiCo
藤井隆


今現在、仮設住宅はどうなって
>>続きを読む

0

マークスの山(2010年製作のドラマ)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

原作は高村薫の直木賞受賞作品。
当時かなりの長編を読んだが、登場人物や其々の事件が複雑に絡み合って、理解が難しかった記憶がある。

全5話を一気見してしまった。
警察、検察、政治家、経済界…それぞれの
>>続きを読む

0

嵐立つなり(1982年製作のドラマ)

3.3

このレビューはネタバレを含みます

沢田研二ファンなので、ジュリー鑑賞。
チャラいチンピラ役でも、ジュリーが演じると品の良さが滲み出てしまう。しかし、この作品の隆二は元々家柄のいい家系という設定だからいいのだ。 
岸部一徳と大信田礼子が
>>続きを読む

0

華燭(1992年製作のドラマ)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

このドラマシリーズでは、貞淑な未亡人役の多い加藤治子が、この「華燭」では珍しく、夫も子供も捨て家を出て男と暮らす奔放な女性を演じている。その加藤治子も艶っぽくてカッコいい。さすが名女優だ。
また小林薫
>>続きを読む

0

悪魔のようなあいつ(1975年製作のドラマ)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

1975年テレビ放映当時は、まだ中学生で親の目を盗みながら飛び飛びでしか観られなかった。
内容の過激さや差別表現など問題が多く、しばらく再放送はおろかVHSも発売されなかった。
そして、約20年経って
>>続きを読む

0

陽はまた昇る(2011年製作のドラマ)

3.7

リアルタイムでも見ていたが、配信になって改めて鑑賞した。
全9話を2日で観てしまった。

一つ一つの事件や困難を乗り越えて心を通わせていく、警察学校の鬼教官と個性豊かな生徒たちとの感動物語…と言ってし
>>続きを読む

0

怪物(2013年製作のドラマ)

3.0

「亜臨海水」は架空の設定だった。ちょっとホッとしたような…。

ラストがもやもやする。結局この後どうなるのだろう?
警察が研究所に向かっているシーンで終わっているということは、真崎は捕まるのか? しか
>>続きを読む

0

琉球の風(1993年製作のドラマ)

4.0

30年経って、やっとDVD化。
待ってました❗と予約購入して鑑賞。

当時、大河ドラマ初の試みとしての半年ドラマ。
そしておそらく唯一の琉球王国もの。

最近の大河ドラマは面白いと思えなくて、何年も観
>>続きを読む

0

模倣犯(2016年製作のドラマ)

3.6

原作小説を読んだのは、発行当時で相当前なので、ドラマ化が小説のストーリーに忠実かどうかは定かではない。しかし、あの長い作品を、前後編にして飽きさせることなく見通させたのはさすがだ。

宮部みゆきの少年
>>続きを読む

0

照柿(1995年製作のドラマ)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

現在本発行当時、厚い上下巻の単行本を読んだ。
合田雄一郎シリーズは何作か読んでいたが、この作品は特に、暗くて重くて長い…そして難しい…というイメージだった。
それが映像化されるのを知り、映像化なら難し
>>続きを読む

0

昭和元禄落語心中(2018年製作のドラマ)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

素晴らしい❗

現作マンガもアニメ版も全く知らない私。
落語は好きだが、放映当時このドラマに気付いた時には既に終盤だった。
岡田将生の八代目有楽亭八雲に魅せられ、全編観たくて観たくてたまらなかったが…
>>続きを読む

0

一応の推定(2009年製作のドラマ)

3.8

保険調査員という仕事があることは知っていたが、被保険者からすれば憎まれ役になりがちな大変なし事だ。

派手なアクションや展開は無いが、よく練られたストーリーで、最後の最後に隠された真実を発見するところ
>>続きを読む

0

帝銀事件・大量殺人獄中32年の死刑囚(1980年製作のドラマ)

4.0

テレビドラマだが、物凄く上質なドキュメンタリー映画のようだ。
さすが、
松本清張:原作
新藤兼人:脚本
野村芳太郎:監修
だけのことはある。

そして、平沢貞通を演じる仲谷昇の狂気的な怪演?が見事だ。
>>続きを読む

0

天上の青(1994年製作のドラマ)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

放送当時、全く知らなかった。
“面白い”と思って、全4話を一気に観たら、曽野綾子原作だった。
原作を裏切っている…というコメントも見られたが、このドラマはこれで惹き込まれた。

富士男と雪子の、最後の
>>続きを読む

0

この花咲くや(2022年製作のドラマ)

2.8

訴えたいことはわかるが、なんとなく全編通してボンヤリして感じがした。

0

総務課長戦場を行く!(1994年製作のドラマ)

4.1

当時のリアルな政情を巧みに織り交ぜた、三谷幸喜流の社会派ドラマ。

平和ボケした日本の象徴のような温厚で平凡なサラリーマンを、沢田研二が軽やかにコミカルに好演。

1992年に制作されたものの、自衛隊
>>続きを読む

0

三億円事件〜20世紀最後の謎〜(2000年製作のドラマ)

3.6

2000年末に、こんな豪華キャストで、このような三億円事件についてのドラマが放送されていたことを知りませんでした。

「なるほど、そうきたか…」と思える、面白いストーリー展開でした。

でも、私にとっ
>>続きを読む

0

福田和子 整形逃亡15年(2016年製作のドラマ)

3.5

福田和子が時効21日前に逮捕された時のニュース報道は、衝撃的でよく覚えている。
その後、彼女の逃亡生活の中身が明らかにされていき、まさに“事実は小説より奇なり”と思ったものだ。

福田和子の役は、実に
>>続きを読む

0

実録ドラマ 死ぬんじゃない!〜宮本警部が遺したもの〜(2008年製作のドラマ)

3.8

恥ずかしながら、この事故について覚えていなかった。
“事実は小説より奇なり”と言うが、フィクションの映画だと「こんな自己犠牲精神に溢れた警察官がいるわけない」と思うような人が、実在したのだ。

宮本警
>>続きを読む

0

リミット もしも、わが子が・・・(2000年製作のドラマ)

3.4

放映当時は観ていなかったが…。

「そんなこと出来るはずがない」「それは無理だろう」「それはあり得ない」…等など突っ込みどころは多々ある。
が、それらに目を瞑っても最終話までほぼ一気見してしまう、続き
>>続きを読む

0

民王スピンオフ~恋する総裁選~(2016年製作のドラマ)

3.5

面白いドラマは、スピンオフも面白い。
高橋一生のことは特に好きでも嫌いでもないが、この貝原役はいい。
でも、やっぱり「民王」は、武藤泰山と翔くんと絡んでいる貝原が最高だ。

0

民王スペシャル~新たなる陰謀~(2016年製作のドラマ)

3.8

連ドラが面白かったので、スペシャルは嬉しい。

私は本来、人が入れ替わるとか過去や未来にタイムスリップするとかいう、SFファンタジック?なあり得ない話は好きではない。
が、『仁ーJINー』『テルマエ・
>>続きを読む

0

戦後70年 一番電車が走った(2015年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原子爆弾が投下され、焦土と化したヒロシマの街。そのわずか3日後に、短距離とは言え市電を復活させ走らせた人々。
その陰にに、どれほどの人々の不眠不休の努力があったか、初めて知った。
広島電鉄の職員だけで
>>続きを読む

0

片想い(2017年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

さすが東野圭吾、(いい意味で)予想を裏切る展開の積み重ねで、全6話ほぼ一気に観てしまった。

トランスジェンダーについて深く切り込んだ作品。
中谷美紀がメチャクチャカッコイイ、というより美しい。これな
>>続きを読む

0

白夜行(2006年製作のドラマ)

4.0

原作小説では分かりにくい部分もあったが、ドラマでは丁寧に描かれていて良く理解できた。映画版も観たが、ドラマ版の方がずっと良いと思う。

子役二人の演技が素晴らしい。特に綾瀬はるかの子ども時代を演じた少
>>続きを読む

0

レディ・ジョーカー(2013年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。全7話をほぼ一気に見てしまった。
高村薫の原作のもつ力と、キャスティングの妙?と演技力の為せるわざわざだろうか?

全く予想できない、ありきたりではない結末だった。
結局、レディ・ジョーカ
>>続きを読む

0
>|