ゆみモンさんのドラマレビュー・感想・評価

  • Filmarks
  • ゆみモンさんの鑑賞したドラマ
ゆみモン

ゆみモン

映画(1044)
ドラマ(43)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

帝銀事件・大量殺人獄中32年の死刑囚(1980年製作のドラマ)

4.0

テレビドラマだが、物凄く上質なドキュメンタリー映画のようだ。
さすが、
松本清張:原作
新藤兼人:脚本
野村芳太郎:監修
だけのことはある。

そして、平沢貞通を演じる仲谷昇の狂気的な怪演?が見事だ。
>>続きを読む

0

天上の青(1994年製作のドラマ)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

放送当時、全く知らなかった。
“面白い”と思って、全4話を一気に観たら、曽野綾子原作だった。
原作を裏切っている…というコメントも見られたが、このドラマはこれで惹き込まれた。

富士男と雪子の、最後の
>>続きを読む

0

この花咲くや(2022年製作のドラマ)

2.8

訴えたいことはわかるが、なんとなく全編通してボンヤリして感じがした。

0

総務課長戦場を行く!(1994年製作のドラマ)

4.1

当時のリアルな政情を巧みに織り交ぜた、三谷幸喜流の社会派ドラマ。

平和ボケした日本の象徴のような温厚で平凡なサラリーマンを、沢田研二が軽やかにコミカルに好演。

1992年に制作されたものの、自衛隊
>>続きを読む

0

三億円事件〜20世紀最後の謎〜(2000年製作のドラマ)

3.6

2000年末に、こんな豪華キャストで、このような三億円事件についてのドラマが放送されていたことを知りませんでした。

「なるほど、そうきたか…」と思える、面白いストーリー展開でした。

でも、私にとっ
>>続きを読む

0

福田和子 整形逃亡15年(2016年製作のドラマ)

3.5

福田和子が時効21日前に逮捕された時のニュース報道は、衝撃的でよく覚えている。
その後、彼女の逃亡生活の中身が明らかにされていき、まさに“事実は小説より奇なり”と思ったものだ。

福田和子の役は、実に
>>続きを読む

0

実録ドラマ 死ぬんじゃない!〜宮本警部が遺したもの〜(2008年製作のドラマ)

3.8

恥ずかしながら、この事故について覚えていなかった。
“事実は小説より奇なり”と言うが、フィクションの映画だと「こんな自己犠牲精神に溢れた警察官がいるわけない」と思うような人が、実在したのだ。

宮本警
>>続きを読む

0

リミット もしも、わが子が・・・(2000年製作のドラマ)

3.4

放映当時は観ていなかったが…。

「そんなこと出来るはずがない」「それは無理だろう」「それはあり得ない」…等など突っ込みどころは多々ある。
が、それらに目を瞑っても最終話までほぼ一気見してしまう、続き
>>続きを読む

0

民王スピンオフ~恋する総裁選~(2016年製作のドラマ)

3.5

面白いドラマは、スピンオフも面白い。
高橋一生のことは特に好きでも嫌いでもないが、この貝原役はいい。
でも、やっぱり「民王」は、武藤泰山と翔くんと絡んでいる貝原が最高だ。

0

民王スペシャル~新たなる陰謀~(2016年製作のドラマ)

3.8

連ドラが面白かったので、スペシャルは嬉しい。

私は本来、人が入れ替わるとか過去や未来にタイムスリップするとかいう、SFファンタジック?なあり得ない話は好きではない。
が、『仁ーJINー』『テルマエ・
>>続きを読む

0

戦後70年 一番電車が走った(2015年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

原子爆弾が投下され、焦土と化したヒロシマの街。そのわずか3日後に、短距離とは言え市電を復活させ走らせた人々。
その陰にに、どれほどの人々の不眠不休の努力があったか、初めて知った。
広島電鉄の職員だけで
>>続きを読む

0

片想い(2017年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

さすが東野圭吾、(いい意味で)予想を裏切る展開の積み重ねで、全6話ほぼ一気に観てしまった。

トランスジェンダーについて深く切り込んだ作品。
中谷美紀がメチャクチャカッコイイ、というより美しい。これな
>>続きを読む

0

白夜行(2006年製作のドラマ)

4.0

原作小説では分かりにくい部分もあったが、ドラマでは丁寧に描かれていて良く理解できた。映画版も観たが、ドラマ版の方がずっと良いと思う。

子役二人の演技が素晴らしい。特に綾瀬はるかの子ども時代を演じた少
>>続きを読む

0

レディ・ジョーカー(2013年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。全7話をほぼ一気に見てしまった。
高村薫の原作のもつ力と、キャスティングの妙?と演技力の為せるわざわざだろうか?

全く予想できない、ありきたりではない結末だった。
結局、レディ・ジョーカ
>>続きを読む

0

あゝ、荒野 完全版(2017年製作のドラマ)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ボクシングは特に好きでも嫌いでもないが、面白かった。

菅田将暉とヤン・イクチュンのコンビがとてもいい。

健二は信次を愛し憧れていたのに、何故ジムを移籍したのだろう? 信次と闘いたいという気持ちはわ
>>続きを読む

0

楽園(2017年製作のドラマ)

4.0

さすが宮部みゆき。初期の『火車』『理由』からこの頃の宮部作品には、勢いや奥深さがある。

仲間由紀恵は綺麗で知的だが、どの作品でも同じように見える。(同じような役しかやらないのか?)鼻がつまったような
>>続きを読む

0

沈まぬ太陽 第一部(2016年製作のドラマ)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

フィクションとあるが、国民航空=日本航空、1985年8月12日の日航ジャンボ機墜落事故は、ほぼそのまま再現されている。

上川隆也演じる主人公・恩地元には、「小倉貫太郎」という実在のモデルがいる。ほぼ
>>続きを読む

0

とんび(2013年製作のドラマ)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

2013年TBS「日曜劇場」全10
話。

原作小説を読んだ時、アキラが出版社の入社試験の時に書いた作文をヤスさんが読む場面で泣いた。

このドラマでも、同じ場面でやっぱり泣いてしまった。他にもウルウ
>>続きを読む

0

贖罪の奏鳴曲(2015年製作のドラマ)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

原作を読んでいて真犯人が分かっていても、ドラマとして面白くハラハラしながら観ることができた。

三上博史、染谷将太、リリー・フランキー等の演技力が大きいと思う。

染谷将太演じる幹也の障害が軽いことと
>>続きを読む

0

バイプレイヤーズ~もしも名脇役がテレ東朝ドラで無人島生活したら~(2018年製作のドラマ)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

前作に引き続き、心から笑ったりジーンとしたり楽しい作品だった。
バイプレイヤーズのメンバーは相変わらず素晴らしい演技力で、台詞なのかアドリブなのか、芝居なのか素なのかわからなくなってしまう部分も多かっ
>>続きを読む

0

微笑む人(2020年製作のドラマ)

3.0

松坂桃李は、どんどん役の幅を広げている。そして、それらの役柄のどれもがいい。
この作品でも、一見いい人そうで実は何を考えているかわからない、不気味なエリートにはまっていた。

ただ、ストーリーとしては
>>続きを読む

0

明日への誓い(2018年製作のドラマ)

3.9

おそらく、ショーケンが亡くなる前年の作品だと思う。相当体調は悪かっただろう。それもあってか、鬼気迫る演技だ。

挿入されたエピソードには、??と思うものも無いではないが、物語として楽しめた。

0

絶叫(2019年製作のドラマ)

4.1

このレビューはネタバレを含みます

面白かった。全4話、ほぼ一気見した。途中から何となく真相の予想はついたが、それでも物語の展開に引き込まれていった。

他人になりすまして違う人生を生き直す…という設定は映画やドラマによくあるが、本当に
>>続きを読む

0

震える牛(2013年製作のドラマ)

4.5

食品問題を追及した、相場英雄のベストセラーをドラマ化。
食品偽装、BSE(牛海綿状脳症)、大企業の隠匿をテーマに、圧倒的なリアリティーで迫る社会派サスペンス。

原作を読んだ時も、気持ち悪く恐ろしかっ
>>続きを読む

0

蒼穹の昴(2010年製作のドラマ)

4.3

数少ない日本人キャストの中で、唯一中国人(しかも主役)を演じた田中裕子が素晴らしい。
本物の西太后はこんなふうだったのではないかと思えるほどだ。
稀代の悪女と言われていた西太后だが、実は慈悲深い面もあ
>>続きを読む

0

チキンレース(2013年製作のドラマ)

4.2

笑えて泣ける、心温まるドラマだ。
医学的にこんなことがありうるのかは不明だが、それが気にならないくらい、二人の掛け合い?がいい。
若き日の松坂桃李の不良役もなかなかいい。

何年間も眠り続けていた病人
>>続きを読む

0

ハッピー・リタイアメント(2015年製作のドラマ)

3.8

こんなにうまくいく訳がないとわかっていても、純粋に楽しめて胸をすく大人のリベンジストーリーだ。
さすが浅田次郎、よく錬られた物語だ。

0

イノセント(2012年製作のドラマ)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

松本清張や無効など原作がしっかりしていると、時代設定を変えてリメイクしても、よほど脚本やキャスティングが酷くない限り良質な作品になると思う。

〔第1話〕
寺島しのぶの演技は、いつも秀逸だ。普通の主婦
>>続きを読む

0

翼をください(1988年製作のドラマ)

4.0

サブタイトル《進学校だけが学校じゃない。でも、“学校はどちら?”とだけは聞かないで!》

リアルタイムで、NHKのテレビ放送を観た。

元教師としては、「それはあり得ない」「う~ん???」という箇所も
>>続きを読む

0

刑事 蛇に横切られる(1995年製作のドラマ)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

秋葉(高倉健)の部下・村沢(石原良純)が刺殺され拳銃を奪われる。
その事件の捜査本部主任となった秋葉は、村沢の日記から、彼が独自に調べていた事件との関係に気付いた。その謎解き?の過程が面白い。
健さん
>>続きを読む

0

チロルの挽歌(1992年製作のドラマ)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

高倉健には珍しい、普通の会社員の役。しかも、男と逃げ出す妻とその相手の男に対して感情を剥き出しにする場面も多い。
饒舌な(社交的になろうとしている)健さんは可愛い。

最後の方で、夜中に料亭の前に作業
>>続きを読む

0

Aではない君と(2018年製作のドラマ)

3.6

佐藤浩市は、映画『友罪』でも似たような役をやっていなかっただろうか?

少年犯罪について考えさせられる。それだけでなく、本当の意味で贖罪ができるのだろうか?ということも。

0

まほろ駅前番外地(2013年製作のドラマ)

4.2

三浦しをんの原作小説は、もちろん面白かった。
映画『まほろ駅多田便利軒』(2011)もなかなか…。『まほろ駅前狂騒曲』(2014)はもっと良かった。
2本の映画の間に、この連続ドラマがあったとは知らな
>>続きを読む

0

バイプレイヤーズ 〜もしも6人の名脇役がシェアハウスで暮らしたら〜(2017年製作のドラマ)

4.8

このレビューはネタバレを含みます

評判になっていたのは知っていたが、こんなに面白いドラマだったとは❔❕

さすが名バイプレイヤーたちだ。映画やドラマの撮影現場の様子もよくわかった。

最後の最期に、役所広司が本当にやって来て、なんとも
>>続きを読む

0

赤い指(2011年製作のドラマ)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

この物語は、視聴者には最初に事件の犯人がわかっていて、警察が真相にどう迫って明らかにしていくのか…という展開だ。

はじめは、息子の犯罪を単に隠蔽しようとしていた前原昭夫だが、自分たち家族に迫ってくる
>>続きを読む

0
>|