KBさんの映画レビュー・感想・評価

KB

KB

年に70本程度ですが映画を鑑賞します。
さまざまな映画を通して、より有意義な日々になるといいなと思いつつです。

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.0

鳥かごの中のような閉塞感。
観終わって、いま自分にある幸せを再認識できそうな作品でした。
阿部サダヲさんの、細やかな機微を現す演技が特に心に残ります。

ドリーム(2016年製作の映画)

4.3

観て良かった作品。

NASAの女性数学者の活躍という、目立たなそうな内容をここまでの物語に仕上げる事が凄い。

そして、その人のポストによらず、組織の中でどう振舞うべきか、どう判断すべきか、改めて学
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

4.5

懐中時計の秒針が進む音が
脳裏に刻まれて、思い出すたびに
興奮の何かで脳内が満たされ痺れます。

僕のワンダフル・ライフ(2017年製作の映画)

3.8

自分事化しやすい内容だけに
より一層、込み上げるものがありました。

わんこの目的とか途中からそっちのけに、
ただただ心をじんじんさせつつ、
2人の絆があたたかい作品でした。

ナミヤ雑貨店の奇蹟(2017年製作の映画)

3.2

場面毎の時間の流れや、過去と現代を繋ぐ描写がもっと丁寧に描かれたら…と思いながら鑑賞。
原作や東野さんの作品を読んだことがない人には、楽しめるかもしれない。
西田敏行さんの演技が素敵でした、

奥田民生になりたいボーイと出会う男すべて狂わせるガール(2017年製作の映画)

3.5

ロックではない男たちの、リアルな生き様。時には生々しさを貫通して、耽美さをも感じられる作品。松尾スズキさんの演技が凄まじい。

水原希子ちゃんが好き!
みたいな心持ちで劇場に足を運ぶ女性が、半ば空目に
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

4.0

古と物語の香りが漂う神の存在を、第一次大戦期の時代と絡ませる感じがじんわり面白い。

そして、ガル・ガドット演じるダイアナの強さが逞しく、アクションも素敵で、安心感を持って鑑賞できる作品でした。

きみの声をとどけたい(2017年製作の映画)

3.3

細やかに丁寧な描写が素敵。
住んだことないのに、なんだか懐かしい思いを引き立てられます。

伝えたいメッセージがシンプルなだけに、単調に繰り返されると、受け取られ方に良し悪しが生まれそうでした。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

4.3

観て楽しめた作品。
終始ワクワク感がありました。

認められたくて努力したものの、意味が無かったり、却って逆効果になったりする感じ。あー、あるあると思いつつ、割と頼りないスパイダーマンに好感を覚えます
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.4

松山ケンイチさんが声優を担当するバルタザールが、哀愁漂う感があり良かったです。

ミニオンをもっと観たかった…
そう思わせるのは、作品と宣伝のマッチングが低いからかも。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

観て良かった作品。
カーアクションに期待して鑑賞したのですが、
それ以外の点でも大変満足でした。

音楽はもちろん、
愛着を覚える登場人物のキャラクターも素敵な作品でした。

幼な子われらに生まれ(2017年製作の映画)

3.7

新しい命の誕生という救いが
眩しいほどの全体的な暗さ。
20年も前に、こんなに暗い作品が作られた事に驚きです。

三島監督による
細やかな感情の描写が印象的。
特に宮藤官九郎さんが良いです。

観終わ
>>続きを読む

カーズ/クロスロード(2017年製作の映画)

3.8

最前線で活躍したプレーヤーが
技術に追い越されて行く感じに、
結構なあるある感を覚えます。

幼稚園のお迎えバスが
退廃したサーキットで荒ぶっているのが、やけに心に残りました。

サポートする役割りも
>>続きを読む

パワーレンジャー(2017年製作の映画)

2.8

割と誰しもが通過した、戦隊モノの世界。その人ごとに、各自のヒーローが煌めいていたあの頃。そんな、思い出のハコの埃が、徐々に払われてくる感を覚える。

それと同時に、内なる我がヒーローと、目の前のヒーロ
>>続きを読む

銀魂(2017年製作の映画)

3.8

原作ファンでも楽しめるギャグシーンと、キャラクターの再現性に全体的に満足。

皆さんキレキレですが、橋本環奈さんが特に、凄いなと。また子とのシーンは必見です。

そして、福田監督と佐藤二朗さんの組合せ
>>続きを読む

メアリと魔女の花(2017年製作の映画)

3.3

背景の美しさ、描きこまれ具合と緻密さが圧巻。手仕事でここまでできる業を拝めただけでも満足でした。

しあわせな人生の選択(2015年製作の映画)

4.2

観て良かった作品。

余命少ない主人公に視点がいきがちな作品ですが、
その相棒であり原題でもある愛犬トルーマンにとって、
しあわせな選択肢が選ばれるのかどうか、目が離せない作品でした。

一部の演出が
>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.7

要素として、162分の長さや展開の意外性があり、そこにウェイトを置いて考えると、何方かと言えばネガティブな意見も出てきそうな作品。

しかし、一晩経って、作品全体で捉えられるか、受容するキャパシティが
>>続きを読む

キング・アーサー (2016年製作の映画)

3.2

魔界村クリアに情熱を傾ける
そんなあの頃を経た人なら、
少し懐かしみつつ楽しめるかも。

映像美が素晴らしかったです。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.8

藤原竜也さんの凄さは、
どの役も藤原竜也さんが演じてると認識させつつも、役ごとに全く違う存在感を放つところだと思います。

それは本作でも健在で、
艶やかさと妖しさを醸す演技が
見応えがある作品でした
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

3.9

手段への共感のでき難さと、摸倣への懸念を覚えつつも、伏線回収や展開の楽しさを含め、観て良かった作品でした。

人生の終点から考えた際に、
何が幸せな状態をもたらすのか
改めて考えさせられます。

パトリオット・デイ(2016年製作の映画)

4.0

テロ事件の解決に心血を注ぐ主人公の姿に、気がつくと前のめりになっていました。

街をあげて捜査と捜査チームを応援する、ボストンという街を素敵に感じます。

Viva!公務員/公務員はどこへ行く?/オレはどこへ行く?(2015年製作の映画)

3.7

仕事環境が変わったり逆境にさらされても、職に固執する主人公のブレ無さに、学ぶものがあったような気がします。

ちょっと仕事を辞めたくなる、
そんな時でも、この作品を観ると
少し明るさを取り戻せそうな作
>>続きを読む

武曲 MUKOKU(2017年製作の映画)

3.8

剣道の防具の香りが立ち込めるような、良い意味で、漢臭さが溢れた作品。

迫真の剣道シーンはまさに圧巻。
自ずと見入って、集中と緊張の連続。

魂を削った演技に、観客側の体力ゲージも削られる消耗感があり
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

4.0

観て良かった作品。

正しさと優しさの間で葛藤する、マイケル・ファスベンダーの演技が見応えある作品でした。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

3.9

ホームではないけどアウェイでもない。どちらかと言えばホーム寄りのウェルカム感がある環境。

だいたいは馴染めた感はありながらも、そこで生じる所在無さを醸し出しつつ演じ切る、神木さんの演技の素晴らしさ。
>>続きを読む

怪物はささやく(2016年製作の映画)

4.3

観て良かった作品。
前情報なしで鑑賞しましたが、母の温かさを大いに感じ、その描写を含め心に沁みました。

カフェ・ソサエティ(2016年製作の映画)

4.0

観て良かった作品。
それなりに不貞さを含みつつ、鑑賞後に爽やかな気持ちになれる作品。軽快な音楽と、懐かしめな色味が素敵でした。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.1

食物連鎖の下位に陥ったような絶望感とスリルが凄い。そんな中でも時には期待を覚えさせられる音楽や、島が放つ妖しさなどの美しい映像が素敵でした。

コングは何故闘うのか。それがわかると見方が変わりました。
>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.0

観て良かった作品。
デヴ・パテルやニコール・キッドマンらキャストの方々の熱演に、じんわりと心打たれます。

特に、主人公サル-の少年時代を演じたパワール君の、ナチュラルで引き寄せられる演技が圧巻で、気
>>続きを読む

モアナと伝説の海(2016年製作の映画)

4.1

観て良かった作品。
歌と映像の美しさを堪能して楽しめました。特に、水の表現と描写分けが素晴らしかったです。

SING/シング(2016年製作の映画)

3.5

吹替版を鑑賞。多数出てくる名曲を楽しみつつ、一歩踏み出す勇気のようなものをもらえそうな作品。あとは、バスタームーンの営業力が、良い意味で、作品を楽しむこども達に伝わればいいなと思ったり。

誰がどう唄
>>続きを読む

>|