KMD

KMD

2015/04〜
再鑑賞含む

トランスフォーマー/最後の騎士王(2017年製作の映画)

2.8

ごっちゃごちゃのめっちゃくちゃ。でもまぁこのシリーズはもはやそれでいいのだとも思う。まじロン毛ウォルバーグ。

ラビング 愛という名前のふたり(2016年製作の映画)

3.6

ラブストーリーに集約してるけど、時代に翻弄された一つの家族の物語。主演二人の演技は本当に素晴らしく胸を打つ。そしてシャノンの存在感が凄い。

「彼は私を守ってくれました」

おじいちゃんはデブゴン(2016年製作の映画)

2.9

セガール化してるじゃないか…。あなたはスローモーションじゃなくて早回しでしょ、シリアスじゃなくてコミカルでしょ。時代に沿った作風には哀しいレジェンドの姿しか映らない、勿体無い。

ハードコア(2015年製作の映画)

3.8

もはやゲーム、スゲー面白い。どうやって撮ったのか分からん。

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.7

面白かったけど、期待値高過ぎたかなー。ジョン・ファブローがたくさん出てて上がった。続編待ち。

セールスマン(2016年製作の映画)

3.4

この監督、一貫して難しいわ…。たぶん戦争とか愛とか男女差とか、たくさんメッセージが込められてる。ハリウッド映画との違いよ。

エンドレス・マーダー(2015年製作の映画)

3.4

ジャケは無視しましょう。面白いけどテンポが遅い、間延び感は否めない。サブメッセージが多過ぎて、途中映画の世界観がやや崩壊するがラストで挽回。殺し屋役の演技が控え目でよい。

ショコラ 君がいて、僕がいる(2015年製作の映画)

3.2

ちょっと端折り過ぎかな。ショコラが肌の色関係なく未熟な奴にしか見えない。オマールよりジェームズが超絶演技上手い。

グリーンルーム(2015年製作の映画)

3.1

前半のバンド活動の詳細は必要なのか?ラストへの推進力と山場に欠ける。プロフェッサーの悪役が新鮮。

トッド・ソロンズの子犬物語(2015年製作の映画)

2.9

スローモーションとかカメラ目線とか、相変わらずふざけてる。犬はただのストーリーテラーで全く関係ない。グレタを久々観れて良かった。

MEMORIES(1995年製作の映画)

3.3

声優が超豪華。ストーリーは複雑、もう一回観ないと分からんね。

リトル・ボーイ 小さなボクと戦争(2014年製作の映画)

3.2

ベン・イーグルのコミックのあとに、聖書の名場面映すのは笑えた。子役が上手くて泣けるけど、もう一山欲しい。広島県民としてはやや不快なシーンがある。

人魚姫(2016年製作の映画)

3.6

毎回チャウ・シンチーは女優選びのセンスがいいね。相変わらず安っぽくてくだらなくてグロくて笑えた。でも西遊記の方が好きかな。

22年目の告白 私が殺人犯です(2017年製作の映画)

3.9

邦画の好きぢゃない部分が結構あったけど、充分楽しめた!4人の生放送が始まるところとか緊迫感あった。面白い。

ジングル・オール・ザ・ウェイ(1996年製作の映画)

4.0

再鑑賞。最高だね、後半から突如アメコミみたいになる。たまたま息子がアナキンで父親がターミネーターなだけ、世のお父さんはみんなターボマン。

ディクテーター 身元不明でニューヨーク(2012年製作の映画)

4.1

再鑑賞。『ウォッチメン』のコメディアンを思い出す。世の中全部冗談よ、笑い飛ばすのが一番。これくらい出来れば人類前進でしょ。

ジョン・ウィック:チャプター2(2016年製作の映画)

3.7

ツッコミどころ満載で面白い。ちゃんとこの手のジャンルのツボを抑えてると思う。チャプター6くらいまで観たい。

天空の城ラピュタ(1986年製作の映画)

4.0

再鑑賞。名作だと思う。本当はもっと尺長かったんだろうな、3時間くらい。それで観てみたい。

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.0

なんだこりゃ?どうなってんだ。コメディだよね。

「あんた釣りをするとき、何が釣れるか分かるのか?」

キル/オフ(2016年製作の映画)

3.0

謎過ぎる。きっとこの監督、デヴィッド・リンチ好きだよね。そもそも75分だけどテンポめっちゃ遅い、まとめたら40分以内でいけちゃう。

おとなの事情(2016年製作の映画)

3.2

面白くないことないけど、不快な割に深くもなく考えさせられることもなく、ただ終わる。構成と演出に拘ってるのは分かる。娘のバージンの件は凄くよかった。

エル・クラン(2015年製作の映画)

3.1

タイトルテロップが最高のタイミング。ブラックコメディかと思ってたら、結構なシリアスだった。ラスト3分は格好いい。ただそのまで長いわ、眠いわ。

魔女の宅急便(1989年製作の映画)

4.3

再鑑賞。なんで好きなのかもう分からないくらい何度も子供の頃から観てる。マイジブリBEST。

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.9

面白いとは言い難い。なぜ全裸ショットがないのか?逆に不自然。キアヌの無駄遣い。

バッドガイズ!!(2016年製作の映画)

3.0

キャストが好み。なんか面白い雰囲気はずっとあるんだけど、いわゆる山場・見所がない。サントラは凄く良い。タコス難民。

幸せなひとりぼっち(2015年製作の映画)

3.2

OPのスーパー、あれは明かに逆ギレ。それを納得させるほどの過去エピソードは出てこない。基本的には素敵な映画だけど、ややご都合主義。

アイヒマンの後継者 ミルグラム博士の恐るべき告発(2015年製作の映画)

3.5

第四の壁を越える意味があるのか?なかなか興味深いテーマだったけど、伝記とラブストーリーに仕上がってる。しかし老けたなー、ウィノナ・ライダー。

「人生は後ろ向きに理解して、前向きに生きるもの」

ヒトラーの忘れもの(2015年製作の映画)

3.0

歪んでいる。しばし少年兵たちだけ無人島にいるような演出は良い。ただ女の子の件とかちょっと突発過ぎるし、生活臭が足りない。あと邦題はミス。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.3

んぅ〜、抜け切らないまま本当に終わってしまった。勿体無い。とりあえずお疲れヒュー・ジャックマン。子役も良かったよ。

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

4.0

大作。韓国史の知識があると何倍も楽しめそう。第三世代以降が観ても感動出来るし、考えさせられる。妹だけは気に食わない。

「父さん、生きることは本当に辛いです」

Dear フランキー(2004年製作の映画)

4.2

再鑑賞。モーティマーがとにかく可愛い。子役も音楽も地味で良い。暗めの色合いも映画に合ってる。バトラーを最後にもう一度登場させないのが凄くうまい。用は大変好みの映画。

ボディ・ハント(2012年製作の映画)

3.1

ローレンスの歌と白いタンクトップに3.0点。その他は0.1点、ツッコむ気にもならない。博愛精神旺盛って笑える。

タイピスト!(2012年製作の映画)

2.9

デボラ・フランソワに尽きる、典型的フランス人女性像。それ以外はジョークもいまいちだし、世界最速の早打ちしてるのに映画のテンポが遅過ぎる。80分で充分。伝記の良さも活かしきれてないし、内容がない。

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

3.7

最高のプール映画。序盤はダンカンに若干イライラしたが、オーウェンがそれ諸共吹き飛ばしてくれる。ラストは本当に優しい。斜視の件が笑ってしまう。

>|