KMDさんの映画レビュー・感想・評価

KMD

KMD

2015/04〜
再鑑賞含む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.9

恋に落ちるの超早いな、時系列替えた方が良かった気がする。ヴィキャンデルとレイチェルの演技が神がかってる。この監督、愛と血についていつも心身揺さぶってくるわ。

エヴォリューション(2015年製作の映画)

2.9

芸術性高めなのは承知だけど、もう少し子供の人間味とか描いて欲しい。あまりに無機質。命の話なのに、何からも生命力が感じられない。

西遊記2~妖怪の逆襲~(2017年製作の映画)

3.4

面白いけど、やっぱ前作の方がキレが良かった。リン・ユンの特別扱いで映画のテイストが変わっちゃって困る。

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.4

面白いけど、やっぱグルーよりミニオンもっと欲しくなるよね。ドルーとブラットのキャラ設定が絶妙で良い。

君の膵臓をたべたい(2017年製作の映画)

2.2

なんだこれ?なんて意地悪なお話しなんだ。病気関係ないし、キャラも支離滅裂じゃないか。そしてそんなに図書館の整理一緒にしてないなおい。

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

閲覧注意、舐めてかかるとかなりのトラウマになる。オチは読める分ラストカットは安っぽいけど、ホラー映画としてなら分かる。細かなツッコミも多々あるけど、要は強烈な運命を背負った姉妹またはその家族の愛の物語>>続きを読む

ありがとう、トニ・エルドマン(2016年製作の映画)

3.2

ヨーロッパっぽさ全開で、少し理解し難いシーンが多いかな。でもまぁ優しい父娘のお話でした。長いけど…。

デトロイト(2017年製作の映画)

4.2

凄いもん観させられた感。オープニングから没入感が半端ないけど、あくまで中立な再現映画。ポールター君の覚醒と、フィンの顔がずっと切なくて良い。歴史と記憶に残る一作。

怪物はささやく(2016年製作の映画)

3.2

これイイ話なのか?3話目とか全然納得いかん。キャラが漏れなく人間味に欠けるのに、物語やオチだけは外連味たっぷりかよ。怪物は巨大グルートにしか観えん。

ラフ・ナイト 史上最悪! ?の独身さよならパーティー(2016年製作の映画)

3.7

素晴らしくくだらない。セリフだけじゃなくて、もう少し映像演出でもギャグが多いとなお良かった。エンドロール後の後日談のまとまりが良い。あと、クラヴィッツが最高に可愛い。

マザー!(2017年製作の映画)

4.0

それはもう不条理で不愉快極まりない映画でした。聖書なのは分かるけど、だからなによ?ってなる。芸術色が強くて、内容は短編で充分。ただ、大いに心中揺さぶられる衝撃はあったよ。

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

独特だなーって。脚本が面白いのと、マクドーマンドの存在感と、脇を固めるキャストの名演。愛とか信念とか復讐とか宗教とか尊厳とか死生とかを、アメリカの田舎町テイストでシェイク。邦画版も観たいな。オレンジジ>>続きを読む

セリーナ 炎の女(2014年製作の映画)

2.9

このキャストで4年間未公開なんて信じられないけど、観て納得。一体100分以上も何を観せられたのか全く謎過ぎる。そして明日には忘れる内容。どうしたビア…。

アフター・ウェディング(2006年製作の映画)

3.6

再鑑賞。今観るとあんま感動しなかったな、当時は新鮮だったんだけどな。元嫁も娘も美人さんですね。

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

3.7

地に足のついたセレブたちが作った感じ。ひたらすらアホすぎて笑えた。ちゃんと元ネタとゲストを理解できたら100倍面白いはず。

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.7

IMAX 3D効果でしょうか、やたら面白く感じた。脚本とかもうどうでもよくて、とにかく少しでも観客を楽しませようと色んな要素を放り込む姿勢に感激。この監督好きになれそうかも。

ムーンライズ・キングダム(2012年製作の映画)

3.4

再鑑賞。んぅ〜ん、ウェスウェスしてる。画はほぼ完成形、物語はもっと哲学的は方が好み。大人のような子供の可愛らしさと、子供のような大人の更なる可愛らしさ。特にブルースポリスね。

宇宙人ポール(2010年製作の映画)

3.2

再鑑賞。ポップで面白い。シガニー・ウィーバーは反則でしょ。

わが青春のマリアンヌ(1955年製作の映画)

3.1

青春映画の金字塔といえど、さすがに年下の女の子フルボッコは引く。恋というよりマリアンヌに取り憑かれている。主人公は最後まで青春の残り火に追いすがる。

ザ・ウォール(2017年製作の映画)

3.7

こういうの好きなんだよね、低予算でアイデア勝負のワンシチュエーション。単純で短めで面白い、そして意外なオチ。キャストも丁度良い。

サン・ジャックへの道(2005年製作の映画)

3.6

ロケ大変そう。旅自体にリアリティはないけど、コメディドラマとして楽しめる。終わり方とか後味がいい。夢のシーンに意味があったのかは謎。フランスっぽい。

善き人のためのソナタ(2006年製作の映画)

3.7

ラスト10分は本当にお見事、素敵な気持ちになる。ただね、全体通して主人公以外セリフ説明過多。セットはいい感じだから、もう少し演出とかカット割りでサスペンスして欲しい。

切腹(1962年製作の映画)

3.4

この映画を観て、武士や武士道に魅力を感じるなら大きな間違いだと思う。切腹は他殺であり、新撰組登場の遥か前に武士は滅びていた。演者が瞬きを全くしない演出。

レミーのおいしいレストラン(2007年製作の映画)

3.0

再鑑賞。リングイニが全く駄目人間のまま。ネズミの力を借りて料理をして彼女もゲット、コネで店を手に入れて、自分で付いた嘘をバラして正直者扱い、結果ウエイターの適職に運良くありついただけ。成長したのは人間>>続きを読む

パラノーマン ブライス・ホローの謎(2012年製作の映画)

3.8

ガッツリ大人向けメッセージ映画、ただ画的には子供も充分楽しい。みんなキャラ立ちしててギャグもいちいち笑えるし、ラストは泣ける。ライカは今後も注目。

ブラックブック(2006年製作の映画)

3.3

だんだんと物語の世界観が縮小して行く。国と人種の戦いから、気付けば個人戦に。それでも中立の立場で描き切れるのは、ヴァーホーヴェンの手腕かな。さすが。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.6

乗っけからノンストップな感じはアガるけど、やや長い。ギャグもポップだしアイデアも前作の方がフレッシュ、続編ありきの感じ。マーリンには泣いた。

ヘルボーイ/ゴールデン・アーミー(2008年製作の映画)

3.9

1と比べて2が優秀過ぎるわ。前作の失敗を全部払拭した感じ。キャラは魅力的になったし、アクションが今回は超スピーディー。ラストも良かった。

ヘルボーイ(2004年製作の映画)

2.9

やっと観れた。アクションにスピード感がなくて観飽きる、そのせいで尺も長く感じる。ややキャラ紹介不足だし、ストーリーも推進力に欠ける。イマイチ。

パシフィック・リム(2013年製作の映画)

3.0

再鑑賞。ハマる人の気持ちも分かるけど、そんなに好きなタイプではない。

スーサイド・ライブ(2017年製作の映画)

2.9

悪い意味で theアメリカって感じの映画。設定が無茶なのはさて置き、もう少しジョークとかLIVE感とかを工夫して欲しい。アイデア一発勝負にしては尺長過ぎる。ジェームズ・フランコのシーンは最高。

イカとクジラ(2005年製作の映画)

4.2

再鑑賞。欠点だらけの家族、でもその欠点それぞれが家族への愛が故だということを、80分で丁寧に深く掘り下げていく。器用な人が作った不器用な人たちの映画。大切な人に観て欲しいような作品。

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

3.9

ジェシカの男勝りキャリアウーマンシリーズ。そんなにドンデン返しはないけど、とにかく主人公のキャラ造形とジェシカの演技が魅力。連ドラで観たいレベル。あと男娼役に助演男優賞を。ロビイストものにハズレなし。

20センチュリー・ウーマン(2016年製作の映画)

4.1

脚本・演出・演者がどれも本当に素晴らしい。違う時代に生まれた男2人女3人の、同じ時代を切り取った映画。分かり合えなくても、例えそれが一瞬でも、確かにその時間は永遠に存在し続ける。それが生きて行くという>>続きを読む

ローサは密告された(2016年製作の映画)

3.7

なんて力強い。最下層で懸命に生きようとする人間と、搾取する側の人間との負の連鎖。それを終わらせることが出来る唯一の希望を見つめるラストカット。搾取側の心理まで踏み込んだらなお良かった。

3月のライオン 後編(2017年製作の映画)

2.7

前編から風呂敷広げっぱなしで終わった。有村架純のオチはあれでいいのか?伊勢谷友介は何の為に出て来たのか?そもそも将棋が二の次扱い。残念過ぎた。

>|