daisakさんの映画レビュー・感想・評価 - 17ページ目

daisak

daisak

journey in satchidananda

映画(605)
ドラマ(0)

父と暮せば(2004年製作の映画)

3.9

主人公の宮沢りえが、戦争を経て生きている、という罪悪感と悔いを抱えて生きている。
そこに死んだはずの父がやってきて…。

生きる、という人間にとって当たり前の事に罪悪感を感じてしまう戦争の異常さ。
>>続きを読む

茶の味(2003年製作の映画)

3.8

山よ
なんであなたは三角定規なの?
が頭から離れなくなること覚悟して観るべし

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.8

サム・ライミのホラーということで鑑賞。まあまあ笑えるけど、まあまあホラーでした。そんなに残酷な描写はないのですが、タイトル通り息をもつかせぬ切迫感のある映画でした。

ザ・タウン(2010年製作の映画)

4.0

ハードコア。ベンアフレックってボストン育ちやねんな。クライム&友情&thug映画NO1

レヴェナント:蘇えりし者(2015年製作の映画)

4.0

映画館で鑑賞。
圧巻の映像美。
物語は本当にどうでもよく、ただただ自然界の美しい映像と音楽に息を飲む。
作業中に垂れ流すBGVとしても最適。

CUBE(1997年製作の映画)

2.3

中学生の時に皆で夜更かしして観てトラウマになりました。

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

4.2

ルネ・ラルーならコレ!
BD(バンドデシネのほうね)の原点。
DVD買いました。

ウェイキング・ライフ(2001年製作の映画)

4.1

量子的ゆらぎの世界へようこそ。
実存主義とパラダイムシフト。量子力学についての哲学的ドラッグムービー。
一家に一台。
知覚の扉が今開かれる。

スキャナー・ダークリー(2006年製作の映画)

4.0

リンクレーターお約束の勘ぐり&トリップ&哲学ムービー。
シラフでは気づかないギミックがいたるところに…。

愛のむきだし(2008年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

映画館で観ましたが、当時は客席に2人くらい。板尾のちんこ切られるシーンで2人とも爆笑。血出すぎやろ。
不思議な一体感が生まれました。
少し長いけど、バイタリティ溢れる良作。
満島ひかりが良い。

スナッチ(2000年製作の映画)

-

この頃までのガイリッチーは最高。
ベネチオ・デルトロかっこいい。
マドンナと結婚してからのガイリッチーはクソ。
離婚してからの一作目
code name unkleはこれまた最高。

スカーフェイス(1983年製作の映画)

3.8

ギャングスタムービーの代名詞トニーモンタナ。godfather2と本作のアルパチーノの殺気を超えるアクターは…思いつきませんね。

ソフィアの夜明け(2009年製作の映画)

3.5

冒頭からイツォに共感できた。
クリスタルの様に皆を愛して生きたい、でも現実は全然駄目なんだ。と精神科医に告白するシーンが印象的。良い役者さんでした。ご冥福をお祈りします。

クリーン(2004年製作の映画)

3.9

アサイヤスの元妻マギーチャンが主演。
チャンの等身大の好演、ラストの歌にヤられた。
brianenoのAN ENDINGが劇中で聴ける幸せ。
マギーチャンかっこよす
trickyの役もイケてる。

エンター・ザ・ボイド(2009年製作の映画)

3.8

タランティーノがオープニングNO1に挙げたこの作品。
ギャスパー・ノエなりの「チベット死者の書」の新解釈です。
是非デカイスクリーンで。
DMTトリップの再現性がハンパない

ホーリー・マウンテン(1973年製作の映画)

4.3

ジョンレノンが、2001年宇宙の旅と同じく、紙食って映画館で観てブッ飛ばされたという…
カルト映画の最高峰にしてホドロフスキーの中ではわかりやすい作品だと思います。

エンディングノート(2011年製作の映画)

4.1

たまたま時間が空いたので、人の生き死にに接する仕事柄観ておこうと、軽い気持ちで観に行ったのに映画館を出られなくなるほど号泣してしまった…。
映画館で観る事ができて良かった作品です。ハナレグミの音が10
>>続きを読む

聖杯たちの騎士(2015年製作の映画)

3.2

相変わらずのマリック流の難解さと映像美‼︎acid‼︎
tree of lifeが眠かった人にはキツイかも。
ボヤージュオブタイムが楽しみです。

バンコクナイツ(2016年製作の映画)

3.5

知ってる人が出演していたので…。
田我流はじめ音楽は良いですね。
this is taniya‼︎

たかが世界の終わり(2016年製作の映画)

3.9

相変わらず辛辣。
居心地の良い不幸より幸福を選べ。
シュザンヌ役のレア セドゥーが最高。
映像と音楽の使い方がハイセンス。
ドラン好き以外にはオススメできません。

|<