F亮さんの映画レビュー・感想・評価

F亮

F亮

基本的に好きなタイプの映画しか見ないのと、好きなタイプの範囲が広い為に評価はガバめ。どのくらいかというと、劇伴が良いだけで最低3.5は出るレベル。

映画(342)
ドラマ(0)

仮面ライダーアマゾンズ THE MOVIE 最後ノ審判(2018年製作の映画)

3.3


春映画の無い寂しさを埋めようと思って鑑賞。

結局寂しさは埋まりませんでした……😓


作りとしては、無難ではあったとおもいます。アマゾンズが好きな人はこういうテーマ的なモノをライダーでやることを求
>>続きを読む

キング・オブ・エジプト(2015年製作の映画)

3.4

CV中村悠一の金ピカのホルスの為にたまには吹き替えで……ってバカ!!主人公バカップルのせいで途中から字幕で見ちゃっただろ!

頭の悪い変身ヒーローモノが見たくて、見たけど、そこは満足した。特に理由もな
>>続きを読む

キング・コング(1933年製作の映画)

3.8

子供の頃に見てワクワクした思い出。

白黒なのも相まって怖くなかったんだろうな。

キング・コング(2005年製作の映画)

3.4


実は、あまり印象にない……

微かに残ってる、記憶は向こうのUSに行った時のなんか凄いアトラクションの映像か。

キングコング対ゴジラ(1962年製作の映画)

-


先輩と4Kを見に行った思い出の映画……

色んな人にゴジラ映画の最高傑作と言われるのも納得のエンタメ力。

正直偉そうな事とか何も言えないので点数は勘弁。

キングコング:髑髏島の巨神(2017年製作の映画)

4.6

ランペイジ記念。

まさしく、巨獣大乱闘映画。

兎に角でかいコングが画面を所狭しと暴れまわる様は痛快の一言につきる!

他にも、ガスマスクつけて刀振り回すシーンとな「不名誉よりも死」とか好きなところ
>>続きを読む

ランペイジ 巨獣大乱闘(2018年製作の映画)

4.0


バカイジュウ映画を見に行ったら、まさかのゴリラとゴリラのハートフルストーリーだった……。

一応、自分の中では昨年のキングコングと比較して見てたんだけど、肝心のゴリラよりもドウェイン・ジョンソンの暴
>>続きを読む

GODZILLA 決戦機動増殖都市(2018年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます


メカゴジラシティ……まぁ、笑うよね。

一旦それは置いておいて、やっぱり正面からゴジラって脅威に立ち向かう様を描くのは結構好印象。

ゴジラとか怪獣ってモノをいつか人類が到達しうるモノもしくは成り得
>>続きを読む

セント・エルモス・ファイアー(1985年製作の映画)

4.9

何だこれ……何だコレ……!!

出てくるやつら全員共感できないし、ノリがパリピ供のそれ過ぎて映画の7分の8くらいずっと、はっ?とか、へっ?、とか言ったけど、途中途中で挟まれる、美しすぎる絵とBGMで気
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

4.0


終盤のお父さんが、言ってた事が全て。

避け難い恋とは、美しい景色のようなものなのかもしれない。

タイトルにもなっている名前を呼びあう瞬間は、少なくともそうだったはず。

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

5.0


個人的2018年ベスト予告編賞受賞作。

『好きな曲は「ラジオスターの悲劇」、好きなPVは「テイク・オン・ミー」』

80’s大好きで良かった…このセリフで死ぬほど感動した。

後、ガンダム。

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

4.8


NYで1人の少年が、1人の男になる物語。

恵まれすぎた環境、進展したいけどできないGF、どこか一歩足りない退屈な日常に幸か不幸か訪れたきっかけ。

それは、GFからの別れの切り出しであり、隣に越し
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

4.4

このレビューはネタバレを含みます

ぶっちゃけ4.4はボイエガ点。実質4.1。

前作はなかったロボvsロボ、序盤のライバルの武器を後半に使う、準主人公の作った機体が助けに来る、大気圏からの急降下パンチ、ジョン・ボイエガ、いい所でかかる
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.9

自分的点数つけ忘れ大賞ノミネート。

デニーロが鞄から作業用の文房具出したところで、号泣した。

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

4.6

今更言うことも無いな…。

とりあえず、戦争のシーンで上官に褒めちぎられるシーンが爆面白くて好き。

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

3.9


ブレックファスト・クラブな上に、エンディングがちゃんとWelcome to the jungleで、満面の笑みで映画館を出ました。

映画の感想としては、まず、劇伴五曲の衝撃がここに!驚いたー!
>>続きを読む

スポーン(1997年製作の映画)

3.5

春のファンタジー祭り③

実質MTV映画。

サントラは渋く、今聴いても最高。スポーンのスーツと、それに伴って舞うマントは最高にイカしている…のだが、デブのおふざけがキツすぎた。

最後の着ぐるみアメ
>>続きを読む

ダーククリスタル(1982年製作の映画)

4.2

春のファンタジー祭り②

キャラクターの造形だけでもずっと見ていられるし、甘すぎないちょっとほろ苦い感覚のストーリーも良い。

もっと早く見ておけば良かった、と後悔した作品。

マネキン(1987年製作の映画)

4.9


わざわざ渋谷にVHSを借りに行った甲斐があった…。


そもそもが、StarshipのNothing’s Gonna Stop Us Now を聞きたくて借りたんだけど、いきなり主人公のダメっぷりに
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

4.6


ゲイリー・オールドマン演じるチャーチルに惚れる。

贅沢な画面の使い方にも見惚れた。チャーチルの乗ったエレベーターが、画面の中を上に移動するシーンは、チャーチルの感じた孤独を良く表していると思う。
>>続きを読む

ファントム・オブ・パラダイス(1974年製作の映画)

4.2

カッケェ…ロックンロール版「オペラ座の怪人」、死ぬほどカッコイイ…!!

最初のダサ(誉めてる)バンドシーンから始まって、あれよあれよと言う間に、惨事が巻き起こり奴が仮面を取るまででメチャクチャ引き込
>>続きを読む

ネバーエンディング・ストーリー(1984年製作の映画)

3.8

春のファンタジー祭り。

昔、テレビ見たっきりだったので改めて見ましたが、やっぱり素敵な映画ですね。

モーラのくしゃみ、ファルコンの瞬き、グモルクの牙...やっぱファンタジーはこうでなきゃ。

主題
>>続きを読む

レモネード・マウス(2011年製作の映画)

4.3


最初の印象は、ライブシーンが激烈に気持ちいい!だった。

なんだろう…冴えない奴らが手を取り合って成り上がっていく感じが良いというよりは、音楽を通して自信をつけた若本たちが友情を育む感覚が、素朴に良
>>続きを読む

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

4.5


どうしよう…嫌いな要素が全く無い…ピクサーで一番好きかも。

家族、音楽、怪獣、風景、アイデンティティクライシス。

先々の展開が読めてしまうのは、そんなに気にならなかったかな。ただ完成度の高さから
>>続きを読む

シコふんじゃった。(1991年製作の映画)

4.3

はっきり言って...好き!!!

王道少年漫画的ストーリーが好きなのもありますが、グッとくる展開と画が多かったのも加点ポイント。

女マネが土俵入りするところとかは少年漫画でも類を見ない熱さ。しかも、
>>続きを読む

Re:LIFE リライフ(2014年製作の映画)

3.3


エンディングで、「黒澤とディズニーは同列に語れると思いますか?」とか言ってた女が、それまでバカにしてた「ダーティ・ダンシング」見て号泣してたのを見て、星5をつけたくなったけど、心を鬼して点数をつけま
>>続きを読む

フットルース(1984年製作の映画)

4.2

『フラッシュ・ダンス』と並び称されるMTV最強映画の一角の本作。

開幕直後に耳馴染みが良すぎるケニー・ロギンスの"Footloose"が流れれば、気づけば頭は映画に釘付け、気分は田舎に紛れ込んだケビ
>>続きを読む

坂道のアポロン(2017年製作の映画)

3.7


ライブシーンとエンディングの入り方は満足。

他は…うーむ。詰め込みすぎ感とかもあり普通の印象。

中川大志君の千はすごく良くて、彼が楽しそうにドラムを叩くシーンだけでも見てよかったとは思った。
>>続きを読む

劇場版 ウルトラマンジード つなぐぜ! 願い!!(2018年製作の映画)

4.9

このレビューはネタバレを含みます


あー!!エンタメ点高すぎー!!頭がバカになるー!!

Xの劇場版が最終回、オーブをヒーローショーとするなら、今回は正しく劇場版!

個人的に、ヒーロー映画として超完璧!
主人公の成長、ゲストヒーロー
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.5

途中から来た新所長の声が良すぎてビビった。

ハラハラ感の塩梅がすごく良かった。不意に映るナイフとか、オレンジジュースとか、注射器とかよりも、人の怒りが一番怖い。

人の怒りの持続力ってどれほどのモノ
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

今まで見た恋愛映画の中でダントツに美しい作品だった…

魚人の動作、話の行き着く果て、水の動き、引きちぎられる指、ギャグ、下ネタ、全てが美しい。

流れる音楽も、それこそ水のように流れていて、優雅の一
>>続きを読む

>|