じょじをさんの映画レビュー・感想・評価

じょじを

じょじを

  • List view
  • Grid view

ウォール街(1987年製作の映画)

3.0

また観た。
うーん、素晴らしい。
当時のマーケットの喧騒とムードがなんとも哀愁がある作品。

ハゲタカ(2009年製作の映画)

2.0

観た。
原作の大ファンから一言だけ言わせてもらうなら、ハゲタカを名乗るな!かな

八日目の蝉(2011年製作の映画)

2.5

観た。
興味深いが、おもしろくはない。
終わり方がすきじゃない。

ハーフ・オブ・イット: 面白いのはこれから(2020年製作の映画)

3.0

観た。
あらすじ知らずに観た方が絶対おもしろい。二人の会話が二人の次元で噛み合うという関係性が羨ましい。ハーフオブイットってそんな人ってことか

幸せのちから(2006年製作の映画)

2.5

また観た。
お父さんがすごいがんばったんだけど、感動はなかった。

インサイド・マン(2006年製作の映画)

2.5

観た。
途中はけっこう面白いんだけど、肝心の目的とか真意がイマイチなので強いインパクトは残らず。

真夏の方程式(2013年製作の映画)

2.5

観た。
観れなくはないけど、容疑者Xに引き続きもうガリレオ関係ないじゃんシリーズ。
やっぱりこの子は博士になるのかな〜

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

2.5

観た。
トリックはなるほどなぁという感じだけど、もう物理とか数学とか関係なくなっちゃった、ただの名探偵の推理ショウ

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

2.5

観た。
エンタメとしては別に全然面白くないんだけど、自分に重ねて観てしまって、自分にもいつか来る未来だと思ったら、やるせない気持ちになってしまった。

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.0

観た。
ありきたりなオチじゃないところは結構好き。主人公はこの生活が好きらしいけど、やっぱりどっかで落ち着きたいと思ってるんだろう。ってあたりの描写が面白かったな

氷の微笑(1992年製作の映画)

3.0

観た。
サスペンスとして猟奇的でおもしろいが、また観ようとは思わない。
妖艶というのはあらゆる心理戦においてめちゃくちゃ有利。

Shall we ダンス?(1996年製作の映画)

2.5

観た。
タイトルはそういうことだったのね。
男が何か始めるとき大抵は女がキッカケである。

ノウイング(2009年製作の映画)

2.5

観た。
初見と思って観たら、けっこう序盤で観たことあることを思い出した。
全然悪くないけど、また観ようとは思わないな

いまを生きる(1989年製作の映画)

2.5

観た。
こういう教育は日本に足りてないものだよなぁ。受けてみたかった。
今を生きるとは、自分の素直な気持ちを表現するってことなのかもね。
"seize the day"

ユー・ガット・メール(1998年製作の映画)

3.0

また観た。
ラストのほうのあなたなら良かったと思わせていく感じの展開すき。
この作品のメグライアンめちゃくちゃキュートなんだよなあ〜

ビブリア古書堂の事件手帖(2018年製作の映画)

2.5

観た。
設定は面白いんだが、面白いのは設定だけだった。黒木華ちゃんがかわいいのでまだ観れる作品。

舟を編む(2013年製作の映画)

2.5

観た。
明確なアウトプットに15年かかる仕事って他に類を見ないな。気狂いそう。

ボディガード(1992年製作の映画)

3.0

久々にまた観た。
面白いというか名作というオーラを纏う作品。
同じ人間と思えないぐらい歌うまい。

ホリデイ(2006年製作の映画)

3.0

また観た。
2回目だけど初回より印象は良かった。
環境を変えることや、新しい出会いが人生を動かすというポジティブなストーリーに好感が持てる。

レナードの朝(1990年製作の映画)

2.5

観た。
思ったより感動はなかったが、飽きさせない良作。感動への期待値が高過ぎたかな

ドラゴンクエスト ユア・ストーリー(2019年製作の映画)

2.5

観た。
なるほど、酷評されていた理由がわかった。そして、そこについては予想していたよりもずっとヤバかった。
アニメーションはいいだけにもったいないな。

きっと、星のせいじゃない。(2014年製作の映画)

2.5

観た。
いい話だとは思うけど、病気系はニガテで好きにはなれない。

ジュニア(1994年製作の映画)

3.0

また観た。
本作の中でも“神への冒涜”と揶揄されているテーマなのだが、倫理観無視でエンタメとしては充分に面白い。

TENET テネット(2020年製作の映画)

2.5

観た。というか2回観た。
わからん&わからん。最終戦〜ラストが特にわからん。1周目→考察読む→2周目、これで8割理解ぐらい。エンタメとしてはちょっと難解すぎる。

おとなの事情 スマホをのぞいたら(2021年製作の映画)

3.0

観た。
おもしろかったし、観てよかった。感動はないが笑いはあるし、わりとずっと飽きさせない。元ネタ映画も観たい。

ワタシが私を見つけるまで(2016年製作の映画)

2.5

観た。
悪くなかったけどね。
教訓がありそうで無さそうな話。

バイオハザード(2002年製作の映画)

2.5

観た。
観たことないシリーズだったけど、1で辞めておこう。

一枚のめぐり逢い(2012年製作の映画)

2.5

観た。
途中から「あ、パイパーじゃん」と思ってから、なんかもうパイパーにしか見えない話。
それにしてもニコラススパークス原作は相変わらずロケーションが美しい。

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

2.0

観た。
期待値が高すぎたのかもしれないが、期待外れ。

はじまりへの旅(2016年製作の映画)

2.5

観た。
感動はなかったけど出会えてよかった作品。家族の絆を見た。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

2.5

やっと観た。
アベンジャーズのネタ担当だけど、最後締めてくるあたりはさすが。

アナと雪の女王2(2019年製作の映画)

3.0

観た。
1がよかっただけに、続編は難しいところだけど、2もめっちゃ良い。
大人でも楽しめる。いや大人でちょうどいいかも。

>|