オキシジェンデストロイヤーさんの映画レビュー・感想・評価

オキシジェンデストロイヤー

オキシジェンデストロイヤー

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

5.0

一言でいうと完璧。
500億光年満点つけたい。
全ての要素が完璧に調和。

オープニングからワクワクもんで
そのまま片時も退屈させず最後まで。
これは、とんでもないやつですよ。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

-

もうこの辺りまでくるとハーマイオニーすごいな、なんかもうオトナだわ

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

-

ラグナロク?バトルロイヤル?の予習と思ってみてみたらなかなか面白かった。ソーのなにが面白いかって浮世離れした人間界とのギャップをコメディで見せるところがひとつ自分の中でお気に入りポイントなんだなーって>>続きを読む

ロジャー・コーマン デス・レース 2050(2017年製作の映画)

-

これはこれでよい。パーフェクタスがジム・キャリーみたいで憎めない。

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

-

適度にユルい感じで、そこそこ笑えるし、それでいてゴアもしっかりしてるという、なかなか貴重な通好みのタイトな作りの映画でした。

ラストの続きが気になる感じはかなり好き。ホラー通にはたまらない展開だよね
>>続きを読む

ハウンター(2013年製作の映画)

5.0

スプライト以来ご無沙汰してたけどひっそりこんな映画撮ってたのね!見逃してた!もしかしたらドント・ブリーズに先駆けてたポテンシャルがあったかもしれないのにもったいない!!

低予算ながらドンブリ・ミーツ
>>続きを読む

サイレントヒル:リベレーション3D(2012年製作の映画)

-

評判良くないからどうかなと思ったんだけど全然悪くなかったかも!

前作はあえて封印してたであろう
お化け屋敷的な、ワッと脅かす
演出が気になるっちゃあ気になるけど
そこくらい。

前作の世界観にうまく
>>続きを読む

サイレントヒル(2006年製作の映画)

-

ゲームはやったことないけど映画として楽しめると聞いたので鑑賞しました。

あまり怖くないけど、幻想的な街の雰囲気がよかった。クリストフ・ガンズ監督はもっと評価されてしかるべき。

話の進み方がステージ
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

5.0

多少気になるとこはあったけど
キャストは豪華で話も演出も盛り沢山

高所恐怖症気味なので中盤にある決死の救出作戦はハラドキもんでした

込められた骨太なメッセージも力強く
圧倒される。答えは見る側一人
>>続きを読む

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(2009年製作の映画)

-

香港・マカオの夜景がシビれる、というか、あの街をバックに男たちが歩く、それだけで画になる魔力のようなものがありますな

時々肩透かし風のシュールな演出が妙に脳裏にこびりつく

ワイルドなスピード! AHO MISSION(2015年製作の映画)

-

たぶんそれなりのお安いご予算でオリジナルの雰囲気も再現しつつ十分楽しませてくれたかな。

こういうパロディ映画は複数の映画を織り込むのが常套パターンだけどこの映画はワイルドスピードに特化してるので発散
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

-

キャストがよかった。ディカプリオのアフリカ訛も現地民が聞いてどう思うかは想像つかないけど雰囲気あったんじゃないかなぁ。

何気にハムナプトラのイムホテップさんが出てるのが個人的にツボ。

ラスト近くア
>>続きを読む

ビール・フェスタ 無修正版 〜世界対抗・一気飲み選手権(2006年製作の映画)

-

痛快で楽しい王道コメディ。
伏線の回収もご都合主義も
なんでもござれ。頭空っぽで
ひたすら笑える至福の時間

いくつになっても一緒に
バカになれるこんな仲間が
いるといいな〜

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

-

とにかくだだっ広いアメリカでジャック・リーチャーみたいな生き方なんて普通の人じゃ孤独にやられて気が狂っちゃうんじゃないだろうか…

だからこそ普通の人は恐らくは日本のそれより濃く親密な関係を求めてる…
>>続きを読む

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

-

派手派手路線でとっつきの良さ、おもしろさはあるんだけどなんというか番外編とかジャンプ連載漫画の映画版(いや、映画なんだけどさ)みたいな雰囲気だよね。

キャラシャッフル萌え展開みたいなとこあるよな。カ
>>続きを読む

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年製作の映画)

-

スリリングで面白い。今のところ新スタトレの三作じゃ一番良かったかな。キャストの安心感が出てきてキャラが転がりだしていい感じだし。

スター・トレック(2009年製作の映画)

-

クリス・パインがチャラ過ぎるのと、昔のTVシリーズは少し見てたのでイメージが崩れるのが怖くて敬遠してたんだけど、ワンダーウーマンのクリス・パインが良かったので鑑賞。

結論言うと、宇宙ロマン感溢れてて
>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

-

DANKIROKU

団鬼六のことをそう読むんだと
思っていた時期が、
私にもありました

低音ビリビリで面白かったです
IMAXでみれてよかったです

戦争映画だけどいつも通り
ノーラン美学に徹して
>>続きを読む

ジェイソン・ボーン(2016年製作の映画)

-

もはや続編というよりは限りなくパロディに近いセルフリメイクな感がある

ただ、白とも黒ともハッキリしない世界観や今作のニューキャラは悪くない

ガール・オン・ザ・トレイン(2016年製作の映画)

-

酒でグダグダになったエミリー・ブラントはモト冬樹に似ている。

なかなかの良作ミステリーでした

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

5.0

超絶面白いっ!!!!
武闘派葉加瀬太郎めちゃ強いぃ!!

ラストの潔さや緻密なストーリーの一方でアクションは韓国映画特有の無茶苦茶な取っ組み合い中心だったりしてなんて力強い映画なんだろう!

でもって
>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

-

話はめっちゃ面白いし、出てくるキャラも最高!…なんだけど後半暗い…話がとかじゃなくて文字通り画面が暗い…そして途中で監督交代したんじゃないのかっていうくらい結局いつものザック・スナイダー映画になってる>>続きを読む

君の名は。(2016年製作の映画)

-

遅ればせながら鑑賞。
絵は綺麗だったけどそれ以外は
自分には合いませんでいた。

最後のアレがやりたいが故のストーリー運びってとこが見え見えでテンポ悪く感じられた。他人の夢の話を聞かされてる様な感覚。
>>続きを読む

リディック:ギャラクシー・バトル(2013年製作の映画)

-

麻酔銃と5秒の下りくらいしか褒めどころが見つからない

前半の無人星ゼロ円生活らへんで三度も寝落ちして一向に先に進めなかったの(笑)

それに世界観も外のシーンになるほどセットとCG取ってつけました感
>>続きを読む

[リミット](2010年製作の映画)

-

うー、息苦しい上にブラックユーモアにも程があるな。そういやおれ、閉所恐怖症なんだった…ブルブルッ…

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

-

新幹線ヤクザバトルが最高。ローガンしかりで監督は西部劇好きなんだなぁと思った。

言われてるほどひどいとは思わなかったけど、ヒロインの棒読み台詞だけはどーしようもない。いっそ黙っててくれりゃ…と何度も
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

5.0

打ちのめされた!!

テーマがテーマだけに重くて暗くて陰惨なんだけど、鑑賞後は何か心の奥底に問いかけてくるようなずっしりとした余韻が残った。

始まりから終わりを予感させる長く短い旅路はあまりにも切な
>>続きを読む

ハプニング(2008年製作の映画)

-

寝落ち前提で期待せずに見たらなかなか面白かったよ。

マーク・ウォールバーグのテンパりどアップがやたら多いのが印象的。

死に様百景がさりげなく自然でショッキング!もちろんいい意味で

アトランティスのこころ(2001年製作の映画)

-

ダークタワーの映画予告が公開されたので、関連作で未見の本作を鑑賞。

キングのB級感はあえて前面に出さずに、スタンド・バイ・ミーやショーシャンク方面でウェルメイドにまとめた感じですね。

郷愁を誘う古
>>続きを読む

ラストコップ THE MOVIE(2017年製作の映画)

5.0

テレビシリーズを見てて、最終回で劇場版のアナウンスがあってから楽しみにしてたクチです。

結論から言うと、エンタメ路線の邦画はこれでいいのだ!!

…と思わずバカボンのパパ化してしまうくらいに映画を見
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

-

ドラマ部の退屈さとアクションシーンのキメ絵の良さがアンバランスすぎて二人の監督が取ったのか二重人格みたいな感じだったわ。

お金もかかってるであろうはずだけど時々コントみたいな安っぽいセットになるのも
>>続きを読む

ハムナプトラ3 呪われた皇帝の秘宝(2008年製作の映画)

-

ちょっとエンジンのかかりが悪いけど後半からは一気に畳み掛けてくるのでやっぱりめちゃくちゃ面白かった!

ナイトクラブ『イムホテップ』が出てきた時点で私的にはオールオッケーでした。死んでも浮かばれんとは
>>続きを読む

スターシップ・トゥルーパーズ インベイジョン(2012年製作の映画)

-

フルCGなのでゲームはどうしても思い浮かべちゃいますよね、ってことで私の場合はHaloミーツDOOMでした。
あの人はメタルギアソリッドみたいだったし。

思いの外、スタトルらしさも健在で楽しめました
>>続きを読む

ザ・トーナメント(2009年製作の映画)

-

これは名作!!

コンセプトが分かりやすくてブレもなく竹を割ったような性格の映画。

また、ストーリーテリングがなかなかうまくて、主要な登場人物の数とさらにそこから掘り下げる度合いのバランスがとても良
>>続きを読む