オキシジェンデストロイヤーさんの映画レビュー・感想・評価

オキシジェンデストロイヤー

オキシジェンデストロイヤー

大好き映画は五億万点!

カン・フューリー(2015年製作の映画)

5.0

続編が作られると聞いて!
最高かよ!
このノリ維持して欲しいなー!

ファークライのDLCや
ソーバトロワもそれっぽくて
たまらんちんなんだよ
分かってくれるかい?

グレイテスト・ゲーム(2005年製作の映画)

5.0

ゴルフ映画の真打ち登場!
実話で結末を知っていても
文句なしに素晴らしい。
衣装やプロダクションデザインの
再現性もすごくいい

そして少年キャディーのエディと
英国のチャンピオン、ハリー・バードン
>>続きを読む

スプリット(2017年製作の映画)

-

キモヂワルくて面白かった
シャマランは大作よりも
こういうのがいいやね

ワイルド・スピード ICE BREAK(2017年製作の映画)

1.0

映像は相変わらず派手で楽しめたけど
シリーズで最も合わなかったな
以下、ネガコメなので好きな人は
スルー推奨

今回のトレトは完全に自業自得
ハッピーエンド風にまとめたけど
進行上都合の悪いキャラは見
>>続きを読む

トライアングル(2009年製作の映画)

5.0

昨今西洋東洋問わずタイムリープものは創作の1ジャンルとしてすっかり定着した感があるが、それぞれ個性があってどれも面白く、かつ複雑な入れ子の構造のおかげで何度も見返したくなる良作が多いのも特徴。

本作
>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

-

まるで文章を読みながら頭の中で想像を膨らませていくかのような文学的映画体験だった。

世界観の作り込みが凄まじくて小道具一つに至るまでぬかりなく計算し尽くされたカンジ。

初めはとっつきにくいかなと思
>>続きを読む

ダークタワー(2017年製作の映画)

-

原作は全部読んでて、脳内映画版とTVシリーズのイメージまで固めてる自分だけど、十分楽しめた。

極限まで話を絞り込んだダイジェスト版みたいな映画だけど、原作の細かい再現ポイントにおっ!と楽しめた。
>>続きを読む

グレートウォール(2016年製作の映画)

5.0

あっという間に敵が攻めてきてそのままのテンション維持しながら一気にラストまで楽しませてくれた!

2日に分けて見るつもりが予想外の面白さで最後まで見てしまった(笑)

世界観、もろ三國無双。

ちょっ
>>続きを読む

ゴースト・イン・ザ・シェル(2017年製作の映画)

-

いちげんさんはついて行けないし、
古参からは叩かれるし実に不憫な子や

おれはなんでも生半可な知識しか持ち合わせてないもんだから幸い楽しめた。作り込まれた世界観もハマったし、黒髪スカヨハも、意外にかわ
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

-

子供の時に家族で映画館でみてすごく楽しかった!子供も大人もそれぞれで楽しめる毒気のバランス感覚は絶妙。

今見るとテンポ重視で若干話の運びが強引な感じもするけど。それにしてもラウル・ジュリアとアンジェ
>>続きを読む

ベン・ハー(1959年製作の映画)

-

ベクマンベトフ版の後に鑑賞。

ゆったり話が展開しつつも、衣装やセット、エキストラなど全てが作り込んであってとてもゴージャスなので退屈させない。そしてやっぱりタメてタメての騎馬戦の大迫力に圧倒されちゃ
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

-

演技の間がたっぷりあって、登場人物たちの細やかな心情が手に取るように伝わる渋イイ作品。

飯は気持ち少なめなんだけど要所要所しめる感じかな。買い出しのシーンみてたらオクラ食べたくなってきた。

ハイエナ・ロード(2015年製作の映画)

-

戦争は情報戦であり、相手の文化を深く知ることでもあるということをリアルなタッチで教えてくれる良作。カナダ映画ということでその辺少し冷静な目線になっているんだろうか?

ベン・ハー(2016年製作の映画)

5.0

いやー面白かった!
壮大な兄弟喧嘩、大工仕事をするレアなキリストも出てくるちょっとイイ話!ガレー船に乗せられて5年たったらお金持ちのボンボンもムキムキマッチョになっててビックリだぞ!
さらに後半のレー
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

-

全体的に起伏が少なく淡々と進む感じ。
でもキャラ萌え勢にはたまらないものがありそう。
デンゼル無双のイコライザーZEROとして楽しむのもありかもしれない
これだけの人数擁してるなら3時間くらいの濃密な
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

-

君もジェダイになれるよ!ってチラつかせながら賞味期限の迫ったマーチャンダイジングの在庫一層処分セールやってる感じがする。いけ好かないもの言いで申し訳ないけど。

作品自体はローズちゃん含めて楽しめまし
>>続きを読む

SING/シング(2016年製作の映画)

-

映像はとてもカラフルで視覚的に楽しい。でも音楽もエピソードもなんかブツ切りで…ってからのラストのカタルシスときたら!!

これぞ音楽の力だねぇ〜っ

モンスタートラック(2016年製作の映画)

-

ヒロイン、リメイク版死霊のはらわたやドント・ブリーズのジェーン・レヴィだったんだねえ〜

バリー・ペッパー久しぶりに見た!コメディリリーフからのオイシイ役どころで出番も多く、大好きな俳優さんなので嬉し
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

5.0

大半の人にとってたぶんこんなのかな?ってだいたい思ったとおりの
ものなんだろうな〜、って感じだったんですけど、私的にはそれがいい意味で見たいものが全部きちんと見れてよかったです!という感想になった。
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

5.0

一言でいうと完璧。
500億光年満点つけたい。
全ての要素が完璧に調和。

オープニングからワクワクもんで
そのまま片時も退屈させず最後まで。
これは、とんでもないやつですよ。

ハリー・ポッターと不死鳥の騎士団(2007年製作の映画)

-

もうこの辺りまでくるとハーマイオニーすごいな、なんかもうオトナだわ

マイティ・ソー ダーク・ワールド(2013年製作の映画)

-

ラグナロク?バトルロイヤル?の予習と思ってみてみたらなかなか面白かった。ソーのなにが面白いかって浮世離れした人間界とのギャップをコメディで見せるところがひとつ自分の中でお気に入りポイントなんだなーって>>続きを読む

ロジャー・コーマン デス・レース 2050(2017年製作の映画)

-

これはこれでよい。パーフェクタスがジム・キャリーみたいで憎めない。

ゾンビスクール!(2014年製作の映画)

-

適度にユルい感じで、そこそこ笑えるし、それでいてゴアもしっかりしてるという、なかなか貴重な通好みのタイトな作りの映画でした。

ラストの続きが気になる感じはかなり好き。ホラー通にはたまらない展開だよね
>>続きを読む

ハウンター(2013年製作の映画)

5.0

スプライト以来ご無沙汰してたけどひっそりこんな映画撮ってたのね!見逃してた!もしかしたらドント・ブリーズに先駆けてたポテンシャルがあったかもしれないのにもったいない!!

低予算ながらドンブリ・ミーツ
>>続きを読む

サイレントヒル:リベレーション3D(2012年製作の映画)

-

評判良くないからどうかなと思ったんだけど全然悪くなかったかも!

前作はあえて封印してたであろう
お化け屋敷的な、ワッと脅かす
演出が気になるっちゃあ気になるけど
そこくらい。

前作の世界観にうまく
>>続きを読む

サイレントヒル(2006年製作の映画)

-

ゲームはやったことないけど映画として楽しめると聞いたので鑑賞しました。

あまり怖くないけど、幻想的な街の雰囲気がよかった。クリストフ・ガンズ監督はもっと評価されてしかるべき。

話の進み方がステージ
>>続きを読む

天空の蜂(2015年製作の映画)

5.0

多少気になるとこはあったけど
キャストは豪華で話も演出も盛り沢山

高所恐怖症気味なので中盤にある決死の救出作戦はハラドキもんでした

込められた骨太なメッセージも力強く
圧倒される。答えは見る側一人
>>続きを読む

冷たい雨に撃て、約束の銃弾を(2009年製作の映画)

-

香港・マカオの夜景がシビれる、というか、あの街をバックに男たちが歩く、それだけで画になる魔力のようなものがありますな

時々肩透かし風のシュールな演出が妙に脳裏にこびりつく

ワイルドなスピード! AHO MISSION(2015年製作の映画)

-

たぶんそれなりのお安いご予算でオリジナルの雰囲気も再現しつつ十分楽しませてくれたかな。

こういうパロディ映画は複数の映画を織り込むのが常套パターンだけどこの映画はワイルドスピードに特化してるので発散
>>続きを読む

ブラッド・ダイヤモンド(2006年製作の映画)

-

キャストがよかった。ディカプリオのアフリカ訛も現地民が聞いてどう思うかは想像つかないけど雰囲気あったんじゃないかなぁ。

何気にハムナプトラのイムホテップさんが出てるのが個人的にツボ。

ラスト近くア
>>続きを読む

ビール・フェスタ 無修正版 〜世界対抗・一気飲み選手権(2006年製作の映画)

-

痛快で楽しい王道コメディ。
伏線の回収もご都合主義も
なんでもござれ。頭空っぽで
ひたすら笑える至福の時間

いくつになっても一緒に
バカになれるこんな仲間が
いるといいな〜

ジャック・リーチャー NEVER GO BACK(2016年製作の映画)

-

とにかくだだっ広いアメリカでジャック・リーチャーみたいな生き方なんて普通の人じゃ孤独にやられて気が狂っちゃうんじゃないだろうか…

だからこそ普通の人は恐らくは日本のそれより濃く親密な関係を求めてる…
>>続きを読む

スター・トレック BEYOND(2016年製作の映画)

-

派手派手路線でとっつきの良さ、おもしろさはあるんだけどなんというか番外編とかジャンプ連載漫画の映画版(いや、映画なんだけどさ)みたいな雰囲気だよね。

キャラシャッフル萌え展開みたいなとこあるよな。カ
>>続きを読む

スター・トレック イントゥ・ダークネス(2013年製作の映画)

-

スリリングで面白い。今のところ新スタトレの三作じゃ一番良かったかな。キャストの安心感が出てきてキャラが転がりだしていい感じだし。