nobodyownacatさんの映画レビュー・感想・評価

nobodyownacat

nobodyownacat

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.2

言葉に気をつけな〜?
ブラピ身体カッケー
冷静なルイーズとやりたい放題のテルマ
良いロマンス
指輪いっぱいつけてると思ったらね
配偶者には優しく
チャリの兄ちゃんいい味

トラックの運ちゃん的な不快が
>>続きを読む

クイーン:ロック・モントリオール1981(1981年製作の映画)

3.9

音も映像も綺麗だった
前で見たし、視界いっぱいにライブ映像
生で見ることがないのが残念
好きな曲聞けてよかった
Bohemian Rhapsody はさすがに強烈だった

音の圧もう少しだけ欲しかった

劇場版ハイキュー!! ゴミ捨て場の決戦(2024年製作の映画)

4.0

研磨怖い
ッダン!の瞬間の日向気持ちが良い

試合中全員が動いてて凄い。
引きでも試合を見せるのも、研磨視点があったのも面白かった。

黒の過去見てたらスパイク打ってみたくなった

研磨主人公だったの
>>続きを読む

パラダイスの夕暮れ(1986年製作の映画)

3.8

赤に緑に黄
一張羅に着替えてお花をプレゼントなんて可愛い
もう全然笑わないみんな

気分の上がる音楽
可愛い服

友人の距離感ビミョーって思ってたけど、意外と大切にしあってるのか

美男美女じゃないけ
>>続きを読む

ハイキュー!! 才能とセンス(2017年製作の映画)

3.8

及川さん好き
時々とんでもない作画になる

高校生の青春て感じ

ヒース・レジャーの恋のからさわぎ(1999年製作の映画)

3.8

若い頃のジョセフだ
確かに裕福で快適な環境で暮らすのは辛いだろう
捻くれてる割に分かってる
パーティーソング最高だ
ヒースレジャーカッコいい
父親過激思想すぎる
タイトルなんでこうなった
良い詩だ
>>続きを読む

25年目のキス(1999年製作の映画)

3.6

もぞもぞする
数学クラブっさん
プロム怖いなやっぱり
シェイクスピア超クールじゃん
サタデーナイトフィーバーじゃん。
17歳に恋しておいてそんなこと言えるのすごい
プロムの演説は当たり前のことだけれど
>>続きを読む

浮き雲(1996年製作の映画)

4.0

緑と黄の壁紙に黄のカーテン赤のソファに青のテーブルクロス
「若くて幸いだった」
「まだ40代だからな」
ありがたいね〜

ああ、もうこんな世界生きていけないよという感じ。そんな日でも髪を整えて偉い
>>続きを読む

真夜中の虹(1988年製作の映画)

3.8

短くてズンズンと進んでいく。
ウイーンって屋根が登っていくのが最期。
悪いことは淡々と起こっていく。
北っぽいけどロシアじゃない。北欧のどっか?フィンランドらしい。
時折の音楽良い。
真夜中の虹綺麗だ
>>続きを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年製作の映画)

4.0

戦車?笑
床抜けないわけがない
よく分からんこと言ってる校長が押井守だ
タクシーの運転手やばい
さくら先生カッコいい
画面端がぬるぬる動いてるのいいね
メガネのキャラ濃いーな
大笑い海水浴場!
マルチ
>>続きを読む

キング・コング(2005年製作の映画)

3.7

ティラノサウルス二体とゴリラ!?
映画ってすげー!?
ってなってた
大味なものが好きなのはこれが影響してる

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

色調も良いし
ゆったり感も良い
こうして過ごしてみたい
ドライブインシアターも楽しそう

隠れてしなさい
書いてないけど、デビットハーパーいるやん

山の亡霊になっちまうよ
結構激しい感じだったからび
>>続きを読む

THE 有頂天ホテル(2005年製作の映画)

-

オープニングが幕で始まって、幕開けと共に時間が動くような、まさに今から物語が始まるよという感じが良い
映画5本分くらいの豪華俳優陣

ところどころ面白すぎて頭おかしくなった
特に鹿のくだりは苦しい

コンフィデンスマンJP 英雄編(2022年製作の映画)

4.1

マルタ綺麗すぎる
口上ずっと聞いていたい
松重さんグルメか?
すごく不愉快なツチノコ

ジェシーもスターも生きてる
騙さないのが逆に騙すんだよね
野良犬いいね
最後らへんの語りは良かった

しんぱーい
>>続きを読む

コンフィデンスマンJP プリンセス編(2020年製作の映画)

3.8

GACKTいるやん
ジャッキーチェンに デヴィスカルノ?
ジャッキーそっくりさんか…
天性の人たらしか

なんかいい話だ。
ミッシェルがいい子なので驚きが弱かった
最後まで良い

竹内結子…

コンフィデンスマンJP ロマンス編(2019年製作の映画)

4.2

いきなり歌い出しちゃう
あの有名な団地?いいなやっぱ
私の名は…啓示を受けたので。
面白すぎる
これ本心じゃないだろーなーって思いながら見たっていい
ラブレター偽装…
役者すごい

竹内結子と三浦春馬
>>続きを読む

TAR/ター(2022年製作の映画)

3.9

本棚デカすぎ
なんか段々とおかしい
普通に何について話しているのか分からず、2周しないとよく分からん

誰に感情移入するかでだいぶ見方が変わる
専門的な方が好まれるらしいし、偏ってるような偏ってないよ
>>続きを読む

サタンタンゴ(1994年製作の映画)

-

長い時間かけて観る。

牛の大移動
日が昇るまでの影の動きの一部始終
おじさんとおじさんの至近距離会話

クー!キン・ザ・ザ(2013年製作の映画)

3.5

相変わらずの不協和音
キャラが若干違う。
異星人も異星人らしく姿が少し違う
クーのシュールな感じが弱くなった
アニメだと変なことしても普通に見える不思議
カースト高いやつが低いやつにカツアゲすんの反則
>>続きを読む

市民ケーン(1941年製作の映画)

3.7

豪華そうだから、カラーだったならすごいんだろうなと想像
ドア越しの構図多め
ドア前での多くの会話
良い遠近感
オペラの先生口うるさいなあ
何でもある家の中には何にも無いらしい
愛以外なら全て手に入った
>>続きを読む

サウンド・オブ・メタル ~聞こえるということ~(2019年製作の映画)

4.1

下を指差すのって nowなのか

手話が分からないと全く会話の手掛かりが無い
好きな構図
普段聞かない音が聞こえる
聾者にダンスか
手術の前にちゃんと説明した?
音楽が好きな彼にとっては聞こえていると
>>続きを読む

ネズミ捕りの男(2023年製作の映画)

3.6

ご飯中に見てしまった
語り手が変わる
突飛な状況が語りのみ

白鳥(2023年製作の映画)

3.6

屈強な少年
こういうやり方に名前はあるのかな

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.9

エリザベスデビッキのデビュー
花に溢れた部屋、等間隔に置かれた家具が綺麗
雨が止んだ
最高に華やかだ
詩的な表現がちょいちょいあるの良い
潔癖すぎるのかもしれない

今にも発狂しそうなディカプリオの真
>>続きを読む

ラ・ヨローナ~泣く女~(2019年製作の映画)

2.9

おかしいやろ!って思ってたけど
そもそもホラーっておかしくて理不尽なんだった 怪談の類い
迷惑すぎる
シャンプーってそうやってゆすぐの
結局十字架か…
メキシコの木で十字架の大きい家に住もう
いざ退治
>>続きを読む

スパイダーマン:アクロス・ザ・スパイダーバース(2023年製作の映画)

4.3

色彩豊かで目に良い
音楽もバイブス高め
マイルスがこうなってるなんて
グウェン最高だ
バンド名なんになる?
宇宙ごとに作風が違うのやばい

此処からどうやって終わる?って思ってたら終わらんかった

>>続きを読む

Be Cool/ビー・クール(2005年製作の映画)

3.3

アフロのドウェインジョンソン
また踊ってるけど、オシャレな感じ
ツイストだよやっぱり
ナイス音楽

オテサーネク 妄想の子供(2000年製作の映画)

3.8

不愉快のasmr ゾワゾワする
猫の扱いが雑
奇人だ
思ってたんと違いすぎるけど面白い
オテサーネクが手を洗ってて可愛い

(2023年製作の映画)

4.0

舞台のような装置とモノローグ
こうなるだろうとは思ったけど疾走感がかなり好き

>|