あるふぁさんの映画レビュー・感想・評価

あるふぁ

あるふぁ

2013年8月〜:63本《10本》
2014年:191本《15本》
2015年:90本《6本》
2016年:64本 《5本》
2017年:83本 《7本》
計491本

映画(600)
ドラマ(0)

武士の一分(いちぶん)(2006年製作の映画)

3.4

殿の毒味で赤つぶ貝の毒によって失明した侍の話。キムタクの失明後の演技になんだか違和感。ストーリーはまずまず

サバイバルファミリー(2017年製作の映画)

3.5

機内で鑑賞。
ある日電気、水、ガス、さらには電波などあらゆる生活の資源が使えなくなってしまった。まさにサバイバルな生活が始まる。
想像するとキツい。なかなか面白い。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.6

素晴らしい。
トリーチャーコリンズ症候群が遺伝性の病気が原因で顔を何回も手術したワンダー。その顔がコンプレックスで周りとの関わりを避けていたワンダーが学校へ通う日が来た。周りを取り巻く人のさまざまな視
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

3.6

事件が描かれてるのはラストの10分前後?くらいだったでしょうか。意外とあっさりと事件解決してて映画としては物足りない感じもしたが、そこが忠実に再現されてるようでよかった。

音量を上げろタコ!なに歌ってんのか全然わかんねぇんだよ!!(2018年製作の映画)

3.0

しょっぱなからぶっ飛んでて訳が分からねえ。よかったのはラストの吉岡里帆の歌くらいか。

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

3.9

機内で鑑賞。
映画は2度始まるってそういうことか。たしかに斬新。1度目と2度目では見え方が違っていろんな背景を知った上で面白い。

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

爪でバッサバッサと敵をなぎ倒していくのがいいですね。

録画してたので森で逃げながら戦うとこで切れてて悲しい。

その後、機内で鑑賞。ローガンがまさか!最後まで見れてよかった。

劇場版 進撃の巨人 前編 紅蓮の弓矢(2014年製作の映画)

3.8

シーズン1の1話〜13話の総集編。よくまとまってる。いい復習になる。

ロッキー(1976年製作の映画)

3.8

前半はロッキーとエイドリアンとのラブストーリーみたいな。
後半はいよいよチャンピオンとの試合。名BGM始め名シーンの数々。試合は見応えあり!

コマンドー(1985年製作の映画)

3.5

誘拐された娘を助けるべく、どんな敵も真顔でなぎ倒していく様にはなんだか笑えてくる。まさに最強ですわ。

フェイス/オフ(1997年製作の映画)

3.8

入れ替わるといってもまさかの医学的な顔を手術で入れ替えるとはなかなかありえなさそうでありえそう。
設定は面白いが、銃撃戦がもういいですわ。

ラスト・べガス(2013年製作の映画)

3.9

バチェラーパーティを行うべく4人のおじさんがラスベガスへ。心は若いが体はおじさん。笑いあり感動あり。

もののけ姫(1997年製作の映画)

4.2

アシタカもサンも好き。ヤックルもかわいいなあ。ジブリの中でも好きな方。

ドラゴンボールZ 龍拳爆発!!悟空がやらねば誰がやる(1995年製作の映画)

3.5

勇者タピオンとトランクスの関係がなかなかいい。オカリナ吹いてるクールな感じもいい。トランクスの剣はタピオンのだった。
悟空最期の一撃が強すぎてあっけなさすぎる。昇竜拳みたい。

しかしタイトルもっと他
>>続きを読む

アンタッチャブル(1987年製作の映画)

3.3

ギャングのボスのロバートデニーロってイメージ通り。

セント・オブ・ウーマン/夢の香り(1992年製作の映画)

4.6

ただただアルパチーノの演技が素晴らしい。これほど主演男優賞にふさわしい男がいたことか。

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

5.0

爆音音楽祭にて。どの曲も素晴らしい。最高のミュージカル映画。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.2

爆音映画祭にて鑑賞。

カーチェイスに恋愛展開にラストまでスピード感溢れる展開だが上手くまとまってる。ノリノリの音楽の連続で楽しめる。
映画全体を通してハッピーエンドってところもいい。

爆音って音量
>>続きを読む

紙の月(2014年製作の映画)

3.6

真面目な銀行員の人妻がちょっとしたことから不倫、大金の窃盗などを犯してしまう。一時の幸せと知っていながら。真面目に生きすぎているといつか間違った方向に行ってしまうのかなー
ラストは上手くまとまったんだ
>>続きを読む

家族はつらいよ2(2017年製作の映画)

3.6

高齢化社会の問題を題材にして、ある家族を中心に巻き起こるトラブルを面白く描いた作品。高齢者の免許返納とか、老人の孤独死なんかこれからのさらに社会で問題になるでしょう。
家族や親族付き合いを大事にしよう
>>続きを読む

JAWS/ジョーズ(1975年製作の映画)

3.9

約40年前の作品でこのクオリティか。すごすぎる。ラストのサメとの死闘はリアルでサメ系の映画では1番ですね!

ビビらないと余裕で見ていたら中盤でまさかサメ以外ででビビってしまうとは。

USJで吊るさ
>>続きを読む

たそがれ清兵衛(2002年製作の映画)

4.1

たそがれ清兵衛。優しさの中にも強さあり。決して自分の強さで威張ることなく謙虚に振る舞う。まさに男の中の男。
娘の語りが合間に入ってるからか昔のリアルな日常感が感じられるのもいい。
思ってたよりずっとい
>>続きを読む

深夜食堂(2015年製作の映画)

3.4

深夜に開店する食堂に通う人たちの人間ドラマ。それぞれの日常にほっこりしたりしなかったり。骨壷の正体とは…?!

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.8

コメディかと思ったらしっかりと感動作。仙台の地において浅野屋の良い人っぷりがいい!

グラディエーター(2000年製作の映画)

3.7

アカデミー賞取っただけの良さはある。
今作の戦場は主にコロッセオ。この狭き戦場で1人の英雄は闘い続けた。この時代の民は殺しを遊戯としているといういろんな映画などで見慣れてるけど、とんでもない時代だよな
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.2

3D4DXで鑑賞
前作を観ていなかったら内容的には半分置いてけぼりかな。
奪われたプルトニウムを奪還するミッション。裏を読んだ展開が次々に続く。
カーチェイスもいつにも増して激しい。
今作ではメインと
>>続きを読む

羅生門(1950年製作の映画)

3.0

思ってたのと違うが…。モノクロでシンプルな作品の中に不思議な雰囲気。70年前の作品と考えるとすごいのか。黒澤明がきっかけとなった作品みたい。

マイノリティ・リポート(2002年製作の映画)

3.4

犯罪を予知して犯罪を予防する未来の世界。未来の技術がいろいろ見られて面白い。目玉交換とかゾッとするわ。ラストを展開も面白い。

ミッション:インポッシブル ローグ・ネイション(2015年製作の映画)

3.9

シリーズ5作目。
ジャケットの飛行機のシーンはもういきなりなのね!
相変わらず楽しませてくれる。

星を追う子ども(2011年製作の映画)

3.2

ゲド戦記っぽい暗い感じだったり、明らかにガンツみたいな黒い球体などなどなんか見たことあるようなものが出て来てたりする。たしかにジブリっぽい雰囲気出てる。雰囲気は好きだけど展開がイマイチ。

死んだ人を
>>続きを読む

>|