shimenoさんの映画レビュー・感想・評価

shimeno

shimeno

ソサエティー(1989年製作の映画)

3.5

ラストにかけてのボディーホラー的な特殊メイクと画作り、バイセクシャル大○交みたいな着地は最高だった。めっちゃクィア。
序盤からほんのり匂わせていたホモセクシャルなトーンがこう繋がるかってのは良かったな
>>続きを読む

ホーンテッド 世界一怖いお化け屋敷(2019年製作の映画)

3.6

久々に王道スカッとファイナルガール見れた〜!と思ったら最後の30秒で更なる加点。リベンジ。

お化け屋敷かと思ったら本当に殺しにくる屋敷だった話。
予算低い分そういうシーンがバコバコ出てくる訳ではない
>>続きを読む

オーメン(1976年製作の映画)

3.4

ザ・ファーストを見るために予習。
悪魔の子があれやこれや悪事をする系なのかと思ったら、デミアンはあんまり出てこなくて悪魔の子を引き取ってしまった父親がメインだった。
周りに次々に死が訪れるんだけどそれ
>>続きを読む

CUBE ZERO(2004年製作の映画)

2.0

こんなに一作目の良さが全く失われることってあるんだ…。

前作はどこか現代にあり得そうな世界観だったけど。
なんかマトリックスの影響を受けてそうなチープ近未来SF風味に。
夢を覗き見たり頭に埋めたチッ
>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.4

これだけシチュエーションが限られた中でテンポよく展開する脚本がすごい。
Wikiみたら撮影用に部屋は1個しか作ってないんだね。すごい。3部屋くらいは作ってるのかと思った。

今だったらカザンの描き方は
>>続きを読む

チレラマ CHILLERAMA(2011年製作の映画)

3.4

クソ映画を作ろうと思って作られた楽しいお下劣クソ映画。本当の意味で💩も出る。

みなさん絶賛の一本目はやはり面白かった。あえてのクオリティの低さがおもろい。

ゲイ映画として2本目に期待してたんだけど
>>続きを読む

エスケープ・ルーム2:決勝戦(2021年製作の映画)

3.7

ふーん、2にありがちな前作人気に乗っかっただけの焼き直しね〜と物足りなさを感じたところからの捻りが最高でした。
そう思わせること自体がミスリード。
よく見たらポスターでネタバレしてるけど。

明確に前
>>続きを読む

Stopmotion(原題)(2023年製作の映画)

3.3

結構アートな映画だった。
主人公がストップモーション映像作家というのが面白いなと思って見たけど、短編のストップモーション作品で有名な監督の初長編という事で。
特にラストにかけてのぐちゃぐちゃになってい
>>続きを読む

エスケープ・ルーム(2019年製作の映画)

3.7

グロのないソウみたいで楽しかった。
死のエスケープルーム。脱出ゲームは一回しかやった事ないけど、こんな脱出ゲームは嫌だ。
ずっとハラハラ展開だし各ロケーションの作り込みが凝ってて良かった。
ソウとは打
>>続きを読む

死霊のえじき(1985年製作の映画)

3.3

直接の繋がりが無いとはいえ、やはり3部作を順番に見るべきだったかも。
ゾンビのメイクのクオリティは素晴らしく、グロシーンも良いけど思ったよりシーン少ない。人間関係のゴタゴタ多め。
もしくはオリジンすぎ
>>続きを読む

デビルズ・ゾーン(1978年製作の映画)

4.2

かなり面白かった。もっとB級かと思ったのに次々にシーン展開してダレないしビジュアルも良いし。
パペットマスター1の監督という事で納得。人形と人形師、超能力と共通する要素が。

割と王道展開だけど独特の
>>続きを読む

アメリカン・ドクターX(2012年製作の映画)

3.9

女性の監督でしか描けない感覚だと思う。

辛さを乗り越えるために身体改造の外科医として才能を開花させていく主人公。
リベンジパートはさっさと終わり、身体改造コミュニティへのラブレターのような内容と主人
>>続きを読む

テリファー 終わらない惨劇(2022年製作の映画)

3.4

1が全然好きじゃなかったけどやっぱり好みじゃない!
ただ女性を蹂躙する1よりかなりまともだけど。ストーリーがちゃんとあるし、強々なファイナルガールだし。

やっぱり女性を蹂躙しながら○しを楽しむってコ
>>続きを読む

モンスター・フェスティバル(2018年製作の映画)

3.0

なんか惜しかった。
ホラーのメタとパロディてんこ盛りで画的にも良いシーンは結構あった。
ソウと貞子のパロディ好きだった。

なんかみんな演技が下手?に感じた。メイン俳優達は結構色んな作品に出てるのに。
>>続きを読む

パーフェクト・トラップ(2012年製作の映画)

4.0

前作のラストのノリがずっと続けば良いのにと願ったらそうなって最高。
むしろスケールもゴアも増し増し。
ちょっと行きすぎて笑っちゃうとこあるけど、こういう映画はこのくらい景気良くないとね!
美術も世界観
>>続きを読む

ワナオトコ(2009年製作の映画)

3.6

残り1/3くらいからのゴア度も怒涛の展開も最高。
SAWのゴアが好きなら絶対おすすめ。
前半がちょっと退屈だけど低予算映画にそれを求めるのは酷かな。
でも最初から最後までこのノリだったら神作品だったか
>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

3.5

俳優たちが他の映画なら全員主役張れるレベルで豪華なのと、編集と音楽が良くテンポ良くて割と飽きなかった。

前評判だと日本の悲惨さを描いてないと聞いてたけど、確かに十分とは思わないけどイメージ的に被害者
>>続きを読む

ブラッド・ドール 呪い仕掛け人形(1999年製作の映画)

3.2

ヘンテコな映画だった。ドールあんま出てこないし全然動かないし。
パンクと淫猥を融合した世界観は結構良くてドールのデザインもそんな感じで良かった。

どちらかと言うと異形ホラーというか孤独を感じる異形の
>>続きを読む

デモーニック・トイズ/ドールズ 2(1991年製作の映画)

3.1

冒頭の夢や義式のシーン、グロ等々決め所での画のよさはすごくある。
でも予算のなさをひしひしと感じて、尺を稼ぐために2倍くらいに引き伸ばしてるんだろうなという冗長さ。
ストーリーが薄い割に思ったよりおも
>>続きを読む

パペットマスターと悪魔のオモチャ工場(2004年製作の映画)

3.6

これは良いトンチキホラーコメディ。
クリスマス映画だしシリーズで1番明るくてポップ。グロもエロも控えめ。
完全にチャッキー路線に振っており楽しい。チャッキー(チャイルドプレイ)が好きなら愛せるはず。
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム(2012年製作の映画)

3.7

さすがオリジナル。やはりこのくらい貧富の差がビジュアルでわかりやすい方がいいし、「ショー」として凄く華やかだけど残酷な見せ方も良かった。
キャピトルの人たちの浮かれたキャンピーな衣装結構好き。
長かっ
>>続きを読む

ハンガー・ゲーム0(2023年製作の映画)

3.3

エピソード0だから大丈夫かと思ったけど流石に一作もハンガーゲームシリーズ見ないで見るのは世界観もノリも掴めず厳しかった。

3つの章に分かれてるだけあって長い。ハンガーゲーム終わったと思ったらまだ半分
>>続きを読む

パペット・マスター3/ナチス大決闘(1991年製作の映画)

3.3

評価高めなのは理解できるけど、前作の方がパペットマスターのオカルト的な魅力があって好きだったな。

今作は前日譚で、ナチに妻を殺されたトゥーロンの復讐劇。勧善懲悪でわかりやすい。
あと新キャラの6本腕
>>続きを読む

アナベル 死霊館の人形(2014年製作の映画)

2.8

てっきり前作の2人が活躍すると思ったのでちょっとがっかり。続編というより前日譚。
どストレートに呪いの人形話であまりにも何処かで見た何かを繋ぎ合わせた安っぽさ。
人形がアナベルじゃなくても成り立つとい
>>続きを読む

死霊のしたたり2(1989年製作の映画)

3.4

ウェストのマッドサイエンティストさは安定だけど、今作ではダンがだいぶクソ男でだいぶイカれている。
ダンの見た目が好きなので上裸シーンが結構あったのは良かった。

前作の続きなので大体のネタがバレた状態
>>続きを読む

レディ・オア・ノット(2019年製作の映画)

4.5

さすがスクリームの監督。
花嫁として死のかくれんぼに巻き込まれる主人公。
スクリームよりコメディタッチ多めなところも好きでした。
思ったより逃げて逃げまくるんだけどハラハラしっぱしでおもしろいし、笑え
>>続きを読む

ワックス・ワーク(1988年製作の映画)

3.3

お前も蝋人形にしてやろうかー!を期待してたけど割と異世界冒険アクション味が強かった。

死亡シーンだけを集めて展示している謎の蝋人形館。実は舞台に迷い込んでしまった者は実際にその世界で殺されてしまう…
>>続きを読む

ブロブ/宇宙からの不明物体(1988年製作の映画)

4.8

B級映画と思いきや、特殊効果はめちゃくちゃ凝ってて出来もいいし、話の展開も次から次へと展開てしてエンタメ作としてもかなり面白い。
部分的にB級のお決まりをワザとハズしてくる感じも楽しい。
宇宙人侵略モ
>>続きを読む

クロウ/飛翔伝説(1994年製作の映画)

4.2

ずっと気になってた作品だったけどリメイクのニュースを知って見てみることに。
ゴスの世界観がとても良く、美術や画が素晴らしい。
CGも今見てもチープに見えない上手い使い方をしてる。
ブランドン・リーって
>>続きを読む

Lisa Frankenstein(原題)(2024年製作の映画)

3.5

ゴスガールの夢小説みたいな話だった。
理想の王子様がゾンビ!?みたいなちょっとヘンテコでキュートなラブストーリー。

何よりキャスリン・ニュートンがはちゃめちゃにキュートでファッションもかわいい。
>>続きを読む

ヘル・レイザー(2022年製作の映画)

4.3

ヘルレイザーシリーズを全部見返して2回目を見たらだいぶ印象と評価が変わったので書き直し。

1〜2の内容を2020年代らしいクオリティでうまく新解釈できてるなと思う。
セノバイトだから何でもありが1、
>>続きを読む

ヘルレイザー4(1996年製作の映画)

4.3

クライヴバーカーが関わってる中では1以降1番いいのでは。
何より全シリーズでピンヘッドが1番美しく撮れてるし美しく撮ろうとしてるのが伝わる。
メイクも3の時があまり良くなくて改善したらしいけど画面越し
>>続きを読む

ヘルレイザー3(1992年製作の映画)

3.2

突然全てが大味に。
ヘルレイザーといえば退廃的な独特の美的感覚だと思ってるのでそれが皆無で、一気に大衆向けB級映画になってしまった。
とりあえず爆発させときゃ盛り上がるだろ感がすごい。
ホラーコメディ
>>続きを読む

ヘルレイザー2(1988年製作の映画)

3.7

再視聴だけど全然内容覚えてなかったシリーズ。
ダイジェストで1を振り返ってくれる親切設計。ストーリーとして濃厚に繋がってるのはクライヴ本人が関わった2まで。

ジュリアの悪女っぷりが最高。血みどろかつ
>>続きを読む

ヘルレイザー ジャッジメント(2018年製作の映画)

2.8

うーん、解釈違いの嵐…。
元々ヘルレイザー要素を除いて別の映画として仕上げる案もあったようでそんな感じがわかる。神と罰を下すものというテーマにおいてヘルレイザーでやる必要をあまり感じなかった。

メイ
>>続きを読む

ヘルレイザー:レベレーション(2011年製作の映画)

3.5

つまらない事だけ覚えてて一切内容覚えてなかったんだけど再視聴したら結構良いじゃん。

シリーズで一番ど真ん中のヘルレイザー1の設定そのままの焼き直しというかリスペクトとというか。
1だけ見てたらわかり
>>続きを読む

>|