デニスホッパー島田さんの映画レビュー・感想・評価

デニスホッパー島田

デニスホッパー島田

生まれてはじめて見た映画は、
Breakfast at Tiffany's (1961)

映画(147)
ドラマ(0)

卒業(1967年製作の映画)

4.5

終始不安を煽らせるカメラワーク、音楽、
そして、ダスティン・ホフマンの表情。
辛い作品でした。
シュノーケルマスクを着けてプールに潜水する主観目線のカメラワークがgood.

X-MEN:ダーク・フェニックス(2019年製作の映画)

2.4

ジーンの内面にスポット当ててたけどドラマ性が薄い。先頭シーンも大人しくなってる。
ナイトクローラーはかっこよかった。

ワイルド・スピードX3 TOKYO DRIFT(2006年製作の映画)

3.9

突っ込み所はあるが、純粋なレース映画としてgood !!

一作目がアメ車、ゼロヨン、強奪
今作は日本、ドリフト、レース
頭文字D好きなら3がハマると思う。

駐車場でのドリフトレース、渋谷のスク
>>続きを読む

ゴジラ キング・オブ・モンスターズ(2019年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

65年前、芹沢博士はゴジラを抹殺するために、海で命を落とした。人類の未来のために。

そして
65年後、芹沢博士はゴジラを復活させるために、海で命を落とした。人類の未来のために。

このゴジラ史上、映
>>続きを読む

ワイルド・スピード(2001年製作の映画)

3.7

主人公の愛車がスープラってのがgood !ハイパワーの日本車であることがストレートでぶっ飛ばすこの作品にマッチしている!
頭文字D好きな自分が次に見たいのは2でなく3!!

ブラック・クランズマン(2018年製作の映画)

4.0

コメディでありながら、メッセージ性がめっちゃあって素晴らしかった。展開は典型的でなく、テンポ良く予測が出来ない。鑑賞後、差別主義者って愚かだなと、多分険しい表情のまま電車乗ったのか? 周りに人が来なか>>続きを読む

ウトヤ島、7月22日(2018年製作の映画)

2.9

後半単調な会話劇になっていた。

チラッとしか映らない犯人の場面はかなり怖かった。

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

犯罪するときでも、自然な態度で接し、フランクで動揺しない爺さん、カッコえー。

射撃してたマフィアのボスもジョークセンスあっていい。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.9

とにかく音

描写される人物や場所を限りなく排除することで、音や主人公の表情が際立ってる作品。

コールセンターの不安を煽る呼び出し音、インカムの取り外し音や、通報者の息、ウォーターサーバーのバブル。
>>続きを読む

ペイ・フォワード 可能の王国(2000年製作の映画)

3.9

変化を恐れてはならない
そんでもって、恩は必ず返す


まさかのBon joviが出演してましたよ。

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち(2017年製作の映画)

3.9

最終作は脱獄×テロ防止
作が進むにつれて、教授たちのやることのハードルが上がってる。

1、2の伏線回収ができたが、ほんの少しマンネリ化。

良いシリーズだった。

これまでありとあらゆる専門知識を駆
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

4.0

前作で活躍しなかった、語学者や考古学者が活躍。
さらに、物理的に強いエキスパートが不在で痛手だったエリートギャング集団に、フィジカル担当(?)の解剖学者、
最新兵器を作る工学者など、
パワーアップして
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

4.6

プロフェッショナルの集いが作る
"薬"は純度99%の最高の代物。

しかし、プロフェッショナルであるが故に、滅茶苦茶な展開に巻き込まれてゆく。

ギャグシーンは無理に笑いを取らせようとしないので、新鮮
>>続きを読む

ジュリアン(2017年製作の映画)

3.8

シートベルトリマインダーが子どもの不安を加速させる

一般的に(?)、離婚の原因は夫の方が多く見られる。
それは、男は力(物理的な)を持っているからだ。

この力が恐ろしく印象に残った作品だった。

恐怖の報酬 オリジナル完全版(1977年製作の映画)

4.0

4Kデジタルリマスター版を鑑賞

祖国を追われた犯罪者4人が、巨額の報酬を得るため、ニトログリセリン(ダイナマイト)を目的地まで届ける話。

衝撃の映像表現を体感したのが、"2001年宇宙の旅"。幻想
>>続きを読む

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

3.1

皆の記憶にあれば虚構じゃない。

自分はクウガ~カブトまでが、どはまりの世代です。

ありがとう平成ライダー!

アメイジング・スパイダーマン2(2014年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます



解明されてなかった両親の失踪の謎や、グウェンとの関係がどうなるのか、ここで解明されていきます。

映像は相変わらずソリッドだけど、
スーツが不評で原作よりになったらしい。個人的には変える必要ない
>>続きを読む

アメイジング・スパイダーマン(2012年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

卵で感動。

サムライミ版はリアルタイムで観て、
友達に勧められてアメイジングを鑑賞。

全体的に暗く、バタバタ人が死んでってヒーローとしての責任を負って戦う姿は説得感があった。
サムライミ版に匹敵す
>>続きを読む

水のないプール(1982年製作の映画)

1.9

内田祐也のヤバさと名言がてんこ盛り。

「ジンジャエールはジュースじゃねえだろ、え? このタコ!!」

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

1.0

このレビューはネタバレを含みます

SW史上最悪の駄作。

2時間半も付き合わされた挙げ句、
新たな進展、発見、面白みが皆無。
ルークの苦悩が無理矢理で全く共感できない。レイア姫の扱いも雑。スノークあんなんでいいの?って思ってしまう。
>>続きを読む