YSさんの映画レビュー・感想・評価

YS

YS

映画(868)
ドラマ(0)

大統領の料理人(2012年製作の映画)

3.8

2013/9/13
配給 ギャガ

フランスの実在した大統領、フランソワ・ミッテランに仕えた、料理人ダニエル・デルプエシュの実話をもとに、官邸で働く女性シェフの奮闘を凛々しく、力強く描いた素敵な映画。
>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

4.4

2015/2/28
配給 ソニー・ピクチャーズエンタテインメント

しっかり通して観てなかったので改めて鑑賞。
ちゃんと観たら、物凄い傑作だと思った。

料理はもちろん、親子愛、夫婦愛、友情、奮起、シ
>>続きを読む

あさひなぐ(2017年製作の映画)

3.5

2017/9/22
配給 東宝映像事業部

薙刀を頑張ってるアイドルの一生懸命さが気持ちよかった。
劇的な試合展開じゃないのも観ていて爽快!

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

2017/6/1
配給 20世紀フォックス

X-MENシリーズ、最終話。
近未来2029年設定。
ローガンも長年の戦いで老衰していて、
冒頭、本読むのに眼鏡かけてるあたり、
ローガンと老眼かけてるの
>>続きを読む

カミーユ、恋はふたたび(2012年製作の映画)

3.4

2015/10/31
配給 gnome

恋愛タイムスリップもの。
40才カミーユが、高校時代にタイムスリップ。現代では旦那とうまく行かず、離婚間際。その旦那と出会った高校時代。
気持ちは再び当時に立
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

4.3

2018/6/8
配給 ギャガ

カンヌ映画祭、パルムドール受賞作品。
凄い。「うなぎ」以来21年ぶり。

会心の一撃でした。
観終わったら時は、やっぱり答えを探してしまい、戸惑いと、なんかもやっとし
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.9

2018/6/29
配給 ディズニー

アメリカでの評判が悪く、不安な気持ちで観に行きましたが、全然不満のない、ソロの映画だった。

チューイとの出会い、ファルコン登場、
スターウォーズならではスピー
>>続きを読む

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

3.7

2016/8/11
配給 20世紀フォックス

X-MENシリーズの終焉。
SF映画として面白かった。
ウルヴァリンはほとんど出ないのね。。

X-MENシリーズは作りが複雑。
キャラクター覚えるのに
>>続きを読む

X-MEN:フューチャー&パスト(2014年製作の映画)

3.7

2014/5/30
配給 20世紀フォックス映画

ようやくシリーズがまとまった気がする。
初めて面白かった。

そうなると、やっぱX-MEN1.2はきついなぁ。

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.4

2018/6/15
配給 キノフィルムズ

ワンダフルな映画!
オギーはまさに太陽。その周りの母親、父親、お姉ちゃん、親友、クラスメイト、先生を温かく照らしている存在。
SUN!SON!

冒頭、自宅
>>続きを読む

イロイロ ぬくもりの記憶(2013年製作の映画)

3.5

2014/12/13
配給 日活、Playtime

「トウキョウソナタ」が鑑賞後に頭をよぎった。
なんとなく不協和音な家族の中で、反抗期を迎えた少年の居心地の悪さを、メイドが救ってくれる。シンガポー
>>続きを読む

ウルヴァリン: SAMURAI(2013年製作の映画)

2.8

2013/9/13
配給 20世紀フォックス映画

このシリーズで、SAMURAIをやる必要があったのだろうか?シリーズ構成上必要?
公開時、日本ブームとかだったのかな?

日本人役の日本語が変。
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.0

2018/6/1
配給 クロックワークス

圧巻のホアキン・フェニックス。
異様なまでの雰囲気で包み込まれる力強さに、そりゃあ台詞要らないわな、って思う。間と間。刻まれる様にインサートされる過去の歪な
>>続きを読む

X-MEN:ファースト・ジェネレーション(2011年製作の映画)

3.6

2011/6/11
配給 20世紀フォックス映画

シリーズで一番楽しかった。
まさにFirst Class。ここから対立が始まったのね。若干無理矢理感は否めないけど。

ルームロンダリング(2018年製作の映画)

3.3

2018/7/7
配給 ファントム・フィルム

池田エライザかわいい。
全体に可愛くて、ほんわかいい話でした。

「TSUTAYA CREATORS’PROGRAM FILM2015」で準グランプリ作
>>続きを読む

虹色デイズ(2018年製作の映画)

3.5

2018/7/6
配給 松竹

キラキラ、キュンキュン、虹色の様に男女7人が各々の色を奏でてました。
フジパブリックや阿部真央の音楽に乗せて17歳でしか味わえない青春を駆け抜けてました。
素直でかわい
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.8

2018/5/25
配給 20世紀フォックス映画

犬がかわいい。
ウェスワールドでほっこり楽しく観れた。
吹き替えも良さそう。

ストップモーションアニメ。また新しい映画のタッチだった。
それでも、
>>続きを読む

ウルヴァリン:X-MEN ZERO(2009年製作の映画)

3.3

2009/9/11
配給 20世紀フォックス映画

X-MENシリーズ、エピソード0の様な、始まりの映画。
シリーズでは一番乗れた。
デッドプールも出てきたし、楽しめた。

フランシス・ハ(2012年製作の映画)

3.5

2014/9/13
配給 エスパース・サロウ

全編モノトーン。
配信で観ちゃったのでそこの意図は組めなかった。フランシス、という不器用だけど前向きでな女性像をニューヨークを舞台に繊細に描く。
最近見
>>続きを読む

X-MEN:ファイナル ディシジョン(2006年製作の映画)

3.0

2006/9/9
配給 20世紀フォックス映画

ジーンが生きてた……けど、その理由もちょっと腑に落ちない。さらに、二重人格でとても恐ろしい性格で、それをサイコパワーで抑えてた、って後出し後付け感に乗
>>続きを読む

百万円と苦虫女(2008年製作の映画)

3.7

2008/7/19
配給 日活

蒼井優の100%
ザ・ワールドです。

100万円貯まったら、その街を出てまた別の場所へ。でも、街を変えても、色々な人出会っても、自分自身が変わるわけじゃない。

>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.9

2012/7/28
配給 ワーナー・ブラザース映画

クリストファー・ノーラン監督による、「バットマン ビギンズ」「ダークナイト」に続く三部作完結。
前作ジョーカーのヒース・レジャーが神の域なので、ど
>>続きを読む

48時間(1982年製作の映画)

3.9

1983/10/29
配給 パラマウント映画

久々に再見。
バディムービーの傑作。
ニック・ノルティとエディ・マーフィーのコンビも最高。
単純明快、暑い友情映画。

何者(2016年製作の映画)

3.7

2016/10/15
配給 東宝

何者でもない。じゃあ、何者なの?

就活生は見ない方がいい気がする。
就活経験ないから上手く言えないけど、
自分の価値や見栄、でも一人でいたくないから薄っぺらな共有
>>続きを読む

友罪(2017年製作の映画)

3.3

2018/5/25
配給 ギャガ

瑛太、怪演。

少年A。
少年Aだった人。そう言われてた人。

こういう映画は犯した罪と自分がどう向き合うか、ってテーマが多いけど、
この作品はそれが“独りよがり”
>>続きを読む

恋は雨上がりのように(2018年製作の映画)

3.4

2018/5/25
配給 東宝

原作未読。
小松菜奈と大泉洋のコンビに惹かれて鑑賞。
全体的に音楽でシーンを包んでいる印象。

しっかりとおじさんをしている大泉洋。
所々のナルシスト感はちょっと拭え
>>続きを読む

ONE PIECE FILM GOLD(2016年製作の映画)

3.0

2016/7/23
配給 東映

子供につられて鑑賞。
ワンピース、漫画の途中で止まっているので、久々に見ると、技が凄いことになってて、驚いた。
戦闘服にみんながなるシーン、ナミは水着なの?笑
ルフィ
>>続きを読む

ちはやふる 下の句(2016年製作の映画)

3.8

2016/4/29
配給 東宝

上の句だけ、劇場で観てて、
このタイミングで下の句、拝見。

前回面白かった分、ちょっと尻窄みな感じがしたけど、やっぱりリズムとカルタと良かった。

松岡茉優は安定の
>>続きを読む

ニュースの真相(2016年製作の映画)

3.7

2016/8/5
配給 キノフィルムズ

意地、誇り、縛り、囲われ、トラウマ。
緊迫感のあるトーンで終始映画が作られていた。

アメリカの放送局CBSのプロデューサー、メアリー・メイプスをケイト・ブラ
>>続きを読む

ブタがいた教室(2008年製作の映画)

4.2

2008/11/1
配給 日活

見逃してたけど、凄くいい作品だった。
子供たちをあそこまで導いたのが、この作品の一番凄いところ。
脚本には結末を伏せた上で、セリフは空欄で渡したらしい。生きた言葉が出
>>続きを読む

ケス(1969年製作の映画)

3.3

1996/5/11
配給 シネカノン

製作は1969年イギリス。
日本では「少年と鷹」というタイトルで96年に公開。
ケン・ローチ監督の劇場公開二作目。
演技の経験のない少年たちを抜擢して撮っている
>>続きを読む

グッド・ライ いちばん優しい嘘(2014年製作の映画)

3.9

2015/4/17
配給 キノフィルムズ

ロストボーイズ。
アフリカのスーダンで起きた内戦で、
親や家を奪われた子供たち。

これは「彼らの物語である」というテロップが頭から離れない。

エンドクレ
>>続きを読む

ヤング・アダルト・ニューヨーク(2015年製作の映画)

3.4

2016/7/22
配給 キノフィルムズ

気持ちとは裏腹に、思うようには行かなくなって来る時もある!
若い時とイメージで、同じ様に描いてた物が、全然違う現実。周りの環境も。
でも、一番大事なのは何?
>>続きを読む

名探偵コナン から紅の恋歌(2017年製作の映画)

3.3

2017/4/15
配給 東宝

今回は冒頭からコナンが超人化して、
本題は平次と和葉のラブストーリーでした。
犯人当ての推理、バイクだけでやっちゃうと、ちょっと物足りない気がした。

それにしても、
>>続きを読む

アベンジャーズ/インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

2018/4/27
配給 ディズニー

アベンジャーズ集大成。
予想以上の、覚悟してた以上の最高作品。
これをMCU10周年に持って来るから凄い。冒頭のmarvel moving logoが無音で始ま
>>続きを読む

>|