ちゅむさんの映画レビュー・感想・評価

ちゅむ

ちゅむ

映画(730)
ドラマ(0)

レオン 完全版(1994年製作の映画)

4.2

完全版は初見。
なるほど、完全版はマチルダが本当に愛していたことを描いてるシーンが含まれているのね。

ナチョ・リブレ 覆面の神様(2006年製作の映画)

4.1

素敵!
ジャックブラックってすごいコメディアンなんだなぁ。

マイ・ストーリー(2020年製作の映画)

4.9

卒論のテーマにした、ミシェルオバマさんについて。

なんてパワフルなんだろう。
志を高くもち、素直に学び続け、行動をすると世界を世界を変えられるのかもしれない。

旦那が大統領でもサポートに回るだけで
>>続きを読む

ラッシュアワー(1998年製作の映画)

3.3

楽しいけど、
ごりごりアクションなわけでもなく、
ストーリーが面白いわけでもない。笑

ラブ・ギャランティード(2020年製作の映画)

3.2

終わり方が見え見えだけど、
サクッと見るには良かった。

お風呂で見ました。笑

インターステラー(2014年製作の映画)

4.5

わーお。
これは壮大にも程があるぜ。

多分50%も理解できてないけど、
それでも引き込まれたし、
面白かった。

ファウンダー ハンバーガー帝国のヒミツ(2016年製作の映画)

3.8

はっぴーな映画じゃないね。

人としてどこかが欠落してないと、
世界的な成功は手に入らないよね。

長者番付に乗るぐらい成功した方が
一人身近にいるけど、アスペルガーって言ってたしね。

スパイダーマン:ホームカミング(2017年製作の映画)

3.5

なるほどねえ、
若い層にもアベンジャーズ好きが増えるわけだ。

浅田家!(2020年製作の映画)

4.4

悲しくはないけど、泣ける。

スマホでばしゃばしゃ撮るのもいいけど、
魂を込めた1枚の写真もいいな。

キングスマン(2015年製作の映画)

4.5

これはめちゃくちゃかっこいい!
イギリス版ミッションインポッシブルと言ったところかな。

研修もウィットが効いてて最後まで見飽きない。

今日も嫌がらせ弁当(2018年製作の映画)

3.0

反抗期なかったから共感ポイントはあんまりなかったけど、キャラ弁つくりたくなった。

奇跡の教室 受け継ぐ者たちへ(2014年製作の映画)

3.4

ごくせんやー、と思ったけど違った。

アウシュビッツの話って残虐なこととして習うけど、日本では深堀りしないよね。

ジャック(1996年製作の映画)

3.3

普通に良い映画。
だけど、それ以上でも以外でもない。

10歳が詰まってる。

マリーゴールド・ホテル 幸せへの第二章(2015年製作の映画)

3.0

何かよく分からないと思ったら、第一章と間違えて第二章見てたのね。

let go

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.4

やっと、ついに、見た。
これはちゃんと理解できてないかもしれない。
殺人鬼は殺人鬼だけのせいじゃない。のか?

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

4.0

アフリカが舞台で先進的なのが、新しくて面白かった。この世界観好きだから、次回作も期待大◎
ところどころCGっぽかったけど、まぁスーパーパワー表現するためだったらある程度仕方ないよね。

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

2.8

大阪である必要があったのか。
大阪弁がいちいち気になりすぎて出張できず。

もっとゴリゴリアクションの爽快感のあるのを期待してしまっていた。

北の果ての小さな村で(2017年製作の映画)

4.2

すっごく考えさせられる。
食べること、学ぶこと、寝ること、仕事、生きること、死ぬこと、環境のこと。

先進国/発展途上国という概念は、先進国の人が勝手に作った概念。

コクリコ坂から(2011年製作の映画)

3.4

真っ直ぐって憧れる。
トトロの次に風景が好きかも!

人間失格 太宰治と3人の女たち(2019年製作の映画)

3.0

すごい人生だなぁ。
演技がすごい。

しかし旦那が愛人と入水自殺するとか過酷すぎる。

ニューヨーク 最高の訳あり物件(2017年製作の映画)

3.0

タイトルは面白そうだったけど、
たるい感じで残念。

やはりヨーロッパの映画への苦手意識は拭えない。

>|