ゆんさんの映画レビュー・感想・評価

ゆん

ゆん

好きなものを好きなときに

映画(151)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.3

コメディアンを夢見るアーサーが、バットマン最悪の敵ジョーカーになるまでの話。バットマンとの繋がりはほぼ無し!でも幼いブルースは出てくるので、次作とかあったりするのかな…個人的にはこのジョーカーがどうバ>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.4

スタイルが良くて美人のカッコいいお姉さんたちがスタイリッシュにダイヤのネックレスを盗む話。ほんとそれ以上でもそれ以下でもない感じ。話はオーシャンズシリーズで今まで観たような内容だけど、女性ならではの華>>続きを読む

キング・オブ・コメディ(1983年製作の映画)

4.1

JOKERの予習として鑑賞。コメディアンとして賞賛されたいパプキンが、あの手この手でテレビショーに出演しようと奮闘する話。常人には理解しがたい発言や行動が多いパプキンだけど、根幹にあるのは「みんなに認>>続きを読む

ただ、君を愛してる(2006年製作の映画)

3.0

100%天然ピュアラブストーリー!新海誠監督の作品が好きな人にオススメされたんだけど、なるほどたしかに……という感じ。玉木宏が冴えない大学生役を演じているけど、あんな顔とスタイルしといてそれは無理ある>>続きを読む

ジャッジ 裁かれる判事(2014年製作の映画)

3.5

ダウニー目当てで鑑賞。気難い口の回るスマートな色男役を演じさせたら右に出るものはいないんじゃないだろうか。こんなセクシーな弁護士が居てたまるかと思いつつ、ストーリーとしてはまあまあな感じ。法廷サスペン>>続きを読む

フッド:ザ・ビギニング(2018年製作の映画)

3.7

タロンくんがめちゃくちゃ可愛いくてかっこよくて可愛くて、それだけで100点満点です!!!アクションも派手でスタイリッシュ。そうそうこういうのが見たい気分なのよ〜と期待通りのものを見せてくれる感じ。需要>>続きを読む

きっと、うまくいく(2009年製作の映画)

4.5

ここまで気持ちのいい映画は久しぶり!コメディ、ラブストーリー、シリアス、ミステリーと盛りだくさんの要素が詰まっているけど、それが飽和状態にならず170分の映画として綺麗に収まってた。伏線回収も見事で、>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.0

パチパチ燃える暖炉、凍てついた空気、クリスマスツリーの光、簡素なモーテル、冬の季節の良い面も悪い面も見せてくれるような映画だった。クリスマスの時期にもう一度観たい。
お互いに惹かれ合う二人の女性の話。
>>続きを読む

容疑者Xの献身(2008年製作の映画)

5.0

邦画で一番好きな映画。冴えない数学教師を演じる堤真一の演技力が光ってる。ピシッとした髪型にスーツ、どこからみても色男の福山雅治と、ボサボサ髪でだらっとした服装、哀愁漂うおじさん感満載の堤真一の対比がと>>続きを読む

LION ライオン 25年目のただいま(2015年製作の映画)

4.1

家族と生き別れになってしまったインドの男の子サルーが、オーストラリアの夫婦に引き取られ、何不自由ない幸せな生活を送るも、本当の家族に会う為にネットを駆使して自分の故郷を探す実話の話。どうやって探すかに>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

4.0

田舎から上京してきたローズは、タイピングの腕を買われて秘書として採用されることに。ただそれ以外はダメダメのドジっ子で、上司からタイピングの大会で優勝したらクビにしないでやるという条件を出されてしまう。>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

3.8

ジョーカーの役者さんの怪演が際立ってる。話し方とか、仕草とか、表情とか、とにかく全てに掴み所がなくてサイコパスな感じが見事に表現されてた。ジョーカーが何をするのか展開がわからなくて、観ている間ずっとハ>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.4

初バットマン鑑賞。聴いていた通り、DCは全体的に画面が暗い!とにかくスマートでクールといった印象。希望の象徴となるのではなく、恐怖によって悪人を減らそうとするスタンスなので、他のヒーロー映画とはまた違>>続きを読む

search/サーチ(2018年製作の映画)

3.8

最初から最後までパソコンの画面上で話が進んでいく画期的なミステリー映画。こういった作りは小説だと出来ないな。
失踪した娘を探すためにSNSを駆使して捜索する父親。ツイッター、フェイスブック、インスタグ
>>続きを読む

マッドマックス 怒りのデス・ロード(2015年製作の映画)

2.5

とにかく爆発!爆発!!マッドマックス初見だからかもしれないけど、終始「どういうことなの……」って気持ちで観てしまった。もうわざわざ言わなくてもみんなマックスについては知ってるよねみたいなノリなのか。不>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

3.8

ダウニーが出てきたとき予想外すぎて「トニーだ!」って言ってしまった(笑)癖のある色男役が似合うね。スカヨハも出るし、アイアンマンファンには嬉しい映画。それを差し引いても面白かった!
父親と息子が不器用
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

舞台は60年代のハリウッド!車とか服とかアメリカのヴィンテージ感ばりばりで可愛かった!
この監督の映画初めて観たけど、とにかく独特な雰囲気。そのシーン何か意味あるの!?意味深に引きずってるこのカットは
>>続きを読む

劇場版 おっさんずラブ ~LOVE or DEAD~(2019年製作の映画)

4.3

ドラマ版は好きだったけど、これどうやって映画にするんだろう。DVDで良いかもな〜、なんて思いながら観に行きました。めっちゃ良かった。いや、めっちゃ良かった。(二回)
はるたんの安定の顔芸や部長の乙女な
>>続きを読む

言の葉の庭(2013年製作の映画)

3.0

思春期爆発してる男の子と、社会に疲れてしまった女の人が寄り添っていく話。じわじわと物語が進んでいく感じは嫌いじゃなかったけど、ハイここ見せ場ですドーーン!!みたいなあからさまな感じがちょっと…ウン…っ>>続きを読む

最高の人生の見つけ方(2007年製作の映画)

4.0

邦画タイトルで損してる映画の一つ。直訳で「棺桶リスト」なんてタイトルを使えないのは分かるけど…もうちょっとどうにかならんかったか。とにかくいい映画。
余命六ヶ月をどう過ごすか、下手すれば重くなりそうな
>>続きを読む

ライオン・キング(2019年製作の映画)

3.6

あまりにも映像がリアルで、ドキュメンタリーを観てるみたいだった。毛並みのふさふさ感、肉球のもすっとした動きが最高。リアルだけどちゃんと表情があって、しゅんとした時に目尻と耳が下がってるのがめちゃくちゃ>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

4.0

期待しすぎたのもあって、ロケットマンほどの感動はなかった……ただやっぱり映画館で観るべき映画だと思ったし、映画館で観てたらまたライブシーンの印象が変わった気がする。
人間らしいリアリティがあるというよ
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

4.5

タロンくん目当てで観に行ったので、正直なところエルトンジョンのエの字も知らず。曲も全部初めて聴いたくらい。でもストーリーにはしっかり引き込まれたし、エルトンジョンの音楽をもっと聴きたくなった。取り敢え>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.7

タイムトラベルの力を持つ男性が、人生を幸せにするコツを教えてくれる話。ラストの落とし所がとても素敵で、こんな考え方で私も一日を過ごしたいと思った。(実際にはなかなか難しいけど…)
人生良いことばかりじ
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

5.0

劇場では最後のFFHをキめてきたので、ようやくレビュー書きます!公開初日に観に行ってから計4回観たけど、毎回新しい発見があって本当に面白かった。予告が上手いことやってくれたなという印象。あの狭い部屋で>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

3.3

じわじわと不気味な映画。これといった驚きや山場は感じなかったけど、展開が読めなくて最後までちゃんと楽しめた。役者陣の演技が非常に良い……。錦戸くんがすっかり役場の人にしか見えなくてすごい。
受刑者が6
>>続きを読む

世界にひとつのプレイブック(2012年製作の映画)

3.4

大事なものを失った、クレイジーな二人の再生話。ゆっくりと物語が進んでいくな〜と思っていたら、後半で怒涛の展開に。パパもなかなかにクレイジーだった。
ティファニー、めちゃくちゃスタイル良いしセクシーだし
>>続きを読む

運命の元カレ(2011年製作の映画)

3.4

MCU作品のキャストが3人も出てくるので、MCUファンとしてはそれだけでちょっと面白い。クリエヴァ好きな人にはおススメしたい映画。クリプラもちょい役ながら存在感がある。笑
テンションがかなりクレイジー
>>続きを読む

レ・ミゼラブル(2012年製作の映画)

4.5

長いし重たそうだし途中で飽きるかな、と思ったけど気付いたらエンドロールを迎えていた。圧巻。ファッションとかグルメとか華やかなイメージがあるフランスだけど、こうした歴史の上で今があるんだなと実感した。そ>>続きを読む

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.7

オードリー・ヘップバーンが黒いドレスを着て、ティファニーのショーウィンドウを眺めながらクロワッサンとコーヒーを食べるシーン。もうこの世の可愛さとお洒落がすべて詰まってる気がする。あそこだけ何度でも観た>>続きを読む

トイ・ストーリー4(2019年製作の映画)

3.8

賛否両論あるのは分かってたけど、私はストーリーとテーマ自体は面白いと思った。トイストーリー4って続きものとして観るから、なんか複雑に感じてしまう。トイストーリー ファーフロムホームとかなら多分良かった>>続きを読む

X-メン(2000年製作の映画)

2.5

なんだろう、この物足りない感!ミュータントとの共存についてもいろいろしておきながら結局現状維持、アクションシーンも少なめだしそれぞれの能力を活かしきれてない、背景がきちんと掘り下げられてるキャラクター>>続きを読む

セッション(2014年製作の映画)

3.8

何故邦題を「セッション」にしたのか……「Whiplash」そのままじゃダメだった?「Whiplash」は作中演奏される曲の名前で、日本語では「鞭打ち」という意味らしく。超スパルタで口の悪い指導者と、心>>続きを読む

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

4.0

EG、FFHを先に観てしまったけど、ようやくキャプテンマーベルを鑑賞!これでMCU全部観れました!キャロルとフューリーのやり取りにきゅんきゅんした。まさかフューリーにきゅんきゅんする日が来るとは。EG>>続きを読む

未来のミライ(2018年製作の映画)

2.8

金曜ロードショーで鑑賞。こういうタイミングじゃないと、たぶん観ることなかっただろうな〜。
映像と、登場人物のリアルな動きとかはすごい。自転車のシーンとかすごく気合入ってるのはわかる。
ストーリーと声優
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.5

パッケージの印象と、話の雰囲気がだいぶ違っててびっくりした笑。エイリアンな感じを予想してたら裏切られる。立派なダークヒーローもの。グロさは全然ない。
導入編って感じ。終わり方からして、2あるのかな?こ
>>続きを読む