こぴこさんの映画レビュー・感想・評価

こぴこ

こぴこ

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

2022年1作品目
明日公開するスパイダーマンに備えて予習
スパイダーマンが公開するドキドキも伴ってたせいか、話の大枠しか1回では理解出来なかった。

そんな中、分からないなりに理解したつもりの私が好
>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

4.0

“映画音楽は20-21世紀が生んだ偉大な芸術だ”

僕らが生み出した「感情の潤滑油」

ティファニーで朝食を(1961年製作の映画)

3.7

中盤長すぎ、グダグダしすぎ。

なのに定期的に観たくなる素敵な作品

ティファニーのアクセサリーを買えるお金なんかないのに
お店へ2人で行き、おもちゃの指輪に刻印してもらうシーンがとても好きです。
>>続きを読む

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

4.5

冒頭6分であまりの魅力に心惹かれた

音楽とシンクロしてるいい感じの映画は久々だったので、かなりお気に入りの作品
ストーリーは途中??となるが、全体を通せば良い作品なのでオススメ

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

2.7

異国の地で出逢い、1番濃い14時間を過ごす会話劇
本当に特に何かが起こる訳では無い、ひたすら彼らの自然な会話を聞いてる感じ。
程よく酔ってる時に鑑賞したら浸れるだろう

貴方を知れば知るほど時の時効が
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ワールド ヒーローズ ミッション(2021年製作の映画)

3.8

デク〜おま〜〜!ロディが吉沢亮なのとても素敵だった〜(;;)
人間性が一段と素敵で涙腺ガバガバ

2001年宇宙の旅(1968年製作の映画)

4.2

高校音楽の授業にて初めて知り、当時から死ぬまでに映画館で観たい映画に入ってた作品

50年前の作品とは思えない内容・演出。1つもCGなんてものは用いられてないのに何故ここまで美しいのか、
魅せたいとこ
>>続きを読む

劇場版 少女☆歌劇 レヴュースタァライト(2021年製作の映画)

3.0

尖ってる作品で理解しずらい箇所もあったが、圧倒的映像美
あの時間はレビューを生で観ていた
そんな演出だった

(500)日のサマー(2009年製作の映画)

3.9

サマーに恋をした青年
ただ、この映画は恋愛映画ではない。

恋愛に対して運命主義であろうと、夢を見れない側であろうと、否定せずに見守って欲しい。
この最低で最高の500日は後の人生のための成長実録なの
>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.7

笑いながら、え!この映画ってホラーだっけ?!!ってなる映画
(コメディ映画だよ)

とにかく私から言えるのは、
『事前情報を知らずに観るべき』

なので、レビューは書けない😇

ハイスクール・ミュージカル(2006年製作の映画)

-

あんなにもミュージカルが好きだと言っておきながら、この作品は初めて。
幼い頃によくディズニーチャンネルでしてたドンピシャな世代だが、当時は全く興味がなくて😅

え!この人、別映画で観たことあるよ?!っ
>>続きを読む

アバウト・タイム 愛おしい時間について(2013年製作の映画)

3.8

人生でやり直したい部分があるからこそ、日々を大切に生きていこうよ。失敗したっていい。
そんな映画

恋愛映画だと言われたが、確かにその要素はある。だが、私には“人生のすゝめ”的な何かが秘められているよ
>>続きを読む

カランコエの花(2016年製作の映画)

3.6

周囲の視点から描いたLGBTの話

最近よくLGBTを耳にするけど一体何?
だから私たちに一体どうしろと?
そう思っている人には是非、観て欲しい作品

この作品は主人公の心情を露に描かれているのではな
>>続きを読む

ザッツ・エンタテインメントPART3(1994年製作の映画)

-

MGM創立50周年を記念し、制作された作品

Part1,Part2とは異なり、MGMのスタジオの内装やセットなどを詳しく紹介してくださった印象。

MGM大スターのジーン・ケリーから始まり、様々な俳
>>続きを読む

時計じかけのオレンジ(1971年製作の映画)

4.3

人間の汚い部分を抽象的になりすぎずに表現出来てる良い作品。

個人的にはとても好き。ただ、好きだと周りに言えば、忽ち距離を置かれるのが分かってる。だから、自分自身の中で大切に何度も見返そうと思った
>>続きを読む

僕のヒーローアカデミア THE MOVIE ヒーローズ:ライジング(2019年製作の映画)

3.6

「とにかくデク!お前ってやつは〜〜!!」となる。
(アニメ版視聴済)

僕のヒーローアカデミアとしての映画2作目
1作目とは異なり成長した彼らが観れる反面それを知らない人でも着いて行けるような作りとな
>>続きを読む

レイダース/失われたアーク《聖櫃》(1981年製作の映画)

-

ヒロインがひたすら捕まっていた思い出しか残ってない
(鑑賞時間帯が悪かった)

私の思う、THE80年代な映画だった。

メインテーマが流れると無性に旅に出たくなる🤦‍♀️

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

4.0

拒食症の少女が病院を抜け出し、2人の少年少女と過ごすひと夏の青春物語

出会う人すべてが色々と抱え込んでいることがあっていい味が出てる。

少し気分が落ち込んでいた時期に鑑賞したので、自分自身に刺さる
>>続きを読む

あのこは貴族(2021年製作の映画)

4.0

価値観の押し付け合いをせず、分かり合えない者同士、分かり合えないなりにお互いを理解し合う話。

目の前の生活の当たり前に慣れすぎて、それに対する疑問も無ければ、気付きもしない。

否定をせずに最後まで
>>続きを読む

17歳の肖像(2009年製作の映画)

4.2

そう!私はこういう映画が好きなんだよ!!!となった作品

背伸びをして大人に近づく“優越感”と“背徳感”
子供ではないが、大人になりきれていない、親の管理下内で女子学校に通っている17歳の女の子の話。
>>続きを読む

名探偵コナン 探偵たちの鎮魂歌(レクイエム)(2006年製作の映画)

3.2

光彦くん、声違う…?
ほ〜〜、白馬君、想い人が居てたの〜〜ほ〜〜〜(観たら分かります)

CGに年季が感じられた。

>|