sariさんの映画レビュー・感想・評価

sari

sari

映画が、好きです。

映画(338)
ドラマ(0)

横道世之介(2013年製作の映画)

-

ほのぼのした映画だけど、この手の映画では珍しく涙が止まらなかった。

グッドモーニングショー(2016年製作の映画)

2.7

映画というよりドラマ感覚で観れる
キャスティングが豪華で楽しい

ルーム(2015年製作の映画)

4.1

ママの外に出たい気持ちが溢れ出してジャックに語るシーンとか、ママとジャックが再開するシーンとか泣けるシーンが多すぎる。
本当に名作だとおもう。

紀子の食卓(2005年製作の映画)

2.9

自殺サークルの続編だから見て見たけど、それよりなにより吉高由里子のすごさに圧倒される。これだけ見ても楽しめる。

自殺サークル(2002年製作の映画)

2.2

見ている時にただただ暗い何かに襲われるような映画だった。
見終わったあとはんー、なんだかなあってもやもやした。

何者(2016年製作の映画)

3.0

予告のイメージとはかけ離れてた。
現代社会ってかんじかなあ。

怒り(2016年製作の映画)

3.5

怒りって一番コントロールできなくて、でもそれが生まれた時には強く残る感情だと思う。だからこそこの映画の全てを忘れたくない。

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.1

おもしろいけど、終着点がわからない。
ただとってもスウィートな映画でした。

クリーピー 偽りの隣人(2016年製作の映画)

3.4

グレーな気持ちになる。でも、面白い。
演技がうまい人ばかり出てくるからほんとにのめり込んで観れる

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.7

なめていた。完全になめきっていた。なぜか涙が止まらなかった。ぽっかり穴が空いた気分になる。
ただ、ストーリーはいいが、映画としていいわけであって現実的ではなかった。

君と100回目の恋(2017年製作の映画)

3.9

演技はさておき、ストーリーと挿入歌はサイコーでした!

闇金ウシジマくん ザ・ファイナル(2016年製作の映画)

3.0

ファイナルの割に大々的ではなかったけど相変わらずなぜか見てしまう

スウィート17モンスター(2016年製作の映画)

4.2

ネイディーンの人間味が溢れていて
痛いほどにわかって
気づいたら涙が止まらない映画
ネイディーンが口に出していたことを我慢できるようになったらオトナなのかなあ。

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.7

予告見たのと全然違う作品
途中から涙が止まらなかった
ただ、ときどき考えないと迷子になる

バースデーカード(2016年製作の映画)

3.0

人間のあたたかさが恋しくなる作品。
ストーリーはありきたりだけど、
それの上をいくラストがあって、
家族っていいなあって改めて思えた。

ライト/オフ(2016年製作の映画)

3.5

ホラー映画=面白くない
という概念を覆した作品!

青空エール(2016年製作の映画)

3.2

漫画→映画化の中では
いちばんくらいにいい映画でした。

パディントン(2014年製作の映画)

2.4

映画自体はおもしろくないけど
パディントンも街並みもおうちもとってもかわいい!

トライアングル(2009年製作の映画)

3.2

こんなにも正解が見えない映画ははじめて
スリラー映画としてはサイコーにおもしろい

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

3.7

演技力!
たまらない!にんげんって!
ムロさんさすがです。

64 ロクヨン 前編(2016年製作の映画)

3.2

もう少しシンプルにできるのでは?
無駄に難しくされて観るというより考える方が勝る

近距離恋愛(2008年製作の映画)

2.6

合理的じゃない
ニュアンスで楽しめる映画
コリンほんといいひと

>|