りさんの映画レビュー・感想・評価

り

映画(98)
ドラマ(0)

風の谷のナウシカ(1984年製作の映画)

3.8

宮崎駿はこういう女の子好きなんだな〜!っていう目で見てしまった。

テーマが良い。ナウシカ良い。

さよなら、ぼくのモンスター(2015年製作の映画)

4.0

グザヴィエドランが母親にフォーカスしているように、この映画はその父親バージョンって感じ。


私は母子家庭なので他の家庭に憧れがあったし、何より父親を嫌いたかった。
所有欲が強く物に当たる父親は正に母
>>続きを読む

フォレスト・ガンプ/一期一会(1994年製作の映画)

3.5

ママは言ってた
“靴で人が分かる”
ママは言ってた
“過去を捨ててから前へ進むのよ”
ママは言ってた
“死は生の一部なのよ”



テンポ良い

ムーンライト(2016年製作の映画)

3.7

重たい映画だと思って観てたけど、ラストシーンで本当はもっとシンプルな恋愛映画だったんだってなった。オシャレ〜〜。

「泣きすぎて自分が水滴になりそうだ」

Curve(原題)(2016年製作の映画)

-

訳分からんすぎて皆さんの考察を読んでやっぱ考察って面白いな〜と。

私は上に昇った先にも同じ光景が続いてるんだろうな〜しか考えられなかった。あと、神音響

あの頃、君を追いかけた(2011年製作の映画)

3.8

You are the apple of my eyes.


久々の恋愛モノ。ヒロインがねるちゃん似でかんわいい。

男子高校生感強めで下ネタ多いけど面白かった。古臭い設定、演技、挿入歌もおもろい。
>>続きを読む

共犯(2013年製作の映画)

3.5

ロケーションやキャスティングが良くて映像が美しかった。血を雨が打つシーンが印象的。

台湾映画初めて見たけどいい感じ。短くてサッと見れたし。


黄がただただヤバい奴。
葉がかっこいい。
女の子がみん
>>続きを読む

I Am Easy To Find(原題)(2019年製作の映画)

4.2

この先の人生を見た感覚。セリフがほぼ無いのに孤独感が感じられ、悲しい気持ちになった。
アリシア・ヴィキャンデルの表情が繊細で切ない。


瞼を閉じればオレンジ色
オレンジ色で人生が終わる

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.2

タクシー運転手にフォーカスを当ててるのが良い!
実話とっても素敵!

こんなむごいこと最近まであったとは。地元の人々めちゃくちゃ優しいから尚更キツかった。途中のタクシーでのワイスピ的展開は想定外すぎて
>>続きを読む

そうして私たちはプールに金魚を、(2016年製作の映画)

4.0

エモいってあまり好きじゃないんだけど、良かった。

この事件を初めて知ったがとても素敵。やっぱこのくらいの時期の自分含め他人って大体恥ずかしいけど、この子達は誇れる〜。羨ましい。


メロンソーダのグ
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

4.2

このレビューはネタバレを含みます

なぜあまり期待していなかったのか…多分この邦題のせい

お気に入りのシーンはルイーザが靴下を履いて誕生日ビデオを見るシーン。


夢の中では“自由”だが朝目が覚めると絶望するという表現。。これを想像し
>>続きを読む

運び屋(2018年製作の映画)

3.8

もっとむごい話想像してたー。前情報無しで観ると良いね。


「そんなことない。遅咲きなだけ。」
アールが娘に自分はクズだと言った時の娘の素敵なセリフ。
家族との時間が1番。

ペット(2016年製作の映画)

3.5

最近有名な映画ばっかでミーハー感つよいミーハーなんだけども

キングダム(2019年製作の映画)

3.2

再鑑賞。映画館で観た時の衝撃は凄かった…。
原作を読んでいないからかもしれないけど、、まあ実写化はこのくらい金かけて完成度上げてもらわないとね!そんで金かかってる分キャスティングはこうなるよね。
>>続きを読む

アリー/ スター誕生(2018年製作の映画)

3.1

対比がすごい!歌声がすごい!展開はやくていい!


やはり音楽系の映画は苦手だった
強いていえば、はじまりのうたの方が好み

Girl/ガール(2018年製作の映画)

4.1

「パパだって時間をかけて男になった」
とてもカッコイイ台詞!!お父さんが素敵すぎた。
こんなに許してくれて、真剣に向き合ってくれているなんて。


バレエのシーン多いなって思ったけど、主人公ララが“変
>>続きを読む

海がきこえる(1993年製作の映画)

2.8

友達とツッコミながら見たから見れた
マイメロ系女

拓かっこよ

マレフィセント(2014年製作の映画)

3.1

再鑑賞

ハリーポッターで見たことあるような妖精が居ました。

猫の恩返しといいマレフィセントといい、カラスくんは良いね!

ジョーカー(2019年製作の映画)

-

殺した後か殺す前に踊るっていう洋画あるある言いたい


全部この世の中のせい

ブルーバレンタイン(2010年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

この女無理


離婚の理由ってただの極端な蛙化現象?
そもそも避妊させなかったのは自分の責任でもあるから被害者ぶってる意味が分からない…。それで丁度よくその当時いい感じだった男が責任背負ってくれて実際
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

3.8

久しぶりにまた観た。好きな作品☺️☺️


私は女性バージョンも好き

ニキータ(1990年製作の映画)

4.0

レオンと同様、強さの裏にある寂しさ。特にこの作品は、女性の繊細な感じがよく表現されていた。
心は強くなれない。

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

-

親が観てて横から少し観ただけだけどコメディ色強かって全然ホラーじゃない!
前情報が入ってしまっていたので特に驚きは無かったが、テンポ良いし爽快だった。ラスト数分の展開も良かった。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.1

マルコの笑顔が愛おしかった。ハッピーエンドを望んでいたのに…


要素(障がい、ゲイ、福祉、etc)が多すぎる映画はあまり好きじゃないが、これは見れた。



あと数分長くしてハッピーエンドにも出来た
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

3.6

まあ想像できる範囲の展開。
良い家。


ピアスはなんだ?

ある少年の告白(2018年製作の映画)

3.9

こんな事実があったなんて。スノーデンくらいの驚き。


そもそも“矯正”施設って言葉は何なの?同性愛者は異常なの?こんな施設が今もアメリカにあるなんて信じられない。

「ドル札はクシャクシャになっても
>>続きを読む

トム・アット・ザ・ファーム(2013年製作の映画)

3.4

マインドコントロール下におく北九州監禁事件を思い出した。

サラが強い女で良かったわ…。
グザヴィエ・ドラン監督は本当に気の強い女好きそやな。




難解だった。何を伝えたかったのだろう。
アメリカ
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

4.0

加害者が貧しい家族のために実行していることが分かる電話や、メディアがホテル内の情報をそのまま流すことにゾッとした。

人々の生活を保証しない国、報道の自由に対する警告など、社会風刺が効いていました。
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

4.6

グザヴィエ・ドラン監督の作品の中で最も衝撃を受けた。



グザヴィエ・ドラン監督の芸術的な演出やカット、細かな設定は、こだわりを感じるし、芸術や音楽を重んじているようにも感じるので、毎回どストライク
>>続きを読む

胸騒ぎの恋人(2010年製作の映画)

3.5


途中で挿入されるエピソード、音楽が流れるシーンが映画の完成度をグッてあげてる。
マシュマロ降ってくるのがお気に入りのシーン。





グザヴィエ・ドラン監督の作品を見るようになってから、“自分の人
>>続きを読む

>|