age55さんの映画レビュー・感想・評価

age55

age55

映画(172)
ドラマ(114)
アニメ(0)

幸福(1981年製作の映画)

4.0

やっぱり普及の名作は名作だ。引き込まれてしまった。そしてみんな若い。谷啓さんが走っていた。ストーリーはベタだが変わっていく水谷豊に感動した。

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.7

原作者の住野よるさんの本が好きで今も腹を割ったらを読んでます。おっさんです。確か大学生の息子に君肝を勧められたのが最初かな。その息子ともしばらく話をしてないな。映画を見たら原作本を読んだ当時を思い出し>>続きを読む

シン・ウルトラマン(2022年製作の映画)

3.8

ウルトラマンの題名に引かれて見てしまったお子様達とそのお母さん達は残念。そしてかるーい暇つぶしに見た俺。まず子供の時に見たウルトラマンとは違うね。人類の生存と人愛を好きになったウルトラマンの覚悟と決死>>続きを読む

武士道シックスティーン(2010年製作の映画)

3.5

心が折れてる時に見ました。強くなりたい。もうおじさんなのに。嫌な電話に揺さぶれない心が欲しい。中学生の大会で優勝している成海璃子から面を取った北乃きい。強い成海璃子が剣道の事、親の事、将来の事で心が揺>>続きを読む

レオン(2018年製作の映画)

3.8

意外と面白かった。傲慢社長と弱弱OLが入れ替わっちゃた。ドタバタ劇。いやらしく無く見られたよ。山崎育三郎の悪役なんて初めて見た。

乱暴と待機(2010年製作の映画)

3.5

山田孝之、演技?ダメ男で無責任でクズなのに羨ましい生き方。緊張感ゼロ。あんな可愛い子とセックスしたら、小池栄子が怒っても我慢する。そんな男が居るからこの映画出来たのかな?浅野忠信はめんどくさいね。

2つ目の窓(2014年製作の映画)

3.6

壮大な自然。生きると死ぬ。出会いと別れ。一生懸命生きて死んでいく。それも自然。良い映画だった?よくわからん。

四月物語(1998年製作の映画)

3.5

松たか子。岩井修二。の世界。美しい。だるい。

HOME 愛しの座敷わらし(2012年製作の映画)

4.0

家族再生。我が家にもろくちゃん居たらな。水谷豊の仕事の関係で田舎町に転居。そこで出会うろくちゃんという座敷わらし?愛くるしい。安田成美の背中で安心して寝てるろくちゃん。愛くるしい。良い気持ちで1日の仕>>続きを読む

渚のシンドバッド(1995年製作の映画)

3.6

考えさせられる映画。トランスジェンダーなんて言葉は、今では一般的だが昭和には無かった。私は知らなかった。偏見もあり、もし息子がトランスジェンダーだったら悩んじゃうと思う。六本木クラスのリクさんやスワン>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.5

綺麗な映画。キャスト良かった。自死。辛いな。残された子供、妹。姉の葬儀が始まりで福山との手紙のやりとりからストーリーが始まり綺麗な映画になって居るが残された人達はまだこれからも生きていく。姉の記憶を残>>続きを読む

そして、バトンは渡された(2021年製作の映画)

4.3

原作本も読みましたが原作とはちょっと違う感想になりました。まずキャスト。永野芽郁は良いね。可愛い淑女役をやらせたら他に居ない存在感。ユニコーンも良いしこの役は難しい役なのに的役でした。身勝手な大人たち>>続きを読む

御法度(1999年製作の映画)

3.0

新選組は大好物です。日野市には土方の生家もある。日野で育ったので親近感がある。衆道って言葉は初めて知った。新選組は、規律正しい集団で、そんな事で揉めたら死が待っていると思うが許されていた様だ。知らなか>>続きを読む

天外者(2020年製作の映画)

4.0

享年49才。私はもう56才。全然なすべき事なんて出来て無い。この時代、綺羅星の様にスターが沢山いた。西郷や坂本、桂や高杉。ドラマにも沢山なって居る。主人公の五代友厚は、教科書に出てくるが他のスターに比>>続きを読む

嘘喰い(2022年製作の映画)

3.1

暇つぶしにはちょうどよかった。横浜流星にはちょうど良かった。

とんび(2022年製作の映画)

4.0

良い映画。息子は私の背中を見て育っているのか?どうしてもカッコつける。阿部寛の様に正直に生きたいね。

地獄の花園(2021年製作の映画)

3.4

ユニコーンに乗ってってドラマ見てる。永野芽郁が可愛い。この映画の永野芽郁も可愛い。最強のOL。仕事しろ

ノイズ(2022年製作の映画)

3.6

結局、松山ケンイチの横恋慕。きっかけは殺人。でも、もっと根の深い所に藤原竜也を羨み、黒木華を奪う気持ちが子供の頃からあった。藤原竜也は気付いていたのか。深い深いお話。キャストすげーな。永瀬正敏、久しぶ>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

4.3

若い。懐かしい。こんな頃もあったな。横道世之介みたいな大学生時代が良かったな。私はバイトばかりして単位が足りず4年の時、必死になって卒業したの思い出したよ。吉高ちゃんみたいな可愛い娘はいなかったな。死>>続きを読む

彼らが本気で編むときは、(2017年製作の映画)

4.6

レビュー高評価に納得。1番は、生田斗真の演技力。難しい役柄をここまで演じられたのを見れて良かった。後、桐谷健太もすごく良かった。性同一性障害とネグレスト。現代の無視出来ない問題。親の立場で考えると小池>>続きを読む

突入せよ!「あさま山荘」事件(2002年製作の映画)

3.6

スピード感。勢いで最後まで引きつけられた。組織の足の引っ張り合い。メンツ。表面だけの取り繕い。でも、人質の女性が助かった時鳥肌立った。役所広司の存在感も良かった。

あゝ、荒野 後篇(2017年製作の映画)

4.6

熱かった。引き込まれた。しんじの生き方。けんじの生き方。感動したよ。今、コロナ再流行。景気落ち込み社会が落ちている。でも、負けられんねー。

あゝ、荒野 前篇(2017年製作の映画)

4.0

複雑に絡み合う人間関係。とーちゃん自殺。かーちゃんに捨てられる。複雑な絡み合い。後半楽しみ。

大怪獣のあとしまつ(2022年製作の映画)

2.8

お金かかっているね。キャストとか特撮とか。タオ可愛いね。フセエリ居た。それぐらいかな。

ステップ(2020年製作の映画)

4.1

ウシジマくんは何処?全裸監督は?って思うくらい山田孝之は良い役者だと感じる。03角ちゃんも居た。シングルファーザーの苦しみ、喜び、痛み、楽しみ。私は、父の居ない家庭でしたが、それでもわがまま気ままに育>>続きを読む

斬、(2018年製作の映画)

3.6

あっという間に終わった。殺されるのは痛いから嫌だが、人を殺すのも嫌だね。相手にも親や友人が居て、笑ったり食べたりする生活がある。バカプーチンはそれが分からないのかね。一度、殺されてみたらわかるかも。ロ>>続きを読む

めがね(2007年製作の映画)

4.0

綺麗な風景、海。たわいもない会話。小林聡美と市川実日子。スイカじゃん。良き時間過ごした。暑いから冷房効かせて。

かもめ食堂(2005年製作の映画)

4.0

ゆっくりと流れる時間。美味しいおにぎり。争いのない会話。良い時間を過ごせました。やっぱり猫が好き。

日日是好日(2018年製作の映画)

4.0

やっぱり良い映画はいつまでも良い。樹木希林の安心感。黒木華もかわいかったよ。簡単にわかる事より簡単にわからない方が大事な事がある。お茶の作法なんてわからないけど極めるとしゃんとした姿勢が身につくらしい>>続きを読む

東京タワー オカンとボクと、時々、オトン(2007年製作の映画)

4.5

泣けた。樹木希林の演技力。オダギリジョーの存在感。うちの家内も息子のメシばかり気にしている。もう大学生の息子は食べない事の方が多い。それでも野菜を食べさせる為、いろいろ工夫している。病気で苦しいオカン>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

4.0

最後のカイジ。勝っちゃったけどやっぱりって感じ。マネーゲーム?福士蒼汰との戦い?それにしても暑い💦

カイジ2 人生奪回ゲーム(2011年製作の映画)

3.7

あの有名な沼を見た。吉高ちゃんが金出す所で空気が変わった。面白かった。次はファイナル。気温38度。暑すぎ

ドクター・デスの遺産-BLACK FILE-(2020年製作の映画)

3.5

面白かった。しっかりとしたストーリーと綾野剛。木村佳乃の狂気と北川景子の腹パンチ。楽しめました。暑いよ。気温37度だって。

閉鎖病棟ーそれぞれの朝ー(2019年製作の映画)

4.1

綾野剛つながりで見ました。考えさせられる内容だった。いろんな理由で生きていくのが辛く、病になり入った閉鎖病棟。殺人を犯したヒデさんは死刑執行後脊髄損傷となり車椅子で生活し、仲間の為に殺人を犯す。綾野剛>>続きを読む

リップヴァンウィンクルの花嫁(2016年製作の映画)

4.0

楽しい内容でも無く、ドキドキする展開でも無かったけど何かが残る映画でした。綾野剛は悪い、賢い、ずるい人なのに良い人だった。

カイジ 人生逆転ゲーム(2009年製作の映画)

3.6

あの有名なカイジを見ていなかった。見てしまった。藤原竜也のモノマネじゃない本物を見た。ザワザワするを見た。時間忘れた。