ako4uさんの映画レビュー・感想・評価

ako4u

ako4u

映画(508)
ドラマ(0)

新しい靴を買わなくちゃ(2012年製作の映画)

1.4

世界中の猫がいちばん好きな曲なんですと
モーツァルトの〝メヌエットとトリオ〟を弾く
あの優しい音楽が この映画の 愛すべき部分

ラストに贈られる靴ですが
Roger Vivier(ロジェヴィヴィエ)
>>続きを読む

フィッシュストーリー(2009年製作の映画)

1.2

〝フィッシュストーリー〟ふつーにいー曲だな と思ったら、斉藤和義だった
高良健吾の声も っぽい

アップルパイを持った正義の味方もかっこよかった
さすがのしなやかさ、ナイスキャスティング 森山未來
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.9

やっぱりガイ・リッチーが好き!と改めて叫びたくなる一本
天才じゃない?彼って(笑)

ボート追いかけっこを尻目に優雅にワインのシーン
あるいは電気椅子スパークのシーン
面白すぎて三度見したわー
そこで
>>続きを読む

ものすごくうるさくて、ありえないほど近い(2011年製作の映画)

4.5

『ものすごくうるさくて、ありえないほど近い』
この邦題に惹かれて 観ました


“もしも太陽が爆発しても 僕らは8分間 気づかない
その8分間 世界はまだ明るく 変わらずに暖かい”

パパとの8分間を
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

3.0

ブラジャー持ってそーっと歩く ロマン・デュリスが 可愛かったな
不思議と魅力のある俳優さん

デボラ・フランソワが 好きな人の父にくってかかる場面もよかった
恋する女は強い
あれなら僕だって「あんたを
>>続きを読む

トランスポーター(2002年製作の映画)

3.0

後輩の男子に勧められて観たのだが
こりゃ 男子大好物だわ
It's so cool!!
3人と言ったら絶対3人しか乗せない 数キロの重さも計算してる プロ中のプロの姿勢とか
惜しげなく豪快にぶっ壊され
>>続きを読む

ミッドナイト・ラン(1988年製作の映画)

3.0

マフィアとFBIと賞金稼ぎが三つ巴で奪い合う男との 逃走劇
よくできている!
逃亡劇なのに ギスギスしきらない、常に どこか緩くて明るくて いい空気が流れつづけています

デュークの器の大きさ
正義感
>>続きを読む

プレシャス(2009年製作の映画)

1.1

この映画に
あるいはこの女の子に
〝プレシャス〟
という名前をつける
それが この映画のメッセージのすべて なのかなって

かぐや姫の物語(2013年製作の映画)

4.3

駿ディズニーピクサーその他アニメ、見慣れたそれらのどれともちがう
他のアニメーションでは、こんなに人物の輪郭が揺らぐことないですよね 感情や場面で
まるで違う人物にみまごうくらい 膨らんで しぼんで、
>>続きを読む

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

3.8

ボサ髪のウェイトレス
麻薬漬け娼婦
超おしゃれ超キレイ学園アイドル
地味だけど普通の女の子
演じ分け 見事でした エイミー・スマート
メイク 髪型 衣裳 の効果も素晴らしいですが
やはり演技、それぞれ
>>続きを読む

11.25 自決の日 三島由紀夫と若者たち(2011年製作の映画)

1.8

三島由紀夫は小説はいくつか読んだけど、あとは自衛隊で自決したとしか知らなかった
観てよかった
井浦新の ラストの演説シーンが凄い、と実は観る前に聞いていて
たしかに凄かった
でも 想像していたのとは
>>続きを読む

西の魔女が死んだ(2008年製作の映画)

1.9

老婆ではなく老婦人
そんなおばあちゃんに わたしもなりたい

森に囲まれた 可愛いおうち
庭のレタスのサンドイッチ
手作り野いちごジャムをぬったトースト
ラベンダーの香りのシーツ

そういう 赤毛のア
>>続きを読む

アイアンマン2(2010年製作の映画)

4.5

ああああテレンス・ハワードがよかった
エージェントが欲張ったばかりにギャラが折り合いつかずに交代したらしい、なんてゴシップを読みましたが、とにかく残念😭

そのぶん ダウニーJr.のトニー・スタークを
>>続きを読む

ビリギャル(2015年製作の映画)

3.2

坪田信貴先生のファンです
原作になった本や 他の著作も 読みましたし、情熱大陸も録画しました(笑)
遅ればせながら 今回 映画を

伊藤淳史は かなり坪田先生っぽかったです
吉田羊のあーちゃん役もすご
>>続きを読む

シコふんじゃった。(1991年製作の映画)

3.8

相撲のシコを踏むのは なんでもなさそうに見えて実はすごく難しい、一朝一夕に踏めるものではない、と聞いたことがあります
けれど本木雅弘さんのシコや構え
(素人の僕から見てですが) すごくさまになっていま
>>続きを読む

殿、利息でござる!(2016年製作の映画)

3.2

磯田道史さんが原作ということで鑑賞
パッケージやタイトルから てっきりコメディかと思っていました
でもコメディというよりは、人情話を ユーモアを交えて 暗くならず爽やかに描いてる、といった感じです
>>続きを読む

日本のいちばん長い日(2015年製作の映画)

1.8

『おくりびと』『シコふんじゃった。』を観て、すっかり本木雅弘ファンとなった僕が
本木さんが見たくて観た映画だったんですが
ええ、期待通りでした
本木さんの昭和天皇は 本当によかった
昭和天皇の 喋り方
>>続きを読む

A.I.(2001年製作の映画)

1.5

キューブリック監督が作りたかったのを スピルバーグ監督が引き継いで作った映画
と聞いていたため
つい「ここキューブリックだったらどう作ってたかな」と胸のなかで比較級が生じ
おかげで、良くも悪くもスピル
>>続きを読む

マイティ・ソー(2011年製作の映画)

1.8

アベンジャーズ を観る、と決意したため
鑑賞

設定が壮大すぎて、脚本力が追いついていないような…
とっちらかったあげく、こじんまーりまとまってしまい
ちょうど 仮面ライダーシリーズあたりを観ている時
>>続きを読む

ドラゴン怒りの鉄拳(1971年製作の映画)

1.2

ブルース・リーって、本当に魅力ある役者さんだなぁ って思います
そのアクションは もちろん世界中から大評価を得ているわけですが
表情や演技も素晴らしいですよね
凛々しい顔 狂気の顔 かなりアホっぽ
>>続きを読む

気球クラブ、その後(2006年製作の映画)

1.6

どうして村上は、一度読ませようとして その後ずっと読ませなかったんだろう
どうして美津子は、その気になれば手の届くそれに 手を伸ばさなかったんだろう
どうして北は、それを誰にも言わないんだろう

秘密
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

3.9

クライムサスペンスと銘打たれていたので、犯罪劇のようなものを想像していたのですが
クライムという設定のうえで
描かれてるのは 人間でした
怒りと赦しという 人間の永遠のテーマ

小さな日常の怒りだっ
>>続きを読む

ロックンローラ(2008年製作の映画)

2.9

題名が題名なだけに、使われてる曲がどれもこれも最高にロックンロール!!!

そして タンディ・ニュートン!
首の傾け方ひとつ 煙草の吸い方ひとつ
こんなの見たことない級の 美しさ 格好良さ

人のセックスを笑うな(2007年製作の映画)

3.0

以前、永作博美が主役を演じた 劇団本谷有希子の『幸せ最高ありがとうマジで!』を観た時
圧倒されたのです
この女優はヤバイと

永作博美じゃなかったら 観てないかもしれない作品
そして観てほんとによかっ
>>続きを読む

オーシャンズ13(2007年製作の映画)

4.5

ベネディクトを仲間に入れるなんて 軽やかな脚本、ちょっといいよね
任務で潜入したメキシコの工場の労働条件が許せんつって スト起こしちゃうのも
メキシコのスト仲間の弟に助けられるのも
素敵なお手紙でル
>>続きを読む

オーシャンズ12(2004年製作の映画)

4.5

え、全然わるくないじゃん!
が 感想です

12って、11や13に比べてなんだか評判悪いから、そのつもりで観たんだけども…
全然面白かったですよ?

整合性とれてなかったり ちょっと散らかっちゃったり
>>続きを読む

オーシャンズ11(2001年製作の映画)

4.5

この企画が立ち上がった時、仲間に誘われた時、撮影中、
メンバーは、さぞワクワクと 少年のような気持ちになったんじゃないか、って想像してしまう
こいつらといっちょなんかやったるぞ つって
イタズラ仕掛け
>>続きを読む

失楽園(1997年製作の映画)

1.3

正岡子規の闘病の記『飯待つ間』の話が印象的でした
「かッと畳の上に日がさした。飯が来た。」

あと 誰かの
「会社なんて1人や2人いなくなったところで困らないようにできてる」
っていう台詞ね
考えてみ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

4.0

「イエス様って」
「いい奴だ。言うこと聞けよ」
「神様なの?」
「わからない。意見はあるけど 俺の考えだから押し付けたくない。自分で考えろ。でも信じることも恐れちゃいけない。
…とにかく何があってもみ
>>続きを読む

ベンジャミン・バトン 数奇な人生(2008年製作の映画)

4.5

壮大な大河ドラマです コレ


何処からきて 何処へゆくのか

こんな形で問いかけるとは
フィッツジェラルドも この映画の制作陣も、偉大です


やってきて 去ってゆく が常のなか
それでも誰かと時
>>続きを読む

余命1ヶ月の花嫁(2009年製作の映画)

1.3

この映画が公開された当時
この素敵な 青山のセントグレース大聖堂を相手に
都内の結婚式場競合はのきなみ、苦戦を強いられました(笑)

屋久島で榮倉奈々が鯖を食べていた 海の見えるテラスは
送陽亭という
>>続きを読む

ソウル・サーファー(2011年製作の映画)

4.2

目を見張ったまま閉じられない、根こそぎ心もってかれる 感動的なサーフィンの景色 !!
水って美しい
波って美しい
波に乗るってこんなに美しいの

そして、サーフィンというスポーツが 素晴らしいんだと知
>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

4.1

自転車で社内を走っちゃうお転婆社長?
いいじゃん、可愛いじゃん、アン・ハサウェイ
ほんで
テンポいいしお洒落だし観やすい映画だな〜つって観ていくうちに
ロバート・デ・ニーロ演じる おじいちゃん にや
>>続きを読む

シモーヌ(2002年製作の映画)

2.8

女優の名前シモーヌは、ハンクの遺品のプログラムの名前"SIMULATION ONE"から付けられたと思ったけど
原題は『S1M0NE』で
数字の1と0は コンピュータの二進法を表しているそう
へんなタ
>>続きを読む

>|