alekさんの映画レビュー・感想・評価

alek

alek

リザとキツネと恋する死者たち(2014年製作の映画)

3.5

めちゃくちゃ変な映画だった。好きか嫌いかと言われると好きです(笑)。
全然日本に見えない日本、微妙に日本語が上滑りしている(が、まじめに昭和歌謡を研究したと思われる)楽曲の数々、ズレている主役カップル
>>続きを読む

ティーン・タイタンズGO! トゥ・ザ・ムービー(2018年製作の映画)

3.8

楽しい!かわいい!面白い!歌かっこいい!バトルもあるよ!アホな小ネタばかりかと思いきや、友情の大切さやヒーローとしての葛藤も描いている王道ヒーロー映画です。家族で観よう!

ボス・ベイビー(2017年製作の映画)

3.5

こどもはとてもかわいい。アイディアも面白い。しばしば「お兄ちゃん/お姉ちゃんになるための心構え」的な作品を見かけるのだけど、ちょっとしたブームなのかな。(昔から存在してるのはもちろんわかってます)

マイ・ブラザー(2009年製作の映画)

3.7

オリジナルは未見。
よい映画なのだけど、兄弟というよりは夫婦の話に見えたので、タイトルと内容が不一致でちょっともやもや。娘達と対比させたりしてたけども。

スイング・ホテル(1942年製作の映画)

-

フレッドアステアの華麗なステップ、ビングクロスビーの艶やかな歌声にテンポ良く進む脚本と本当なら満点つけたいくらいなんだけど、現代では完璧にアウトな描写があるので減点するしかない(星なしにしました)。ホ>>続きを読む

アダムス・ファミリー(2019年製作の映画)

3.0

ファミリー向けになって毒が抜けちゃったのは残念だけど、ラスト30分はそこそこ面白かった。でも続編は観なくていいかな。

THE GUILTY/ギルティ(2018年製作の映画)

3.5

このレビューはネタバレを含みます

ほぼ一人芝居で電話とそこから聞こえる情報のみで話が進む作品。そこそこ緊張感があって面白かった。
事件を解決しようとするけど空回りの連続という、さすが北欧イヤーな話ばっかり作るわ~と言いたくなるような映
>>続きを読む

インフェルノ(2016年製作の映画)

3.7

相変わらずツッコミどころ満載だけど、3作中最も整合性のとれた話かと。ただ、3作中最も地味でもあった。フェリシティジョーンズかわいかったです。

巴里のアメリカ人(1951年製作の映画)

3.7

昔の映画なのでちょっと納得できないところもあるけど(ミロの扱いはひどすぎると思う)、ジーンケリーの優雅な身のこなしは見応えがあります。ヒロインも美人過ぎない、元気少女っぽい雰囲気がいい。

ナショナル・シアター・ライヴ「メディア」(2014年製作の映画)

4.0

復讐の話だし共感できるようなキャラクターでもないのだけど、最後のやりきった感にはなぜか感動してしまった。俳優の力でしょうか。
子供を殺してしまう、殺させてしまう母親のニュースってたまにあるけど、こうい
>>続きを読む

パディントン 2(2017年製作の映画)

3.8

1作目の方が好きだけど、クライマックスはアクションも含めて全部よかった。英国ドラマ/映画好きならおなじみの皆さんがたくさん出ていて、そういう意味でも楽しい作品。

ゴーストバスターズ エクステンデッド・エディション(2016年製作の映画)

3.7

TVで。面白かったけど、CMでブチブチ切れたから逆に集中力が続いて観られたような気もしてる。映画館だったら飽きてたかも。
メイン4人はみんな魅力的。クリステンウィグが好きです。

湿地(2006年製作の映画)

3.8

面白かったけど、画像の荒さと、雑なのか予算の関係なのか不明だけど、撮影技術が急に落ちるのが気になった。
こういう普通のおじさん(って、なんだかんだ言ってかっこいいんだけど)が強気でわりとキツめの性格の
>>続きを読む

ジョン・ウィック:パラベラム(2019年製作の映画)

-

1/3はうとうとしていたので評点なしで。バリエーション豊かなアクションを見せてくれるところは素晴らしいんだけど、それがひたすら続くだけなので眠くなってしまうみたい。でもたぶん続編も観る。

ボーダー 二つの世界(2018年製作の映画)

3.8

「ぼくのエリ」と同じ原作・脚本ということで観ました。監督違うのに雰囲気ほぼ同じ。なぜだ。そんなに濃いのだろうか。
主人公の正体には驚いたけど、言われてみればなるほど。伝統的な妖精譚をうまく換骨奪胎し、
>>続きを読む

グーニーズ(1985年製作の映画)

3.7

TVで。子供の頃何度も観ていたのに、前半全く覚えてなくてちょっとショックだったw
ゆったりとしたストーリー展開に時代を感じる。今作ったら少なくともあと3つはイベント入りそう。

フォー・ウェディング(1994年製作の映画)

3.7

ロマコメの基礎教養的な意味合いで観たんだけど、脚本のリチャードカーティスが同じく脚本+監督の「アバウト・タイム」とほぼ同じ話だった。ただし、古い映画なので現代の視点からすると主人公がクズ。当時はよかっ>>続きを読む

ファンタスティック・プラネット(1973年製作の映画)

3.8

抽象的な話なのかと予想してたけど、ビジュアルが強烈なだけで(ヒエロニムス・ボス風)、お話自体はいたってシンプルというか、わかりやすかった。差別と暴力と抵抗の物語。でもテーマよりも絵を楽しむ映画だと思い>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2016年製作の映画)

3.8

これは好きです!有名な古典ロマンス小説にゾンビをぶっこんだ原作を映像化したら、さらにバカバカしくww おしとやかなヴィクトリアン英国描写にゾンビがナチュラルに混ざってくる前半が特にいい。

アラジン(2019年製作の映画)

3.7

おおむね楽しく観られるんだけど、元のストーリーにジャスミンのエピソードをねじ込んだせいで冗長になってしまったのが残念。そんなにジャスミンをフィーチャーしたかったのなら、スピンオフを作るべきだったと思う>>続きを読む

ラスト・キング 王家の血を守りし勇者たち(2016年製作の映画)

3.7

見所はスキーです。対人アクションはぬるいのに、スキーだけ迫力がある。お話自体よりも、見慣れない昔のノルウェーの文化やスキー(しつこいw)を楽しむ映画です。
あと赤ちゃんがめちゃくちゃかわいい。強面の知
>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

3.7

全く期待してなかったのだけど、これは好き。確かにツッコミどころ満載だし、映画館で観たらちょっと怒ってたかもしれないけど、TVでダラダラ観る分には楽しめた。でも吹替はダメ。

孤高のスナイパー/ザ・シューター 孤高のテロリスト(2013年製作の映画)

3.7

環境や社会問題がテーマであり、皮肉な話でもあるけど、家で観るのにちょうどいいサスペンス映画でもある(そこも皮肉?)。
主役の記者も犯人も、主張はわかるけど説得力がないので、薄っぺらくなってしまった印象
>>続きを読む

アダムズ・アップル(2005年製作の映画)

3.8

不思議な寓話。みんな人との結びつきがほしいし必要なんだよという話なのかな。アダムがイヴァンを受け入れたように。

チャイルド44 森に消えた子供たち(2015年製作の映画)

3.8

豪華キャストに加点して3.8。主役夫婦に次から次へと災難が降りかかり、サスペンスもたっぷりなので最後まで面白く観られるんだけど、最後まで観ると色々とおかしい映画。犯人が動機を説明するだけってあなた・・>>続きを読む

カムバック!(2014年製作の映画)

3.7

典型的な英国ロマコメなので新鮮さはないけど(7年前の作品だしね)、ちょっと古い映画あるあるで今観ると豪華なキャストなので、そこは楽しいです。ニックフロストがロマコメがんばっててかわいい。

チョコレートドーナツ(2012年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

ハッピーエンドだと思いこんでいたので、ラストに本当に本当にびっくりした。1979年時点では、同性愛者だと勤務先をクビになっていたという酷い差別にもびっくり。
辛い話だけど、愛情に溢れた話でもあり、辛い
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

戦車映画というジャンルがあるんですね。ハリウッドにありがちな軍隊かっこいい映画は嫌いなんだけど、これはギリギリ露骨さを回避しつつ、エンタメと収容所や戦争の悲惨さの表現のバランスもほどよくて(それでいい>>続きを読む

ピーターラビット(2018年製作の映画)

3.8

笑いながらもウサギv.s.人間の仁義なき戦いにドン引きしてたのだけど、ファンタジーを超えるファンタジーでほのぼのとシメたのには感心してしまった。絵本風のアニメーションのところだけビアトリクスポターに忠>>続きを読む

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

走るゾンビはあんまり好きじゃないけど、これは純粋に数の暴力として怖かった。子供を主人公が死ぬ理由に使ってほしくなかったのでちょっと減点(あの状況での子供の行為としては自然なので、むしろよい演出と言える>>続きを読む

キンキーブーツ(2018年製作の映画)

4.2

すっごい楽しかった!色々と世の中が不安定な状況で、こういう元気が出る作品を上映してくれてありがとうという気持ち。
みんな上手いし(チャーリー役の人上手すぎてびびった)、しかし何よりもエンジェルの皆さん
>>続きを読む

幸福路のチー(2017年製作の映画)

3.9

監督の自伝的な作品なのかな?何者にもなれなかった自分、というのを正直に描いていて好感が持てたし映像も楽しかったけど、今の自分の気分には合わなかった。「あがいたけどダメだった、故郷が一番」なのはいいんだ>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

TVで。いたたまれない話をスマートに美しく撮ってるけど、それが故のおぞましさも出ていて、各所絶賛も納得。
体調悪い時に観たので、前半の金持ち一家を騙す過程がしんどくて辛かった。

>|