waltzさんの映画レビュー・感想・評価

waltz

waltz

映画(80)
ドラマ(0)
  • List view
  • Grid view

街燈(1957年製作の映画)

3.8

女性がみんなお洒落でうっとり。ラストのアップショットにドキッとした。

三人娘乾杯!(1962年製作の映画)

3.5

こういうお気軽映画は豪華キャストあればこそ!豚カツ、ロマンスカー、ツイスト。

ベニスに死す(1971年製作の映画)

4.3

おっさんが美少年に惚れ込んでおかしくなるだけなのにこんなに美しく悲しくなるもんだと。映像と音楽がずっと忘れられない。

ダニ(1965年製作の映画)

3.8

最低クズ男な梅宮辰夫、落とされるかもとドキドキしてたらまじで落とされた。

夜の歌謡シリーズ 命かれても(1968年製作の映画)

3.8

久しぶりに観た歌謡映画、やっぱいいなあー。梅宮辰夫の軽い感じも最高だし、サイケなゴーゴー喫茶も○

山猫(1963年製作の映画)

4.0

衣装、セットなど完璧で映像美にうっとり。没落貴族を演じるバート・ランカスター渋すぎだし、アラン・ドロンもカッコいい。女優は男優の引き立て役に過ぎない。4K修復版

若草物語(1964年製作の映画)

3.6

豪華女優共演ってだけを期待してたけど、四姉妹のキャラがしっかりとしてて、ちゃんと楽しめる作品だった!芦川いづみの大阪弁のイントネーションが変だったけど、東京に嫁いで数年経ってる設定ってことで。しかし、>>続きを読む

堂堂たる人生(1961年製作の映画)

3.1

石原裕次郎の映画で、それ以上でも以下でもない。藤村有弘のインチキ外国語。

学生野郎と娘たち(1960年製作の映画)

3.6

終始イライラでブレない中原早苗、最後の捨て台詞がカッコいい。

風のある道(1959年製作の映画)

3.8

期待通りの芦川いづみ像を芦川いづみが演じる正しき芦川いづみの映画。だけど、両親と妹役の清水まゆみの存在感が印象的!この映画に限らないが、葉山良二がモテるのは納得いかない(笑)

誘惑(1957年製作の映画)

4.0

テンポ良くて最後まで見所満載の楽しい映画!ダンスパーティの場面最高だなあ。千田是也が自らの欲望の誘惑に負けたのか、芦川いづみが誘惑したのか、、、

倖せは俺等のねがい(1957年製作の映画)

3.8

派手さもない小品なホームドラマだけど、こういうのが大好き。まだまだ貧乏な時代だけど、未来と笑顔があった。
屋台のシーン泣ける。

その壁を砕け(1959年製作の映画)

3.7

東京から現場までの行程を丁寧に描写していて、素晴らしい。長門裕之は田舎の駐在所の警官あたりがやはりお似合いだ!

佳人(1958年製作の映画)

4.0

切なくて悲しい、、、そして神々しい

まっすぐで純粋な芦川いづみを見てると、自分の濁った心が恥ずかしくなる。
葉山良二は戦時中なのにふっくらし過ぎ。

(1968年製作の映画)

3.7

弁護士役の小林桂樹の執念が後半にはホラーな様相に。ラストの八海事件の法廷シーンが狂気!俺が観た「真昼の暗黒」にはそんな描写はなかったよ(笑)

死の十字路(1956年製作の映画)

4.0

最後まで楽しめるサスペンス映画!靴のくだりも最高。しかし、大坂志郎は嫌らしい役どころだった(笑)

ある関係(1962年製作の映画)

3.7

不倫のドロドロした映画かと思いきや、まさかのサスペンスな展開。いや、最後はもはやコメディだし、菅井一郎が全部持っていった!

>|