kotaさんの映画レビュー・感想・評価

kota

kota

今年観た映画、ようやくインスタからの移植が終わりました……。

映画(218)
ドラマ(3)

ソウ4(2007年製作の映画)

2.5

食傷気味ながら、全部観るって決めたんだもの。
観なきゃね。
これはザックリ観てしまうと、登場人物がいまいち把握できないまま終わりますな(笑)
いや、展開も分かったし、名前で区別はつくのです。
でもね。
>>続きを読む

ソウ3(2006年製作の映画)

2.5

んー、どこまでが必要で、どこからが必要じゃないかのラインが曖昧なシリーズかなー。
観てる方の気持ち的に。
やってることは変わらない。
人間関係のトリックでどこまで見せられるのか、というところでしょうか
>>続きを読む

パディントン(2014年製作の映画)

2.4

かわいい。
って、映画の評価として成り立つんだなーと。
世の評価をを見た私に教えてくれた作品。
ファミリームービーとしてはいいと思います。
でも映画としては全くグッと来なかった、というのが正直な感想。
>>続きを読む

プリズン・エクスペリメント(2015年製作の映画)

2.5

地味な割にぐいぐいくるやつでした。
リアルだと思うとね。
ある意味上手いし、ひとによっては退屈と思うのかもなーと。
わたしは、人間の性質に興味があるたちなのでたのしめました。
というか、うすら寒かった
>>続きを読む

キングスマン(2015年製作の映画)

4.0

観直したんですわ。
新作の前に。
ある意味めちゃくちゃなんだけど、もうある意味筋を通しちゃってる。
楽しい!
無駄にかっこいい!
それに尽きる。
大好き!

ダークレイン(2015年製作の映画)

3.0

これね、好き(笑)
雑な感じも含めて、好き(笑)
映像的な雰囲気が好きなのもある。
なんか、色々雑だし、展開は笑っちゃうんだけどまぁまぁブラック。
訳わかんないとか、クソ映画とかいう人の気持ちもわかり
>>続きを読む

ゾンビ・ガール(2014年製作の映画)

2.8

んー。
愛らしい作品。
ではある。
ただ、似たような設定で「ライフ・アフター・ベス」があると、あちらのキュートさが優ってしまう。

ベイビー・ドライバー(2017年製作の映画)

3.8

いやー、これは心地いいです。
音楽、リズムと映像がシンクロする心地よさ。
音楽に彩られた一本。
好きだなぁ。
ベイビーくんは意外にただの良い子ではなかったですが(笑)
アガる。
それに尽きる作品。
>>続きを読む

コロニア(2015年製作の映画)

2.9

うん、確かにそれがリアルに存在したという事は怖いんだけど。
エマ・ワトソンはもうちょいファンタジックな作品の方が似合うのかなぁと。
ダニエル・ブリュールとがちょっとアンバランスに感じてしまいました……
>>続きを読む

死霊のはらわた(2012年製作の映画)

3.0

年始に觀直したシリーズ。
こういうやつやられるよね、とか、お前が悪いんじゃ!という鉄板のホラールートをきっちり踏襲しつつ、オリジナルの笑える要素を抜いてガチ目に作られたリメイク作。
音とか、観てて痛い
>>続きを読む

ピンポン(2002年製作の映画)

3.7

年始に觀直したシリーズ。
やっぱり好き。
無駄に派手なカメラワークと、力の抜けるクドカン本。
音楽も良く、心地のいい一本。
松本大洋の、奇をてらっているようでストレートなリリックも好き。

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

4.0

今年1本目はこれと決めていたのになかなか時間合わず、今日まで。
でも引っ張って良かったー!
1本目に相応しいドカーン!ジャキーン!でスピーディ。
あー、楽しかった。
マシュー・ヴォーンやっぱり好き💕
>>続きを読む

猿の惑星:新世紀(ライジング)(2014年製作の映画)

3.5

これも勢いで観直し(笑)
正直3部作の中で一番辛い作品かなー。
過渡期、とでも言いましょうか。
自分の人もエイプも解らない事であれこれ辛い。
やるせないっていうのかな。

猿の惑星:創世記(ジェネシス)(2011年製作の映画)

3.8

勢いで観直し。
ジュニア時代のシーザーの可愛さったら。ゆえに、後の展開が切ない。
3部作観終わってから観ると、3部作としてちゃんと練られているのがよく分かる。

猿の惑星:聖戦記(グレート・ウォー)(2017年製作の映画)

3.6

このシリーズはすごいよね。
良くできてる。
旧作にちゃんと繋げながら、この作品としてしっかり成り立ってる。
エイプはエイプを殺さない。
我々は違うんだと言いながら、繰り返される歴史と葛藤。
しかしなが
>>続きを読む

ゾンビーワールドへようこそ(2015年製作の映画)

2.2

活きのいいゾンビ系。
愛らしいんだけれど、ウォーキング・デッドを見慣れてしまっていると物足りない……ジャンルが違うことは重々承知です(笑)
ゾンビの定義が曖昧なのよねー。
いや、作品としては王道青春ゾ
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.5

去年の劇場〆はこれでした。
仕事納めて何の憂いもない状態で。

フォースの覚醒のお祭り感と比べるといまいちテンション上がらなかった今作ですが。
ジョン・ウィリアムズはスゴイね。
オープニングであの曲聞
>>続きを読む

DESTINY 鎌倉ものがたり(2017年製作の映画)

3.0

VFX頑張りました!っていう感じが前面に出ちゃってるのが残念っちゃ残念ですが。
いやー、キャラが愛らしくてそこは大好き。
「ザ・邦画」も色々なくくりができている中で、技術的にはともかくこういう懐かしい
>>続きを読む

オリエント急行殺人事件(2017年製作の映画)

3.0

予告の感じではもっと奇を衒った感じで攻めるのかと思ったら、思ったより真っ当だった(笑)
映像的にも好きで、シェイクスピア撮ってた頃のケネス・ブラナーを思い出しました。
いや、全然違うんだけれども、何と
>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.2

MARVELよりDCの方がコミック感あるのよね。
どちらかと言うとMARVEL派ですが、お祭楽しく堪能。
ガル・ガドット可愛いし。
笑いの塩梅もよく、若さゆえ…なフラッシュは愛らしい。
何よりガル・ガ
>>続きを読む

否定と肯定(2016年製作の映画)

2.7

役者陣良かったですね。
思ってたより法廷ものの緊迫感はなく、その点は肩透かしな気がしなくもないですが。

地味なんですが、真摯。

これまでアウシュビッツに絡む映画はあれこれ観ましたが、この映画で観た
>>続きを読む

探偵はBARにいる3(2017年製作の映画)

2.8

シリーズの中では一番好きだった。
けど。
北川景子の演技はやっぱり苦手……かも。
このシリーズってね、最初音的に、濱マイクとかぶるなって思ってたんですわ。
でも、3作観てなんか違うなと。

あ、寅さん
>>続きを読む

サウンド・オブ・ミュージック(1964年製作の映画)

3.5

何年ぶりに観たやろか。
私のミュージカル原体験映画。
実家に持って行ったら意外と母が食いついたもので。
名曲揃い。
子供の頃に好感度高かったものって、意外と大人になっても揺るがないものね。
安定感が半
>>続きを読む

下衆の愛(2015年製作の映画)

3.5

これはねぇ、なんか良かったです(笑)
作りはお金かかってる感じしないんですわ。
男も女も下衆しか出てこないんですわ。

でもね。

下衆なりの愛があるんですわ。
強い思いがあるんですわ。


下衆しか
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.4

これはねぇ、ケイシーの無気力感がとても良かったです。
昔と今が別人のような。
なんだって乗り越えられるさ!というやたらポジティブな感じの作品に勇気をもらうこともあるけれど、現実ってそう簡単じゃない、と
>>続きを読む

ザ・ギフト(2015年製作の映画)

2.3

観たのにあげていないものがたまっている……。
まぁまぁ上手なんだけどなー。
ゾワゾワくるほどではなかったのよね。
私の心の方が荒んでいたのか…(笑)
旦那がね。
ダメだよね(笑)

スクランブル(2017年製作の映画)

2.7

フレッシュさと愛らしさが七難隠す(笑)
曲から展開から、昔のワイスピ観てるみたいでした。
本家が行くとこまで行っちゃってるから、昔が懐かしくなったのかしら(笑)
さすがに車は全て美しく撮られていて、エ
>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

2.8

すっかり売れっ子になった西やんの舞台がまたまた映画化。
映画化にあたり仁さんはジャニさんに取って代わられ、主役から陥落(´・ω・`)
作家役は舞台版のきたろうさんが良かったなぁ…。
もうあの飛び道具的
>>続きを読む

スイス・アーミー・マン(2016年製作の映画)

3.2

ラドクリフ君が全力で死体を演じています。
死体だけど死体じゃないという、とてもシュールな設定の作品。
いや、シュールとは違うか。
無人島ってそういう事?!
とか、またまた後の展開でさらにそういう事?!
>>続きを読む

10番街の殺人(1971年製作の映画)

2.8

実話ベースだと思うと怖いんだけど、いまとは違う時代ならではの演出もあって怖いというより不気味。
今のように緻密に緻密に作り込んだものとは全く違う不気味さや怖さなのね。
登場人物たちの振る舞いの、当たり
>>続きを読む

サンキュー・スモーキング(2006年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

コレは面白かった!
全編皮肉に満ち満ちているのだけれど、高飛車な皮肉じゃなく、笑いもキッチリ。

タバコ業界のロビイストが主人公。
天才的な手腕で人々を煙にまいていきます。

彼だってタバコは有害だと
>>続きを読む

闇のバイブル 聖少女の詩(1969年製作の映画)

2.2

ロリ×ヌーヴェルヴァーグ×吸血鬼。

Don't think.feel.

どんな大人の女性よりもヴァレリエを美しく、エロく撮ろうという強い意思が伝わってきて、そしてそれに成功している作品。

原作は
>>続きを読む

ピザ!(2014年製作の映画)

2.7

このレビューはネタバレを含みます

スラム街のすぐそばにできたピザ店。
初めて見る映画スターがカッコよく食べる食べ物、ピザに憧れたスラムの兄弟。
父親は収監されていて母親は保釈金を稼ぐので手一杯。
おばあちゃんは病気で働けない。
彼らの
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

ホラー版スタンド・バイ・ミーか、はたまたグーニーズか。
第1章って……。
少年少女たちが愛らしく、大人たちはグズグズで。
こういうの結構好きです。

しかし残念なことに何故か中学生くらいの子達に囲まれ
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

随分とエンタメ方向に振り切りましたね、今作は。
内容の濃さとか、そういうのどうでもいいんです。
楽しかった!
それで充分(笑)

MARVELの中でも、ソーはシリアスと笑いのバランスが好みで好きなシリ
>>続きを読む

ソウ2(2005年製作の映画)

2.3

2は初めて観ました。
シチュエーションモノとしては、人数が増えた、舞台が広くなった、という点で大味になったかなと思います。
前作とのリンク、という点ではシリーズ好きには面白いのだろうけれど、ソリッドシ
>>続きを読む

>|