LEGIONさんの映画レビュー・感想・評価

LEGION

LEGION

映画(1597)
ドラマ(18)

私のオオカミ少年(2012年製作の映画)

3.0

野性的で不思議な行動をとるオオカミ少年と田舎に引っ越してきた少女との愛を描いた物語。種族の異なる生き物同士が心を通わせるこのストーリーはファンタジーのジャンルに分類されるが、異なる文化で異なる言語を話>>続きを読む

アルキメデスの大戦(2019年製作の映画)

3.7

巨大戦艦の建造予算案に異を唱える海軍少将・山本五十六に協力することになった天才数学者の物語。主人公が見積もりの不正を暴こうと行動する中で迫る会議の残り期日を場面ごとに示されるから、数多くの出来事を整理>>続きを読む

アヒルと鴨のコインロッカー(2006年製作の映画)

3.5

大学へ通うため仙台から越してきた主人公が隣人の妙な計画に巻き込まれる物語。コメディ要素を悲しみのあるミステリーに上手く溶け込ませていて主人公と隣人の絡みからはほとんど同じような系統の笑いを起こすが、温>>続きを読む

覆面系ノイズ(2017年製作の映画)

2.0

音楽で繋がる高校生たちの交錯する恋愛模様を描いた物語。ユズの「他の人にニノをアリスと呼ばれたくない」という発言が作中非常に多い割にはっきりとした理由が述べられなかったり、ハルヨシと深桜の恋愛模様が途中>>続きを読む

ブロークバック・マウンテン(2005年製作の映画)

3.0

カウボーイのイニスとジャックは羊の放牧をする中で愛し合うようになる。それぞれ結婚生活をしながらも愛を貫こうとする物語。二人にとっての憩の場である”ブロークバックマウンテン”を主として田舎町を背景にして>>続きを読む

カーゴ(2013年製作の映画)

3.0

ゾンビに噛まれた父親がゾンビになるまでを描いた物語。この作品では登場人物たちの会話は全く無いにも関わらずストーリーが簡単で分かりやすい。登場人物の表情や動き、場所などの映像にある全てを直接的に伝えるか>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.7

第二次世界大戦の初期、ナチスによってフランスなどのヨーロッパが侵略されかけていた。各国の命運を委ねられた英国首相の物語。実話を描いた物語ということもあり、起こる出来事自体は分かっているから展開としては>>続きを読む

マルティニークからの祈り(2014年製作の映画)

3.0

言葉も通じない異国の地で、身に覚えのない罪で投獄された平凡な主婦の苦闘を描いた物語。一人の女性の実体験を元にした作品だけあって主人公の戸惑いや苦しさがリアルに表現されてるように感じたが、映画としての魅>>続きを読む

ボールを奪え パスを出せ/FCバルセロナ最強の証(あかし)(2018年製作の映画)

3.7

世界の潮流となった“ポゼッション・サッカー”を確立し、サッカー史上最も成功したチームのひとつとして称されたFCバルセロナを追った物語。当時のバルセロナに関わった人物たちの心に秘めていた想いやその軌跡ま>>続きを読む

サヨナラまでの30分(2020年製作の映画)

3.5

バンド「ECHOLL」は一年前死に至った〈ボーカル〉アキの幽霊と人付き合いが苦手な大学生の友情を描いた物語。ファンタジー要素を現実世界に取り込んだ物語だから内容が理解しやすくも世界観が真新しくて新鮮な>>続きを読む

ライフ(2017年製作の映画)

3.0

地球外生命体を調査していた6人の宇宙飛行士が直面する無重力での危機を描いた物語。シチュエーションパニック映画としてはありきたりだが、宇宙空間を活かした登場人物の死に方やラストの後悔では片付けられない無>>続きを読む

素晴らしい一日(2008年製作の映画)

3.0

貯金も底をついた30代の主人公は、1年前に別れた男に貸したままの350万ウォンを返してもらうため2人でお金を集める物語。映画冒頭のワンカット撮影は理由なくとも妙に引き込まれる魅力があり、ストーリーに入>>続きを読む

セックス・アンド・ザ・シティ(2008年製作の映画)

2.5

NYでハッピーエンドを迎えた4人のその後を描いた物語。ドラマの内容の後を描いた作品だからか展開の繋ぎ目となるドラマ版で描いたことを省いてるように感じる。その急な変わり方は唐突までとはいかないものの、話>>続きを読む

Be With You 〜いま、会いにゆきます(2018年製作の映画)

3.7

主人公に「雨の降る日に戻る」と告げた妻がこの世を去って一年。梅雨の時期に死んだはずの妻が記憶をなくして戻ってきて再び始まる主人公との恋を描いた物語。回想で主人公と妻の出会いから恋へ発展するまでを描いて>>続きを読む

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

3.7

老舗のレコード店”エンパイアレコード”で巻き起こる若き店員たちの騒動を描いた物語。音楽、ファッション、会話内容、ダンスなど全ての動作が90年代のカルチャーをなぞってるように感じてコメディとしての登場人>>続きを読む

CUBE(1997年製作の映画)

3.0

謎の立方体に閉じ込められた男女6人が脱出しようと試みる物語。ストーリーはほとんどキューブの中で繰り広げられる密室の謎解きだが、会話が知的で物語の設定に対する謎をさらに深めるものであったから飽きることは>>続きを読む

溺れるナイフ(2016年製作の映画)

1.5

東京から田舎へ越してきた美少女の主人公と神主一族の跡取り息子との恋愛を描いた物語。全体的に作中の音楽がやけにうるさいように感じた。ストーリーとリンクした歌詞があるわけでもなく、その場面に合った雰囲気を>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.2

大人になった主人公が高校時代の友人たちとの友情を蘇らせていく物語。主要人物それぞれの悩みを描いたストーリーながら気分の悪さを残さないような前向きの作品だった。主人公の高校時代、大人になった現在の二つの>>続きを読む

ソング・オブ・ザ・シー 海のうた(2014年製作の映画)

3.0

海ではアザラシの姿をし、陸では人間の姿をする妖精と人間の間に生まれた兄弟の絆を描いた物語。濃すぎず浅すぎない色合いは作品として見やすさがあり優しさで包まれてるように感じた。絵の形も角や尖りのものがなく>>続きを読む

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

3.7

コペンハーゲンの施設を舞台に繰り広げられる教師たちの体罰に耐える子供達の姿を描いた物語。この作品は生きることへの希望、生きることへの絶望の対照的な二つを同時に描いていたが映画として明るさや暗さが目立つ>>続きを読む

ただ君だけ(2011年製作の映画)

4.0

夢に挫折をした主人公と目の不自由な女性との恋愛模様を描いた物語。恋愛をベースとした物語に目の角膜の能力が低下していく病に関する要素や主人公が追い求めていた総合格闘技などのアクションの要素が加えられてい>>続きを読む

裏切りのサーカス(2011年製作の映画)

3.0

イギリスの諜報機関<サーカス>を辞職した主人公がサーカスの最高幹部にいるソ連の二重スパイを探し出す物語。少ない音で映画を支える音楽や無駄なアクションの存在しない登場人物たちの頭脳戦はこの作品特有の色を>>続きを読む

素敵なウソの恋まじない(2014年製作の映画)

3.0

内気な性格の老人である主人公は下の階に住む老人の女性に恋をする物語。映画冒頭のナレーションで述べられる「控えめな人ほど得しものが深い」というものをテーマとした物語になっていると思う。どのような出来事で>>続きを読む

八月のクリスマス(1998年製作の映画)

2.0

写真館で働く不治の病を患った主人公と駐車違反取り締まり員の女性との恋愛模様を描いた物語。主人公と駐車違反取り締まり員の女性の恋愛だけを描いたものでなく、写真館に訪れる年齢問わずの男女と主人公の交流がほ>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.5

充実した暮らしを送っていた父、母、娘、息子の四人家族に一人の少年が関わったことをきっかけとして幸せな生活が崩されていく様を描いた物語。全体的に不気味で気持ち悪さがあった。人の不安感を煽り、焦りを生み出>>続きを読む

ハングリー・ハーツ(2014年製作の映画)

3.0

家族がどうあるべきなのかを問いた作品になっていた。しかしこの作品は家族の形の失敗を示しただけで正しい形がどのようなものなのかは教えてくれない。むしろ家族が何なのか余計にわからなくなってしまう。主人公、>>続きを読む

オーバーボード(2018年製作の映画)

3.5

記憶を失った金持ちの男性と貧乏で3人の子を持つ女性の恋愛模様を描いた物語。物語冒頭では主人公の女性が可哀想だと感じ、物語中盤では記憶を失った男性が可哀想だと感じる。映画の中で一貫して誰かが不幸な目に遭>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

2.5

史上最大の救出作戦と言われるダイナモ作戦を行った第二次世界大戦下の「ダンケルクの戦い」を描いた物語。「防波堤」「海」「空」の三つの場面から映画は展開されていてそれぞれ作品で描かれる時間の長さが違う。「>>続きを読む

トキメキ☆成均館スキャンダル 劇場編集版(2010年製作の映画)

3.5

男子校である成均館に女性の主人公が男装して入学をする。学園生活で芽生える友情や恋愛を描いた物語。青春ラブコメのジャンルがベースとなり展開を王朝時代においた歴史ものでもあるから映画の世界観に浸りやすかっ>>続きを読む

ベテラン(2015年製作の映画)

3.5

ベテランの熱血刑事である主人公が所属する広域捜査隊が巨大な権力を持つ闇に立ち向かう物語。この作品のアクションはカーチェイス、格闘、走りなどの多種の要素が含まれていてどれも質が高いからテンポがちょうど良>>続きを読む

アダムス・ファミリー2(1993年製作の映画)

3.5

不思議な家族が婚約者やサマーキャンプのメンバーを奇妙さで振り回していく家族愛を描いた物語。前作同様不気味な発言、行動、容姿にも関わらず怖さや恐怖感を与えない温かさは健在で見やすかった。今作でも”家族”>>続きを読む

タグ(2018年製作の映画)

3.5

子供から付き合いのある仲良し五人組は毎年5月に必死になって鬼ごっこをする習慣があった。鬼ごっこを続けて30年、一回も鬼になったことのないメンバーが辞めると言い出し他の4人がなんとか彼を鬼にしようとする>>続きを読む

サヨナラの代わりに(2014年製作の映画)

3.7

ALSと診断された女性と夜遊びばかりの女子大生との絆を描いた物語。ALSについては深く触れてどれだけ辛い病気なのか伝わりやすく、ALSの症状が結果的に自分で何もできなくなるのは分かったが、物語前半から>>続きを読む

アジャストメント(2011年製作の映画)

2.0

ある女性に一目惚れした政治家である主人公が運命に逆らおうとする物語。運命が存在するのか否か、あらかじめ決められていたものなのか偶然の重なりなのか。誰もが一度は疑問に思う運命というものをあらかじめ決めら>>続きを読む

エブリデイ(2018年製作の映画)

3.7

毎日違う体に憑依する霊体”A”と少女の恋愛模様を描いた物語。現実に近さがあるファンタジー要素と少しLGBT要素が含まれている映画で少しながら社会風刺が効いてる作品になっているように感じた。ストーリー設>>続きを読む

誰も知らない(2004年製作の映画)

3.0

父親が異なる4人の兄妹と母の母子家庭は貧しくも生活していたが、ある日母親が失踪してしまう。苦しみながらも子供たちだけで生活を試みようとする物語。ある種の人間の日常を切り取ったこの作品はアクションがあっ>>続きを読む

>|