舟子さんの映画レビュー・感想・評価

舟子

舟子

映画(188)
ドラマ(5)

時空の旅人(1986年製作の映画)

4.5

幼き頃に火の鳥との二本立てで観、物語は曖昧だのに今まで鮮明に覚えていたジロのヘアースタイルはわたくしめの美容師人生になにかしらの影響を与えたのではないでしょうか…だって今日観たってスッテ>>続きを読む

ハネムーン・キラーズ(1970年製作の映画)

4.5

最後のかつらのところで泣いちゃうかしらと思いましたが涙は出ず、かつら登場シーンは笑ってしまうのだけれど
そしてやっぱり金槌が一番イヤな凶器と改めて感じました、が、愛は金槌よりも強し❤
>>続きを読む

タンポポ(1985年製作の映画)

5.0

ラーメン食べたい以上に役所広司と黒田福美みたく卵黄を行ったり来たりさせたいと思いました、生ガキと❤︎
卵といえばオムライスの、ナイフでクパァと切ってトロトロさせる食べ方は伊丹十三監督発案、この
>>続きを読む

ルパン三世 ルパンVS複製人間(1978年製作の映画)

5.0

「ルパンは夢を見ない!!」

はじめっからおわりまでとにかくずずーっと格好いい映像に、先っぽ押された不二子じゃなくともシビれっぱなしの言わずと知れた大傑作!を何度となく観ていますがや
>>続きを読む

LUPIN THE IIIRD 次元大介の墓標(2014年製作の映画)

5.0

シビれる次元の色気、男の浪漫たるや!
狂人的なこだわりを持つ敵もたっぷり憎たらしくって興味深く、絵が画面が果てしなくかっこいいけれどかっこよすぎにならないのはルパンのおかげね❤︎
70年代ルパンリスペ
>>続きを読む

権力に告ぐ(2019年製作の映画)

4.0

ひとまずチョジヌンの体の大きさが気になりますが、終わりまで観れば慣れます!

つい先日、不夜城の男、キングダムで観たキムサンホのこと、久しぶりに大地康夫みたいな髪型のヒト見たなァと思ってましたけれど今
>>続きを読む

ルパン三世 カリオストロの城(1979年製作の映画)

5.0

ルパンの表情言動がいちいち魅力的でみんなのハートを根こそぎ盗んでいきます❤︎

マニカルニカ ジャーンシーの女王(2019年製作の映画)

3.5

誰かがカバンに鈴を付けていて時折音が聞こえてきたんだけど気にならないのがインド映画のいいところ!
インド映画を観た翌日は下のアイラインまでびっちりひくことになります

EXIT(2019年製作の映画)

5.0

泣けておもしろくて高いビルに就職すべきか否か最高の映画でした

見終わったあとお手洗いでデカくて重いわたしのリュックが、個室のフックに片一方でぶら下がってるのを見て、しっかり捕まって生きていかなければ
>>続きを読む

#生きている(2020年製作の映画)

5.0

EXITを観た直後に観たので、絶対に山岳部に入らねばならない!
人生とは山岳部に入ることから始まるのだろう
そうだろう
ラーメン食べよ

詩人の恋(2017年製作の映画)

3.5

男は言葉足らずで女は言いすぎる!
ですけれどどうしても奥さん寄りに観てしまい観てしまうので主人公にはなんでやねんなところがありました、ドーナッツを6個も7個も食べたいところは超共感


感染家族、毒戦
>>続きを読む

盲獣(1969年製作の映画)

5.0

上映終了後、劇中アメちゃん舐めた音がうるさいとおじちゃん同士が揉めていました
結果、片方のおじちゃんが「オレ74やけどあんた何歳?」と聞いてフェードアウトしたようでした

ホットな現実!思い出は盲獣ご
>>続きを読む

SPY/スパイ(2015年製作の映画)

5.0

ボンクラステイサムが観られる唯一無二の作品❤︎

LUPIN THE IIIRD 血煙の石川五ェ門(2017年製作の映画)

4.0

バカな男たちの愛おしい浪漫よ!
狂人的に容赦ない敵今回も肉を喰らうけれど興味持てず、もうちょっとチャーミングならば好きになれたのにーぃ!
しかしながら絵が画面が果てしなくかっこよく今日の五ェ門はちょっ
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.5

盲目の老人が実はむっちゃ強くて強盗を華麗に返り討ち!
スカッーとすると思いきや…ずっとジュリーのモノマネみたいな姿勢で観てました

彼女は夢で踊る(2019年製作の映画)

3.5

1度目の閉館発表のときに初めて訪れた広島第一劇場
ひとりでストリップ劇場に行くのが初めてだったのでとてつもなく緊張したことを覚えています

気軽に見られるようになったヌードだけれど画面とお生には雲泥の
>>続きを読む

不夜城の男(2020年製作の映画)

3.5

韓国映画で張り手が出てきたら笑う身体になってしまったのはマブリーのせいです❤︎
(今作にマブリーは出ていません)

そして韓国映画を観る度、毎度思うけれど、おじさんたちの顔面力の高さ!
ドッ、と物語に
>>続きを読む

キッスは殺しのサイン(1966年製作の映画)

4.0

タイトル、ファッション、お色気そして出てくるマシーン、罠、チェスロボットが魅力的!
美容師としても目が離せないラストシーンそして突然の日本語、ドウモアリガトが忘れられません…!

アクアマン(2018年製作の映画)

3.5

ステイサムだけでは飽き足らず、ハートときめかすジェイソン求めてアックアマン
モモアのパイオツカ〜イデ〜❤︎

ポルノ時代劇 忘八武士道(1973年製作の映画)

5.0

ほどなく天狗さまに…❤︎

ポルノ時代劇のタイトル通りひし美ゆり子さんをはじめ女オンナの裸・裸・裸!
ひとりだけいちいち言うことがなんかダサい主人公 明日死能(丹波哲郎)!
腐った歯の大ボス(遠藤太津
>>続きを読む

怪猫トルコ風呂(1975年製作の映画)

4.5

クロなのに白い猫ナオミが観られる怪猫トルコ風呂は今まで観た東映ピンキーバイオレンスの中で一番エッチぃだった気がします
しごきだこできてこそプロフェッショナル🐙

キャンディ(1968年製作の映画)

4.5

天真爛漫なキャンディ♡
バイク、バイオレンス、女優帽、アイラインはいつだってドキドキしますし人形やパラシュート、壊れたピアノで愛撫や絶頂を魅せるところまでシャレオツでございました

女番長 感化院脱走(1973年製作の映画)

5.0

愛、暴力、おっぱい、浜辺、青春、別れ、爆破、胸キュン、ナイスミュージック、カタコトの金子信雄とすべてが詰まった素晴らしい映画です
荒木一郎のミュージックがほんとひたすらかっこいい!

一発5万や!
>>続きを読む

聖獣学園(1974年製作の映画)

4.0

女が女でなくなるとこ…修道院

閉鎖的な女の園、その中は刑罰という名の拷問とエロ司祭が牛耳る魔の巣!

頭の布以外身につけず裸で鞭打たれ時には自らを打ち、薔薇で打たれおもらししたら魔女扱い!
>>続きを読む

昼下りの情事 古都曼陀羅(1973年製作の映画)

4.5

パパ、ピンポンしよう

養女を見合いさせては抱き見合いさせては抱く異常性愛の老画家!その養女は本当の愛に出逢って…
伏見稲荷ですっぽんぽん、ゲリラ撮影なんですって!
女囚と呼ばれるわたしの眉毛さえ太
>>続きを読む

ザ・スリープ・カース(2017年製作の映画)

3.5

ちょんぎったソレはお口へ…の願い叶えられました❤︎

天才作家の妻 -40年目の真実-(2017年製作の映画)

3.5

駄目旦那に辟易、わたしなら助けるかしら…ウフ
グレンクローズの素晴らしさはもちろん、若い時の役のアニースターク(実の娘!)がプリチー!

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

5.0

女の子たちはかわいくって主人公の走り方はチャーミングでそこここでクラクラします
よくわからないけど大好きだしよくわからないけれどエンドレスで見続けたい

82年生まれ、キム・ジヨン(2019年製作の映画)

4.0

女性には辛すぎることばかりですがそれが身近で特別なことじゃないという…

妻思いと思う、気持ちはわかるけど先に泣くのやめて〜泣かれへんようになるから〜妻受け止めて〜

だけどだけどチョンユミは美しく周
>>続きを読む

黒薔薇昇天(1975年製作の映画)

5.0

わいら、ゲージュツ作ってますねん!
奥村チヨの終着駅が実に印象的で…ローラースケートファックにタタタターン♪も印象…あの台詞にこの台詞…岸田森のクセっ毛に汗がやらしく…見たことないけど当時
>>続きを読む

やさぐれ姐御伝 総括リンチ(1973年製作の映画)

4.0

着物にスカーフ、裸と裸のおつきあいナムーは今後積極的に真似して生きたいと思いました

暁に祈れ(2017年製作の映画)

3.5

オンリーゴットのカラオケのおじさんが出てました
唯一わかるタイ人俳優です

>|