パパイヤ男爵さんの映画レビュー・感想・評価

パパイヤ男爵

パパイヤ男爵

イタリア映画とアメコミが好き。

映画(60)
ドラマ(0)

キャプテン・マーベル(2019年製作の映画)

3.3

オリジンものだが、差別化としてミステリーっぽくなっているところが新しい。誰が敵で誰が味方なのか、自分の過去と絡めながら解き明かしていく。コミックスの現行キャプテン・マーベルは2代目だが、今作でもそれを>>続きを読む

スパイダーマン:スパイダーバース(2018年製作の映画)

4.3

コミックス版とはかなり異なり、あの謎の吸血鬼一族は一切出てこない。共通のキャラを使った全く別のストーリー。

映像はどのシーンもこだわりがいちいち感じられるクオリティ。アメコミっぽさを活かした演出もい
>>続きを読む

アクアマン(2018年製作の映画)

3.5

最近のDC映画では一番受け入れやすく、シンプルに楽しめる。ストーリーが単純なので若干の中だるみはあったが、後半特にそれを補うCGの嵐とジェイソン・モモアのワイルドな魅力で押し通した感。髪のなびき方など>>続きを読む

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち(2017年製作の映画)

2.4

2→1→3の順で見たので話の細かいところを忘れており、その辺のフォロー(例えば回想シーンなど)は全くないのでやはり順番に見たかった。

2作目のコメディ路線より1作目のシリアスな雰囲気に近く、ただ淡々
>>続きを読む

ヴェノム(2018年製作の映画)

3.7

最初にいい評判を目にしなかったので迷っていたが、自分で見に来て正解だった。普通に面白い。ヴィラン主役の作品でどこまでヴェノムが善人になってしまうのか心配していたが、ちょうどいいバランスを保てたように思>>続きを読む

アントマン&ワスプ(2018年製作の映画)

4.0

前作のアントマンを見ずに鑑賞したけど充分楽しい。アメコミヒーローものというより、古き良きSFエンタメ映画として見られる感じ。MCUであることを忘れそうになる。テンポも良いし、笑えるところも多い。複数の>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.3

決して抱腹絶倒コメディではなく、むしろ悲哀漂うロードムービーと表現した方が正しいかもしれない。

成分的には合法とはいえ、ドラッグのディーラーという悪事に手を出して相応の結末を迎える学者達のギャング団
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

4.0

演出も声優もキャラデザも作画もいい。バットマンもヴィランも正しく設定されており、バットマン作品の一つとして違和感なく鑑賞できる。

最近の流行の通り、この作品でもハーレイクインの存在感が非常に良い。ジ
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

4.0

SNSイジメ、LGBTなどテーマからしていかにも今どきなジュブナイルものだよな…と最初の内は客観的に見ていたものの。

現実シーンの困難が深まるほどに煌びやかな空想シーンとのコントラストが際立って、切
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

4.1

前作よりずっと良くなって面白くなった。前作はオリジンでもあり、俺ちゃんのナルシズム全開、バイオレンス描写、メタ発言もこんなに入れてますよ、という意識がヒシヒシと感じられたが…今回は「こなれてきた」とい>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.6

最初から最後まで大笑い…というわけではなく、正直最初の仲間集めはテンポも悪くストーリーを追うのが難しい。あくまでも続編で、前作を見ていない人への説明はほとんどないからでもある。警部がなぜ彼らを庇うのか>>続きを読む

ザ・プレイス 運命の交差点(2017年製作の映画)

4.7

とにかくアイディアが面白い。伏線が巧みな作品は多々あれど、これは伏線だけで構成された映画。とはいえイタリア映画らしく、難しい表現なしにいいテンポでストーリーが進む。ミステリー的な部分もあり、映画は徹頭>>続きを読む

アベンジャーズ インフィニティ・ウォー(2018年製作の映画)

4.0

これはズルい。盛り上がらないわけがない。続編が楽しみ…というか、まだ物語としてはこれからなので正直、これで映画の評価をするのは無理があるとも思う。

インフィニティ・ガントレット編は90年代版のコミッ
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

4.5

素直に面白い。昔の映画を見たときのような心地よさ。少年少女達が悪い大人に狙われて、危機に陥りながらも仲間と助けあって…という超王道ストーリーだが、丁寧にしっかり作られているのがよく分かる。主人公たちが>>続きを読む

修道士は沈黙する(2016年製作の映画)

2.5

IMFの理事、各国の財務大臣、リゾート地のG8…という設定だが、映像でも浮世離れしすぎて現実感がなく。要職にある人物が何日ものんびりとホテルにこもってられるのかとか、そもそも自殺のあったホテルで会議続>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.0

MCU得意の笑い要素はほんの2〜3箇所。全体的にもっさりと進行。王として生きることについての葛藤もほとんどなく…。

全体的にキャラの魅力がまるで伝わってこないのが致命的。マジメに作ってるのは分かるけ
>>続きを読む

バーフバリ 王の凱旋(2017年製作の映画)

3.2

最初の15分くらいはほとんどセリフがなく、歌とダンス、それに(完璧に都合が良くて)見ていてスカッとするアクションがノンストップで引っ張る。これぞインド映画!という感じだったが。

ストーリーは中盤から
>>続きを読む

ゴーギャン タヒチ、楽園への旅(2017年製作の映画)

3.2

ゴーギャンはブルターニュや、有名なアルルでのゴッホとの滞在、二度のタヒチ行きなど住む場所を転々とした画家で、その1回目のタヒチ行きだけを取り上げて映画化した作品。ただ映画ではタヒチ行き以外についてはほ>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

3.8

脚本はほぼパーフェクト。前作とうまく繋げてデッカードの存在感もレプリカントの切なさも充分に表現された。唯一気になるのは人間がなぜそこまでレプリカントに冷たく接するのかという辺り。AIのジョイには普通に>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

4.8

王道だけど面白い。日本の中世を舞台にしたファンタジーをアメリカ人がストップモーションアニメで作成するという、それだけでも凄まじい意欲を感じるわけだが、充分な実力あってのことだというのは映画が始まればす>>続きを読む

ジャスティス・リーグ(2017年製作の映画)

3.0

DCびいきの自分もしまいには苦笑してしまう出来であった…。

今回は過去の反省からよりシンプルで分かりやすい映画にしたいという意向だったようだが、それが完全に裏目に出た。ひたすら世界を侵略したがるなん
>>続きを読む

マイティ・ソー バトルロイヤル(2017年製作の映画)

3.3

ソー単体映画がコメディで笑えるのはいつも通りだが…。前作までは笑えるところはあっても決めるときはキメる、のヒーロー映画だったのが今回は延々とギャグを繋げてるだけとなり、ガーディアンズオブギャラクシー2>>続きを読む

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

5.0

素晴らしいの一言。油彩アニメという発想もすごいが実際に完成させたのは見事としか言い様がない。ただ、この映画の評価はその製作方法だけに留まらない。

イントロの部分から自在に動く油彩画で一気に映画の中に
>>続きを読む

ル・コルビュジェとアイリーン 記憶のヴィラ(2015年製作の映画)

3.0

美しい映像が、詩的な雰囲気のままストーリーが展開していく。逆に言えばモヤっとしていてディテールは描かれない。

コルビュジェとグレイの直接的な絡みも少なく、シャルロット・ペリアンの登場もこれで大きく展
>>続きを読む

セザンヌと過ごした時間(2016年製作の映画)

3.5

セザンヌとゾラの友情にテーマを絞っており、セザンヌの絵画や絵画論はほとんど出て来ない。女に手を出すのが早いところは自分のイメージと少し違っていたが、気難しくて仲間やパリに馴染めない姿はいつも通りのセザ>>続きを読む

ワンダーウーマン(2017年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

ガル・ガドットの魅力的なワンダーウーマンは充分満喫できるものの、なんだか惜しい作品。

前半〜中盤まではとても丁寧に作られている。パラダイス島の出来事も、スティーブとのさりげないやり取りも時間を割いて
>>続きを読む

スパイダーマン ホームカミング(2017年製作の映画)

3.0

まず最初に、映画としては普通に楽しめる。テンポもいいし、ジョークも攻めてる。ただ、自分の期待するヒーロー像が違っていたということ。

スタークの咬ませ犬みたいなスパイディが見たいんじゃないんだよ…。ス
>>続きを読む

LOGAN ローガン(2017年製作の映画)

3.8

とにかく思い切った映画。撮り方も闘い方も、ストーリーも思い切ってアメコミヒーローモノから脱却している。一方で敵の正体、過去の仲間たちに何があったかはほとんど語られないため、並行世界モノのような印象でも>>続きを読む

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:リミックス(2017年製作の映画)

3.2

前作通りテンポがいいけど、ガーディアンズオブギャラクシーのノリだけで成立しているような。前作はハチャメチャでも新タイトルとして非常に丁寧に作られていたが、今回は全般的に雑な感じ。挙げればキーアイテムの>>続きを読む

ドクター・ストレンジ(2016年製作の映画)

3.8

とても丁寧に作られている作品という印象。キャストもいいしテンポも良くてスルッと見れてしまう。

バトルシーンも凝っていて、アベンジャーズとは一味違うと言わんばかりに様々な演出が入るものの、ラストバトル
>>続きを読む

人間の値打ち(2013年製作の映画)

4.7

登場人物三人にフォーカスして、それぞれ異なる「価値」を描いた後に最終章へ。同じ時間軸を別々のキャラクターの視点で見る構成だが、少しづつ事態の全貌が見えてくる様が秀逸。シリアスなストーリーだがイタリア映>>続きを読む

ハドソン川の奇跡(2016年製作の映画)

4.0

観終わった後、素直に気持ちいい気分になれる映画。

リアリティのある抑え目の演出。それでいて情感豊かに語られるストーリー。ドキュメンタリーらしさと物語らしいヒューマニティーが絶妙なバランスの上で成り立
>>続きを読む

スーサイド・スクワッド(2016年製作の映画)

3.4

コミックスのスーサイドを2冊共読んで準備万端で鑑賞。DCEUのスピンオフ的な作品かと思いきや、意外にもBvSをもろに引っ張るストーリー。人類対メタヒューマンの構図にスーサイドスクワッドをぶち込んで来た>>続きを読む

X-MEN:アポカリプス(2016年製作の映画)

1.8

描きたいポイントのはっきりしない脚本。盛り上がりのない演出。久しぶりに眠くなってしまった。

チャールズの頭が禿げるところがピーク。

ミュータントに対してはパワーをアップしてあげたり、かっこいいデザ
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

3.4

政府の対応がドキュメンタリー的に描かれて普通には面白いけど、事前に絶賛するレビューばかり見ていたので少し期待しすぎてしまった。特撮ファン、庵野ファンなら細部まで楽しめるのかもしれない。ゴジラも庵野秀明>>続きを読む

疑惑のチャンピオン(2015年製作の映画)

2.8

いちロードレースファンとしてランスのドーピングのニュースをリアルタイムで見てきた身としては、長い話をシンプルにまとめて分かりやすい映画になっていると思う。ただ、キレイにまとまり過ぎて映画的な盛り上がり>>続きを読む

>|