MoriyanoDwarfさんの映画レビュー・感想・評価

MoriyanoDwarf

MoriyanoDwarf

映画(852)
ドラマ(0)
アニメ(49)

Fate/Grand Order -終局特異点 冠位時間神殿ソロモン-(2021年製作の映画)

3.9

ゲームをプレイした後の振り返りにはとても良い映画だと思ったね。
あの音楽がかかると色々思い出して泣けてくるなぁ。
英霊の演出は尺の都合しょうがないかもしれないけど、若干の物足りなさはあった。
全体のサ
>>続きを読む

劇場版 Fate/stay night Heaven's Feel Ⅲ.spring song(2020年製作の映画)

4.8

全てが終わったら、桜を見にいこう。

久しぶりに心の底から見て良かったと思える映画だった。
PS2のfateから幾年過ぎて、当時は頭の中でアニメがもしできたならと想像するだけだったな…。
セイバールー
>>続きを読む

リーサル・ウェポン(1987年製作の映画)

3.6

狂犬と家庭人のコンビが衝突しながら、絆を深める刑事アクション。

刑事ものでかかりそうな音楽をベタなタイミングで流し、敵は薬関連の悪党たち。
目新しさはないものの安定した面白味が落ち着くストーリーだっ
>>続きを読む

パットン大戦車軍団(1970年製作の映画)

3.2

猪突猛進に進撃を続け、戦場を駆ける。
超攻撃型の将軍。
失言にはご注意を。

まさに戦場が家を地でいく古代の将軍を彷彿とさせる人だったな~。
惹かれる部分もあれば、やや引いてしまう部分もあり。
見てい
>>続きを読む

ダンテズ・ピーク(1997年製作の映画)

3.5

昔たまたま見かけて、中身も覚えてる、内容もそこそこ面白かった。
でも、名前だけが出てこない。

そんな映画ありませんか?
自分にとってはまさにこの映画だった(笑)
鑑賞してやっとこれこれ!ってなんのよ
>>続きを読む

帰ってきたヒトラー(2015年製作の映画)

3.9

陽気な音楽とムードに隠れた、徐々に浸透していく恐怖。

ただのスレ違いコントを眺めるギャグ線かと思いきや、映画として二転三転しっかり作り込まれているクオリティの高さにビビったわ(笑)
普通に面白い、過
>>続きを読む

デス・レース(2008年製作の映画)

3.5

監獄から出たけりゃ、ルール無用のレースで生き残れ!!
勝つか、死ぬか、それだけだ。

主人公の凄腕元レーサーであるステイサムもカッコいいが、この作品で1番好きになったのはどこぞでホテルの支配人やってそ
>>続きを読む

攻殻機動隊 STAND ALONE COMPLEX Solid State Society(2006年製作の映画)

3.6

アニメシリーズ2の続きとしてちゃんと楽しめる良劇場版。

ゴーストとイノセンスの硬派で尖ってる所もいいが、やっぱり自分はこの攻殻メンバーが好き。
音楽も相変わらずカッコ良かった。
タチコマに関してのサ
>>続きを読む

イノセンス(2004年製作の映画)

3.8

人形型機械の暴走から始まる、バトー主軸の刑事ドラマ。

ゴースト視聴ありきの作品かな。
見てなくても分からなくないけど、面白さは半減しそう。
ゴーストより派手さはないが、事件をコツコツと追っていく刑事
>>続きを読む

GHOST IN THE SHELL 攻殻機動隊2.0(2008年製作の映画)

3.7

高度に発展した時代で問う、生命の在り方と存在の証明。

全部理解できたかと言われれば、正直微妙。
でも、世界観にとても引き込まれたのは事実。
技術発展が目まぐるしいのにやたら生活感のある街の情景もアン
>>続きを読む

シックス・センス(1999年製作の映画)

3.6

怖そうで怖くないホッコリスピリチュアル映画。

仕掛けを知ってしまうと興醒めになるので詳しくは言わないが、終わりがとてもキレイで少し後を引く仕上がりだったとだけ。
寂しいような、それでいて、幸せなよう
>>続きを読む

バイオハザードX(2007年製作の映画)

1.9

昔、自分でレンタルショップいけない時に親にバイオハザードを借りてきてと頼んだらコレがきた(笑)
ちゃんと言わなかった自分が悪い…。

感想は、何かあると信じたら肩透かしをくらいワケの分からないオチを飲
>>続きを読む

アダムス・ファミリー(1991年製作の映画)

3.6

たまたま金ローでやっていたのでフランクに流し見。
いやぁ、普通に面白かった。
ちょい黒な部分もあるコメディでストレスなく進むストーリー。
賑やかな一家と個性あるメンバーが非常に楽しい作品でした。

>>続きを読む

トイ・ストーリー3(2010年製作の映画)

4.0

最高の完結編だと個人評では思ってる。
4があるらしいが正直、見る予定はない。
だってせっかくの幕切れが薄れるようで。

アンディと同じような成長を遂げた人間にとってはやはり涙が自然とこぼれるのではない
>>続きを読む

トイ・ストーリー2(1999年製作の映画)

3.7

コレクションとしてのおもちゃか、遊び相手としてのおもちゃか。
2つの狭間で揺れるウッディの葛藤を描く続編。
これもまた良作。
バズの立ち位置が変化してるのもいいよねぇ、おもちゃの自覚をしっかりと持って
>>続きを読む

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

3.8

洋画はだいたい字幕派だけど、トイ・ストーリーに関しては吹き替えじゃないと違和感を覚えるレベル。
もちろん、海外版の声優さんも豪華でいいんだけどね。
これだけは思い出補正ゆえにゆずれない(笑)

1は子
>>続きを読む

ティアーズ・オブ・ザ・サン(2003年製作の映画)

2.9

惨状を叩きつけるシビア路線でいきたいのか、臭めの英雄劇を押し出すヒーロー路線でいきたいのか…イマイチ中途半端な映画だった。
正直、後半は流し見といった感じ。

唯一、戦闘描写は良かったかな。
無駄なく
>>続きを読む

黄色い星の子供たち(2010年製作の映画)

3.6

占領下のフランスで行われたユダヤ人迫害。
目の前に絶望を叩きつけられても彼らは必死に生きようとした。

後味は…良くないわなぁ…。
でも、こういった作品は少しずつでも見ていくべきだと思っている。
お菓
>>続きを読む

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(2013年製作の映画)

3.3

嘘か真か、息子と父の百万長者への旅路。

息子がめちゃくちゃ人間できてて優しすぎたな~。
最初はただ大変そうな凸凹ドライブだけど、見ていくうちにホッコリする。
モノクロが苦にならなず、あってたね。
>>続きを読む

ミッドサマー(2019年製作の映画)

3.0

めくるめく始まるドキドキカルトワールド。
安易に深入りしたら、それが最後。

自然だけで言えば、普通に旅番組で見たくなるような素晴らしい景色だった。
内容は…多少精神的にダメージを負いそうになるぐらい
>>続きを読む

グランド・イリュージョン 見破られたトリック(2016年製作の映画)

3.2

神出鬼没のマジック集団の前に立ちはだかる新たな敵。
欺かれるのは、いつも観客だけとは限らない。

科学vsマジックと謳っていたが、言うほど科学要素あったかね?
敵方の人が1番魔法に精通してそうな顔でウ
>>続きを読む

クリフハンガー(1993年製作の映画)

3.6

極寒の雪山に舞い堕ちた大量の現金とテロリストたち。
何も知らない救助隊員が事件に巻き込まれる。
人の好意を踏みにじる外道に怒りの鉄槌を。

絶対に寒いのにだいたい薄着のスタローンじわる(笑)
筋肉見せ
>>続きを読む

キック・アス(2010年製作の映画)

3.8

ヒーローという名の物理であり、道具である。
コスプレなりきり男から始まった英雄騒動。

見せ方が非常に上手いというか、飽きさせない感じで面白かった。
パケとは裏腹にリアルガンファイトやったなー。
コメ
>>続きを読む

レッド・ドラゴン(2002年製作の映画)

3.7

毒をもって毒を制す、しかし、それは危険な綱渡り。
レクター博士の言葉に人は翻弄され続ける。
これは彼女と出会う前のお話。

いやぁーこのシリーズは相変わらず楽しませてくれるし魅せてくれる。
正直、レク
>>続きを読む

リーグ・オブ・レジェンド/時空を超えた戦い(2003年製作の映画)

3.6

ヨーロッパの裏で暗躍する謎の組織に超人たちが結束し立ち向かう。
進んだ科学に対抗するのは、それを越えることができる何か…。

ヴァンパイア、凄腕ハンター、透明人間、二面性の獣、それぞれに物語を持つ能力
>>続きを読む

アンダルシア 女神の報復(2011年製作の映画)

3.3

スペインで有能すぎる外交官が事件に首を突っ込んでなんやかんや活躍するお話。

一応、昔にアマルフィは見たはずなのだが…正直もう記憶にはない(笑)
でも、わりと問題なく話は入ってきたのでそこは良かったか
>>続きを読む

センター・オブ・ジ・アース(2008年製作の映画)

3.5

叔父さんと行く、地の底を目指す冒険記。

まだ見ぬ未開の世界がそこにはあった。

無駄に引き延ばす長尺ではなく、勢い先行型の簡潔な見やすさで楽しい映画だった。
ブレンダンの補正もデカイかな、ミイラと砂
>>続きを読む

ギルバート・グレイプ(1993年製作の映画)

3.0

だいたいギルバートの苦労話が9割のとある田舎街に住む一家のお話。

正直、ずっとギルバートがしんどそうで見ていて辛かったなー。
家族間の事情だからある程度しょうがないとは言えね…。
最終的にキレイにま
>>続きを読む

スカイライン-征服-(2010年製作の映画)

3.1

青い光を見続けたら即終了で、そこそこグロい謎生命体からお脳を守る鬼畜SFパニック。

なんだろうなー、個人評としては惜しいがしっくりくる作品だった。
急な絶望展開にやたら漂う宇宙生命体の強強感、デザイ
>>続きを読む

キル・ビル Vol.2(2004年製作の映画)

2.8

彼女の復讐はついに終着点へ。

刀を振るい、拳を放ち、敵を屠る。

その先にあるものは…。

ぶっちゃけ、2本に分ける必要あったんかな?が正直な感想。
もう1でストーリーが途中とは言え、お腹いっぱいな
>>続きを読む

崖の上のポニョ(2008年製作の映画)

3.0

海が見える街で起きた運命の出会い。

好奇心旺盛な少年と海の世界の住人ポニョ。

二人のちょっと魔法で幻想的なお話。

うーん、他のジブリと比べて刺さらんかったなコレは…。
いかんせん、子供向きという
>>続きを読む

借りぐらしのアリエッティ(2010年製作の映画)

3.7

いつもどこかに、小さな人はいるかもしれない。

ひっそりと息を潜めながら人間と同じ営みを。

これは2つの種族が出会う一時の思い出。

歌とBGMがツボに入ったのか、めっちゃ癒されたわ~。
こう染み渡
>>続きを読む

バトルランナー(1987年製作の映画)

3.3

ディストピアと化した未来での人気番組ランニングマン。

それは政府が捕まえた人間を処刑するデスゲームだった。

生き残りたいなら、走って戦え。

格好については何も言うまい(笑)

まぁ、ありがちっち
>>続きを読む

イミテーション・ゲーム/エニグマと天才数学者の秘密(2014年製作の映画)

3.7

ナチス最強の暗号vs英国屈指の数学者。

過ぎ去りし時と共に失われていく命。
いくら解こうとしても無情に時間だけがすぎていく…。

最後の希望は役に立たないと言われた機械だった。

一体いくつの嘘と真
>>続きを読む

バットマン リターンズ(1992年製作の映画)

3.2

下水道から現れた怪人ペンギンがゴッサムを再び恐怖に包み込む。

シグナルと共に舞い戻るバットマン。

しかし、敵は1人ではなかった。
妖艶な猫が行く手を阻む。

敵のビジュアルや大量のペンギン軍団、そ
>>続きを読む

フレッシュ(1994年製作の映画)

3.5

生きるため、夢を叶えるため、這い上がるため。

少年は影の道へと歩みを進める。

嘘をつき、友人を裏切り、使えるものは利用する。
そのやり方はまるでチェスのよう。

チェスのやり取りに一体なんの意味が
>>続きを読む

>|