SENAさんの映画レビュー・感想・評価

SENA

SENA

コニチワドモアリガト

映画(175)
ドラマ(0)

フラットライナーズ(1990年製作の映画)

-

久々に観直してみた。何か街並みがブレードランナーぽくて好きなんだよね。もし自分がこの中にいたら確実にオリヴァー・プラットの立ち位置だな。許して欲しい出来事に追い詰められたくないですし。でも生きてく上で>>続きを読む

ラジオの恋(2014年製作の映画)

-

何となく観たけどこの人爆笑問題カーボーイで太田さんがいっつも「横山〜」って言ってるんだけどその横山さんか!やっぱラジオって良いよね。ごぜん様さま聴いてみようと思う。

Love, サイモン 17歳の告白(2018年製作の映画)

-

観たかったやつ。ザ2018年。サイモンが良い子だから周りも良い人で、受け入れてもらえたんだよね。女の先生と先にカミングアウトしてた眼鏡の男の子が好き。

24アワー・パーティ・ピープル(2002年製作の映画)

-

バーニーがジョン・シムだったしサイモン・ペッグみたいな人がいると思ったらサイモン・ペッグだった。。最後のHere to Stay良すぎ。。イアン・カーティスの歌声聴くとウオーってなります。。ラブウィル>>続きを読む

すばらしき映画音楽たち(2016年製作の映画)

-

全員才能の塊だけどジョン・ウィリアムズとハンス・ジマー飛び抜けて天才だな。
スターウォーズEP1のダースモール登場するシーンの音楽?合唱?みたいな所大好きなんだけど歌ってる人達ってあんな感じなのね〜と
>>続きを読む

つむじ風(1963年製作の映画)

-

伊藤雄之助カッコいいよなぁ〜。頭の上にタコ乗せるようなケンカしてみたいわ。

ジェイコブス・ラダー(1990年製作の映画)

-

バケモノのビジュアルが良い。もっさりティム・ロビンスと幼き頃のマコーレー・カルキンも良い。聖書。

ハッピー・アニバーサリー(2018年製作の映画)

-

運命とかないんで自分で決めて下さいってことですね。ヒロインの元カレクズすぎて泡吹いた。

ショート・ターム(2013年製作の映画)

-

終始すんすん泣いた。重いけどあったかい。トラウマ乗り越えて赤ちゃんのエコー見て泣く場面で涙腺終了。グレイスとメイソンの過去や気持ち、両方考えたら涙腺終了。オールユーニードイズラブ。マーカスが上手いこと>>続きを読む

シェフ 三ツ星フードトラック始めました(2014年製作の映画)

-

キューバサンド食べたいわ息子ちゃん可愛いわSexual Healing歌うシーン良すぎ丸だわでお腹いっぱい

桐島、部活やめるってよ(2012年製作の映画)

-

淡々とスクールカースト。橋本愛がビンタするあたりから映画部のオタク大暴れまでが爽快。神木くんは宝物。

アナザー・カントリー(1983年製作の映画)

-

何故かクリップしてたやつ。お耽美だった。階級社会難しい。この話の続きを観てみたい気持ちがあります。コミュニスト役のコリン・ファースがGood

シザーハンズ(1990年製作の映画)

-

涙で画面見えねえ…切なすぎる…あとウィノナ・ライダー犯罪級に可愛い…あとクッキー作る機械欲しい…

未成年だけどコドモじゃない(2017年製作の映画)

-

推しが天使。推しもうちょっと演技頑張れ。推しにもっと恋路の邪魔して欲しかった。推しに「あいつなんか忘れさせてやる」って言われたい。推し

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

-

実は別にお互い必要じゃないと分かった時…ウッ…複雑…。

ヒメアノ〜ル(2016年製作の映画)

-

尋常じゃない森田剛。行動はもう言うまでもないけどなんていうか話し方とか居場所突き止める手口が怖すぎる。あんな森田(役名も森田)見ちまったらうかつにWAになっておどれね〜古谷実の漫画って笑えるんだけどず>>続きを読む

9か月(1995年製作の映画)

-

ドタバタの極み。ヒュー・グラントの髪型が良い!

銀魂2 掟は破るためにこそある(2018年製作の映画)

-

相変わらず原作にないパロディと小ネタの闇鍋で胃もたれしたけど確実に前作より面白いしネオアームストロングサイクロンジェットアームストロング砲ばりに完成度高いなオイって感じ。
吉沢亮ほんと沖田。あのシーン
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

-

涙出るほど笑ったし、まわりの人も沢山笑ってて面白かったです
監督役の人めっちゃ良い

ラースと、その彼女(2007年製作の映画)

-

優しい。
ていうかライアン・ゴズリングの役作りすごいな、しっかり芋くさい。

セトウツミ(2016年製作の映画)

-

菅田将暉くんダウンタウン好きなの知ってたけど松ちゃんかな?てくらいごっつええ感じみがすごい。池松壮亮くんが演じた内海みたいな毛量多すぎインテリ眼鏡最高。面白かった〜。

理想の男になる方法(2018年製作の映画)

-

主人公、ジャック・ブラックぽくて好き。あのアメリカ版プリクラみたいなやつで写真撮りて〜。思ってた結末と違ったハッピーエンドなのが良かったね。結局流れに逆らうなってことね。やっぱりバックインタイム、罰金>>続きを読む

クルーレス(1995年製作の映画)

-

シェールいいこ
なんせ全員お召し物がかわいい
ブレッキン・メイヤーどストライク芸人

バタフライ・エフェクト(2004年製作の映画)

-

あの時こうしてればオールスター
マジ自己犠牲
オエイシィ〜ス
そう言えば20年近く鼻血出してないなぁ

エンパイア レコード(1995年製作の映画)

-

そりゃなぁ、わしかてなぁ、m&m'sの色で選曲権得てなぁ、Seemsかけてなぁ、こんなイケてる連中と踊り狂いながら働きたいわい…もう本当この映画好きすぎて全然泣く要素ないのに涙止まんねあとショップリフ>>続きを読む

秋刀魚の味(1962年製作の映画)

-

時代って変わってんだなぁって思いました
孤独だけは変わらないことかな

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

-

オジー・オズボーン、ジーン・シモンズ、葉加瀬太郎、篠山紀信の流れ最高に面白かった。人間界での長瀬くん山口一郎に似てる。イヤホン半分こして「ここボン・ジョビっぽくね?」「うん、ボン・ジョビっぽい」のやり>>続きを読む

PERFECT BLUE パーフェクト ブルー(1998年製作の映画)

-

天才だなぁ。初めてアニメ観ながらこんなに汗かいた。魚がポイントだよね。何度でも観たいとはならないけど、観て良かった。まんまとどんでん返されたわ。チャムの曲は普通に良い。98年はちょうどインターネットが>>続きを読む

ふたりの男とひとりの女(2000年製作の映画)

-

息子たち色々おもろすぎ。何回マザファカ言うんだ。最後ほっこり。からの親指。

ソナチネ(1993年製作の映画)

-

「みんなでお茶入れてどうすんだよ!」ってツッコミ、心にヒットした。