mikumiku1188さんの映画レビュー・感想・評価

mikumiku1188

mikumiku1188

映画(3294)
ドラマ(29)
アニメ(0)

ドリームランド(2019年製作の映画)

3.4

『俺達には明日は無い』と同じ時代のテキサス州の開拓地を舞台にしている。銀行強盗で殺人を犯し手配中の女性に遭遇した青年。

世間知らずの彼は彼女の言葉を信じ逃亡の手助けをするようになり次第に彼女に想いを
>>続きを読む

グリーンランドー地球最後の2日間ー(2020年製作の映画)

3.5

パニック映画好きな私ですが久しぶりに鑑賞出来ました。最近はBDプレーヤーや液晶テレビの性能がひと昔に比べて性能が進化しているので迫力のある映像が楽しめる様になりました。

巨大彗星が接近し、48時間以
>>続きを読む

わるいやつら(1980年製作の映画)

3.8

作品タイトル“わるいやつら”と何度か聴いた事が有る様に思います。松本清張さんのコピー作品なのでしょうか??

登場人物全てが何かの策を企てる人物ばかりでサスペンス感を盛り上げています。

それでもこの
>>続きを読む

鬼畜(1978年製作の映画)

4.3

最近、余り耳にする事が少なくなった“鬼畜生”と言う言葉。そんな状況をズバリ描かれる夫婦の生き様を描いた衝撃作でした。

1978年と言う高度成長期の日本社会を背景にした作品。小さな印刷工場を営む夫婦。
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.5

昨日の作品と岡田准一クン繋がりでこの作品を鑑賞しました。

作品の劇場公開時のテレビCMで頭上にインコを乗せひょうきんな表情をするカットがとても印象的に残っています。

ほんのワンカットしか登場しない
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

4.0

久々の時代劇の鑑賞でした。

藩の不正をただそうと訴え出たが認められずに故里の藩を妻と共に離れた武士が主人公。

旅先で妻を亡くすがその願いを叶える為に藩に戻る。

そして、藩の不正について意見が合わ
>>続きを読む

AVA/エヴァ(2020年製作の映画)

3.7

以前からジェシカ・チャスティンにはアクション映画が良く似合うのではないか?と思っていましたが本当にかっこよかったです。

オープニングのエピソードから冷酷非情なスナイパーの華麗な姿に魅了されました。
>>続きを読む

最後の決闘裁判(2021年製作の映画)

4.1

久々の歴史物の鑑賞でしかも事実を基にしていると言う見応え充分な作品で二時間半を超える長時間作品でしたがそれほど長いとは感じませんでした。

騎士の妻が夫の親友に強姦されてしまい裁判に訴える。しかし犯人
>>続きを読む

ファイナル・プラン(2020年製作の映画)

3.8

リーアム・ニーソンが金庫破りを演じると善人として描かれてしまうんです(笑)。

社会に尽くした父親が社会に認められずに不遇の扱いを受けた事に反発し軍隊を除隊後に銀行の金庫を爆破して奪う天才金庫破りの男
>>続きを読む

21ブリッジ(2019年製作の映画)

3.6

主役を演じたチャドウィック・ポーズマンの遺作となってしまったこの作品。

亡き警察官だった父親が任務中に殉職してしまった過去を持つ正義感が強い刑事の活躍を描いたアクション映画でした。

そんな彼の担当
>>続きを読む

ミナリ(2020年製作の映画)

3.7

昨年のアカデミー賞で韓国人のおばあちゃん女優が助演女優賞を獲得して話題となった今作を初鑑賞でした。

広大な土地で農園を営むアメリカンドリームを夢見て移住した韓国人家族。夫婦に子供二人それに子供の世話
>>続きを読む

カポネ(2020年製作の映画)

3.6

アメリカ禁酒法時代の暗黒街の顔役で恐れられていた“カポネ”の晩年の衰退した人生を描いたドラマでした。

刑務所生活を終えて隠居生活を送っていたフロリダの豪邸。しかし、彼の隠し財産の存在を探るためにFB
>>続きを読む

モンスターハンター(2019年製作の映画)

3.4

巨大モンスターとのバトルを描いたゲーム素材を映像化したファンタジー・アクションでした。

ミラと私の出会いは映画鑑賞を趣味として取り組み始めた頃にソフトを購入した『ジャンヌ・ダルク』でした。それから2
>>続きを読む

フリー・ガイ(2021年製作の映画)

3.5

漫画は勿論ゲームなどに全く興味の無い私。鑑賞していて展開を多少なりとも理解するにも大分時間が掛かりました(笑)。

私には彼のキャラとしてデッド・プールの印象が濃いために明るいコメディアンタイプに感じ
>>続きを読む

アオラレ(2020年製作の映画)

3.6

現代社会に於いて誰にでも襲い掛かる可能性が有る恐怖の時間。

本当に怖いラッセル・クロウの恐ろしい視線に耐えることが出来ません。

私も経験した事も有る青信号にて前に停車中の車が動く気配を感じないイラ
>>続きを読む

KCIA 南山の部長たち(2018年製作の映画)

4.0

三日連続の韓国製作の実話を基にしたサスペンスの鑑賞でした。

革命によって権力者の座に就いた大統領の基で直属の諜報機関韓国版CIAの元部長が腐敗しきってしまった大統領に反旗を翻してアメリカの公聴会で告
>>続きを読む

光州5・18(2007年製作の映画)

3.8

今作も韓国製の事実を基にした作品の鑑賞になりました。

1980年に韓国で勃発した独裁軍事政権に民主化を要求する学生デモ隊との間で衝突した“光州事件”を背景にしたドラマ。

両親を亡くし高校生の弟を育
>>続きを読む

シルミド/SILMIDO(2003年製作の映画)

4.0

日本から一番近い国で起きたクデター未遂事件を事実を参考にしたドラマでした。

隣国でこの様な事件が発生していたとは・・・

私は必死に生きていた時代ではっきりとした記憶には残っていない。戦後の成長期だ
>>続きを読む

ザ・バッド・ガイズ(2019年製作の映画)

3.6

当世の最強アクションスターと言えばウィルスでもセガールでも無く当然の事ながらマ・ドンソクでしょう(笑)。

そんな彼のキャラを活かしたガチガチのアクション映画に文句は有りません。

囚人護送バスが市中
>>続きを読む

スレイト(2020年製作の映画)

3.0

孤児院育ちの娘ヨニは大人になったらアクションスターになる事を夢見て役者になる。しかし、彼女にはスタント役しか手に入れることが出来ずに焦りを感じていた。

だが、スタントを演じる為に撮影現場に入った彼女
>>続きを読む

花束みたいな恋をした(2021年製作の映画)

3.3

そうなんだよね・・・・“愛”では無く“恋”をしたカップルの5年間・・・・

偶然な出会いで“同棲”と言う共同生活を始めた男女。趣味や思考が殆ど共通な想いを抱いている事で恋に落ちて行く・・・・

年配者
>>続きを読む

HOKUSAI(2020年製作の映画)

3.9

柳楽優弥さんが若き日の葛飾北斎を演じる・・・・程度の知識した持たずに鑑賞しました。

老いた北斎を演じる田中泯さん、阿部寛、永山瑛太、玉木宏さんなどの芸達者な俳優さん達の顔触れに驚きを感じながらの鑑賞
>>続きを読む

藁にもすがる獣たち(2018年製作の映画)

3.5

人間は生き抜く中で窮地に陥った時には必死でもがく。そんな“クズ”人間達の狡さを描いた少しコメディ色を込めたサスペンス。

鑑賞を始める前には知らなかったチョン・ウソンが出演している事に驚きました。彼は
>>続きを読む

リトル・シングス(2021年製作の映画)

3.8

デンゼル・ワシントンとラミ・マレックと言う魅力的な競演との事でWOWOW鑑賞しました。

凄腕捜査官だが度が過ぎた事件の取り組み方が出世を阻み巡査扱いの男がデンゼル・ワシントン。

街で発生した連続殺
>>続きを読む

劇場版 奥様は、取扱い注意(2020年製作の映画)

3.3

元特殊工作員だった妻と公安警察の現役である夫。半年前の任務で頭に銃弾を受けた為に記憶を失っている妻を監視する任務を夫は負っていた・・・・

私の綾瀬はるかちゃんに対するイメージとタイトルからして彼女の
>>続きを読む

インヘリタンス(2020年製作の映画)

3.4

WOWOWをながら見していたら『あと1センチの恋』のリリー・コリンズの主演作との事を知り鑑賞しました。

あの作品の時の彼女は本当に可愛らしさ溢れる女性でした。彼女も成長し今作では敏腕地方検事を演じて
>>続きを読む

さんかく窓の外側は夜(2021年製作の映画)

2.9

不思議なタイトルに興味を抱いて鑑賞しました。

幼い頃からの不思議な能力に悩みを抱いていた青年。彼は幽霊が見えてしまうのだが突然現れる霊に恐怖を拭い去ることが出来ないでいた。

そんな彼の前に除霊師の
>>続きを読む

望み(2020年製作の映画)

3.8

昨日に引き続き家族の愛を描いた邦画作品の鑑賞でした。

父親が建築設計事務所を経営している家族の息子が夜に帰宅せず行方不明になる。同夜に高校生が殺害される事件が発生し容疑者2名と行方が知れない男が一名
>>続きを読む

MOTHER マザー(2020年製作の映画)

3.7

二週間ぶりの映画鑑賞に選んだこの作品。余り知識を得ずに選びましたがジャケット写真の長澤まさみさんの表情に一種の恐怖を感じました。

さて鑑賞を始めると自堕落な生活から抜けることが出来ず家族から見捨てら
>>続きを読む

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

3.2

約束のネバーランド・・・・・ってどんな世界を描いているのかな??と疑問を抱いていた作品でした。

ネバーランドと言うファンタジー的な希望を抱く展開では無く孤児院で育てられた子供が成長後に退院すると“怪
>>続きを読む

騙し絵の牙(2021年製作の映画)

3.5

大泉洋さん主演の作品と言うと少し砕け過ぎた内容の印象が強く残っていますがこの作品はチョット違いました。

大手出版社を舞台にした権力闘争を背景にしたサスペンスドラマで革新的な週刊誌の編集長を演じるのに
>>続きを読む

間違えられた男(1956年製作の映画)

3.9

前作に続いてクラシック名画を鑑賞。しかもヒッチコック作品でした。実に久しぶりでした。

ヒッチコック作品と言えば恐怖感に満ちたサスペンス作品が特徴との印象が強いですが今作は違った意味での怖さが満ちた傑
>>続きを読む

素晴らしき哉、人生!(1946年製作の映画)

4.2

名作と評判の名高いこの作品の事は十分知っておりましたが未鑑賞でした。1946年度の製作って古い・・・・もはや老人の域に達している私の生まれる以前の作品ですので・・・・

父親の起こした会社を継いで社会
>>続きを読む

新解釈・三國志(2020年製作の映画)

2.7

歴史物は比較的好きなジャンルである私は三國志関連では『レッド・クリフ』好きな作品でした。

歴史物の重々しさと中に女性の苦悩やコミカルなエピソードを上手くミックスさせて面白さ満点と言う印象が残っていま
>>続きを読む

事故物件 恐い間取り(2020年製作の映画)

2.2

ジャニ・タレ主演のホラー作品との事で余り期待しないで鑑賞しました。

予想通りのハズレでした。

何かこの作品の興行収入が和製ホラーとしては大健闘した観客動員の記録だったとの話・・・・・?????
>>続きを読む

食われる家族(2019年製作の映画)

3.5

半年前に目前で妻をひき逃げされた起業家の男が主人公。妻の死に疑問を抱きながらの生活で悩みを抱えていた。

そんな彼の前に25年前に行方不明になっていた妹が突然帰ってくる。物腰が優しく美しい姿の妹は彼の
>>続きを読む

>|