Nancyさんの映画レビュー・感想・評価

Nancy

Nancy

ミーハーでオタクなので俳優萌えが多めでごめんなさい
星は作品の良し悪しよりも好きかどうかの比重大きめ

映画(35)
ドラマ(0)

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.6

雰囲気のある画面と話が淡々と進んでいくのがフランス映画らしかった。

言葉での説明は多くないけど、登場人物の表情がとても丁寧に撮られていたので雰囲気だけでよく分からない映画にはなってなかった。
主人公
>>続きを読む

冷たい熱帯魚(2010年製作の映画)

3.0

この作品の所為で、他の作品に出てるでんでんのことが信じられなくなりました。

血の量は半端ないけど、グロさは思ったほどなかった。
面白いとか好きという感情は持たなかったけど、引き込まれて見てしまった。
>>続きを読む

クワイエットルームにようこそ(2007年製作の映画)

3.8

ダークだけど笑えて、滑稽だけどぞくっとする感じがとても松尾スズキらしくて好き。

みんな自分ではまともだと思ってるけど、まともと基地外は紙一重。
まともに見えても実はやばい人もいっぱいいる。そんなお話
>>続きを読む

彼女がその名を知らない鳥たち(2017年製作の映画)

4.5

Filmarksの試写会にて。

こんな人いないだろってくらいみんな最低な人たちだけど、あまり違和感なく見えるのは役者さんたちの演技が自然で上手いんなろうなと思いました。

阿部サダヲの汚さは覚悟して
>>続きを読む

ファンタスティック・ビーストと魔法使いの旅(2016年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

魔法動物も魔法使いも人間も可愛すぎかー!!!
クリーデンスくんには幸せになってほしいね…
「Dr.パルナサスの鏡」で同一人物を演じたコリンファースとジョニーデップが同一人物だったことにテンションが上が
>>続きを読む

マグニフィセント・セブン(2016年製作の映画)

4.0

ストーリーはベタだけど、やっぱり王道はかっこいい!!!!
7人それぞれキャラが立ってて、とても魅力的。私はメキシコ人推し。ファラデーといがみ合っているけど、ファラデーが敵に撃たれたときにはブチ切れて危
>>続きを読む

エヴォリューション(2015年製作の映画)

2.0

説明的な描写はなく、最後まで「察してください」or「ご想像にお任せ」という感じ。
雰囲気があるし度々入る抽象的な映像がとてもアートっぽいけど、その映像の割合が多いし上映時間長くてちょっとしんどかった。
>>続きを読む

シン・ゴジラ(2016年製作の映画)

4.5

日本人の良い所と悪い所ってこういうところだよね!っていうの皮肉っぽく散りばめられてた。
SF要素はゴジラのみで、スーパーヒーローや超科学的な武器が出てくる訳でもなく、戦う方法はあくまでもリアルな現在の
>>続きを読む

ミュータント・ニンジャ・タートルズ:影<シャドウズ>(2015年製作の映画)

3.0

前作見てないけど、普通に楽しく観れた。

誰にも知られない影のヒーローとして終わらずに、一部の人たちにしっかりと認めてもらえたところが良かった。

アリス・イン・ワンダーランド/時間の旅(2016年製作の映画)

2.5

良くも悪くも想定内。
大きな驚きもないけど、安心して観れた。

赤の女王のことが少し愛おしくなって、白の女王にイラっとした。

ゴーストバスターズ(2016年製作の映画)

4.2

ダボっとしたジャケットとかズルッとしたローブが欲しくなった(訳:ホルツマンファッションしたい)

ストーリーは誰も不快にならず、誰もが楽しめる感じ。
そしてキャラクターやファッションや武器が最高!!!
>>続きを読む

劇場版 BiSキャノンボール2014(2014年製作の映画)

3.2

にわかなれどBiSファンとして見ました。

監督とメンバーのチームそれぞれで全然雰囲気が違っていた。
真面目に対応するサキ様、慣れた対応でかわすプールイ、どこかズレてて色気のないコショージは普通に可愛
>>続きを読む

レジェンド 狂気の美学(2015年製作の映画)

2.5

平均評価は高いけど、私にはあまり合わなかった。
ギャングの双子がドンパチやって掴む華々しい成功と衰退みたいなのかと思ったら、地道に裏稼業を重ねてまあまあ成功して衰退してしまった。
過剰な演出があまりな
>>続きを読む

ローズ・イン・タイドランド(2005年製作の映画)

3.5

狂っててダークな「不思議の国のアリス」
同じく少女がつらい現実から逃れる為に不思議の国を作り出す「パンズラビリンス」より違った意味でダーク。
「パンズラビリンス」のオフェリアに比べて、ローズは現実を分
>>続きを読む

パンズ・ラビリンス(2006年製作の映画)

4.0

ダークファンタジー版「不思議の国のアリス」といった感じ。
同じくアリスオマージュの「ローズ・イン・タイドランド」と共通しているのが、幼い少女がつらい現実から逃れる為に不思議の国を作り出してるところ。
>>続きを読む

ミックマック(2009年製作の映画)

4.5

話の大筋は復讐劇だけど、登場人物も映像も可愛くて絵本や人形劇のような雰囲気。
映像の感じとか、メルヘンでシュールなところがとてもジュネ監督らしい作品。
可愛らしいけど、ブラックユーモアというか、戦争へ
>>続きを読む

ゴッド・ヘルプ・ザ・ガール(2014年製作の映画)

3.0

青春のワンシーンを切り取ったようなお話によくある上手くいかないモヤっと感もありつつ、最後は前向きに爽やかに終わってくれた。

予想よりもミュージカルだった!急に歌い出す!歌はどれも可愛かった!
ただ歌
>>続きを読む

リザとキツネと恋する死者たち(2014年製作の映画)

3.5

シュールでキュート!
ゆるっとしたファンタジー。
お化けは出てくるけどホラー要素は少ないです。ちょっとだけグロ要素はある。

グランドブダペストホテルやアメリが好きな人は好きかもしれない。

キングスマン(2015年製作の映画)

4.3

マシュボン監督のオタクはこういうの好きだろっていうの詰め込んでくれるところ大好き!
あと古いロックをガンガンにかけながら戦闘するシーンやりがちなところと、伏線回収上手いところと、オマージュネタ散りばめ
>>続きを読む

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.8

シュールでユーモラスで不思議な雰囲気の作品。
不思議なテンションのまま淡々と進んでいって、登場人物に感情移入したりストーリーに入り込むということはないので、好みが分かれるかもしれない。

とにかく映像
>>続きを読む

キンキーブーツ(2005年製作の映画)

4.0

見たのが随分前なので細かいストーリーは忘れてしまったけど、見終わった後にすごくすっきりとして前向きな気持ちになれた記憶。

靴工場の社長のチャーリーとドラァグクイーンのローラは性格や生きてきた世界が違
>>続きを読む

華麗なるギャツビー(2013年製作の映画)

3.5

魔法を使ったり妖精が出てくる訳ではないけど、ファンタジーのような不思議な作品だった。
衣装や美術や映像がとても煌びやかでお洒落。

英国王のスピーチ(2010年製作の映画)

3.8

個人的にここが良い!というのは特になかったけど、普通に良い映画。
ユーモアがあって、愛が溢れている。

オデッセイ(2015年製作の映画)

4.2

予告で懸念していた感動の押し付けはなく、良い意味で大作っぽさがなくて良かった!
主人公はひたすら生きることを考えているし、地球の人たちも救うことを考えていて、みんな前向きだった。
あと悪いことを考えて
>>続きを読む

ズートピア(2016年製作の映画)

5.0

か弱いウサギが努力で頑張る「心の優しさと努力があれば強くなれる」みたいな話かと思ったら、とても性別や人種の差別に対して考えさせられる作品だった。
いろんな形の差別があることを知らされました。

とはい
>>続きを読む

コードネーム U.N.C.L.E.(2014年製作の映画)

4.5

巷ではイリヤ派かソロ派か、そしてBのL的にはどちらが右で左なのかと騒がれていたので見てみた。
結果、私はウェーバリー派でした。
だってヒュー様だもん!!!ヒュー様だもの仕方ない!!!
なお、カップルは
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャーPART3(1990年製作の映画)

4.8

1と2がしっかり絡められていた所為もあって、3はちょっと番外編のようなイメージ。
でもこれはこれでとても面白くて、しっかりと満足感のある終わり方をしてくれている。
未来の描写もそうだったけど、世界観の
>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー PART2(1989年製作の映画)

5.0

二作目にありがちな前作のファンをがっかりさせることなく、むしろファンサービスてんこ盛り。
現在と未来と過去と塗り替えられた現在と色んな時代を行ったり来たりするので頭がこんがらがりそうだけど、とてもわく
>>続きを読む

スパイダーマン(2002年製作の映画)

3.5

主人公がうじうじしていてちょっとイラつくし、境遇がどんどん悪い方向に転んでいくのが見ててつらい。でも引き込まれる。

元々人間で弱さや可哀想な境遇の所為で悪に染まって人外化してしまう悪役の悲しさにゾク
>>続きを読む

トリック 劇場版(2002年製作の映画)

4.0

堤監督の作品すべてに対して言えるけど、特にトリックは好みの分かれる作品。

テレビシリーズが好きだったなら見るべき。私は映画から入ってなんだか分からないけど面白いって思って是非テレビシリーズから見直し
>>続きを読む

レオン(1994年製作の映画)

3.8

マチルダって一部の女子に根強く強烈な憧れを抱かせ、黒歴史のきっかけとなった存在ですよね。
かくいう私もその一部の女子で、学生時代は眉上バングの黒髪おかっぱにして、人相の悪いこけし化していました。

>>続きを読む

バック・トゥ・ザ・フューチャー(1985年製作の映画)

5.0

大好きな作品。
初恋の外国人はマーティマクフライ。
過去の世界で自分がしたことによって写真や新聞の記事が変わったり未来が変わっていくのが、すごくワクワクドキドキした。

タイムスリップ作品はたくさんあ
>>続きを読む

デッドプール(2016年製作の映画)

4.2

他のマーベル系に比べてダーティーでハードで肉弾戦が多いイメージ。だから好き。
映画館出たあとにリズム乗りながら帰りたくなるタイプの映画。
ネガソニックちゃん可愛い。
ブロージョブが飲みたい。

ただも
>>続きを読む

クローズZERO(2007年製作の映画)

5.0

私が山田孝之堕ちした作品。
山田演じる目のイっちゃってる芹沢、ヒロインのような時生、おっさんのような強面の牧瀬など、小栗旬演じる源治の周りを固める登場人物のキャラがとても濃くて魅力的。
漫画原作なんだ
>>続きを読む

TOO YOUNG TO DIE! 若くして死ぬ(2015年製作の映画)

3.8

監督が一番楽しんでいるであろう作品。
特に往年のロックスターが絡むネタのシーンでは宮藤さんの嬉しそうに笑う顔が脳裏にチラつきました。

頭を使わずに楽しむタイプの映画。
宮藤さんが面白ネタ詰め込んじゃ
>>続きを読む