しゅさんの映画レビュー・感想・評価

しゅ

しゅ

映画(457)
ドラマ(3)

スパイの妻(2020年製作の映画)

3.6

夫への愛だけのために行動する女と正義へ驀地な男2人の対比が良い。

蒼井優演じる聡子はどこまでも女。渡米に同行させてもらえるとわかった瞬間からの行動がすごい。貨物船へ乗り込む前、夫に「守ってくれる人が
>>続きを読む

ブエノスアイレス恋愛事情(2011年製作の映画)

3.7

ブエノスアイレスってあんな街なんやな〜〜小難しい意味不明な語りと地味に物語が進んでいくタイプの映画大好き
建築への恨み辛みを語って、街の電線に文句を言いつつも、チャットで出会った建築家と恋に落ちるんや
>>続きを読む

BLACKPINK ライトアップ・ザ・スカイ(2020年製作の映画)

3.6

メンバーの練習生時代から世界ツアー完遂までをインタビュー通して振り返るドキュメンタリー。
ブルピンがデビューした時期に私もk-popハマり出したから色々懐かしい気持ちで観れて楽しかった…

リサが「若
>>続きを読む

プリデスティネーション(2014年製作の映画)

3.8

展開が早くて面白かった記憶と理解できんかった記憶があるから見直しましょう、と過去の私がメモってたので再鑑賞。

タイムトラベルから生じる矛盾を軸に話が展開するから、どこが始発点かを考えだすと死ぬ。そん
>>続きを読む

Cosmetic DNA(2020年製作の映画)

3.5

Huluゆうばり映画祭でCosmetic DNAを観た。バイオレンスがありつついろんなタイプの日本の男尊女卑が爽快に描かれてて良かった。「女性だから」ということに嫌気がさしてた3人の女の子がアイドルに>>続きを読む

LOOPER/ルーパー(2012年製作の映画)

3.7

タイムループ系の「過去の自分と対峙するのは御法度」がなくて新鮮やった。
現在の自分の行動が、パラレルワールドとして存在してるはずの軸からやってきた未来の自分に物理的な影響を与えることって可能なんですか
>>続きを読む

フェアウェル(2019年製作の映画)

3.5

本人に余命を伝えずに楽しく過ごしてもらいたい派と余生をどう過ごすかの決定権を個人に委ねたい派、どっちも他人の幸せを自身の酌量で測っててエゴっぽいけど皆んなナイナイ好きでやってるし、家族皆んなの愛が溢れ>>続きを読む

リアム・ギャラガー:アズ・イット・ワズ(2019年製作の映画)

3.7

ファックしか言えんのかと思ってたけどめっちゃ良い人でびっくりした。人よりお兄ちゃんっ子なだけやった。

ソロデビューアルバムのタイミングで来てたサマソニのwall of glass一生覚えてるんやろな
>>続きを読む

マイ・マザー(2009年製作の映画)

3.5

王国はユベールと母親の幸せな思い出が残された場所なんやろうな。母とユベールの言動が一貫して矛盾だらけでしんどい親子映画やった。
ジュリー先生が会いに行った友人は女性のようでしたが、おそらく元恋人でそれ
>>続きを読む

わたしはロランス(2012年製作の映画)

4.4

何を捨ててでもロランスと居ようとしたフレッドを観てると辛くなるし、ロランスが初めてヒールで校内を歩くシーンは強気になれるし、感情が入りやすくて毎度号泣。
映像としても好きやし、物語も好きで圧倒的に好き
>>続きを読む

マティアス&マキシム(2019年製作の映画)

4.0

前作に比べると大分好き。マットとマックスのラブシーン、しっかり撮られてる場面もあるけど、窓がポイントになっててぼんやりとしか写されへんかったり、その窓にお互いの姿を投影して手が届かん様子を描いてたり、>>続きを読む

未来を花束にして(2015年製作の映画)

3.7

当たり前の平等を得るためにエグい量の犠牲を払わないと耳も傾けてもらえんのキッツと思って見てたけど、今の日本強ち遠くないとこにおるな〜〜て気づいてしまって無。他者(女性)が自分(男性)と同じものを手に入>>続きを読む

クスクス粒の秘密(2007年製作の映画)

3.1

クスクス食べたいな〜思ってたらアマプラにお勧めされたから観た。美味しそうでお腹が空いた。

移民が血縁者だけを贔屓して他所から嫁いできた人を除け者にする陰湿な感じがしんどい。(異国から一族でやってきた
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

3.8

親が強制退去させられたために孤児院に送られてきた子供、親が祖国から再度フランスへ来てフォンテーヌ園に迎えに来た時にはそれを拒んでたんやけどどういう心境なんやろう。よくあることなんかな。
孤児院の子供た
>>続きを読む

TENET テネット(2020年製作の映画)

4.1

2回目観たけど、主人公が逆光を始めた瞬間、周りの人間の時間はそのまま進むことになると思うねんけど、それどない?わからんわあ。起こったことは起こるんであんま気にせん方がいい?とりあえず気づいたらニール見>>続きを読む

先に愛した人(2018年製作の映画)

3.6

ジエがギターを弾いて恋人を回想するシーン、サンリェンが夫から風鈴をもらうシーン、チェンスー幼少期に父と車で遊ぶシーン
各人の愛する人とのシーンめっちゃ好き
恋人と別れたあと十数年間も戻ってくることを待
>>続きを読む

悪魔はいつもそこに(2020年製作の映画)

4.0

主演のトムホでてくるまで大体46分あります。が、トムホ可愛すぎてまじで結婚したい。トムホとの結婚願望は常にある。威勢いいけど良いとこでビビリ、みたいな役すげ〜似合うし可愛い結婚したい。

話めちゃくち
>>続きを読む

Blue(2018年製作の映画)

-

今すぐ観れるアピチャッポンがこれしかなかったんやけど私には本当に芸術を読み解く力がございません

ホテル・シュヴァリエ(2007年製作の映画)

-

本編列車追いかけて3人が走ってるシーンしか覚えてなくて繋がり楽しめんかった。また観よー
この監督のカメラワーク好き

凱里ブルース(2015年製作の映画)

3.7

このタイプの映画を意味わからんな〜〜と思いながら観るのが好き。中国のど田舎の風景も好き。長回しシーンがホームビデオ観てんのかなってくらい人を後ろから追いかけてるし、狭い路地を抜けたら場面転換。嘘でしょ>>続きを読む

行き止まりの世界に生まれて(2018年製作の映画)

3.8

ロックフォードに住むキアー、ザック、ビンの3人にフォーカスしたドキュメンタリー。社会に蔓延するあらゆる分断もテーマの一部になってると思う。
3人とも親との関係に悩んで、脱出するようにスケート乗り回すね
>>続きを読む

青いパパイヤの香り(1993年製作の映画)

4.0

東南アジアのジメッとした空気感が伝わる。且つ画面は一貫して瑞々しくて爽やか。ストーリーは使用人の恋を描いたよくある話やねんけど、淡々と過ぎてゆく日常が丁寧に描かれてて私はこういう映画が大好きです。完!>>続きを読む

未来世紀ブラジル(1985年製作の映画)

3.7

暖房の修理くらい誰がしても良いやん!みたいなことを法でがんじがらめにしてくるし、たかだか暖房の修理で他人の住居の所有権を国が奪えるん!無理やろ!てこともテロ防止を理由にやってのける統制社会の話。朝の全>>続きを読む

ビジョン(2015年製作の映画)

3.8

踊らんのにおもろい
フォロワーのおすすめで見た

加害者が殺人事件の被害者になって隠蔽する筋はありがちなんやけど、その遺族に焦点ゴリゴリに当ててるのは初めて観た気がする。

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

4.6

今世紀最高傑作アニメ映画のシーズン2がアマプラにきてた。毎度のことながら今回も大号泣した。

ドラゴンと大空を駆け抜けるシーンでかかるヨンシーの楽曲最高…空にアイスランド見えてくるもん、行ったことない
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.4

少年がスケボー始める映画。私も西海岸でスケボーしたいな〜。90年代の音楽、いうてもニルヴァーナとピクシーズくらいしかわからんけど良かった。

スティーヴィーの兄は一匹狼であることにコンプレックス感じて
>>続きを読む

もう終わりにしよう。(2020年製作の映画)

-

2時間私は寝てたのか?というくらい何も理解できていない。大真面目に観てたのに。助けてください。
遂に配信!と思って気合入れたのにこの有様。しかも面白くて観入ってたんやけどな…とりあえず原作読んでリベン
>>続きを読む

ANIMA(2019年製作の映画)

3.2

久しぶりにトムのアルバム聴きたくなった。レディヘは最近も聴いてたけどソロはあんまり聴いてないわ
めちゃくちゃコンテンポラリーダンスでびっくりした。

本当は夜に観たかったし観てたけど心地良くて寝落ちて
>>続きを読む

ようこそ映画音響の世界へ(2019年製作の映画)

4.3

ユニバ育ちやから恐竜全般の声はジュラパの恐竜、ETの声はまんまETの口から出てる、のが当たり前や思ってたし、SF系のよおわからん音はよおわからん音をゼロから人工的に作ってるんやと思ってたわ…全部身近な>>続きを読む

ブックスマート 卒業前夜のパーティーデビュー(2019年製作の映画)

4.3

ミシェル・オバマやRBGを崇拝するイェール進学予定のモリーとアフリカ地域での生理用品普及活動後コロンビア進学予定のエイミー、エリート高校生2人による卒業前夜のパーティー映画。
勉強一本で頑張ってきた自
>>続きを読む

るろうに剣心 伝説の最期編(2014年製作の映画)

3.6

6年ぶりに観たら健ちゃんへの恋心がぶり返してしまって気持ちは高校生です。健ちゃんにキャッキャッしてたのが昨日のことのように思い出される。
アクションシーンはいつ観ても良い。

壁走りシーン、木箱を拳で
>>続きを読む

ゴーストバスターズ(1984年製作の映画)

2.8

若いビル・マーレイ知らんわあ思ってみたけどビル・マーレイやったわ
マシュマロマンは可愛い
この年代の映画やっぱり苦手やから新しいガールズのやつ見よ

「やややケッタイな!」の文字を見た瞬間にこの映画の
>>続きを読む

きっと、またあえる(2019年製作の映画)

3.6

インド映画のくどい盛り上がり方超好き。競争社会つらいね〜

インド映画は観る度に、このシーンでその選曲?とか急にチープなカットやな!と思わせてくる。なんなん?!

デレク役の人めちゃくちゃブラピに似て
>>続きを読む

ビッグ・アイズ(2014年製作の映画)

3.4

ティムバートンが撮るドラマ映画初めて観た。ノンフィクションやけど映像、特に色使いはバートンバートンしてて最高。アイメイクも好き。

好き好き〜言うて結婚した相手の根性があんなに腐ってたら泣いちゃう。裁
>>続きを読む

ザ・セル(2000年製作の映画)

3.3

映像綺麗なとこもあるけど、夜に観るんじゃなかった〜て感じのグロで泣きそ
小腸を抉り出して棒に巻きつけるシーンがあるとは聞いてなかった。
人の夢に入ったり、呼び込んだりして深層心理を読み解く話。
キャサ
>>続きを読む

インセプション(2010年製作の映画)

4.3

このレビューはネタバレを含みます

来る『テネット』に備え修行を兼ねて再鑑賞。

現実と夢、時間軸、場所が変わるだけでも十分難解やのに、そこに主人公の過去ストーリー上手いこと組み込んでくるの天才すぎてやば。
虚無に関しては物語内でも詳し
>>続きを読む

>|