picoさんの映画レビュー・感想・評価

pico

pico

映画(80)
ドラマ(0)

イリュージョニスト(2010年製作の映画)

5.0

こ、これは…!
映画館で観たかった‼︎

アニメ映画としてではなく、
映画作品として、大好きだ。

奥行きの深い映像と音楽。美しい。
ヨーロッパの街並みに、
すぐに世界観に引き込まれた。

そして、ポ
>>続きを読む

キャロル(2015年製作の映画)

4.2

キャロルの美しさ、優雅さ、気品の良さ…
見れば見るほど恋に落ちるわ。

タイトルがキャロルなのも納得だわ。

あの出来事を乗り越えた後、
テレーズの雰囲気が
変わってるところが印象的で好きだ。

冒頭
>>続きを読む

ボヘミアン・ラプソディ(2018年製作の映画)

3.8

圧倒的な孤独感。

上映後、後ろの席にいたマダムが一言。
「本物はこの数倍かっこいいんだから!」
この一言につきると思う。

リメンバー・ミー(2017年製作の映画)

5.0

序盤からずっと
テンポもよくて楽しくて
ハラハラもして面白かった。

大人も泣いたし、
最後終わった時、
自然と拍手がおこった。

写真が飾られてたら
それがパスポート代わりになるなど、
設定がとても
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

3.7

色彩があざやかで美しい映画。

なんといっても
最初のパーティーへ向かう4人の女性。
ドレスの配色がステキ。
この色彩感覚は今まで見た映画では
なかったなぁ。
らららんど独特の世界観。
そして、
ピン
>>続きを読む

くまのプーさん/クリストファー・ロビンを探せ!(1997年製作の映画)

5.0

思いがけず鑑賞。
最高すぎてDVD買わなきゃ…

愛おしいものすべてが詰まっている。

ずっと一緒。
でENDするの、胸にささる。

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

4.0

なんだかよくわからない
ダラダラしたシーンも含めて
文句なしでおもしろい。

女の友情は
どこの国も同じなんだなぁ。

最後のエンディングが秀逸だった。
多くを語らず、想像をかきたてる。
最後1人ずつ
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

5.0

5点満点の50点!!

シリーズものは数あれど、
M:Iシリーズが一番好き‼︎
それは何より音楽のかっこよさと、
やっぱりトムクルーズが最高だから‼︎

2時間半ぜんぶ素晴らしいアクション。
声出して
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.8

すべての人物が優しくてあたたかい。

太陽と惑星。
太陽が主役なんだけど、惑星の人々のストーリー。
主役になれなかった人たちの苦悩が
自分に当てはまりすぎて辛かったけれど、それは悲しい涙ではなくて、優
>>続きを読む

セトウツミ(2016年製作の映画)

3.2

ユルさが心地よい。
映画よりは深夜ドラマ枠で毎週観たい感じかな。

菅田くんはさすが本場の関西弁。トーンと間が最高。こんなやつおるなぁ〜と微笑ましい気持ちになった。池松くんは違和感のない関西弁で素晴ら
>>続きを読む

誰でもない女(2012年製作の映画)

3.3

ドイツのアーリア人増加計画「レーベンスボルン(生命の泉)」によって翻弄された人生を送った人々の話。

ナチスがドイツ人の「純潔性」をとるために、ホロコーストだけでなく、アーリア人増加政策もとっていたな
>>続きを読む

国際市場で逢いましょう(2014年製作の映画)

4.7

泣いた。

「三丁目の夕日」を思い出させるような。
戦中、戦後、つらい思いをかかえて必至に生き抜いた人々のおかげで、今があるのだ。

主人公がお店を売らない理由、それは映画を見ている人はみな分かってい
>>続きを読む

シェイプ・オブ・ウォーター(2017年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

映像が美しい映画だと言われているけれど、それ以上に音楽がすばらしい映画だと思った。

カットが変わっても、イライザの頭の中の音楽が流れ続ける〜それが映像と音楽に絶妙な違和感と心地良さを与え、まるでずっ
>>続きを読む

15時17分、パリ行き(2018年製作の映画)

4.5

これはもうドキュメンタリー。
ありふれた日常の中に、突然訪れるテロや災害に、自分は対応できるのだろうか。

この場所に居るべくして居合わせた3人。まるで導かれるように…。
でも、それでも、あの「GO」
>>続きを読む

ヒトラーの審判 アイヒマン、最期の告白(2007年製作の映画)

3.2

垣間見える「ただの1人の良い父親である」という恐怖。なぜ、書類にサインした人々にもその感情を向けてあげられなかったのか。「自分ではなくて良かった」ではなく「もし自分だったら」と想像して行動できるヒトで>>続きを読む

麦子さんと(2013年製作の映画)

5.0

暇だったので鑑賞。観て正解だった。

母親と向き合うことで、自分自身とも向き合う話。「娘」を経験した人はみんな共感できるんじゃないかな。最後の方はずっと涙が止まらなかった。こんなに映画で泣いたの初めて
>>続きを読む

ベルリン陥落 1945(2008年製作の映画)

3.2

ソ連が侵攻してきてから敗戦までのベルリン。

戦っているのは、前線にいる人々だけではない。日々どうやって生き延びるか、生き抜いた女性たちの史実。

印象的だったのは、敗戦が確定的になるまで、ドイツの人
>>続きを読む

愛のむきだし(2008年製作の映画)

2.9

良い映画として名前がよくあげられているから、ずっと気になってて、やっと観た。

10代の多感な時期に観たらだいぶ感想違っただろうな…と思う。今の自分には合わなかった。

笑えるつくりにはなってるけど、
>>続きを読む

横道世之介(2013年製作の映画)

5.0

宝物のような映画だ。

加藤が「あいつ(世之介)のことを知ってて得した気分」(←曖昧)と言って、思い出し笑いが止まらないシーンが一番好き。そういうことなんだなー。出逢い別れって、そう考えればすごく幸せ
>>続きを読む

>|