シネオさんの映画レビュー・感想・評価

シネオ

シネオ

映画(425)
ドラマ(0)

宇宙でいちばんあかるい屋根(2020年製作の映画)

3.8

「ぼくは明日〜」「三月のライオン」「ちはやふる」など、数々の名作で脇を支えてきた清原果耶さん。実力を積み上げての映画初主演は、気持ちの変化を繊細に描いて上手かった。ピュアな持ち味も素敵だし>>続きを読む

サーホー(2019年製作の映画)

4.1

インドのハリウッドと言われる、ムンバイのボリウッド。今まで何回も訪れました。ここ数年は世界中から優秀なクリエイターや俳優が集まってくる。

何人かの友人が参加してると聞いて、あわてて観
>>続きを読む

ミッドウェイ(2019年製作の映画)

4.5

ミッドウェイ海戦に知識はあったけど、アメリカにとって日本がこんなにも恐れられ驚異的な存在であったとは。

そして真珠湾から日本は圧倒的な強さを持ってしても、組織の間抜けさからアメリカが有利に
>>続きを読む

青くて痛くて脆い(2020年製作の映画)

3.7

恋愛ドラマと思わせといて、あの領域にいくギミックは、さすが住野よる原作だなー。

青春映画の装いをして、若い頃は青くて痛くて脆いとこあるよね!風だけど、実は人間の本質をついているようで怖
>>続きを読む

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.8

これも待ち遠しかった!
ウルフ・オブ・WSでアカデミー助演男優賞にノミネートされたジョナヒルが、どんな映画を撮るのか楽しみだったけど、予想外の見事なグラフィティものだったよ。

L
>>続きを読む

(2020年製作の映画)

4.0

清い映画だった。コロナ禍で延期だったけど、無事に観れてよかった。

恋愛映画では珍しい30年という長スパンの物語だから、登場人物やシーンは多い。さらには虐待や震災など平成の時代性も盛り込ん
>>続きを読む

弱虫ペダル(2020年製作の映画)

4.0

貸切のレイトショーで、王道スポ根に泣いた。原作は知らなかったけど、仲間のために戦ったことのある人は、涙腺崩壊します。青春のように疾走する爽快感も楽しめました。

CGを排除し演者が競技自転車に本
>>続きを読む

思い、思われ、ふり、ふられ(2020年製作の映画)

4.0

「くちびるに歌を」「坂道のアポロン」「僕は明日、昨日のきみとデートする」みんな大好きな作品!ピュア青春ものの名匠三木監督待望の新作です。原作はストロボエッジ、アオハライドの咲坂伊緒さん。>>続きを読む

今日から俺は!! 劇場版(2020年製作の映画)

3.9

年間100本映画を観に行ってたのに、今年は全く行けてなーい😭

4ヶ月ぶりの復帰は「今日から俺は!!劇場版」。今日俺ロスになったあの日から、どんなに待ち焦がれてきたことでしょう。

もう理屈抜
>>続きを読む

一度死んでみた(2020年製作の映画)

3.8

オリジナルストーリーはまるで漫画だけど、小ネタに笑っぱなしで伏線回収も見事で主役級の脇役が豪華すぎる上質エンタメコメディDEATH!

広瀬すずさん振り切って歌も上手いし、吉沢亮さん松田翔太さん新境地
>>続きを読む

仮面病棟(2020年製作の映画)

3.8

予告編でスリラーと思ってたけど、二転三転する推理サスペンスで面白かった!数多い伏線の収束力も素晴らしいし、後半のシークエンスも鮮やか。テンポや光演出や画角が、展開への布石を煽る。エンタメを極めたプロの>>続きを読む

弥生、三月-君を愛した30年-(2020年製作の映画)

3.5

スマホを落とした〜カツベンと、成田凌さんの演技が好きです。

すれ違いやリフレインを多用する王道の恋愛物語だけど、3月だけで30年を紡いでいくというプロット構成に感嘆しましたよ。毎年桜が咲いては散る3
>>続きを読む

星屑の町(2020年製作の映画)

3.5

あまちゃんの絶頂期から、色々あったのんちゃん。実写映画の見事な復帰、おめでとう!#星屑の町 はキラキラした彼女の持ち味が活かされた、レトロで温かな人生劇でした。

邦画の聖地テアトル新宿は、作品にちな
>>続きを読む

ジョン・F・ドノヴァンの死と生(2018年製作の映画)

3.9

カンヌ映画祭の常連で世界が注目する、カナダの若き天才グザビエ・ドラン監督に期待して観ました。孤独や嘘やマイノリティや家族。独自の美意識と優しさと音楽センスに溢れて、唯一無二の作品でした。

ファンの子
>>続きを読む

Fukushima 50(2019年製作の映画)

4.5

3.11に観ようと決めていた今作は、上映後しばらく席を立てなかった。想像しかできなかったあの日のフクイチの死闘を、10年経って初めて知った自分が恥ずかしい。死を覚悟で挑んでくれた人たちの、不屈な精神の>>続きを読む

ジュディ 虹の彼方に(2019年製作の映画)

4.4

映画「オズの魔法使」はママが好きだったから、幼い頃何回も観ました。しかもマイケルの方じゃなくて1939年バージョン(笑)

その作品でドロシーを演じたジュディ・ガーランドが、幼い頃からショービジネスの
>>続きを読む

黒い司法 0%からの奇跡(2019年製作の映画)

4.5

実話題材の映画は、説得力があって好き。本国でビッグヒット中の今作も素晴らしかった!昔からサウスアメリカの田舎町では根強い人種差別だけど、1987年になってもこんなことがあったなんて驚く。想えばストレイ>>続きを読む

グッドバイ 嘘からはじまる人生喜劇(2019年製作の映画)

3.6

太宰治の未完の遺作をケラさんが戯曲にしての映画化なので、舞台っぽくて面白かった。フランス映画のような軽妙な会話劇に、寄りの画角が多用されて、名優大泉洋さん小池栄子さんの表情芸を楽しめました。

そして
>>続きを読む

初恋(2020年製作の映画)

2.9

とにかく窪田正孝さんと、染谷将太さんが良かった!演者は皆熱量すごいけど、ボクサーに恋愛にヤクザに中華マフィアにシャブに警察と詰め込みすぎて主題が分からなかったかなぁ。

多用されるバイオレンスやスプラ
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.7

あの「#Me Too」運動のきっかけになったFOXのセクシャルハラスメント事件の真相を、ハリウッドの名優シャーリーズ・セロン自ら制作した社会派意欲作!

支配する老害CEOからハラスメントを受けた被害
>>続きを読む

チャーリーズ・エンジェル(2019年製作の映画)

3.1

前作から早17年!本国ではコケたらしいけど、従来フォーマットの焼き直しラッシュはハリウッドの混迷を感じますね。。 前作はキャメロンディアス達のキャラが強いし、ダンスを盛り込んだりCGやワイヤーを多用し>>続きを読む

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

3.8

予告篇で詐欺師の騙し合いだと思ってたけど、予想がつかない展開と伏線の回収にとてつもない闇が絡んで、なかなか見応えありましたよ!

ヘレンミレンは、お美しくて知性あるなー。ロードオブザリング、X-MEN
>>続きを読む

T-34 レジェンド・オブ・ウォー ダイナミック完全版(2018年製作の映画)

3.8

‪フォードvsフェラーリやスターウォーズ同様、絶望的不利な状況からの大逆転ストーリーに熱くなったー。ナチ収容所から逃げる本物の戦車が、爆走して大迫力だし、6発しかない砲弾で頭脳戦を制するストーリーもよ>>続きを読む

37セカンズ(2019年製作の映画)

4.5

障がい者の物語と躊躇していた自分って、無意識な偏見があったと気づき悲しい。知ったつもりでいるマイノリティの現実を、ものすごい角度から突きつけられました。そして1人の少女の勇気から始まるロードムービーは>>続きを読む

キャッツ(2019年製作の映画)

4.0

世界中で賛否両論だけど、見たことがないものに世の中は冷たい(笑)

舞台では伝わらなかったディテールを、最新技術で叶えた野心作だと思った。艶やかさや躍動感はそのままに、細部までこだわった感情表現と美術
>>続きを読む

AI崩壊(2020年製作の映画)

2.8

SFとしての設定や主題は面白いけど、リアリティがなさすぎて残念でした。。主人公のスーパーぶりと警察のデタラメぶりが続いて、ドキドキしなかったかなぁ。

あとAIという新しいテーマの割には、既視感に溢れ
>>続きを読む

ロマンスドール(2019年製作の映画)

4.0

美大出のラブドール職人という意外性と、一目惚の妻と本当の幸せを紡いでいく構成が良かった。蒼井優さんと高橋一生さん、アップ画角を多用する演出の中、さすがの好演。渦中のピエール瀧さんも、邦画界に必要な俳優>>続きを読む

ナイブズ・アウト/名探偵と刃の館の秘密(2019年製作の映画)

4.0

子供の頃ミステリ小説に夢中だったから、アガサ・クリスティーに捧げたオリジ脚本にワクワクでした。

密室の館、謎の死の資産家、動機が様々な容疑者たちにクセのある私立探偵で、王道のフォーマット!ミスリード
>>続きを読む

バッドボーイズ フォー・ライフ(2020年製作の映画)

4.0

48時間やリーサルウェポンに並ぶバディ刑事ものが、17年ぶりに復活してサイコーでした。大好きな80年代の匂いもプンプンで。キャラがたったWスミスとMローレンスの面白コンビに、鮮やかなカーチェイスや銃撃>>続きを読む

ジョジョ・ラビット(2019年製作の映画)

4.5

幾度となく映画で描かれてきたホロコーストだけど、子供視線とユーモアを持ち込んだ異色の世界に驚きました。ええ傑作です!

プロパガンダからナチ信者になった少年とママが匿ったユダヤ人少女のふれあいから、悲
>>続きを読む

記憶屋 あなたを忘れない(2020年製作の映画)

3.2

大好きなツナグの平川監督とあの予告編で、人々のエピソードを紡ぐ感動作だと思ったら推理サスペンスでした。

わかりやすい伏線だったから、記憶屋の正体も早い段階から気づいちゃった。少し雰囲気でごり押しした
>>続きを読む

ラストレター(2020年製作の映画)

3.8

新人の頃、岩井俊二監督とCMのお仕事をご一緒させてもらったことがあります。それ以来、ロマンティシズムで抒情的な作風に、ずっとリスペクト。

スワロウテイルやラストレターが好きですが、彼の最新作も、清ら
>>続きを読む

リチャード・ジュエル(2019年製作の映画)

4.5

80歳のイーストウッド爺が意欲的に創作する、大好きな衝撃の実話シリーズだけど、今作も見事でした!メディアと捜査当局の冤罪は、松本サリン事件を思い出してゾッとしたよ。

揺るがない正義や愛や勇気が散りば
>>続きを読む

カイジ ファイナルゲーム(2020年製作の映画)

2.8

1.2.は好きなんですが、今作は期待外れでした。。カイジの魅力はギリギリ状態でのロジカルで鮮やかな攻略法と突破力だけど、今回は命も張らないし、ギャンブルすらしません。

さらには国のインフレもいらない
>>続きを読む

フォードvsフェラーリ(2019年製作の映画)

4.5

昔1965年製フォードマスタングに乗ってたから、その時代の実話 #フォードvsフェラーリ はホントに待ち遠しかったよ。66年のルマン耐久レースで絶対王者に挑む、アメリカ男たちに興奮するー。

名車GT
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

4.0

鬼才ポン・ジュノ監督の話題作は、富裕層と貧困層の格差を、地下や雨や匂いや感情などで対比させる構成がさすがでした。カンヌパラムドールも納得の快作です。

昨今映画界ブームのヒエラルキーを描きながら、コメ
>>続きを読む

>|