netfilmsさんの映画レビュー・感想・評価

netfilms

netfilms

1日1本入魂レビュー。
月1回、筆者の映画のワークショップを開催しています。
15夜目はデヴィッド・リンチ特集です。
2018.07.26.(木)21:00~03:00 『映画の日 15』charge:500yen
@Music Bar LYNCH  栃木県宇都宮市二荒町8-12

映画(929)
ドラマ(0)

ナポレオン・ダイナマイト/バス男(2004年製作の映画)

3.9

 アメリカアイダホ州の田舎町、プレストン高校に通うナポレオン・ダイナマイト(ジョン・ヘダー)は今日もバスの到着を待っていた。水色のTシャツを着た風変わりな男は、運転手にバレないようにそっと窓を開け、持>>続きを読む

ダウンサイズ(2017年製作の映画)

3.8

 アメリカネブラスカ州オマハ、大学に通い、理学療法士を夢見たポール・サフラネック(マット・デイモン)は母親の介護のためにオマハにある実家へ戻って来た。鬱々とした平凡な毎日に耐える彼の前に、1本の画期的>>続きを読む

僕は君のために蝶になる(2007年製作の映画)

3.8

 大学の人気者アトン(ヴィック・チョウ)に密かな想いを寄せるエンジャ(リー・ビンビン)。すでにミス・キャンパスの恋人がいたアトンだったが、いつしか自分に対して無愛想なエンジャに惹かれていく。やがて結ば>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.9

 街の息吹が聞こえてくるような都会の雑踏、アメリカ・ニューヨーク、天を貫くような高層ビル群、等間隔で立ち並ぶ道路信号、黄色いタクシー。街は今日も活発に動き始めるが、主人公は今のニューヨークは商業主義に>>続きを読む

強奪のトライアングル(2007年製作の映画)

3.8

 エンジニアのサン(サイモン・ヤム)、タクシー運転手のファイ(ルイス・クー)、骨董屋のモク(スン・ホンレイ)の3人がバーで強盗話をしていると、老人が現れ、興味があったら連絡をくれと名刺と1枚の金貨を置>>続きを読む

奪命金(2011年製作の映画)

3.7

 金融都市、香港。妻から新しいマンションの購入をしつこく相談されている香港警察のチョン警部補(リッチー・レン)は仕事を口実にいつも話を逸らす。銀行に勤める成績下位の金融商品営業担当テレサ(デニス・ホー>>続きを読む

ネブラスカ ふたつの心をつなぐ旅(2013年製作の映画)

3.9

 アメリカ・モンタナ州、高速道路を歩く老人の姿を見て、パトカーは急いでUターンし詰問する。ウディ・グラント(ブルース・ダーン)は何の感情もないまま、警察官の質問を軽く受け流す。“モンタナ州のウディ・グ>>続きを読む

ファミリー・ツリー(2011年製作の映画)

3.9

 ハワイの美しい海を走る船艇の上で、思わず女は笑みを浮かべる。その天国のような多幸感が、次の瞬間悪夢に変わるとは思いもせずに。ハワイ州オアフ島のリゾート地ホノルル、天国のような土地で暮らす弁護士のマッ>>続きを読む

サイドウェイ(2004年製作の映画)

3.9

 家のドアを叩くけたたましい音で二日酔いから目覚めたマイルス(ポール・ジアマッティ)は、時計を見るも約束の時間に遅れ、焦って電話をかける。電話の向こう側では、ジャック(トーマス・ヘイデン・チャーチ)が>>続きを読む

アバウト・シュミット(2002年製作の映画)

3.9

 ネブラスカ州オマハにある「ウッドメン」という名の保険会社、ウォーレン・シュミット(ジャック・ニコルソン)は個室の椅子にもたれ掛かりながら、無気力な様子で時計を見上げていた。机の上に置かれたカバン、ド>>続きを読む

ハイスクール白書 優等生ギャルに気をつけろ!(1999年製作の映画)

3.8

 ネブラスカ州オマハの陸上のトラック、スプリンクラーが散水するのどかな平日の朝、トラックを数周走った男はシャワーを浴び、鏡の前で身支度を整える。オマハにあるカーバー高校で12年、社会の教師を務めるジム>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

3.9

 ロング・ショットで据えられた路上の光景、不気味な静けさをたたえながら、等間隔に置かれた木々の中で、突如死角から飛び出した人影にドライバーはハンドル操作を誤る。車はコントロール不能のまま、木に激突する>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.7

 白熱した討論会に水を差す1組の集団、ソフィ(アデル・エネル)はジャンヌ・ダルクのように中央に駆け寄ると、主催者の男に疑問をぶつける。だが後ろの方から血液の入ったゴムボールが投げ込まれ、突如場は白ける>>続きを読む

ブラックパンサー(2018年製作の映画)

3.8

 アフリカ大陸にある謎のベールに包まれた小国ワカンダ。この高度な科学技術を誇る超文明国で、先代ティ・チャカに代わり、その息子ティ・チャラ(チャドウィック・ボーズマン)が新国王に即位した。『シビル・ウォ>>続きを読む

君と歩く世界(2012年製作の映画)

4.0

 シングル・ファザーとして生きる男(マティアス・スクナールツ)が、たった一人の身寄りである姉を頼り、息子と共に姉夫婦の家に居候する。仕事を見つけなければならない主人公は『預言者』同様に学がない。ナイト>>続きを読む

真夜中のピアニスト(2005年製作の映画)

3.7

 ある夜、車で街を走っていた主人公は、ピアニストだった母親のかつてのマネージャーに出くわす。彼がふと言い放った「オーディション」の言葉に、突然音楽への情熱が目覚めた彼は、その日から無我夢中でピアノのレ>>続きを読む

リード・マイ・リップス(2001年製作の映画)

3.8

 耳の不自由なヒロイン(エマニュエル・ドゥヴォス)がオフィスで悪戦苦闘する。鳴り止まない電話、デスクに散らばった飲み物、会社の見えないストレスの中で誰にも手を差し伸べられることがないまま、主人公はその>>続きを読む

預言者(2009年製作の映画)

3.9

 刑務所は罪人を更正させるための施設だが、どういうわけか映画の中ではそのように機能することがほとんどない。時には刑務所内での人間関係を心理的ドラマに見立て、派閥同士の醜い争いをエンターテイメントに昇華>>続きを読む

パンク侍、斬られて候(2018年製作の映画)

4.0

 鳳凰のような模様が書かれた水色の着物の上に、白と朱色を基調とした上着を羽織り、足元は草履で固めた男が、街道沿いの茶屋町に颯爽と現れる。掛十之進(綾野剛)という男は、団子と茶を頂く長岡主馬(近藤公園)>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

3.7

 法のない時代、青みがかった荒涼とした惑星には自由や希望などない。惑星コレリアに孤児として生を受けたハン・ソロ(オールデン・エアエンライク)は、幼馴染のキーラ(エミリア・クラーク)と共に自由への逃避行>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

3.8

 男は朝4時に起きて、決まって朝食の席に着く。だが料理を作るのは自分自身ではなく、それに付き合わされる妻である。ボンワン(クォン・ヘヒョ)は著名な評論家で、社員1名の出版社を営むやり手の社長だった。演>>続きを読む

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

4.3

 ハンブルグの街に、女友達のジヨン(ソ・ヨンファ)を伴い現れた1人の女ヨンヒ(キム・ミニ)。エルベ川の河口近くに位置する寒々とした雰囲気の港町に来たのは、監督との泥沼不倫に区切りをつけたかったから。だ>>続きを読む

自由が丘で(2014年製作の映画)

4.0

 分厚い封筒に入った数枚の手紙、クォン(ソ・ヨンファ)は以前勤めていた語学学校で、モリ(加瀬亮)からの情熱的な郵便物を受け取る。2年前、語学学校の同僚だったかつての恋人からの突然の手紙に女は戸惑う。モ>>続きを読む

ヘウォンの恋愛日記(2013年製作の映画)

3.8

 2012年3月、女子大生で女優志望のヘウォン(チョン・ウンチェ)は久しぶりにカナダに旅立った母親(キム・ジャオク )に会う。期待に胸を膨らませた彼女は空調にやられ、気持ち良くうたた寝する。夢の中で彼>>続きを読む

幕末太陽傳(1957年製作の映画)

4.3

 幕末の世の中、現在の京急本線・北品川駅周辺を舞台にしたという加藤武の軽快なナレーション、異国人の鞍から落ちた懐中時計。居残り佐平次(フランキー堺)は品川宿の遊女屋「相模屋」に登楼する。仲間連中と繰り>>続きを読む

人情紙風船(1937年製作の映画)

4.3

 前日の大雨に濡れた江戸深川の貧乏長屋、目明し弥吉(市川楽三郎)にここで見張れと命じた岡っ引きたちは、切腹出来ずに首を吊った無残な死体を目撃する。故人と同じ長屋に住む髪結いの新三(中村翫右衛門)は、ケ>>続きを読む

用心棒(1961年製作の映画)

4.1

 すきま風が吹き付ける寂れた宿場町、浪人は1人、枯れ木を握りながら物思いに耽る。バカ息子を勘当する瞬間に居合わせた浪人は水を一杯恵んでもらおうとある家を訪れるが、「血の匂いに野良犬が集まる」とその家の>>続きを読む

オンリー・ザ・ブレイブ(2017年製作の映画)

4.0

 猛烈な勢いで山を焼き尽くす炎は、この世のものとは思えないほど幻想的だが、その様子はどこか恐怖すら感じさせる。映画は冒頭、職業病的な責任感に冒された男が、悪夢から目覚めるお馴染みのショットで始まる。テ>>続きを読む

ソニはご機嫌ななめ(2013年製作の映画)

4.2

 冬のある日、しばらく姿の見えなかったソニ(チョン・ユミ)は突然大学を訪れる。紫のバッグを背負い、ラフな格好の彼女は学内でサンウ先輩(イ・ミヌ)に会う。チェ・ドンヒョン教授(キム・サンジュン)に推薦状>>続きを読む

3人のアンヌ(2012年製作の映画)

3.8

 ソウルから海辺の港町モハンにやって来た母娘、ペンション「ウェスト・ブルー」のベランダに佇みながら、2人は2日後の妹の旦那の出頭を待ち侘びていた。自分たちのどうにもならない人生を嘆きながら、母親はケー>>続きを読む

教授とわたし、そして映画(2010年製作の映画)

4.2

 アパートの寂れた無人ショット、打ち捨てられた自転車、建物の看板は痛みで倒壊している。廊下から現れたジング(イ・ソンギュン)は特に感慨もないまま、摩訶不思議な呪文を唱える。だが後ろから来た妻は、彼をジ>>続きを読む

ハハハ(2010年製作の映画)

4.1

 おじさんの写真店を継ごうと、カナダに移住することを決意した映画監督で大学教授のムンギョン(キム・サンギョン)は、チョング山で先輩の映画評論家チュンシク(ユ・ジュンサン)と久しぶりに出会い、マッコリを>>続きを読む

よく知りもしないくせに(2009年製作の映画)

4.0

 映画はある映画監督ギョンナム(キム・テウ)が駅に到着したところから始まる。主人公を演じるキム・テウは『女は男の未来だ』と『浜辺の女』に続いて、3度目のホン・サンス作品での起用になる。駅を出ると1人の>>続きを読む

アバンチュールはパリで(2008年製作の映画)

3.9

 2007年初夏、アメリカ人留学生と弾みでマリファナを嗜んだソンナム(キム・ヨンホ)は、彼の逮捕の知らせを受け、警察の目から逃れようとフランスのパリへ飛ぶ。故郷に新婚妻(ファン・スジョン)を残し、憧れ>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

 子供には広いベッドの上、ジャンプする少年は頭に宇宙飛行士の帽子を被りながら、宇宙への憧れを夢想する。広大な宇宙を模した壁紙。青い『スター・ウォーズ』のTシャツ、傍のテーブルに置かれたテディベアのぬい>>続きを読む

浜辺の女(2006年製作の映画)

3.8

 ソウル市内にある呑み屋、映画監督のチュンネ(キム・スンウ)は、後輩の美術監督チャンウク(キム・テウ)を引き連れ、いつものように呑んだくれている。極度のスランプに陥り、新作の脚本が書けなくなったチュン>>続きを読む

>|