curvedairさんの映画レビュー・感想・評価

curvedair

curvedair

  • 117Marks
  • 13Clips
  • 0Fans
  • 0Followers
  • 0Followings
  • List view
  • Grid view

ピラミッド 5000年の嘘(2010年製作の映画)

3.0

特に詳しくないので、ほぅそうなのねぐらいの感想しかないが、こういう系は観ててワクワクする。まぁこれも説の1つなんでしょう。

サウンド・オブ・メタル 聞こえるということ(2019年製作の映画)

3.8

人間というのは、どんな苦境に立たされても、乗り越えられるし、逆に成長できるという話。思ってたのと全然違かったけど、これは良い映画。

酔拳2(1994年製作の映画)

3.7

超久しぶりに鑑賞。何回観てもブチ上がる。まさにマスターピース。まぁ本人自体は、いま世界からめちゃめちゃ嫌われてますが。。

聖母観音大菩薩(1977年製作の映画)

2.9

当時の様々な問題を取り扱いつつも、真面目に見るような映画ではない。。

Tribe Called Discord:Documentary of GEZAN(2019年製作の映画)

3.3

GEZANのドキュメンタリーというか、この監督のドキュメンタリーなのでは?あと、編集という意味では編集されてないとこが逆にこの監督が感じたリアルなモヤモヤ感が伝わってきたなと。

Endress Waltz エンドレス・ワルツ(1995年製作の映画)

3.6

広田レオナ、喋ってる灰野さん、フェダイン、副島輝人ってあんな顔してたんだとか、いろいろとたまらん映画でした。

シチリアーノ 裏切りの美学(2019年製作の映画)

3.2

予習してから見れば、もっと楽しめた気する。もったいないことした。

SNS-少女たちの10日間-(2020年製作の映画)

3.3

アグレッシブな変態がいっぱい出てくる。イケメンのところは少し恣意的かな。

異端の鳥(2019年製作の映画)

3.3

少年に酷い事が起こり続ける。何故かサドの美徳の不幸を思い出した。。

大奥十八景(1986年製作の映画)

3.1

冒頭のヘリからの俯瞰が良い。女優がみんな綺麗、挿入歌もなんか耳に残る。無駄に金がかかってるバカ映画。

スリー・フロム・ヘル(2019年製作の映画)

3.4

この間ひさびさに1作目を見たが、比べるとだいぶ洗練されてる気がする。良かった!

21世紀の資本(2017年製作の映画)

3.3

格差に関しては、いろんな人が警鐘を鳴らしているが、結局は行くとこまで行くしか変わらんのだろう。。

タイガー・ウッズ/光と影(2021年製作の映画)

3.7

作中に彼を闇に落としたのは、世間が彼を彼以上にしようとしたことという話があったが、仕方ない気がする。。どう考えても彼はゴルフの神だもん。

mid90s ミッドナインティーズ(2018年製作の映画)

3.3

これを観ると、自分がこの時代から全くアップデートしてないことがよくわかる。それぐらい90年代が良かったということか…。

死霊館のシスター(2018年製作の映画)

2.9

内容はあって無いようなもんなので横に置いといて、ちょいちょいビビらせてくる演出ぐらいか。まぁそれも一辺倒だったけど。。

ロード・オブ・カオス(2018年製作の映画)

3.3

ポーザーであるか、そうでないか。その発想自体が中二という罠。

ビクラムの正体 ヨガ、教祖、プレデター(2019年製作の映画)

3.1

人の欲に付け込むのがうまかったオジサンの話。たまたまテーマが「ヨガ」だったってだけ。

マーダー・ライド・ショー(2003年製作の映画)

3.1

初めて観た時には感動した記憶があったが、十数年ぶりに観るとそうでもなかった。。

三島由紀夫vs東大全共闘 50年目の真実(2020年製作の映画)

3.9

三島由紀夫は話が上手いな。映画自体の編集も非常によく、事前知識がなくても十分にのめり込める。

コスモス(2015年製作の映画)

3.0

全く理解できなかった。この監督の他の作品も観てみることにする。

エイリアン(1979年製作の映画)

3.0

改めて観るとこんなんだったっけ?って感じ。もうちょい戦ってたような記憶があるが。。2作目や3作目と混同しているんだろう。

>|