dairinzaiさんの映画レビュー・感想・評価 - 2ページ目

dairinzai

dairinzai

映画(863)
ドラマ(229)
アニメ(0)
  • List view
  • Grid view

ティーンエイジ(2013年製作の映画)

4.5

抑圧に抗い平等を求める青年運動を取り上げたティーンエイジャー前史。
「大人は未来を設計するが、若者は未来を生きる
そして私たちは未来を求めた」
視点が若者。生々しくて情熱が伝わる。文化はこうやって確立
>>続きを読む

ダンジョンズ&ドラゴンズ/アウトローたちの誇り(2023年製作の映画)

4.0

このくだらない感じが最高よね。「大したことしてません」感の潔さ。
ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3に期待していたものが詰まっている。

ほつれる(2023年製作の映画)

4.1

不快感の蓄積で関係が歪む。
本心は頑なで譲歩しないが、争わない。
生々しくて痛い。

わたし達はおとな(2022年製作の映画)

3.9

見事な会話劇。
切実に希望を求める気持ちが辛い...
最後のシーン、「宮本から君へ」の靖子のかぼちゃを思い出した。

終わらない週末(2023年製作の映画)

5.0

ホワイト・ノイズ〜ドント・ルック・バック系譜の不条理コメディディザスタームービー。
システムに頼る我々が不測の事態に直面したらこうなるのかな。日常に侵食する物語。
個人的にはバッチリ👌

ある男(2022年製作の映画)

4.0

原作ファンとしても納得の見応えのある映画でした。
分人主義。我々は様々なペルソナで生きる。他人の物語に没頭する。彼と何が違うのか。私は誰なのか。

インディ・ジョーンズと運命のダイヤル(2023年製作の映画)

3.7

the sign podcast でも話題になっていたな。フィービー・ウォーラー=ブリッジは「第四の壁」を超えても良かったって(笑)

NTLive『フリーバッグ』(2019年製作の映画)

4.8

同性ではない自分が完璧な共感を持ち得たとは決して言えないが、それでも主人公には心掴む圧倒的な魅力があった。自由で陽気なのに痛々しい。最低なのに最高。感動的。

ザ・フラッシュ(2023年製作の映画)

4.2

「理論」の矛盾を補う魅力的なタイムトラベルモノ。これは嫌じゃないマルチバース。
最高の娯楽映画。

ザ・スーパーマリオブラザーズ・ムービー(2023年製作の映画)

3.6

予告通りで予想通り。当たり前なのだが。
テンポ良く没入感を堪能できた。ゲームしてる感覚かな。音楽も◎

87分の1の人生(2023年製作の映画)

4.4

これは期待を超えた。
普通の「いい映画」ではない。
登場人物でgood personはひとりふたり。
ラストシーンが印象的だ。
フローレンス・ピューの歌声と
セレステ・オコナーがゴールした時の決めポー
>>続きを読む

ドント・ウォーリー・ダーリン(2022年製作の映画)

4.1

フローレンス・ピュー演技ね。一番じゃない?
最後どうなったのかはもう少しヒントがほしい。
監督の次作が楽しみ。

バビロン(2021年製作の映画)

3.8

嫌いではない。
でもとっ散らかって纏まりがない印象。捻り過ぎ。
最後の「感動しろ」感も苦手かな。

ドリームプラン(2021年製作の映画)

4.3

スーパー・ファーリー・アニマルズに"Father,father〜"って歌詞から始まる"Venus & Serena"って曲があったな。
件の騒動があり何となく観ないでいたけど、「父の支配」をエゴとして
>>続きを読む

aftersun/アフターサン(2022年製作の映画)

4.8

何処となく暗い雰囲気が立ち込める思い出の旅行。ビデオカメラ越しに交差する視線と思惑の乖離...辛い。
余韻がいいね。ずっと続いてる感覚。
ただ物語後の断絶は想像せざるを得ない...

ザ・キラー(2023年製作の映画)

5.0

大きなスクリーンで体感できてよかった。あっという間の2時間。丁度良い時間帯に登場のティルダ・スウィントンのシーンがハイライト!
観終わったあと、スミスの聴こえ方とゴミの捨て方が明らかに変わった。

ザ・クリエイター/創造者(2023年製作の映画)

4.8

賛否両論あるけど、自分は好き。大好き。
日本ではお馴染みのモチーフ「人間 VS AI」に興奮が止まらない。映像美は勿論素晴らしいが、むしろ語り口の巧さで魅せる映画。俳優陣も文句なし!
Everythi
>>続きを読む

すずめの戸締まり(2022年製作の映画)

3.9

誠実さは伺えるが違和感が残る。
まんまと作者の術中にはまったかも。
でも全体を通して楽しめました。

6才のボクが、大人になるまで。(2014年製作の映画)

4.1

手法が取り沙汰されているが、突拍子もない事件が起こらず淡々と進んでいくドキュメンタリータッチな趣きが好き。
流石のリチャード・リンクエイター。

アステロイド・シティ(2023年製作の映画)

4.8

精巧に作り上げられた様式美。
入れ子構造の風刺劇。
流石一筋縄ではいかないが、
「良い体験した」としみじみ実感。

ガーディアンズ・オブ・ギャラクシー:VOLUME 3(2023年製作の映画)

4.2

やはりキャラクターが魅力的🦝
終わり良ければすべて良し感は否めないが、最近のMCUの中では好きな作品の類。バランス感覚が良いよね。

バービー(2023年製作の映画)

5.0

凄い映画。
皮肉たっぷりの痛快なコメディで、
男の嫌な部分を見せつけられて
ギョっとしました。
容赦ないです。

アントマン&ワスプ:クアントマニア(2023年製作の映画)

3.8

普通かな。
アントマンはもっとこじんまりとした話であってほしい。

シン・仮面ライダー(2023年製作の映画)

3.3

人間離れした世界観。異様さがただならない。
二人の仮面ライダーの演技が良かった。
好みではないだけ。