TomoHojoさんの映画レビュー・感想・評価

TomoHojo

TomoHojo

2017/6月開始。出来るだけ公開中の作品を中心に自由気ままに書き込んでるただの映画ラヴァー。洋画邦画とも大作から単館ミニシアター系迄出来るだけ最低でも週三~四本を目標に劇場へ。印象に残っている過去の作品もランダムでアップ中。

映画(391)
ドラマ(0)

ワイルド・ブレイブ(2018年製作の映画)

2.5

カリコレの罠へ見事に嵌りましたね。笑。
ある程度予測は出来てはいたのですが。
まぁ、これも醍醐味の1つという事で。
しかし、素人で地の理があるとはいえ、家族一家総出で強すぎるわ。
特に母ちゃん!!!

ウインド・リバー(2017年製作の映画)

2.8

いくら実録ベースだとしても、
そんなオチで良いのかいな?
というのが第一印象。
そして、題材は決して悪くないのに演出の緩さが否めない。
個人的には緊張感もあまり感じなかった。
ネイティブアメリカンの保
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.2

いや〜こうも暑い😵と近所の劇場しか無理という事で全くノーマークだった本作を鑑賞。カリコレやら観たいのもそこそこあるんだけど、遠出は。。。それ程遠くもないのですが。。。笑。

ホント人間って愚かな生き物
>>続きを読む

静かなる叫び(2009年製作の映画)

4.1

ヴィルヌーヴ信者としては、何故か観落としていた本作をようやく鑑賞。公開時に都合がつかなかったので、ホッと一安心。

大傑作「灼熱の魂」以降の躍進ぶりからすると、若干荒削りな部分を残しつつも、あの独特な
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか? 横から見るか?(1993年製作の映画)

3.7

劣悪のアニメ版から続けて放映されていたので公開当時以来、超久々の鑑賞。

オリジナルは良くも悪くも、
岩井俊二ワールド炸裂で、
甘酸っぱくも親近感の持てる青春群像劇に仕上がっている。

やっぱり、
>>続きを読む

打ち上げ花火、下から見るか?横から見るか?(2017年製作の映画)

1.2

わぁ、、、
完全に苦手な世界観!
をも通り越して、オリジナルのイメージをここまでぶち壊してしまっているリメイク作品も珍しいのではないだろうか?
とにかく浅い。
そしてキモイ。
中学生の妄想劇場に付き合
>>続きを読む

グッバイ・ゴダール!(2017年製作の映画)

2.8

ステイシー・マーティン(超タイプ)の可愛いさだけがとにかく際立っていた!自伝映画化だから、仕方がないものの、作風としてはやや単調。

ゴダール作品はそれなりに観ているが、それほど熱狂的なファンでもない
>>続きを読む

菊とギロチン(2016年製作の映画)

2.0

具体的なメッセージも個人的には全く伝わらないまま、只々耐え凌ぐ三時間一本勝負。とにかく無駄に長い。。。
大正の時代背景をもう少し理解出来ていれば、それなりに楽しめたのかもしれないが、それでも、何だか瀬
>>続きを読む

スウィンダラーズ(2017年製作の映画)

3.8

ヒョンビンが終始藤木直人に見えて仕方なかったが、笑、韓流独特の適度な緊張感を保ちながら展開されるストーリーはベタだが、個人的には十二分に堪能出来た。

脇を固めるキャスト陣も安定の布陣。特に、ぺ・ソン
>>続きを読む

REVENGE リベンジ(2017年製作の映画)

3.0

とにかくツッコミどころ満載のグラインドハウス系統の何だか時代錯誤感ありありのシンプルな復讐劇。

期待値上げ過ぎてたのもあるが、それは無いだろう!?の連続で、
そこ普通は笑わないだろうというシークェン
>>続きを読む

セラヴィ!(2017年製作の映画)

3.0

大人のフレンチコメディ風味。

序盤はなんだか退屈で、ムッ?となるが、終盤はなんとか、ホッコリと着地する。

好みかと問われれば?だが、
総合的には及第点かな。

大爆笑させない加減が、
良くも悪くも
>>続きを読む

ブエナ・ビスタ・ソシアル・クラブ★アディオス(2016年製作の映画)

3.9

1998年当時の一大ムーブメントを知らずに、又、一作目を観てないと本作を存分に満喫する事は難しいのではないでしょうか?そこだけが気にはなるのですが。。。

当時はライ・クーダーの大ファンという事もあり
>>続きを読む

エヴァ(2018年製作の映画)

1.5

ここまで完全放置プレーを喰らう作品も稀なのでは?
凄い事が起こってそうで、
起こっているのかさえ、分からないまま只々過ぎ去る時間。
悪女なのか?
男がだらしないだけなのか?
結論が出ないまま終焉を迎え
>>続きを読む

アイ・アム・タレント(2016年製作の映画)

3.1

スケボーに全く精通していない自分だが予告編に惹かれて鑑賞。

スケボーマニアが観たら結構興奮するであろう要素が散りばめられているが、自分的には登場するプロスケーターなども全く知りもしないので、終始かな
>>続きを読む

ハン・ソロ/スター・ウォーズ・ストーリー(2018年製作の映画)

2.3

うーむ。
あまりのつまらなさに良い感想が全く思いつかない。。。
鼠の王国へ魂を売ってしまったからなのかは知らんが、こんなスピンオフ必要あったのだろうか?
眼の錯覚か画面も全体的に暗いし、ストーリーもピ
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.2

脚本とアイディアで成り立っている映画愛に溢れたジャパニーズインディペンデント作品!

いや〜笑いましたねー。
久々に劇場で爆笑しましたわ!

前半のワンカットゾンビシーンではむっ?むっ?となったものの
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.0

期待値が大き過ぎたのもあるが、個人的にはイマイチの作品だったかな?シリアス要素満載なのに、ほのぼのな演出が何かミスマッチで、なんだか中途半端な印象しか残らなかった。決して悪い作品じゃないのだけど、自分>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

4.1

先ずは大好きな女優のエリザベス・シューを大画面で久々に拝めた事で個人的には本作の評価がうなぎ登りで上昇します。老いても美しさは健在。ありがたや、ありがたや。

スポーツファンでもあるにもかかわらず、こ
>>続きを読む

ザ・ビッグハウス(2018年製作の映画)

4.2

正直言ってここまでオモロイとは思わなかった観察記録作品。「ビッグハウス」というミシガン大学アメフト部の巨大なホームグラウンドをフィルターとして炙り出される🇺🇸の光と陰。まるでスタジアム自体が生き物の様>>続きを読む

夜の浜辺でひとり(2016年製作の映画)

3.7

キム・ミニのPVを観てるかのような錯覚に陥る作品。
ストーリーは至ってシンプル。
でも観る人を選ぶ一品かと。

前半のかったるい感じ(直前に観た「それから」の大失態だけは回避しょうと踏ん張る!)を乗り
>>続きを読む

それから(2017年製作の映画)

-

しまった!
大失態。。。
期待していた作品だったのに、週末の疲れが溜まっていたのか、出足の夫婦の会話で、睡魔に襲われ。。。完全な寝落ち。起きた時には時既に遅く、キム・ミニがタクシー🚕に乗っているシーン
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.5

「SON」息子 =「SUN」太陽。
なるほどね〜

主人公のオギー君は太陽!その周りを取り囲む登場人物達は、両親、姉、同級生、先生、皆が太陽を囲む惑星群であり、そんな太陽を主軸に各々がそれぞれ影響を受
>>続きを読む

死の谷間(2015年製作の映画)

2.7

徹底的に低予算でミニマルに仕上げた仮想ディストピアものと思わせつつ、全くSF感はそこにはなく、摩訶不思議な男女の三角関係を描いた作品。

2015年公開との事でハナから疑ってかかっていたのだけれども、
>>続きを読む

女と男の観覧車(2017年製作の映画)

3.4

コニーアイランドに一度でも行った事があれば、1950年代が舞台でもその独特のゆる〜い感じが巧く描写されていて物語にスーッと引き込まれる。

それゃ、ウディ・アレンの過去の名作と比較してしまうと???だ
>>続きを読む

母という名の女(2017年製作の映画)

2.7

現実でも、どこにでも居そうな?クソBitchな母親の悪態?いや醜態!をメインに据えたかなり胸糞が悪くなる物語。何故あんな行動に走ってしまったのか?の具体的な心情描写がないが為に余計混乱を招いてしまう。>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.5

「30年後の同窓会」では全くない。相変わらず邦題を付けた人のセンスを疑ってしまう。原題「Last Flag Flying」が的を得てる。これは最後にじっくりと伝わってきます。

どちらかというと、ベト
>>続きを読む

Vision(2017年製作の映画)

2.5

好き嫌いがはっきりと別れそうだが、自分の心には全く響かない摩訶不思議な珍作。

吉野の山や自然描写は美しく素晴らしいのだけど、ストーリー自体がチンプンカンプンで、狙い過ぎで軸がブレまくってしまっている
>>続きを読む

祝福~オラとニコデムの家~(2016年製作の映画)

3.5

監督トークショー付試写会鑑賞。

まるでモキュメンタリー?の趣きを感じさせるポーランド発の少女オラの視点から淡々と展開される作品。

とにかくカメラと登場人物達の距離感が半端なく近い。監督と主人公達の
>>続きを読む

最初で最後のキス(2016年製作の映画)

2.8

賛否両論あるとは思いますが、個人的にはあらゆる意味で全く共感出来ず、期待していただけに。。。残念。

サントラも演出も含め、とにかく全体的に軽過ぎる構成。🇮🇹でスマッシュヒットというキャッチコピーでし
>>続きを読む

名前(2018年製作の映画)

3.0

舞台挨拶付完成披露試写会鑑賞。

ストーリー内容を含め、キャスト、舞台設定、演出がとにかく地味。かといって退屈かと問われればそうでもないし。。。なんかモヤモヤ感が残ると思ったら気付いた点が一つ。

>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

1.8

摩訶不思議な男性限定試写会鑑賞。

うーむ正直言ってつまらないです。。。
原作は好きだったので、楽しみにしていたのですが。。。
改めて原作(漫画)を映画化する事の難しさを痛感。
映画の入りから???で
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

3.2

オリジナル米国版のファンなので、期待と不安半分で鑑賞。

意外と主人公の設定以外は、オリジナルに忠実な製りでビックリ!
監督からしてコメディー色全開でグイグイくるとおもいきや、適度な笑いを絡めつつ、ラ
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

3.8

前夜祭鑑賞。

「分かっちゃいるけど、やめられなーい」相変わらずのMARVEL作品。良くも悪くもコテコテのMARVELワールド。懲りずに一番乗りで観てしまう自分がいるのも確かな事実。まぁ、好き嫌いを通
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

3.9

第一印象はとにかくキャスティングの妙技。これだけ日本を代表する俳優陣が集結してるとそう実感させられる。

そんな中残念ながら、リリーフランキーだけが、生粋の役者では無いだけにどこかもの足りなさを感じて
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

3.8

PTA会長。。。
こうきましたか。。。
それゃ、直球勝負はしないお方なので、ある程度は予測していましたが。。。
もう少しカーブ、スライダー、フォークなども組み込んだ多彩なリードをされるかと思いきや。。
>>続きを読む

ビューティフル・デイ(2017年製作の映画)

4.8

静粛なる狂気に満ち溢れた、アメリカン/ブリティッシュNEWノワールの傑作誕生!

とにかくホアキン無双!
天晴れホアキン!
過去のトラウマ?妄想?現実?に苦悩しながらも不思議と逞しく美しい好漢ぶりに同
>>続きを読む

>|