TomoHojoさんの映画レビュー・感想・評価

TomoHojo

TomoHojo

2017/6月開始。出来るだけ公開中の作品を中心に自由気ままに書き込んでる40代半ばのただの映画ラヴァー。洋画邦画とも大作から単館ミニシアター系迄出来るだけ最低でも週三~四本を目標に劇場へ。印象に残っている過去の作品もランダムでアップ中。

映画(333)
ドラマ(0)

パティ・ケイク$(2017年製作の映画)

3.9

いかにもサンダンス映画祭で喝采を浴びそうな良質なアメリカン「ド」インディー作品。

非常に好みの作風で、アメリカ在住時には頻繁にこういう作品を観に行ってたなーと感慨もひとしお。日本公開を決断した配給会
>>続きを読む

タクシー運転⼿ 〜約束は海を越えて〜(2016年製作の映画)

4.1

韓国映画界の本気度が120%ストレートに伝わってくる力作。

完全に現在のハリウッドにも引けを取らない?いや、それすら凌ぐ「熱さ!」がこの作品には込められている気がします。邦画との差は開くばかりでさみ
>>続きを読む

アメリカン・ヴァルハラ(2017年製作の映画)

3.7

イギー・ポップ信者としては見逃せないと思い劇場へ!

作品としては昨年公開のジャームッシュ監督作「ギミー・デンジャー」には遥かに及ばない。。。。それは自分がジョシュ・ホーミに全く思い入れがないからなの
>>続きを読む

犯罪都市(2017年製作の映画)

3.7

ある一定のレベル迄達している韓流エンターテイメント作品。だが、何かがもの足りない。。。斧やナイフや包丁が乱れ飛ぶ「ノワール感」も醸し出されていたが、何かがもの足りない。。。

色々と考えてみたが、やっ
>>続きを読む

ホース・ソルジャー(2018年製作の映画)

3.2

ごくごく普通な実録物のアメリカン戦争映画。

あまり馬が出て来ねーなと思ったら、原作本のタイトルが「Horse Soldier」だった。だったら納得。

かなり偏差値低めのミニタリー寄りの作風なので、
>>続きを読む

いぬやしき(2018年製作の映画)

2.5

原作未読。

「漫画みてぇーな映画だなー」と思ったら、そうだ!これは漫画が原作なんだと思い返す始末。。。漫画だからこそ出せる世界観を映画にしてしまいズッコケてしまっている良い?サンプル例。

ノリさん
>>続きを読む

ロンドン、人生はじめます(2017年製作の映画)

3.0

ロンドンの高級住宅街「Hampstead (原題)」で展開される、熟年版恋愛青春物語。

相変わらず邦題のセンスの無さには目を覆いたくなるが、今回は仕方ないのかなと?

実話ベースということだが、かな
>>続きを読む

ラスト・ワルツ(1978年製作の映画)

4.5

不朽の名作、Rockumentary、スコセッシ監督の「The Last Waltz」が最大音量上映でやってるという事で劇場鑑賞。

The Bandのファンでもあり、既に何度も作品自体は観ているが、
>>続きを読む

パシフィック・リム アップライジング(2018年製作の映画)

2.5

大傑作である前作で表現されていた、独特の情緒ある「WabiSabi感」(日本へのリスペクト感) はすっかり影を潜め、あきらかに迷走してしまっている続編。

怪獣?ロボット?アクション?ものとして素直に
>>続きを読む

ザ・スクエア 思いやりの聖域(2017年製作の映画)

4.2

完全無欠の「ブラック」な作品。

個人的にはどストライクな展開。秀逸な脚本と演出がこのクソ長い150分という時間を有意義にさせてくれるから不思議だ。。。

利己的な思想とは?
偏見とは?
プライドとは
>>続きを読む

レディ・プレイヤー1(2018年製作の映画)

3.7

IMAX3D試写会鑑賞。

とにかく、80年代カルチャーがびっしりと詰まったスーパード派手なエンターテイメント作品。80年代を実体験してる身としては、感慨深いものがあるが、現代の若者達はどう捉えている
>>続きを読む

モリーズ・ゲーム(2017年製作の映画)

3.2

名脚本家=名演出家とは成らずというのが、鑑賞後の第1印象。

題材は素晴らしいのに、完全脚本家目線で、演出してしまっている為?、何だか目一杯詰め込み感が強過ぎで、目粉しい展開について行くのが大変。その
>>続きを読む

きみへの距離、1万キロ(2017年製作の映画)

3.0

遠隔操作の片想いとストーキングの狭間を描いた作品。いや、やっぱり完全にストーキングだなありゃ。

失恋して意気消沈して、ハッパで気を紛らわす完全鬱状態の主人公が遠隔操作で見つけだす、モロッコの美少女。
>>続きを読む

ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル(2017年製作の映画)

2.8

全くスルー案件だった本作。
同日朝から既に3本鑑賞済だったので、疲労困憊だったが、急遽家族サービスでIMAX3Dレートショー鑑賞。

前作も公開当時に観てるが、あまり印象には残っておらず、「むっ?確か
>>続きを読む

アンロック/陰謀のコード(2017年製作の映画)

2.2

豪華キャスト故の日本公開なのだろうが、あまりにもお粗末な展開に開いた口が塞がらない程の出来栄え。。。これぞ、未体験ゾーン枠で良いのではないだろうか?いや、それ以下かも。。。

憐れ過ぎるぜ、オーランド
>>続きを読む

娼年(2018年製作の映画)

4.1

「普通の人間だから?」

賛否両論だと思うけど、ここまで、やり遂げた、俳優「松坂桃李」を先ずは賞賛したい。彼自身のキャリアでターニングポイントになる作品である事は間違いないと思う。というか、良く本人も
>>続きを読む

クソ野郎と美しき世界(2018年製作の映画)

3.0

SMAPのファンでもなんでもないが、「新しい地図」で再スタートを切った、脱ジャニーズ感の確認と、製作陣に興味があり思わず初日初回鑑賞。

ストーリーとはズレてしまうが、
TOHO日比谷の1番シアター、
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

2.9

もう日本公開作品の邦題問題には嫌気がさしてしまう。何時も言っているが本作もそう!

なんで「さよなら、僕のマンハッタン」なのか?

全然さよならしないし、大した青春/恋愛映画でもない。どちらかと言うと
>>続きを読む

女は二度決断する(2017年製作の映画)

3.7

一皮剥けたダイアン・クルーガーに没頭する106分間。あんなに可愛いかった娘が初の母国ドイツ語で演じる、どちらかと言えば「汚れ」役は一見の価値有り。喜怒哀楽が良く醸し出ており、カンヌ映画祭主演女優賞もこ>>続きを読む

ザ・シークレットマン(2017年製作の映画)

3.5

試写会を含めると2018年通算100本目の劇場鑑賞。

「The Post ペンタゴン・ペーパーズ」からの流れで完全スルー予定だった本作を滑り込みセーフで劇場鑑賞。上記作の影響か?満員御礼の場内。後日
>>続きを読む

レッド・スパロー(2017年製作の映画)

3.5

TOHOシネマズ日比谷先行上映、IMAXで鑑賞。

アクションは抑え目で心理戦サスペンス要素に重点を置いたスパイもの。もう少しグロくて、エロイ感じの作品を期待していたが、若干予想とは違ってたかな?
>>続きを読む

ペンタゴン・ペーパーズ/最高機密文書(2017年製作の映画)

4.3

TOHOシネマズ日比谷先行上映。
と言っても旧スカラ座の新装開店スクリーンでしたが。。。トイレが改装されてないのにはビックリしました。笑。

ストーリーは名匠、名優、スコアがジョン・ウィリアムズとくれ
>>続きを読む

Oh Lucy!(2016年製作の映画)

3.3

舞台挨拶付完成披露試写会鑑賞。

うーむ評価が非常に難しい。。。
アメリカやフランスでは大好評のようだが。。。
陽気なアメリカンと内気な日本人の対比がウケていると思うのだが。これは海外からの目線で評価
>>続きを読む

獄友(2018年製作の映画)

3.8

「冤罪」も様々なのね。。。
「無期懲役」と「死刑」判決を受けた者の違い。
「無罪」を勝ち取った者と出所しても未だ「再審」さえ受ける事も出来ない者。
正直、もう少し軽い内容を予想していた自分にはかなり重
>>続きを読む

見栄を張る(2016年製作の映画)

3.0

葬儀専門泣き屋。
ペヤングに生姜。
売れない崖っぷち女優。
その娘に依存するお笑い芸人の彼氏。
残された亡くなった姉の息子。
田舎独特の閉鎖感。

題材は全て揃っているし、
シリアスのようでいてマッタ
>>続きを読む

私は絶対許さない(2018年製作の映画)

3.5

実際に15歳で集団レイプ被害にあった女性目線で描かれる完全史実ものの映画化。監督自身がトラウマ専門の精神科医だけあって?演出面などのツッコミどころは満載なのだが、妙に被害者目線から全編描かれているのが>>続きを読む

BPM ビート・パー・ミニット(2017年製作の映画)

3.1

HIV問題を実体験してる世代としては良く理解しているつもりで鑑賞。実際に薬物感染で友人を亡くしている自分としては何だか不思議な感覚に陥ってしまった。

「ACT UP」の活動方法は大手を振って賞賛は出
>>続きを読む

トレイン・ミッション(2018年製作の映画)

2.7

特筆べきとこは、オープニングのリーアム・ニーソンの厳しくも頑な家族の日常を描いたシークエンスと「眉間のシワ」くらい?

タイトルも原題「The Commuter / 日常通勤(者)」の方がしっくりくる
>>続きを読む

ベルリン・シンドローム(2017年製作の映画)

3.0

@fansvoicejp 限定最速独占試写会鑑賞。

決してポスターから連想されるようなホラー作品ではありませんでした!どちらかというと心理サスペンスドラマ?

ある女の子が憧れの地ベルリンで「One
>>続きを読む

トゥームレイダーファースト・ミッション(2018年製作の映画)

2.2

敷き詰められている地雷がある事も、それを回避出来ない?事も、覚悟の上での鑑賞。何故ならアリシア姫の勇姿を観たいが為に。。。

結果は案の定、、、

「爆死」deathた!

オスカー受賞以降のアリシア
>>続きを読む

時間回廊の殺人(2016年製作の映画)

3.8

邦題からはサスペンス物かと思いきや、ホラー要素満載のキリスト教をベースとした家族愛を描いた物語。

タイムリープものでもあり、時系列を追うのにかなり労力が必要で、あげたらきりがない程ツッコミどころ満載
>>続きを読む

ニワトリ★スター(2018年製作の映画)

1.0

何を伝えたいのか全く分からないまま過ぎ去る、只々退屈な135分間。。。とにかく長い!中途半端なアニメ?、ドラッグ、セックス、暴力描写。やりたい事が分からないでもないが、何もかもが自分の心には突き刺さら>>続きを読む

素敵なダイナマイトスキャンダル(2017年製作の映画)

3.7

正にthat’s 昭和な作品。

ストーリー的には自分の親父世代の方々の実話なんだが、後半は自分も僅かに実体験している世代なので妙にノスタルジックな展開。あー昭和は良かったなーと。

私事で恐縮ですが
>>続きを読む

ウィンストン・チャーチル /ヒトラーから世界を救った男(2017年製作の映画)

3.9

自分にとってのゲイリー・オールドマンといえばやっぱりシド・ヴィシャスなんですよね。あのインパクトは未だに忘れられない。

その後も、数々の悪役から名脇役迄こなしているし、ベートーヴェン、オズワルドなど
>>続きを読む

ダンガル きっと、つよくなる(2016年製作の映画)

4.4

いやーインド映画は外さない!
安定感抜群のアーミル・カーン!
最初は「星一徹」かと思ったが、笑、このパパが発する台詞が随所随所で物語のキーポイントになってきて、素晴らしい脚本と演出力。
驚く程のスポ根
>>続きを読む

ヴァレリアン 千の惑星の救世主(2017年製作の映画)

1.2

ジャパンプレミア鑑賞。

あまりの内容の希薄さと酷く古臭いSF描写に言葉を失ってしまう程つまらない珍品。。。

「レオン」や「グランブルー」を撮った監督とは思えない。。。人ってこんなに変わってしまうん
>>続きを読む

>|