切身さんの映画レビュー・感想・評価

切身

切身

映画(1086)
ドラマ(0)

若い女(2017年製作の映画)

3.3

ジャケだとまぁ若く見えなくもないがふたを開けたらもう40歳かって思った。
別に年齢にこだわりはないが、たまに邦画でも、人気俳優起用したいがためにアラサーの俳優に高校生役とかやらせるいたいやつあって、あ
>>続きを読む

永遠に僕のもの(2018年製作の映画)

3.8

ダンスも練習したと聞いてニヤニヤした。
真のサイコパスって、顔関係ないんだな~。
悪いことをしてると人相悪くなるってのは、「悪いことをしている」という認識のある人に当てはまることで、殺人も悪いことだと
>>続きを読む

アンダー・ユア・ベッド(2019年製作の映画)

3.7

そもそも、高良にストーカーされても悪い気はしない。
ストーカーは恥だが役に立つ的な感想。

なぜあんな男と付き合い続け、結婚したのか、というのは人間の永遠の謎。

ドッグマン(2018年製作の映画)

3.7

ドッグマンは、誰だ?
という。
主従関係のお話。

飼い犬(マルチェロ)は飼い主(シモーネ)を選べない。

実話に基づいてるとか。悲しい。

パパは奮闘中!(2018年製作の映画)

3.4

クレイマー、クレイマー……????

あと、エクスクラメーションマークはなんか違うと思う。

奮闘……?????


タイトルと内容が合っていない。

ハリウッド 1969 シャロン・テートの亡霊(2019年製作の映画)

3.1

趣味が悪い、その一言。
あと、シャロンの言ってること分かる。
むしろ友達がうざこわい。

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

4.0

先日、マンソンのおんなたちで、シャロンステートについて復習と予習済み。

そして今日ついに!!!!!!

タランティーノは、ブラピとディカプリオの使い方がとてもとてもうまい。
タランティーノは、人を見
>>続きを読む

スパイダーマン:ファー・フロム・ホーム(2019年製作の映画)

4.0

うわぁぁぁぁぁぁぁ~……!!!
続き見た過ぎる……!!!!!!

なんかもうトビーマグワイアとかガーフィールドの方が良かったとかなしだね。
トムホランドいいじゃん。

アガサ・クリスティー ねじれた家(2017年製作の映画)

3.4

へ?ラストそんな感じなの???
っていうくらいあっけない。


登場人物が全員美女で、目の保養になった。

みなさんのおっしゃるとおり、探偵は推理してない。昔の恋人を想ってるだけ(でもかっこいいから許
>>続きを読む

チャーリー・セズ / マンソンの女たち(2018年製作の映画)

3.5

ワンスアポンアタイムと一緒に。

ヒッピーこわってなる。
洗脳こわってなる。
先生が良かった。わたしもこういう仕事したかった。

ジョーカー(2019年製作の映画)

4.0

アメコミの域を越えている……!!
コロナ渦の真っ只中だから、内容が刺さる刺さる……

アマンダと僕(2018年製作の映画)

3.7

エルヴィスは建物を出た
っていうワードの強さ。

とにもかくにも、人生はまだまだ続くよ、やってみないと分からないじゃないか。
ということ。

なんか既視感があると思ったら、レビューのなかに「うさぎドロ
>>続きを読む

飢えたライオン(2017年製作の映画)

3.7

誰が、飢えたライオンなのか、ということですよ。

新聞記者(2019年製作の映画)

3.9

これは現実に日本で起こっていることですよね笑ってかんじ。
ラストが秀逸。これは霞が関で起こっていることですかね笑ってかんじ。

サマーフィーリング(2016年製作の映画)

3.9

忘れる訳じゃない。
飲み込めるようになるだけなんだなと。

ノスタルジックな感じがマジで良い。
ハイスペックを求めすぎなんだよ。
こういうのすごく良い。

COLD WAR あの歌、2つの心(2018年製作の映画)

3.5

モノクロと音楽が映画を引き立てているが、中身は以外とあっさり。
結末も何となく予想できてしまったが、やはり長年の愛を考えるとすこし切なくなった。

ジェフリー・ダーマー(2002年製作の映画)

3.3

多分最初に断られてなかったら、世紀のシリアルキラーは生まれなかったかもしれない。
Twitterとかで募集すれば、すんなりいったのではとかよこしまなことを考えてしまう。

LOVEHOTELに於ける情事とPLANの涯て(2018年製作の映画)

3.6

最後wwwww
結局誰得?
ということを考えながら見ましょう。

絶対舞台で見たいやつ。

僕はイエス様が嫌い(2019年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

ユラ役の男の子がよい。
そして、若くして亡くなったというのは、監督の親友なのだろうか?(つまり和馬)
彼のことを思ってこの作品までたどり着いたのなら、愛が半端ない。

希望の灯り(2018年製作の映画)

3.5

気持ちがほっこりした。
今、世界がすさんでいるので、こんな風に毎日をたんたんと過ごすことの幸せってのが身に染みる。
小さな幸せと小さな不幸を感じられる、普通が一番良い。

岬の兄妹(2018年製作の映画)

3.6

こういうきっかけで売春するしかいきる術を持たない場合というのは、実は結構あるんじゃないかと。
方法がわからないのだ、抜け出す方法も、お金を稼ぐ方法も。

ハーツ・ビート・ラウド たびだちのうた(2018年製作の映画)

3.5

どっちの旅立ち(巣立ち?)を応援してるのか分からなくなるくらい、ほのぼの良い家族。
私も親子の関係をこんな風にできたら良いのにと思う。

映画ドラえもん のび太の恐竜2006(2006年製作の映画)

3.5

ドラえもんてこんな絵だったっけ??
っておもう部分多数。特に、目。

わたしはとにかく小さい頃毎年映画ドラえもんが大好きだったので、もちろん、のび太の恐竜は、前作の世代。

STAY HOMEのこの時
>>続きを読む

ペット2(2019年製作の映画)

3.4

話が飛び飛びになってしまい、どこに焦点を当てれば良いか分からない。
こういうのって、旅行先(トイストーリー的な)もしくは留守宅(ホームアローン的な)どちらかで満腹感味わえるはず。
そうなるとありきたり
>>続きを読む

さよなら、退屈なレオニー(2018年製作の映画)

3.6

スティーブがいてくれたことが救い。
あと、実父。
あの場面で嘘をつかなかったことが救い。

グレイテスト・サマー(2018年製作の映画)

3.5

あのおばあちゃんの孫なんだから将来有望。
ストーリーもぶっとんでて面白いけど、案外どこの家族も腹割って話せばこれくらいのこといくらでもでてくるだろう。

ジョーイキングかわいい。メモメモ。
(過去に数
>>続きを読む

幸福なラザロ(2018年製作の映画)

3.5

ラザロは現代にもいる。
社会に馴染めないのではなく、社会が忘れたり切り捨てたりしてきたものを失わず、広げず狭めず、大切に温めてきた人だ。
搾取される側の、なんともモヤモヤした話。

果たして、幸福とは
>>続きを読む

ある少年の告白(2018年製作の映画)

3.8

今なおある偏見。
会社とかでも聞くとうんざりする。
性的志向は矯正するものでも治すものでもありません怒!!!!


母は偉大。
私も、どんなことがこの先起こっても、ありのままの娘を受け入れようと思う。

セラヴィ!(2017年製作の映画)

4.0

めっちゃ面白かった。
何かを作るときの舞台裏って結構(ここまでいかないにしても)こんな感じだよね笑。カメラを止めるなの結婚式バージョンと言うか。
案外、深刻な状況ほど笑えるものはないよ。
笑いに変えよ
>>続きを読む

パリの家族たち(2018年製作の映画)

3.6

パリの母親たちと言えど、日本もそうそう変わらない。
どの母親も(ちなみに人物把握するまでに結構時間かかる。)、私たちと何ら変わらない。どう転ぶかもわからない。
明日は我が身。
たまに突き刺さる言葉ある
>>続きを読む

マイ・ブックショップ(2017年製作の映画)

3.8

終わり方が良かった。
意思は間違いなく引き継がれた。

ペット(2016年製作の映画)

3.4

外でなんもできないため、動画配信サービスの1日。
ずっと見ようと思っていた作品。(でもやはり王道であるトイ・ストーリーやミニオンに比べ少し下がる感じで、映画館までは足が向かなかった)
やはりトイ・スト
>>続きを読む

ジョン・ゲイシー(2003年製作の映画)

3.0

信じられないほどにゲイシー感が伝わらない……。私が読んでいた本のジョンゲイシーとはかけ離れている……。
もう少し期待していたのに……。

人魚の眠る家(2018年製作の映画)

3.9

第一感想→篠原涼子、老けたな……(役作りのせい?)。
第二感想→自分の子供とシンクロさせると涙止まらない。感情抜きで観ないと直視できない。

ほんのすこしの一人ずつの歯車の掛け違いが、思わぬ展開を呼び
>>続きを読む

たちあがる女(2018年製作の映画)

3.8

コメディか???テンションの違い(チグハグ?)で笑わせてくる。本人は至って真面目なのが良い。
ちょっと変わった(個性的な)女友達に勧めたいタイプの映画。

鈴木家の嘘(2018年製作の映画)

3.5

か、加瀬亮が最初だけ……!!!!

嘘は、ついていい嘘と悪い嘘があるのかもしれない。
でもきっと、いつかは本当をきちっと言うことが正義なのかもなと。
その時には、ついてしまった嘘を笑えるくらいがいい。

>|