切身さんの映画レビュー・感想・評価

切身

切身

ハミングバード・プロジェクト 0.001 秒の男たち(2018年製作の映画)

3.5

え?そんなことのためにそんなことまでする必要ある???
みたいな、経済に疎いわたしの率直な感想。
そんな、速度で、そんなに、変わるの??????

でもこういう方々のお陰で今の豊かな生活が、私たちも営
>>続きを読む

カセットテープ・ダイアリーズ(2019年製作の映画)

3.5

パキってそんなにアレなの?イギリスでは。
旦那に話したら、ベトコンみたいなもんだよ、みたいなもっとよくわかんない返しがあった。


青春謳歌と共に、家族の絆も感じられたラストでした。

スノー・ロワイヤル(2019年製作の映画)

3.4

真面目に見てはいけない。
真面目に見なければおもしろい笑。
一人の死によって一体何人死んだのか......。

長いお別れ(2019年製作の映画)

3.8

長いお別れ=認知症なのだね。
介護の「問題」、だけがクローズアップされるけど、問題のなかに幸せもたくさんあって、なんか一言では問題=不幸、とは言いきれないなと思った。
介護によって気づけた幸せもいっぱ
>>続きを読む

スケート・キッチン(2018年製作の映画)

3.9

もう私がこの時代に戻るのは不可能だから、私の子供がこういう感じに育ってくれるのほんと好き。
NY素敵すぎ。おしゃれ。おしゃれしてないのにおしゃれ。着飾ってないのに洗練されてる。ほんと子供こうなってほし
>>続きを読む

お名前はアドルフ?(2018年製作の映画)

3.8

アドルフのくだりあたりから「これもはやおとなのけんか(か大人の事情)やん!!」って思ってたらやっぱ観てる人みんなそう思ってるよね。そりゃそうだ。

ラストうまくまとまってとっても良い気分で終われました
>>続きを読む

屋根裏の殺人鬼フリッツ・ホンカ(2019年製作の映画)

3.6

面白かった。人殺すなんてそんなきれいなもんじゃないからね。そんなもんでしょう。
イケメンや美女が出てくるよりよっぽどリアルだね。

グランド・ジャーニー(2019年製作の映画)

3.6

トマがとにかくイケメンだった。観たことないなとおもったらこの映画が初なの?ファンに追加。

作品はものすごく良い。
ただ、私自身がやはりあまり動物モノにたいして心が動かないなと実感した一作になりました
>>続きを読む

今宵、212号室で(2019年製作の映画)

3.5

名曲に心癒されました。
いかにもフランスだ。
愛には色んな形がある。自分の(国の)愛の形だけが正しいとは限らないのだ。

アルプススタンドのはしの方(2020年製作の映画)

3.9

しょうがないと思うことほどしょうがないことなんてないのさ。

はしのほう、なんて!!!
みんな青春の中心ですよ!!!!
こうして社会人になって再開できるのって、まさに青春じゃないですか!!!
高校のと
>>続きを読む

天才作家の妻 -40年目の真実-(2017年製作の映画)

3.5

結局ジョーンはなにを愛していたのか。
小説が書ける自分なのか?
夫となった男性なのか?
今のそこそこの生活なのか?
称賛されるそのこと自体なのか?

物書きは奥が深いね。

Red(2020年製作の映画)

3.6

勝手に連合赤軍の恋愛かなんかだと勘違いしてましたが、全然ちがくてそれがまた良かった笑。

女って大変だな~とつくづく思いながらも、その大変さを招いてるのもまた女だな~。

先日も書いたけど、やはり「一
>>続きを読む

ポップスター(2018年製作の映画)

3.5

ポップスターって、最大の嫌みか?って思った。
芸能の皆さんって、こんなに嫌がらせされてるのかとおもうとふつうの目立たない人生でほんとに良かったって思う。
愛情と憎悪って表裏一体だね...。
人間ってこ
>>続きを読む

コリーニ事件(2019年製作の映画)

3.6

先日の冨安とイのラフプレーを思い出しながらみてた。
誰もが可能性あるし、真意のほどは闇の中だし、謝罪?赦し?の強要もガヤがやることじゃないし、互いの国民はモヤモヤしっぱなし。

WAVES/ウェイブス(2019年製作の映画)

3.9

人生は波のよう。
でも波ってさ、最初の発端があるんだよね。人間が分からないような小さなところに。

どの子もある意味ヤングケアラーだな。
これからもっと増える気がする。
こういう子たちのケアをどうして
>>続きを読む

エジソンズ・ゲーム(2019年製作の映画)

3.8

勝ち負けの問題じゃないよね。
そもそも、ライバルが居なければ、より良い案なんて出ないかもしれないし(エジソンに限ってそんなことはないのかもしれないが)。

文系からすれば、理系の全ての皆様に感謝だよ。

北の果ての小さな村で(2017年製作の映画)

3.7

自分が何をしたいのか?
それを明確なビジョンをもって導いてくれる人こそ、信頼のおける教師かもしれない。

そしてそういう教師というのは、一方通行の教えじゃなく、子供からも学ぼうとする姿勢がある。

>>続きを読む

火口のふたり(2019年製作の映画)

3.7

近親といえば近親だし、被災と言えば被災のなかの背徳感、みたいなものなのでしょう。

案外こんなもんでしょう。
あとやっぱ、一番すきな人とは結婚できない(しない)ほうが良いと思う。
ずっと好きでいられる
>>続きを読む

グッド・ボーイズ(2019年製作の映画)

3.9

ジェイコブ君が、普通に小学6年生やってて感動笑。今までの役どころが難しかったから、なんかとても嬉しい(母親のような気持ち)。

男の子三人っていいよね。物語が。
ズッコケ三人組もだけど、なんかこの時代
>>続きを読む

グッドライアー 偽りのゲーム(2019年製作の映画)

3.4

ロイがただただ嫌なやつ過ぎて、こんなおっさんだけには絶対近づきたくないと思った。

グレタ GRETA(2018年製作の映画)

3.5

グレタの心の闇にもう少し迫ってほしかった。

エリカさま最高。

サッドヒルを掘り返せ(2017年製作の映画)

3.7

Amazing!!!!!!!!!
熱中できるって素晴らしい。
熱意を注ぎ続けられるのもこれまた才能。

家族を想うとき(2019年製作の映画)

3.9

うわぁぁぁぁぁぁーーー......。
余韻映画やん.........。
最後の受け止めはどうしたら良いのだろうか。
痛々しいがこれが現実。
家族だからこそ難しいよね。
大切にするってこと。

ホームステイ ボクと僕の100日間(2018年製作の映画)

3.9

人生はカラフルだな、と。
いいときもあれば悪いときもある。
どこかを切り取ると単色だけど、全体でみれば色とりどり。

原作も読んだし映画もみたけど、こちらの作品もこれはこれでとても良き。

4.0に届
>>続きを読む

ロニートとエスティ 彼女たちの選択(2017年製作の映画)

3.8

異性愛の階級違いの恋愛以上に切ない。
また違った幸せがお互いに訪れますように...。

劇場版 ファイナルファンタジーXIV 光のお父さん(2019年製作の映画)

3.8

あまり期待していなかったが(坂口健太郎にだけ期待)、想像以上に良かった。
吉田鋼太郎が素晴らしい。こういう父親いるいる。

美人が婚活してみたら(2018年製作の映画)

3.3

黒川芽以だって、このレビュー書くまで気づかなかった...。雰囲気が変わった???
中村倫也と田中圭???ものすごくないか?????
内容はどうであれ(失礼ですねすみません)、この二人のスケジュールを押
>>続きを読む

ホテル・ムンバイ(2018年製作の映画)

3.9

こういう状況になったとき生き残れる気がしない......。
オリンピック、大丈夫かなぁ。。。
そんでなくてもコロナで色々あって色んなところが脆くなってるところに、テロリストがはいってきたときには、日本
>>続きを読む

プリテンダーズ ふたりの映画ができるまで(2018年製作の映画)

3.5

時期がよくなかったのかもしれないし、なんかもう時代遅れなのかもしれない。
みんなクリーンな関係がすきだから...。

こんなの全然幸せじゃない。つかれる。

存在のない子供たち(2018年製作の映画)

4.0

こういうの見てると、ほんと日本のというか、自分の日常の平和さになんていうか笑いが込み上げてくる。もはや喜劇。

ただ、状況は違えど、日本にも無戸籍の人はいて、彼らの苦労も計り知れない。見ようとしてない
>>続きを読む

ザ・ピーナッツバター・ファルコン(2019年製作の映画)

3.8

RPG的要素のある多様性ロードムービー。
そもそも今までの私の中の人生でダウン症が障がいだっていう感覚があまりない。たしかに、知的に遅れていたりすることもあるのかもしれないし、いろんな合併症があって身
>>続きを読む

スキャンダル(2019年製作の映画)

3.8

FOXだけで起きている問題ではない。
旧態依然の起用(採用)方法がまかり通ること自体が、もはやテレビ(などの既得権益で成り立っている業界)メディアの終わりの始まりって感じだよ...。

3人が、実はエ
>>続きを読む

ナポリの隣人(2017年製作の映画)

3.5

ロレンツォだけが悪いとも言わないが、因果応報の部分は多々ある。
中年まで拗らせると、死ぬ間際まで拗れたままなんだな。大変だ。

隣の芝は青く見える。

夜明けまで離さない(2018年製作の映画)

3.4

このレビューはネタバレを含みます

なぜ夜明けのあとすぐに出頭せずに散歩に行ったのか...。

囚われの美女(1983年製作の映画)

3.5

現実と虚構のお話。
ちなみに、いまどっちがわにいるか、私もよく分からなくなりました笑。
最初、吸血鬼の話感がハンパなかったのに、途中から全然ちがくなった。なんなんだろう...。

まぁ、映画も虚構なわ
>>続きを読む

シンク・オア・スイム イチかバチか俺たちの夢(2018年製作の映画)

3.8

シンクロダンディーズの方がこのみだったが、少し影のあるこっちの切り口もまぁ良かった。

おじさんブームに乗じていろんなおじさんの見せ方が最近ありますが、このおじさんたちはかわいいです。
おそらく、おじ
>>続きを読む

>|