hirobeyさんの映画レビュー・感想・評価

hirobey

hirobey

パスト ライブス/再会(2023年製作の映画)

3.9

このレビューはネタバレを含みます

フィルマの評価が高かったことと、A24作品ということで劇場へ。女性客が多かった印象。

ユダヤ系の旦那さんがとても紳士。特にバーでは。ただ、旦那さんがいない状況でお酒を飲んだらやばかったでしょうね。そ
>>続きを読む

オッペンハイマー(2023年製作の映画)

4.7

アカデミー賞7部門受賞のクリストファー・ノーラン監督の最新作。

"原爆の父"と言われるアメリカの物理学者オッペンハイマーの成功と苦悩を描いた伝記ドラマ。

原爆を作るまでの物語と、その後の公職追放に
>>続きを読む

初恋のきた道(1999年製作の映画)

4.2

おそらく3度目の鑑賞。
チャン・イーモウ監督。チャン・ツィイー映画デビューかつ主演作。原題は『我的父親母親』。邦題が素晴らしい。

父の訃報で帰郷した息子が、父と母の40年前の馴れ初めを回想する。美し
>>続きを読む

アラビアのロレンス/完全版(1988年製作の映画)

4.5

「アラビアのロレンス」初鑑賞。アカデミー賞7部門受賞の不朽の名作。

圧倒的な砂漠の景色。灼熱の太陽と風。静かな遠影、駱駝や馬の隊列と砂埃。そして音楽🎵。

第一次世界大戦中に、オスマン帝国からの独立
>>続きを読む

凶悪(2013年製作の映画)

3.9

小林且弥とピエール瀧の共演。「死刑にいたる病」「狐狼の血」の白石和彌監督の2013年の作品。

小林且弥監督の「水平線」劇場鑑賞前にネトフリ鑑賞。白石監督らしい殺しの描写がとてもリアルで、トラウマにな
>>続きを読む

アパートの鍵貸します(1960年製作の映画)

4.5

1960年のアメリカ作品。ジャック・レモンとシャーリー・マクレーンのラブコメディ。

マリリン・モンローの「七年目の浮気」「お熱いのがお好き」などのビリー・ワイルダー監督。アカデミー賞作品賞ほか多数受
>>続きを読む

DOGMAN ドッグマン(2023年製作の映画)

4.0

犬の顔と女性?の顔が重なる印象的なジャケ写真。タイトル「DOGMANドッグマン」ってダークヒーロー?

「レオン」のリュック・ベッソン監督作品。

少年期にDV父から犬小屋に閉じ込められ、ある事故によ
>>続きを読む

水平線(2023年製作の映画)

4.0

小林且弥監督作品。初長編映画とのこと。監督と俳優の足立智充氏の舞台挨拶付き上映回を鑑賞。

東日本大震災後の福島の港町で散骨業を営む井口は、持ち込まれた遺骨が連続殺人犯のものであったことから、SNSや
>>続きを読む

犬神家の一族(2006年製作の映画)

3.8

1976年のオリジナル版を市川崑監督自身が、主人公石坂浩二のままで30年ぶり年にセルフリメイクした作品。

実は、高峰三枝子・あおい輝彦・島田陽子のオリジナル版だと思って観始めたので、一瞬リメイク版と
>>続きを読む

青春ジャック止められるか、俺たちを2(2024年製作の映画)

4.0

舞台挨拶付き上映回で鑑賞。井上淳一監督、井浦新、芋生悠、杉田雷麟が登壇。

前作「止められるか俺たちを」は独特の味のある作品だったが、その後、若松孝二監督が名古屋に作ったミニシアターに関わる人たちの実
>>続きを読む

オールウェイズ(1989年製作の映画)

3.8

過去鑑賞記録
スピルバーグ作品。
オードリー・ヘプバーン最後の出演作。

山火事の消火活動をするパイロットが事故死してしまう。ゴースト味。

キャプテン・フィリップス(2013年製作の映画)

4.3

フィリップス船長がソマリアの海賊の人質になったという実体験が原作の作品。

すっかり観たつもりだったが、ちゃんと観たのは初めてだった。

名優トム・ハンクスがフィリップ船長を熱演。手に汗握る展開💦とて
>>続きを読む

梟ーフクロウー(2022年製作の映画)

4.2

韓国の時代劇。盲目の鍼師が宮廷の闇を暴くサスペンスドラマ。

盲目の鍼師ギョンス。柄本佑か森山未來にどこか似ているような。

展開は面白い。盲人ギョンスの病に関するある設定が絶妙。これがハラハラドキド
>>続きを読む

アバウト・ライフ 幸せの選択肢(2023年製作の映画)

3.7

内容はほぼ知らず、キャストの豪華さだけで鑑賞を決めた作品。

リチャード・ギアとスーザン・サランドンって、「shall we dance?」の素敵なご夫婦。今作もご夫婦じゃん!って思って観ていたら、あ
>>続きを読む

ブラック・スワン(2010年製作の映画)

4.2

なかなか観れていなかった名作の一つ。レンタルにてようやく鑑賞できた。
2010年の作品。

ナタリー・ポートマンが主演女優賞を受賞しているのも納得の演技。これは本当に凄い。

新作白鳥の湖の主役に抜擢
>>続きを読む

止められるか、俺たちを(2018年製作の映画)

3.8

「青春ジャック2」の舞台挨拶付き上映が近くあるとの情報に触れ、それならシリーズ1作目を観てみようとなった。

吉積めぐみ視点の若松孝二監督らを描いた作品。

門脇麦や井浦新が、おそらく相当本人になりき
>>続きを読む

テルマ&ルイーズ(1991年製作の映画)

4.3

名作「テルマ&ルイーズ」をようやく鑑賞。

ルイーズを演じたのは、「Shall we Dance?」でリチャード・ギアの奥さん役だったスーザン・サランドン。

テルマを演じたのは「プリティ・リーグ」で
>>続きを読む

プリティ・リーグ(1992年製作の映画)

3.8

過去鑑賞記録

実在した米国女性プロ野球リーグを題材にした作品。

テルマ&ルイーズのジーナ・デイヴィス出演。

パレード(2024年製作の映画)

4.7

このレビューはネタバレを含みます

現世に心残りがある魂は、あの世に行く前に現世に留まり、月に一度パレードを行い会いたい人を探す。

とても良かった。感涙🥲🥲

キャストの豪華さもあるが、上記の設定と、映画への愛、家族・恋人への愛がしっ
>>続きを読む

コットンテール(2022年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

市場からタコ盗んだよね?

コットンテールは、ピーターラビットの物語に出てくる仲間のウサギの名前かな。

冒頭の寿司屋のシーン🎬は、若き2人がとても良かった。また、イギリスの田園風景と自転車を漕ぐリリ
>>続きを読む

52ヘルツのクジラたち(2024年製作の映画)

4.0

「市子」の演技が記憶に新しい杉咲花が、本作でも訳ありな女性を熱演した。こちらも彼女の代表作になりそう。

52ヘルツのクジラとは、個体は特定されていないものの実際に存在が確認されているクジラ。他のクジ
>>続きを読む

マッチング(2024年製作の映画)

3.1

土屋太鳳らが宣伝に出ていたので本作を知った。今どきのマッチングアプリが題材なスリラー。時間がピッタリだったので鑑賞。

あまりこの手の作品は観ない方なのだが、ストーリーは何となく先読みできてしまったの
>>続きを読む

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

-

すみません。

基本的に鑑賞前は、filmarksのレビューは読まないことが多い。出来るだけ前情報を入れずに観たいから。本作もそのつもりだったが。

結論は、まだ観ていない。
今日、観るつもりでいなが
>>続きを読む

彼方に(2023年製作の映画)

3.8

あまりに衝撃的な事件。
悲しみに耐えて生きていく。
時に耐えきれない出来事にも。
それでも生きていかなければならない。
時間が解決できる部分もあるのか。

グランド・ブダペスト・ホテル(2014年製作の映画)

3.6

基本的に直ぐにレビューを書くことにしているのにうっかり1週間も経ってしまった😝
アマプラで鑑賞。
老舗ホテルの名コンシェルジュとベルボーイのお話。
サスペンスっぽいコメディだが、独特の世界観があって、
>>続きを読む

コヴェナント/約束の救出(2023年製作の映画)

4.4

アフガニスタン人通訳と家族を救出する物語。実際に米国によるタリバン掃討作戦では、多くのアフガニスタン通訳が犠牲になっていることを知った。

身内が人質になっているケースは、いつの世もどの国の争いでも同
>>続きを読む

コット、はじまりの夏(2022年製作の映画)

5.0

何と優しさの溢れた映画なのだろう。
美しき少女の魅力。
静かに流れるひと夏の時間。
鳥のさえずり、葉擦れの音。
少女を預かる夫婦の想い。

アイルランドの映画は、「ベルファスト」「イニシェリン島の精霊
>>続きを読む

ネクスト・ゴール・ウィンズ(2023年製作の映画)

3.7

タイカ・ワイティティ監督作品。
例によって、監督出演はお約束。

実話に基づくストーリー。分かってはいるものの笑いあり感動あり。大会までの練習シーンはややあっさりな印象。

ちなみに、本作のアメリカン
>>続きを読む

愛なのに(2021年製作の映画)

4.1

チェックしてから時間が経っていたところ、Netflixで見つけて即鑑賞。

瀬戸康史が丸眼鏡と口髭の古本屋店主役を好演。愛なのに…の"…"を悩ましく描いた作品。

今期の人気 TVドラマ「不適切にもほ
>>続きを読む

そばかす(2022年製作の映画)

4.0

三浦透子が屋外で煙草を燻らすジャケが印象的な本作。随分前にチェックしていたが、漸くNetflixにて鑑賞。

エンディングの三浦透子の歌が良かった。

浜松市が舞台だった。ところどころ浜松弁らしき言葉
>>続きを読む

ONODA 一万夜を越えて(2021年製作の映画)

4.3

小学生の頃、テレビで横井庄一さんと小野田寛郎さんが相次いで帰国されたニュースを観て、まだ、戦争が続いている人がいることに強い衝撃を受けた記憶がある。特に小野田さん(少尉)の鋭い眼差しと敬礼をする姿がと>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.4

村松北斗と上白石萌音の朝ドラ夫婦役コンビの主演作ということもあって鑑賞。

作品に引き込まれたというか、ずっと集中して観てしまった。

PMSという用語を知った。実際に職場であのようにイライラしている
>>続きを読む

機動戦士ガンダムSEED FREEDOM(2024年製作の映画)

3.8

当時、TVシリーズを子供たちと観ていた。フリーダムのガンプラも作った思い出が。とにかく懐かしい。
今回、改めてSEEDの総集編3作を観てから劇場へ。

劇場版のため、話の展開が早い早い。ガンダムらしい
>>続きを読む

>|