早矢仕千磨さんの映画レビュー・感想・評価

早矢仕千磨

早矢仕千磨

みて、つらつらと思いのまま書く。

映画(130)
ドラマ(0)

万引き家族(2018年製作の映画)

3.3

、、、、、。。良くもあり、悪くもある。
やっぱり犯罪をどこか肯定し助長させてる感じが否めない。これだけに限ったことではなく。全ての負への意識を込めて。
こんなにもグレーな世界を淡々と見ていくと胸くそ悪
>>続きを読む

ジュラシック・ワールド 炎の王国(2018年製作の映画)

3.7

前作を映画館で見て大興奮して帰った印象を覚えてて(特にラストのT-rexの登場)、また別作品の予告で興奮が蘇ってきて、3D+MX4Dで見ました。メリハリがすごい。あ、4Dのアクションね。でも地味ーに動>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

3.8

オギーに降りかかる障害をだらだらと見ていくだけと思いきや、身の回りのチャプターにもフォーカスをあててきた。いわゆる群像劇の構成でした。これが良かった。それによるオギーの存在が際立ってラストへ。オギーを>>続きを読む

フラットライナーズ(2017年製作の映画)

3.0

ジャケットのインパクトがいいよね。
面白そうな設定と構想にそそられました。
と思えばリメイク。オリジナルにサザーランドかぁー。とオリジナルを見るにあたっては中身に任せようとした。死後の世界。まあ、理屈
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

4.1

映画館で見たかった。。。これにつきる。
これはバランスのとれたホラーですね。
いじめられっ子な少年少女の夏の怖い出来事。まあそれだけ。
怖いも別にないし、不気味さもない。面白く見れるリメイクなんじゃな
>>続きを読む

(r)adius ラディウス(2017年製作の映画)

3.3

予告編えらく面白そうだったのが印象的。
近づいたら死ぬとかミステリアスだし、そこに死なない人だっていてますます面白いじゃない。仕組みを理解したうえで物語も進むのもいい。やっぱり命を奪ってしまっているの
>>続きを読む

V/H/S ネクストレベル(2013年製作の映画)

3.8

ある程度のホラー慣れしてて見たらステップアップできるオムニバスホラー。
どうやらシリーズものだと知らず、見たことある監督がホラーを作ってたなんていう興味の本意で。
いや、単純にホラーを楽しめるようにな
>>続きを読む

マルコヴィッチの穴(1999年製作の映画)

3.3

面白ヤベぇ。ジャケットとタイトルで察しがつくかもしれないけど穴に入ったら有名人のマルコヴィッチになっちゃえる話。

雨の日は会えない、晴れた日は君を想う(2015年製作の映画)

3.7

破壊と再生の物語と聞いて。
最初からやや妻との距離がある空気が最高でした。妻が死に、空虚な自分の中にあるものを解消と表現するには何か。愛していたのか愛していなかったのか、それさえも曖昧になりつつある心
>>続きを読む

バンテージ・ポイント(2008年製作の映画)

4.2

8人の視点から描く1つの事件。
面白い。いやーこうゆう映画好き。
張り巡らせる伏線とか視点が変わるたびに少しずつ分かる情報。序盤はなかなか進まない物語に賛否あるでしょうけど進み始めたら一気に結末をむか
>>続きを読む

ダイ・ハード/ラスト・デイ(2012年製作の映画)

3.1

あれーなんだろう。
イメージしてたダイ・ハードと違う。息子がいるのはまあいい。共闘するのもまあいい。ただ仲が悪すぎる。ちょいちょい父親らしい感じが出てるのに対して息子の反抗が激しくて。いやいやとなって
>>続きを読む

トリプルX:再起動(2017年製作の映画)

3.6

トリプルX自体が初。
なんせヴィンはドム(ワイスピ)だから。パワーワード。
まあこちらは当然ながらアクションです。
XゲームのXをとってるのかしら?とおもえんばかりの冒頭です。エクストリームって言葉が
>>続きを読む

パフューム ある人殺しの物語(2006年製作の映画)

3.5

香水の話。18世紀のパリの光と闇。
富裕層と貧困層の差が大きいほどこの作品の大切なメッセージのポイントを押さえてる。脅威的な嗅覚を生まれ持った主人公が究極の香水を求める。究極の香水とは?まあ、確かに究
>>続きを読む

ヴィジット(2015年製作の映画)

3.6

前々から気になってはいた。
祖父母がおかしい映画。
ある3つのルールを破ったとき驚愕の出来事があって。すごい怖かった。

序盤はさておき。中盤の異変からの不気味な空気がものすごい出てる。カット、アング
>>続きを読む

ノウイング(2009年製作の映画)

3.1

すごい有名?落胆するもので。
まあ、たしかに。
序盤からどんどんペースが上がる謎にワクワクしました。
少しづつ解けてく感じもいい。
終盤になるにつれて、冷静さを失ってしまうのがちょっとなー、、。
結局
>>続きを読む

博士の異常な愛情 または私は如何にして心配するのを止めて水爆を愛するようになったか(1964年製作の映画)

3.9

シュール。数年前にみたきりでやんわりとしか覚えてないけど、長いタイトルの割に描くことはシンプルで面白いです。

テイキング・オブ・デボラ・ローガン(2014年製作の映画)

3.3

ジャケットのインパクトとB級感が拭えないコピーにかまけ鑑賞。
好きな撮影法で作られてた。嬉しい。
90分なのにややもっさりとして先が読める分、ゾクゾクじわじわと変化してくデボラローガンに恐怖を感じまし
>>続きを読む

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.7

ようやく見れた。冒頭にまず惹き込まれた。すぐに後々のシーンだ。と勘づいた。
だとしたらなぜ、どうやってここへ辿るのかっていう道程が気になってくる。言葉もないので印象にも残りやすい。
さて、まずテンポが
>>続きを読む

ホーボー・ウィズ・ショットガン(2011年製作の映画)

3.8

ヒャッハー!!これ。
血みどろな街をホームレスがショットガンで制裁する作品。ざっくり。
わかりやすい善と悪です。真面目にみたらツッコミどころ満載な楽しい作品でした。
弱々しい立ち位置なのに一撃必殺のシ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

2.7

正直、内容はブラックスワンに似た感じ
モデルバージョンていうか素人の目からした美しさなんて、よくわからないというかなんというか。恐らく全然異なるものなのだけど、これに関しては人の欲望や野望を溢れさせる
>>続きを読む

メビウス(2013年製作の映画)

3.2

胸くそ映画がみたくなって。
うーん、そこまででもなかった。
わりかし、しっかりしてるからなのかな。
母が狂ってしまうわけも、矛先が息子に行くもの父の原因だし。完全にイッてるという表現は驚きました。母親
>>続きを読む

パラノーマル・アクティビティ(2007年製作の映画)

4.7

予告ですごい気になったので見た記憶です。いやこれ怖いよ。変なびっくり演出よりも背筋が凍るというか、当たり前にある恐怖がそのままやってくる。徐々に変化するのがやや長めだけど緊張感、緊迫感を作り出すのにち>>続きを読む

ポゼッション(2012年製作の映画)

3.3

程よいホラーと美しい映像でした。
始まりの印象は恐怖というより謎が印象に残る。え?何?何かすごいことになってる。。。と圧倒されました。
完全に憑依するよりも、その過程の方が怖く感じました。少女を蝕んで
>>続きを読む

ピラニア 3D(2010年製作の映画)

3.3

風の噂で傑作だと聞き見た。
TASHIKANI☆
わかりやすい展開とわかりやすい世界観でした。スプラッターパニックですね。
元々当時流行っていた3D技術を使ったものでした。なのでわざとこちらに向かって
>>続きを読む

はじまりのうた(2013年製作の映画)

4.5

冒頭のGIGS、単なる弾き語りで皆雑談してる中で立ち尽くしてる人が一瞬映るだけなのに自然に目立ち、その人の過去へ展開するのは混乱もしたけど徐々に見覚えのある場所へやってきて冒頭のGIGSへ繋がるのはと>>続きを読む

ジオストーム(2017年製作の映画)

4.2

IMAX3Dで見ました。思った以上に良かった。よくあるディザスター映画かもしれないけどSFの要素もサスペンスの要素も含まれていて楽しめました。
世界が天候をコントロールできるシステムを宇宙にはりめぐら
>>続きを読む

ジョン・ウィック(2014年製作の映画)

3.7

面白かった。どんどん頃すし、どんどん倒れる。ストーリーはさておきジョンの復讐をするための要素して妻からの贈り物がとても効いてる。ジョンの視点なのがまた良かったです。飽きさせないようにひたすらアクション>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.5

期待せずに見に行ってよかった。こんなもんだ。ととりあえず納得しつつ155分を過ごした。どこかで見たことある感じの前作の生き残りの全滅とか死んだはずなのに生きてた展開に前作のスタイリッシュでスマートさは>>続きを読む

トゥルーマン・ショー(1998年製作の映画)

3.7

トゥルーマンだけが本物であとは偽物
人生が世界中に見られてる。設定がもう面白いよね。コミカルに明るくでもどこか狂ってるストーリーでしたね。
いや、まあ、ホントにリアルに出来てるなと思いました。
スター
>>続きを読む

ソウル・ステーション パンデミック(2016年製作の映画)

2.4

終始焦らせにかかるのはパニックものとしていいものの、ストーリーの展開にまで影響してしまい結構ストレスを感じるシーンが多かった印象です。またキャラクターもなかなかにクセがすごいので先読みできるところもし>>続きを読む

ダンケルク(2017年製作の映画)

3.7

あらすじや何か補足されないとよく分からないというか。気づいた時に納得できる分、最初から見たくなりました。はてさて何やらハッキリしないのは実話だからか、大きな展開こそないもののそれぞれの時間から繋がる物>>続きを読む

>|