夜空のパンケーキさんの映画レビュー・感想・評価

夜空のパンケーキ

夜空のパンケーキ

ヤバいパンケーキ❗️
邦画・洋画・A級・B級問わず映画が昔から大好きです♫
中でもゆったりした邦画が好き‼️

✴︎やたらとクリップばかりする人や感想書いてない方はフォロー外します!あしからず。

映画(2625)
ドラマ(1)

チワワちゃん(2018年製作の映画)

3.3

まるでミュージックビデオをひたすら観ている感じ♬
パリピたちが踊る、踊る。
目が回る〜〜。
いかにも二宮健監督節が炸裂🥊

キラキラ輝く若者の世界。
明日なんて関係ない。
今が楽しければいい。
近くに
>>続きを読む

夜明け(2019年製作の映画)

3.2

最近の柳楽優弥とは一味違う姿を目の当たりする。
物静かで内なる秘め事を表現しない姿。

ある田舎町での不穏な空気。
そんな世界を是枝監督、西川美和監督の愛弟子、広瀬奈々子監督が描ききる。

人間とはな
>>続きを読む

マスカレード・ホテル(2019年製作の映画)

3.9

原作はかなり前に読んでたので少し忘れかけてましたが、映画を観ているうちに徐々に思い出しました(一緒に行った相方も同じ状態だったみたいです笑)。

長い作品ですが、笑ったりできるシーンもたくさんあってエ
>>続きを読む

大停電の夜に(2005年製作の映画)

3.4

停電によって起こる様々な男女がおりなす群像劇。
出ている人たちが豪華なのと、停電を描いていながら色彩の素晴らしさに尽きる⭐︎

吉川晃司のサンタクロースが一番グッときたなぁ🎅
そしてまだまだ子供の本郷
>>続きを読む

アストラル・アブノーマル鈴木さん(2018年製作の映画)

3.9

「メディアは嘘つく生き物だ!
メディアは嘘つく生き物だ!
メディアは嘘つく生き物だ!」

いや〜、ユーチューバーの生活のぶっ飛び感を松本穂香が見事に演じきってましたね〜
>>続きを読む

ぼけますから、よろしくお願いします。(2018年製作の映画)

4.0

人間が痴呆でものごとがわからなくなっていく姿・・・それをドキュメンタリーで見せられる辛さ。
画面にはその姿が刻々と刻まれる。
とにかく元気だった高齢夫婦の姿とぼけてしまう姿の対比に目を伏せてしまいそう
>>続きを読む

ラフ ROUGH(2006年製作の映画)

2.7

いや〜、若い時の長澤まさみを堪能するための作品だなと💦
スキマスイッチの音楽もいいんだけど。

あだち充の漫画を実写化するのはなかなか難しいんじゃないかな。
妙にチープになるっていうか、、。

世界で一番ゴッホを描いた男(2016年製作の映画)

3.5

ゴッホは言いました。
る「親愛なるテオ。僕は近くへと歩んでいるつもりだが、それは遠いのかもしれない」
この言葉が映画を観終わった後にずしりと心に響く。

ゴッホの複製画を何十年も描き続けた中国の男性。
>>続きを読む

選挙に出たい(2016年製作の映画)

3.4

七芸にて今年一本目。
李小牧さんの舞台挨拶付きで鑑賞。

元中国人の李小牧さんが帰化して中国人として初めての議員を目指す過程を描いたドキュメンタリー。
歌舞伎町で何年も働いてきた李さんはホストやキャバ
>>続きを読む

こんな夜更けにバナナかよ 愛しき実話(2018年製作の映画)

3.9

今年の鑑賞600本目‼️そして今年最後のレビューです。

レビューの前に今年公開された作品マイベスト10からです🎬
【洋画】
1位 バッド・ジーニアス 危険な天才たち
2位 婚礼
3位 タクシー運転手
>>続きを読む

アイ・フィール・プリティ! 人生最高のハプニング(2018年製作の映画)

3.1

女性は見た目だけじゃない🙍
中身が大事なんだよ!!
ぽっちゃりで自信がない女性が頭を打って気を失い、目覚めたら絶世の美女に(と言ってもそう思ってるのは彼女だけで見た目は変わってない)

自信を持つとい
>>続きを読む

パッドマン 5億人の女性を救った男(2018年製作の映画)

3.5

インドの生理用ナプキンの普及率は12%という現状を打破した男性ラクシュミの実話に基づく物語。
自分の信じたこと、助けたいという気持ちを貫くことの大切さを身にしみて実感しました‼️

そりゃ誰でも男性が
>>続きを読む

ホームレス中学生(2008年製作の映画)

3.2

地元の知っている風景がたくさん出てきて嬉しかった!
漫才師、麒麟の田村裕の実体験を書いた小説の映画化。
父親にある日「解散」と言われてばらばらになった家族の話は有名ですが、中学生でダンボールを食べる生
>>続きを読む

平成仮面ライダー20作記念 仮面ライダー平成ジェネレーションズFOREVER(2018年製作の映画)

3.3

「俺、参上!」
やっぱりクウガがおいしいとこ持っていくなぁ笑
でも平成ライダーが大集合ということで後半はもう興奮した〜😊

しかし、「変身」って言葉を聞くとなぜこんなに涙があふれてくるんだろうか??
>>続きを読む

セルジオ&セルゲイ 宇宙からハロー!(2017年製作の映画)

2.5

無線で通じ合うキューバ人とソ連の宇宙飛行士。
地球に帰れなくなった彼をなんとか救おうとするが…。

面白そうだなーと思ってたんだけど、淡々と進んでいくので話に乗り切れないまま終わった感じです…。

家へ帰ろう(2017年製作の映画)

4.3

評判が良いからだろうか?平日の朝なのに満席でギリギリ入ることができました。
確かに終わった後に拍手が起こるくらい良く出来た作品でした。

タイトルだけ見たらほのぼの家族映画って感じがしますが、実はユダ
>>続きを読む

想影(2016年製作の映画)

3.5

好きな人の名字を自分の下の名前につけてニヤニヤって女子はすること多いのかも。
近すぎて言えない「好き」のことば。
友達と思われてたら言えない「好き」。
そんな気持ちの揺れ動きを30分という枠に詰め込ん
>>続きを読む

ニセコイ(2018年製作の映画)

2.9

大好きなヤバT(アイコンもそのパンケーキです!)の歌が劇場で流れた時点で涙もの・・(;_;)
主題歌の『かわE』だけでなく『KOKYAKU満足度1位』まで流れるなんて‼️
(「かわE」の歌詞には実は映
>>続きを読む

黙ってピアノを弾いてくれ(2018年製作の映画)

3.7

ピアノの上に横たわる。
座ってる客の中にダイブする。
天才的で破天荒な音楽家、チリー・ゴンザレスのドキュメンタリー。

とにかく黙っていない。
話し続けて、怒りをぶつけ、歓喜し、それが彼の表現なのかも
>>続きを読む

まぼろしの市街戦(1967年製作の映画)

4.2

伝説的と言われているこの作品が4Kデジタル修復版で上映という機会は逃せないと鑑賞。

この時代にこんなすごい作品を作るなんて、フィリップ・ド・ブロカ監督おそるべし!!
最初からブラックユーモアにあふれ
>>続きを読む

シュガー・ラッシュ:オンライン(2018年製作の映画)

3.4

初日に鑑賞。
前作よりもたくさん有名なキャラクターが出てきたような気がする!!
ディズニーのキャラクターもたくさん😊

前作から6年で大きく広がったネットゲームの中に入って大暴れ🚗
とにかくスピード感
>>続きを読む

君がくれたグッドライフ(2014年製作の映画)

3.3

♬僕らは骨と皮だけじゃない♬

友人、恋愛、仲間意識、そんなたくさんの気持ちの繋がりがALSの男性を支えていく。
ドイツからベルギーへの自転車旅。
楽しそうだな。

「死」は肉体なのか?魂なのか?
>>続きを読む

映画監督になる方法(2005年製作の映画)

3.1

うわうわうわうわ、なんてカルトなんだ‼️
うわうわうわうわ、なんて生々しいんだ‼️

松梨智子監督の実体験がかなり入っているんだと話してました。
監督自らフルヌードになり、「映画監督」という世界を目指
>>続きを読む

クジラの島の忘れもの(2018年製作の映画)

2.4

『母さんがどんなに僕を嫌いでも』でなかなか良い意味でのチャラい役だった森崎ウィン。
今作ではベトナム人の役で片言の日本語を話す役で出ている。
その役は上手いんだけど、ただ全体的には話がひどい・・・💦
>>続きを読む

生きる(1952年製作の映画)

2.8

ラストは天国にいる主人公だったのかも…。
あまりに高尚過ぎてイマイチ響かなかった。

生きる意味。
働く意味。
そんなメッセージなのか、もっと違う意味なのか。
それすらわからない。

ニンゲン合格(1999年製作の映画)

3.0

10年間昏睡状態だった青年が目覚めたら…。
黒沢清監督が描くとホラーサスペンスっぽくなりそうですが、そんなに怖い話でもない。
どちらかと言えば10年間眠っていたという話はあまりメインではない。

いろ
>>続きを読む

お米とおっぱい。(2011年製作の映画)

2.6

"お米とおっぱい
この世からどちらかが無くなるとしたらどちらを残すべきか"

『カメラを止めるな!』の上田慎一郎監督の長編初作品。
これって『12人の優しい日本人』ですよね。

ただただ、室内でお米
>>続きを読む

グリンチ(2018年製作の映画)

3.0

大泉洋の吹き替えで鑑賞。
昔、ジム・キャリーが実写化してましたよね(観てないけど・・)
クリスマスにはぴったりの作品だと思う。
キラキラしていて、華やかで、楽しそうなクリスマスの彩りを観ているだけでワ
>>続きを読む

ミニオンのミニミニ脱走(2018年製作の映画)

3.7

グリンチと同時上映。

脱走しても変わらぬ可愛さのミニオン。
憎めない。
最後もいい感じで終わった4分間。

g@me.(2003年製作の映画)

3.6

東野圭吾原作とあって二転三転する展開が最後までハラハラする。

取引先の会社の副社長の娘と手を組んで偽装誘拐を企てた男の悲劇。
成功したかに思わせてからがこの作品の見所だと思う。
そしてスッキリするラ
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.9

あまりこういう系の作品は得意ではないのですが、現代劇にも通じる人間の醜さにぐいぐいと引き込まれた‼️

チューリップの希少な球根一個が邸宅一軒に値する「チューリップバブル」🌷
それが引き金で狂い始める
>>続きを読む

春待つ僕ら(2018年製作の映画)

3.0

今年はバスケの映画が多かったけど、これは一番バスケとかけ離れてる作品かも🏀
あまり試合の勝ち負けはストーリーに関係がない。

ベタベタな恋愛ドラマで、年越しのシーンとかベタすぎて椅子から落ちそうになり
>>続きを読む

ドラゴンボール超 ブロリー(2018年製作の映画)

3.9

初日にウルティラシアターにて鑑賞。
とにかく音響が素晴らしい劇場で観ることをオススメします‼️

バトルシーンがめっっっっちゃ凄い!!!!
その戦いの迫力にこちらも力が入る。
フリーザ様ですら手も足も
>>続きを読む

ばぁちゃんロード(2017年製作の映画)

3.6

ゆったり、ゆったり幸せに。
どこにでもいそうなカップルのどこにでもありそうな幸せ。
それをほのぼの描いています。

足の悪いおばあちゃんとバージンロードを歩くという目標に向かってみんなが努力する。
>>続きを読む

退屈な日々にさようならを(2016年製作の映画)

3.5

今泉力哉監督の『サッドティー』スタッフが再結集して制作した東京と福島を交差する恋愛のドロドロ劇。
と言ってもそこまでドロドロではなく、今泉監督風に独特に描いています。

この少女たちは何者?と思ってい
>>続きを読む

スパルタンX(1984年製作の映画)

3.0

このタイトルを聞くと紫色したファミコンのカセットを思い出す人もいるのではないでしょうか?
僕は小学生の頃はめちゃくちゃハマって、毎日のようにやってました。
そしてあのゲームがこういう内容だったんだと改
>>続きを読む

>|