夜空のパンケーキさんの映画レビュー・感想・評価

夜空のパンケーキ

夜空のパンケーキ

邦画・洋画・A級・B級問わず映画が昔から大好きです♫
中でもゆったりした邦画が好き‼️

ゴッホ~最期の手紙~(2017年製作の映画)

4.3

全編を絵画で描く、この体験は初めて‼️
絵画の中で暮らしたらこんな風景なんだろうね。
物語もサスペンス仕立てで素晴らしかった(^^)

アムステルダムのゴッホ美術館にも行ったし、実際に本物のゴッホの絵
>>続きを読む

KUBO/クボ 二本の弦の秘密(2016年製作の映画)

2.8

この監督たち、日本が好きなんだろうなぁ。
そんなことを随所に感じるストップモーションアニメで描いた日本。
だからこそ昔の日本人が英語なのが違和感ありすぎて…。

確かに手間をかけていて凄いんだと思うん
>>続きを読む

こいのわ 婚活クルージング(2017年製作の映画)

2.6

広島県がバックアップしたご当地映画ですかね?
カープや宮島、レモンに瀬戸内海…。
地元の人は観ていて楽しいかもですが、作りや展開が2時間ドラマ並み。

金子修介監督って『ガメラ』『デスノート』のイメー
>>続きを読む

泥棒役者(2017年製作の映画)

2.8

全く笑えない…クスリとはしたけど。
ただテンション上がったのはエンドロールの途中。
「西田監督のあの、あの、あの人が!」ってサプライズ登場です。
なので観に行かれる方はこの監督の過去の作品を観た方がい
>>続きを読む

ローガン・ラッキー(2017年製作の映画)

4.3

ソダーバーグ監督復帰監督作!!
最高だーーーーーー!!!!!!
やってくれました!!
ラスト15分で完全にやられました!!!!!!!
そしてエンドロール後の一言に「その通りです・・」と。

予告を見て
>>続きを読む

GODZILLA 怪獣惑星(2017年製作の映画)

3.6

入場者プレゼントがゴジラの形をした消しゴム…なんか懐かしさを感じました。

作品はそんなに期待してなかったのですがーーー
ん?50分を過ぎたあたりのゴジラ攻撃あたりから怒涛の凄さ‼️
ガンガンガンガン
>>続きを読む

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

2.7

初めてキム・ギドク監督作品を観ました。(脚本だけした『レッド・ファミリー』は観ましたが)
率直に言えば合わないな…と。

なんか『冷たい熱帯魚』みたいなのを想像してましたが、そこまでグロくなく話もグダ
>>続きを読む

クロサワ映画2011 〜笑いにできない恋がある〜(2011年製作の映画)

2.9

前作で賞を獲ったからか、制作費があがったのか韓国ロケとか取り入れて韓流風にしようとしている…前作に比べたらイマイチ。

「女芸人だからモテない」的な要素をガンガン入れこんでるのが鼻につくなぁと。
何も
>>続きを読む

先生のお気に入り(1958年製作の映画)

4.2

「新聞を明日売りたいなら嘘を書け 10年後も売りたいなら真実を書け」

学歴がなく現場主義で出世した新聞記者。学歴を批判していたがある時、大学の記事を書く講座に身分を隠して受けることになる。講座の先生
>>続きを読む

THE LIMIT OF SLEEPING BEAUTY リミット・オブ・スリーピング ビューティ(2017年製作の映画)

3.8

★★みなさんの中に★★常識で映画を観□ない人★はい□ないと★★思います。
しかしこの映画は常識を★★ぶっ壊して□くれます。
もう概念と□か★★★グチャグチャに‼️
映画館□で観る際は覚悟を★★
★決め
>>続きを読む

神様のくれた赤ん坊(1979年製作の映画)

4.4

ラストの桃井かおりのセリフに「わ〜」って嬉しくなり泣きそうになります。
深く考えずに観たら予想よりはるかに良かった❗️

マンネリ化した同棲カップルの元にあなたの子どもかも知れないという手紙と共に男の
>>続きを読む

リンキング・ラブ(2017年製作の映画)

3.9

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』への金子修介監督なりのオマージュですね!
面白かった〜。
劇場には3人ほどのおじさんしかいなかったけど、皆でクスクス笑いながら観てました。
気楽に観れる映画です!って
>>続きを読む

真白の恋(2015年製作の映画)

4.8

「社会に適応出来ない人を障害者って言うなら、俺だって障害者だよ。」

この作品、素晴らしい!の一言に尽きる。
富山県のどの風景を切り取っても素晴らしい❗️
風景だけでなく物語もこれまた素晴らしい❗️
>>続きを読む

ザ・サークル(2017年製作の映画)

3.0

今の時代は昔に比べて携帯で何処にいても捕まってしまうし、メールも様々な場面で使うのだから映画の中で描かれるプライバシー管理も似たようなものだなと…。
でも客観視するとちょっと怖い…。

映画の中で休み
>>続きを読む

ゆらり(2017年製作の映画)

4.5

「子どもがいなくなって悲しまない親もいると思います」
この作品ほとんど上映館がないですが、めちゃくちゃ素晴らしい!!
監督の舞台挨拶付きの上映に招待されて行ってきたのですが、劇場出てからも余韻が凄い。
>>続きを読む

キセキの葉書(2017年製作の映画)

2.9

マドリード国際映画祭で鈴木紗理奈が最優秀主演女優賞を獲った作品。
脳性麻痺の娘を否定した母も認知症を患い、その母に毎日ハガキで笑いを届ける。その数は13年間で5000通にのぼる。実話に基づく物語。
>>続きを読む

きょうのキラ君(2017年製作の映画)

2.6

「私だって嫉妬ぐらいします…」
このセリフを言う時の飯豊まりえが可愛い!
ってかそういう可愛さでもってる作品。
内容は…たーーーくさんツッコミどころ満載!

女神の見えざる手(2016年製作の映画)

2.8

ぶっちゃけラスト20分くらいまでは睡魔との戦いでした。
あまりに退屈でなんかストーリー展開も単調で。

でもラストの法廷で「あっ!」って展開。

結局この主役の女性に共感できないし、芯を貫いてるのかそ
>>続きを読む

We Love Television?(2017年製作の映画)

3.9

「一人でも応援してくれる人がいればきっと成功する」
これは欽ちゃんが下積み時代にディレクターから言われた言葉。欽ちゃんは挨拶の大きさだけが取り柄でクビを免れたという話。
こういうのって社会に生きていく
>>続きを読む

蝿男の逆襲(1959年製作の映画)

3.4

名作『蠅男の恐怖』の数年後を描いた続編。
みなさんのレビュー評価は悪いですが僕はこれはこれで面白いと。

確かに前作ほどの愛の物語ではないですが、今作もホラーより人間の裏切りや葛藤が描かれています。
>>続きを読む

逆光の頃(2017年製作の映画)

2.3

京都の風景はどこを切り取っても美しく雅です。
ただそれだけの映画。
カメラもほとんど動かず話もあまりない。
66分という短さで逆に良かった…長いと劇場で寝てしまうな。

高杉真宙と葵わかなが出ていたの
>>続きを読む

おじいちゃん、死んじゃったって。(2017年製作の映画)

3.1

身内が亡くなっても悲しさより葬式の準備や家族の事で忙しい…そんな皮肉をでもありそうな日本の今の姿を表現しています!

熊本県人吉市を舞台に初主演の岸井ゆきのを筆頭に光石研、若松了らベテラン勢が笑いを加
>>続きを読む

ゲット・アウト(2017年製作の映画)

3.5

黒人が大統領になる時代だからこそ作れた新しい時代のスプラッターサスペンス作品!!

前半はあまり盛り上がりもなく、時々ドキってする展開で少し眠かった。
でも後半にあるものを見つけてからは色んな伏線を回
>>続きを読む

カレーライスを一から作る(2016年製作の映画)

4.2

これずっと観たくてやっと観に行けました!
行って良かった〜、素晴らしいドキュメンタリーでした‼️

世界中を旅した探検家の関谷吉晴が美大の生徒とカレーにまつわる材料を自ら作り食べるという課外授業を9ヶ
>>続きを読む

わたしたち(2016年製作の映画)

4.5

これは今年一番震えた作品かも。
女の子同士の仲間意識、そして仲間はずれ。
男の子の喧嘩って殴り合ったらそれでスッキリして仲直りだけど、女の子はそうはいかない…そんな姿をリアルに描いた秀作!

これを観
>>続きを読む

氷菓(2017年製作の映画)

3.9

「謎解きは手短に」が今作のキャッチフレーズなので、レビューも手短に。

氷菓=アイスクリーム

予告の明るいイメージで観に行くと痛い目にあいます…すっごく暗くて悲しい話。

前半はちょっと辛いけど、後
>>続きを読む

ラストレシピ 麒麟の舌の記憶(2017年製作の映画)

4.1

劇場では周りがシクシク泣いてました😭
僕もグッときた、、。

あまり期待せずに前情報もあまり入れずに行ったら…予想を裏切りかなり良かった❗️
逆に2時間にまとめようとしてるのがもったいない…3時間くら
>>続きを読む

セレステ∞ジェシー(2012年製作の映画)

3.4

冒頭からなんてお洒落でステキな感じなんだ〜って心掴まれました。

別れても仲がいい、いや別れたからこそ仲がいい男女。
でもその油断が距離を生み始める。
相手を幸せにしなきゃとか背負っているものが無くな
>>続きを読む

ハエ男の恐怖/蝿男の恐怖(1958年製作の映画)

4.8

これは実に素晴らしい作品‼️‼️
表紙を見るとホラー映画のようだが、全く違って悲しい愛の物語なんです!
後半に向かって悲しい感動の渦が迫ってくるのは間違いありません…。
震えながら黒板に書くシーンは映
>>続きを読む

サムライフ(2014年製作の映画)

2.3

「自分たちの学校を作る!」
教師を辞め自営のバーでお金を貯めて自費出版もして学校を作るまでの実話を基にした物語。

なんだろうなぁ…全く重い話ではなくてコメディ?って要素が強い。
甘く考えて進んで行き
>>続きを読む

午後8時の訪問者(2016年製作の映画)

3.8

ダルデンヌ兄弟が描くとこういうサスペンスになるんだなー。
彼らの描く世界は割と小さなコミュニティ(生活圏)で起こることが多く、音楽も使わないので身近に起こっている感覚に陥る。

今作も医者である女性が
>>続きを読む

先生! 、、、好きになってもいいですか?(2017年製作の映画)

3.4

岡山がロケ地なので、所々に通ったことある場所が映ってました。
内容的にはありがちな感じなんだけど、三木監督の素敵な光や構図のおかげでありがちな寒くならない作品に。

森川葵も前作『恋と嘘』ほど酷くなか
>>続きを読む

マザーズ・デイ(2016年製作の映画)

4.5

『プリティ・ウーマン』のゲイリー・マーシャル監督が描く母の日の様々な形。
はっきり言って、めーーっちゃ良かった❗️

母として妻としての都合もあり、父親としての都合もあり、家族としての都合もある。
>>続きを読む

ブレードランナー 2049(2017年製作の映画)

2.2

前作がそんなに響かなかったので行こうか悩んだ末、行って来ました。

静かにかつ重厚に描くヴィルヌーヴらしさは随所に盛り込まれておりました。
日本ぽさも残しつつ。
ただ……ごめんなさい、途中爆睡でした。
>>続きを読む

ブランカとギター弾き(2015年製作の映画)

3.0

今作の長谷井宏紀監督の舞台挨拶付きで鑑賞。
フィリピンのマニラで孤児として暮らす少女と盲目のギター弾きとの交流。

アジアならではの喧騒感、ブランカの透き通るような歌声、、この役の女の子は父親がユーチ
>>続きを読む

DCスーパーヒーローズ vs 鷹の爪団(2017年製作の映画)

4.2

劇場中がもうクスクス笑いであふれてましたー。
なんて幸せで楽しい2時間弱。
まさかこの二つがコラボなんて(笑)

山田孝之の声もいいけど、ジョーカーの安田顕がめちゃくちゃ上手いわ〜。

映画中に横にず
>>続きを読む

>|