夜空のパンケーキさんの映画レビュー・感想・評価

夜空のパンケーキ

夜空のパンケーキ

邦画・洋画・A級・B級問わず映画が昔から大好きです♫
中でもゆったりした邦画が好き‼️

映画(2326)
ドラマ(0)

棘の中にある奇跡 笠間の栗の木下家(2018年製作の映画)

4.0

お客が誰もいなくて映画館を独り占めで観賞。
しかも、この作品のレビュー第一号やん!
そして、まさかの感動作で泣きそうになった。

「本当の自分は栗のように棘の奥の奥にあるのかも知れない。」
茨城の田舎
>>続きを読む

空飛ぶタイヤ(2018年製作の映画)

4.2

「中小企業なめるな!」
池井戸潤節が満載!相変わらず熱いねー!

こういうのに共感するのはやっぱり会社で同じような経験を何かしらしてるからなんでしょうね。
そして代弁してくれる。
だから観てると熱くな
>>続きを読む

バケツと僕!(2017年製作の映画)

2.5

児童養護施設に先生として赴任した"僕"。
軽度の知的障害がある"バケツ"というあだ名の少年。
彼は母親からも兄弟からも施設からも見放され、僕が面倒をみることになる。

ストーリーを聞くと社会性のあるテ
>>続きを読む

ジーサンズ はじめての強盗(2016年製作の映画)

4.0

秀逸❗️
とにかく脚本と演出が素晴らしく、観たらあっと言う間に終わりました❗️

会社の倒産で年金ももらえなくて、銀行強盗を計画する爺さん3人。
ベテラン悪にアドバイスもらいながら準備する様がオシャレ
>>続きを読む

ニンジャバットマン(2018年製作の映画)

3.0

わ〜、やってくれましたね、神風動画さん‼️
ぶっ飛びまくりの80分でした🦇
こんなアニメ未体験です…。
Dolby Atmosの劇場で真ん中ぐらいの席だったけど、ちょっと酔いましたもん…(><)

>>続きを読む

メイズ・ランナー:最期の迷宮(2018年製作の映画)

3.7

過去2作と比べたら、ウェス・ボール監督もノリに乗ってきた感はあったのでは?
と言っても今作で最後ですが…笑

一作目は「迷路」を上手く描いていたが、二作目は迷路なんて出てこないしゾンビ映画でした。
>>続きを読む

ワンダー 君は太陽(2017年製作の映画)

4.6

「もし孤独になっても、君は一人ぼっちではない」
もう何回爽やかな涙を流したことか…とても素晴らしい作品でした。

遺伝子疾患で変形した顔で生まれてきたオギー。
そんな彼が初めて学校に行く。
そこで受け
>>続きを読む

旅の重さ(1972年製作の映画)

3.3

家出をして四国遍路をする少女。
そこで出会った人たちと共に過ごし、裏切られ成長する。

タイトルと内容聞くと純文学的な要素を感じるが、実は新人の高橋洋子演じる主人公はかなりのビッチです❗️
ある意味、
>>続きを読む

シンクロナイズドモンスター(2016年製作の映画)

3.4

アン・ハサウェイのおちゃらけた表紙からコメディっぽいかと思いきや、中身はかなりぶっ飛んだホラーサスペンスのようでした。

ソウルに出現する怪獣がアメリカにいる自分と動きがシンクロする話。

設定は面白
>>続きを読む

サーミの血(2016年製作の映画)

3.3

今年300本目。
大切な人が薦めていた作品。

もう「部族差別」というより「人間差別」だ。
日本でもまだまだ部落差別が行われている時代に遠い北欧の出来事も人ごとではない。

みんな見て見ぬフリ。
守っ
>>続きを読む

スプリング、ハズ、カム(2015年製作の映画)

4.5

「春なんて来なければいいのに。」
春から大学生になる娘を持つ父親の本音。

広島から部屋探しに上京した父と娘の1日。
それだけでこんなに柔らかくて、温かくて、涙を誘う作品はなかなかない。

祖師ヶ谷大
>>続きを読む

あさがおと加瀬さん。(2017年製作の映画)

3.4

「私たちは女の子同士だけど
ーー付き合ってます」
高校生同士の百合話。

恋に不器用な山田と少し大人な憧れの加瀬。
二人のちぐはぐな掛け合い
>>続きを読む

YARN 人生を彩る糸(2016年製作の映画)

3.4

私たちが着る衣類も毛糸も「YARNー糸ー」がないと始まらない。
そんな「糸」をアートに変える世界中のアーティストを描いたドキュメンタリー。

街中をニットで彩るアイスランドの女性。
全身ニット集団と街
>>続きを読む

カンフー・ヨガ(2017年製作の映画)

2.4

ジャッキーさん、あなたはどこに向かおうとしているのか…
前作『スキップ・トレース』では前売りでジャッキーのマトリョーシカまで買ったのに裏切られたので、今作はDVD待ちに。

冒頭のシーンはまるで『バー
>>続きを読む

さよなら、僕のマンハッタン(2017年製作の映画)

3.8

『gifted/ギフテッド』のマーク・ウェブ監督がサイモン&ガーファンクルの曲から発想を得たという作品。
劇場にはいかにもこういう系が好きだなって感じの女子がチラホラ。

あまり書くとネタバレになるの
>>続きを読む

Vision(2017年製作の映画)

2.5

あのフランスの名優、ジュリエット・ビノシュが奈良県吉野町でロケしたという時点で凄い!
『あん』の河瀬直美監督が地元でオールロケ、そのほとんどが森の中。
『羊と鋼の森』とは比にならないくらいの森、森、森
>>続きを読む

家に帰ると妻が必ず死んだふりをしています。(2017年製作の映画)

4.0

ある時はワニに噛まれ🐊
ある時は矢で撃たれ🏹
ある時は宇宙人に人体実験にされる👽
夫が家に帰るたびに"死んだふり"をする妻。
その謎が解けた時に「夫婦とはなにか?」「結婚の意味は?」と感慨深くなる。
>>続きを読む

30年後の同窓会(2017年製作の映画)

3.5

ベトナム戦争世代からイラク戦争世代へ。
意味ある戦争なんてこの世にはないし、戦死が名誉だとも思えない。
そんな深いテーマを『6歳のボクが大人になるまで』のリチャード・リンクレイター監督が描く。

この
>>続きを読む

終わった人(2018年製作の映画)

2.3

もっと笑えるコメディかと思いきや…あまりコメディではなく定年を迎えた男性の悲哀を描いた深いドラマでした。
しかもゲスト出演がたくさんです!

ただ途中からは話が都合よく進み出すし、効果音がわざとらしい
>>続きを読む

羊と鋼の森(2018年製作の映画)

3.5

宮下奈都の原作を読んだ時に、なんてページの間から音符が流れ出る作品だろう…と思ってました♫
映像化されたら音符がもっと具体的になるんだろうなぁと。

「才能っていうのは、ものすごく好きってことじゃない
>>続きを読む

あなただけ今晩は(1963年製作の映画)

3.8

『アパートの鍵貸します』のビリー・ワイルダー監督とジャック・レモンのタッグ作。
とてもポップで可笑しくて、彼女を誰にも取られたくない男性の必死さが皮肉に描かれた良作でした🌺

元警察官のジャック・レモ
>>続きを読む

ル・コルビュジェとアイリーン 記憶のヴィラ(2015年製作の映画)

2.1

かなり勉強してないと眠くなる…ル・コルビジェに興味があり観たが、彼の話はあまりない。
どちらかといえばアイリーンがメイン。

しかも、なんか心の小さな男だなと。
とにかく嫉妬・嫉妬!
男なら気持ちはわ
>>続きを読む

50回目のファーストキス(2018年製作の映画)

4.0

あのハートフルな感動作を「勇者ヨシヒコシリーズ」の監督&キャストでどう作るんだろう?
って興味津々でした🍍

冒頭はある程度忠実にリメイクされていて少しスベってるなぁって印象でした…が、太賀が出てきた
>>続きを読む

OVER DRIVE(2018年製作の映画)

4.2

誰かを想うことは力にもなるけど弊害にもなる。

レースに興味がないので全く期待してなかったが…メチャクチャ良かったよ🏎🏎🏎
レースのシーンはかっこいいし音響が凄い‼️
そして、兄弟の熱い思いがビシビシ
>>続きを読む

68キル(2017年製作の映画)

4.0

いかれてる❗️
いかれてる❗️
いかれてる❗️
でも、なかなかの良作だ‼️
出ている人全員クズって作品なかなかない(笑)

恋人に言いなりの男性が言われるがまま強盗に入るが、女性は主人を殺してしまう。
>>続きを読む

万引き家族(2018年製作の映画)

2.7

パルムドール受賞による先行上映で鑑賞。
是枝監督は当たり外れが大きいから不安でしたが、んー…いろいろ突っ込むとこが多すぎて、話に矛盾も多すぎて…「いい映画風」に仕上げてるなと。

そもそも幼い二人が平
>>続きを読む

レディ・バード(2017年製作の映画)

3.0

『フランシス・ハ』で主演・脚本を務めたグレタ・ガーウィグが監督として田舎町から都会に憧れる女子高生を描いた作品。
主演は『ブルックリン』のシアーシャ・ローナン。

「青春」を「勘違いの恋愛」で埋め尽く
>>続きを読む

29歳問題(2017年製作の映画)

4.5

「暗い顔をしていたって、
何の問題解決にもならない」
時々、スクリーンごと抱きしめたくなるような素敵な作品があるが、今作もそんな素敵な作品。

仕事や恋だけに充実を求める人生。
好きなことをや
>>続きを読む

ジェイン・ジェイコブズ ニューヨーク都市計画革命(2016年製作の映画)

3.1

大学で建築を専攻していたが、恥ずかしながらジェイン・ジェイコブズの存在を知らなくて興味があり劇場へ。

理想の都市とはどんな形?
都市は一体誰のもの?

N.Y.に住む人を立ち退かせて団地をどんどん建
>>続きを読む

探偵物語(1983年製作の映画)

3.6

やっぱり松田優作は何をやってもカッコイイ!
お嬢様役の薬師丸ひろ子もおっとりした雰囲気が心地よい。

探偵って言ってもそんなに難事件を解決するはなしではなく、どちらかと言えば恋模様を描いた話。
赤川次
>>続きを読む

デッドプール2(2018年製作の映画)

2.3

前夜祭で観てきました‼️
前作はベルギーのシネコンで観たので半分くらいしか理解できなかったが、それでも楽しめた(のちにちゃんと日本語字幕で観ました)

しかし…今回はね…劇場の雰囲気もあるんかな?
>>続きを読む

ローマ法王になる日まで(2015年製作の映画)

3.1

アルゼンチンの独裁国家についてあまり知識がなくて、難解な部分が多かった。
そしてローマ法王が選挙で選ばれていることにも驚いた。。

世界的に発言力を持つローマ法王も日本人から見たらあまり馴染みがない人
>>続きを読む

50回目のファースト・キス イン・トルコ(2017年製作の映画)

3.4

オリジナルと内容は同じなんですが、舞台がハワイでなくてトルコ❗️
脚本はオリジナルと同じジョージ・ウィングが務めているみたい。
もう各国で作られ始めたら『あやしい彼女』状態だな。

最近作られただけあ
>>続きを読む

ちょっとまて野球部!(2017年製作の映画)

4.0

もう、笑った、笑った🤣
こんな何も考えずに笑える映画好きだわー。
そしていつの間にか、3バカたちが愛おしくなってくるから不思議。

再追試に合格しないと野球部の合宿にいけない大堀。彼とつるんでいる秋本
>>続きを読む

人生はシネマティック!(2016年製作の映画)

4.1

実は今、東京の人らと共同で趣味で映画制作していてその脚本を書いているとこなので、戦時下で脚本を書くこの作品には凄く興味がありました。

「たまには価値のある映画を作りたい。
人生の1時間半を捧げた
>>続きを読む

犬ヶ島(2018年製作の映画)

3.3

「日本から犬を追放せよ!」

渡辺謙、RADWIMPSの野田洋次郎、村上虹郎、夏木マリ、ビル・マーレイ、スカーレット・ヨハンソン…豪華な声優陣だが全く気がつかない。
オノ・ヨーコは本人役で気づいたけど
>>続きを読む

>|