夜空のパンケーキさんの映画レビュー・感想・評価

夜空のパンケーキ

夜空のパンケーキ

邦画・洋画・A級・B級問わず映画が昔から大好きです♫
中でもゆったりした邦画が好き‼️

サニー/32(2018年製作の映画)

1.3

皆さんの評価が低いので期待はしてなかったですが、それを下回る退屈な作品。
もう秋元康が絡んでの北原里英主演って時点で興醒め…内容もただ人を殺したらバイオレンスでしょ?って盛り上がるって時点でストーリー
>>続きを読む

Sea Opening/シー・オープニング(2017年製作の映画)

3.8

深夜の高速バスに乗るまで時間があり、東京での本日5本目はこの作品に。

すっっごく不思議な不思議な作品でした。
冒頭からしばらくは劇団の厳しい練習が映し出されるだけで、なんじゃこりゃ??って。
途中か
>>続きを読む

blank13(2017年製作の映画)

4.5

高橋一生の舞台挨拶付きで観賞@シネマート新宿。
なんと急遽、斎藤工と波岡一喜も来てくれました‼︎

齊藤工監督の初長編作品はめっちゃくちゃ面白かった〜!これ僕が好きな作風です😀
前半30分くらいは高橋
>>続きを読む

花咲くころ(2013年製作の映画)

4.6

今月、創立50周年を迎えた岩波ホールで観賞。
最近『とうもろこしの島』『みかんの丘』などジョージア(グルジア)の名作が多いですが、この作品も実に素晴らしかった‼️

僕が大学生の頃に関西に岩波ホール前
>>続きを読む

リバーズ・エッジ(2018年製作の映画)

3.2

舞台挨拶付きで観賞@TOHOシネマズ新宿。
即完売のチケットを運良くゲットできました!

生で見る二階堂ふみは実に線が細かった😀
ぶっきらぼうなイメージあったけど、ニコニコしてたな。
逆にSUMIRE
>>続きを読む

いただきます みそを つくる こどもたち(2017年製作の映画)

3.3

渋谷にある國學院大学で昨日、生物多様性を考える「にじゅうまるプロジェクト」の会合が行われた。
その中で「いただきますの日」普及推進委員が行った今作品の上映会とオオタヴィン監督のトークセッションに参加し
>>続きを読む

早春(1970年製作の映画)

3.4

大阪でもやっと公開されたので初日に観てきました!
一度は検閲にかかり御蔵入りした本作。
15歳の童貞男がひたすら恋の欲望に突っ走る…それだけの作品なのに、音楽とかカッコよくて、なんてパンクでエキセント
>>続きを読む

パンとバスと2度目のハツコイ(2017年製作の映画)

4.0

いや〜、まさか今泉監督の作品がシネコンで全国公開される日が来るとは…それだけで感無量ですわ。
初期の『終わってる』『こっぴどい猫』や最近では『サッドティー』に比べたら近年の作品は少し大衆受けしつつある
>>続きを読む

グレイテスト・ショーマン(2017年製作の映画)

3.5

冒頭からエンドまで包まれる、包まれる、包まれる…音楽に包まれる♫
圧倒的なミュージカルでした!
Dolby atmosで観たんですが、すごかった‼️

ただこの日、劇場3本目でまたまた睡魔が(いつも3
>>続きを読む

ぼくの名前はズッキーニ(2016年製作の映画)

4.4

今年100本目はとても素晴らしい作品でした!@シネリーブル梅田。
吹替でも上映されてますが、大人に向けたメッセージの方が強いストップモーションアニメです。

様々な理由で孤児院に預けられた子どもたち。
>>続きを読む

巫女っちゃけん。(2017年製作の映画)

3.3

最初は広瀬アリス演じるやる気のない巫女にイライラしてましたが、健太くんが出てきた辺りから「頑張れ!」って応援したくなりました^_^

コメディ映画かと思ってたら意外にネグレクトや育児放棄など重たいテー
>>続きを読む

ロックンロール(2017年製作の映画)

3.6

マイ・フレンチ・フィルム・フェスティバルにて鑑賞。
いい意味でぶっ飛んでました‼️
この映画自体がロックなんだなと認めざるを得ない。

実際の夫婦でもあるギヨーム・カネと『たかが世界の終わり』のマリオ
>>続きを読む

犬猿(2017年製作の映画)

3.9

兄弟・姉妹だからこそ解り合える。
兄弟・姉妹だからこそ争える。
吉田恵輔監督節だからこそ描けた「兄弟」の世界観に笑いが止まらなかった。
冒頭の映画広告への皮肉からすでに。

4人の登場人物それぞれの役
>>続きを読む

ライオンは今夜死ぬ(2017年製作の映画)

2.7

『ユキとニナ』など海外で活躍する諏訪敦彦監督の最新作。
ヌーベルバーグの時代を支えたジャン=ピエール・レオが主演ですが、子供たちにからかわれる様が愛らしい…。

内容はかなり文学的過ぎて…この日劇場鑑
>>続きを読む

ロング,ロングバケーション(2017年製作の映画)

4.3

『RAW〜少女のめざめ〜』を観てぐったりしたので、劇場鑑賞2本目はちょっと明るく観れそうな作品に。
はっきり言ってこれかなりオススメです!
認知症の旦那さんとキャンピングカーで思い出の地を旅をする話。
>>続きを読む

RAW〜少女のめざめ〜(2016年製作の映画)

4.0

指を食べたり、目玉舐めたり…かなりのオカルト映画かなと思いきや、ラストのシーンで全てが一本になったって感じになりました!!
いやはや、なかなか凄い映画でした。

父親が「娘が二人いるのは大変だ」って言
>>続きを読む

アヴァ(2017年製作の映画)

3.1

だんだん見えなくなる視力の13歳の少女。
そして性への目覚め。
表紙だけ見たら先住民のアクションぽいが全くそんなのはありません。

時々、すごいエキセンデリックな表現がガンガン出てきてちょっとビックリ
>>続きを読む

名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)(2003年製作の映画)

3.3

劇場版第⑦作。
今回は大好きな京都が舞台。
見慣れた風景をコナンが駆け回る感動…。

そして今回はついにあの秘密が!
謎解きはイマイチでしたが、恋の行方にドキドキします💓

さらば冬のかもめ(1973年製作の映画)

4.2

こんなロードムービー好きです♫
ある意味無茶苦茶なんだけど、若かりし頃のジャック・ニコルソンの存在感たるやいなや…さすがです!

海兵の若者がお金を盗んだ罪で、離れた刑務所まで同じ海兵のベテラン二人が
>>続きを読む

今夜、ロマンス劇場で(2018年製作の映画)

4.4

久しぶりに劇場で泣いてしまいました😢
単なるラブロマンスかな…と思ってましたが、いい意味で裏切られました。

この作品、昭和30年代を描いているんですがとにかく色彩にこだわっている。
風景や小道具にい
>>続きを読む

ビッグ・シック ぼくたちの大いなる目ざめ(2017年製作の映画)

3.6

Filmarks・青山シアターの試写会にて。
恋人同士の話かなと思いきや、「家族のわだかまり」をテーマにしたヒューマンドラマでした。
別れた彼女の両親とのわだかまり…。
パキスタン人と結婚させようとす
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

1.2

ん?ジョン・ウーってこんなクソ映画作る監督だったっけ?
今年観た中ではダントツで酷い映画。
自分の娘使ってるし…。
アフレコが全く合ってないし、最後の20分なんてVシネ並みのセット。

唯一良かったの
>>続きを読む

父の結婚(2016年製作の映画)

4.4

「お父さんを僕にください!」
東京で暮らす娘が父の結婚を機に田舎に久しぶりに帰省するが、父の結婚相手は幼馴染の男性だった…。

まるでコメディ作品のように思えるが、かなり僕的には感動作で、最後のHAL
>>続きを読む

ストラッター(2012年製作の映画)

3.0

白黒の映像に弾むロックの相乗効果♫
女にフラれたってロックや仲間が救ってくれる。
大切なものはきっと足元に転がってんだー。

内容はイマイチよくわからんが、流れる音楽はセンスあり!

明日は大好きなロ
>>続きを読む

二郎は鮨の夢を見る(2011年製作の映画)

3.9

この作品を観て、寿司を食べたくならない人なんているだろうか??
次から次と出される極みの寿司。
テレビに手を入れてその寿司を掴みたくなるくらい🍣
海外の監督が寿司を撮るとこうなるのか!

「シンプルは
>>続きを読む

彼女の人生は間違いじゃない(2017年製作の映画)

2.6

間違った人生なんて世の中にあるんだろうか?
その場では良いと選択した人生は後になったら「こうすれば良かった」って思うこともあるーーだけど間違いではないと僕は思う。

福島で被災し母を亡くした女性が東京
>>続きを読む

楽隊のうさぎ(2013年製作の映画)

3.0

先日、久しぶりに母校の中学校の前を通った。
ずっと好きだった女の子が吹奏楽で四階の部室の窓からサックスを吹いてたなーとか甘酸っぱい思いになった。
この作品も中学校の吹奏楽部を描いていて少しそんな想いと
>>続きを読む

きっと、いい日が待っている(2016年製作の映画)

4.2

なんて…重くて辛い作品なんだ…。
夢を語れば殴られる。
校長に勝手に話しかけても殴られる。
母が亡くなり涙しても殴られる。

実際にデンマークにあった養護施設の子どもたちの虐待やいじめを描いた物語。
>>続きを読む

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.3

まるでベネトンの世界観に入ったように散りばめられた原色!原色!原色!
(ちなみにこの前久しぶりにベネトンのシャツを買いました!)
昔のMVを思わせる雰囲気も。
カトリーヌ・ドヌーヴまで出てます!

>>続きを読む

パパのお弁当は世界一(2017年製作の映画)

3.9

これ泣けるやつやん…。
実際にあった父娘の物語を映画化。

最初にパパが作り出した弁当の娘たちの反応は笑いました〜。
でも途中のふりかけ辺りから涙腺が(T . T)

美味しいものを食べたら幸せになれ
>>続きを読む

ウィリー ナンバー1(2016年製作の映画)

3.2

「人の死には何かしら理由をつけたがってるんだよ。事実を受け止めなきゃ」
とても不思議なブラックコメディ。
どう表現したらいいんかな??

初めて一人暮らししたり、バイク買ったり、友達作ったり。
双子の
>>続きを読む

光と禿(2016年製作の映画)

3.6

昨年行ったフェスで一緒に行った女の子が「今、歌ってる人だれ?」って聞かれて「えーと、、うーんと、、クリトリック・リスだよ…」と恥ずかしながら答えたのを思い出した…。

クリトリック・リスのスギムと盲目
>>続きを読む

トモシビ 銚子電鉄6.4kmの軌跡(2016年製作の映画)

3.5

千葉をゆっくり走るローカル線、銚子電鉄。
高校生たちが駅伝で繋いで電車に勝てるか勝負する話。

仲間割れや淡い恋話などよくありがちな展開ですが、最後の対決シーンには手に汗握る展開でした!
主役の松風理
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

2.9

うーむ、、ラストはあれで本当にいいのか?
そんなことで母親の気持ちは晴れるのか?

娘がレイプされて殺された母親が、警察を批判する三枚の看板広告を掲げたことで起こるドラマ。

あの母親が過激過ぎるのと
>>続きを読む

怪盗グルーのミニオン大脱走(2017年製作の映画)

3.5

昨夜の『羊の木』がかなり重くて、口直しに鑑賞(笑)

今回のテーマは家族愛。
生き別れしたグルーの双子と一緒に暴れまわります!
ちょっぴり中毒になりがちなミニオンズがあまり出てこないのが残念…大脱走っ
>>続きを読む

羊の木(2018年製作の映画)

4.0

元殺人犯と聞いて僕らは色眼鏡をかけずに見れるだろうか?
この作品を観て感じたのは彼らを更生させるのは周りの環境や人の支えはもちろん必要だが、彼らの遺伝子にもそういう血ってあるのかも…って。

あの理髪
>>続きを読む

>|