夜空のパンケーキさんの映画レビュー・感想・評価

夜空のパンケーキ

夜空のパンケーキ

邦画・洋画・A級・B級問わず映画が昔から大好きです♫
中でもゆったりした邦画が好き‼️

✴︎やたらとクリップばかりする人や感想書いてない方はフォロー外します!あしからず。

映画(2410)
ドラマ(1)

心が叫びたがってるんだ。(2015年製作の映画)

3.5

実写版の方を先に観ていて、とても良い作品だったのでアニメ版も観たいと思っていました。
コトリンゴとクラムボンの音楽が心地よく、物語にす〜っと溶け込んでいた。

言葉を奪われた女の子。
少し『志乃ちゃん
>>続きを読む

サムライと愚か者-オリンパス事件の全貌-(2015年製作の映画)

3.9

監督の舞台挨拶つきで鑑賞。
2011年に表面化した「オリンパス損失隠蔽事件」。
内部告発した元オリンパス代表マイケル・ウッドフォードやスクープした記者などの証言を元にいかに事件が明るみになったか内幕に
>>続きを読む

キスできる餃子(2017年製作の映画)

3.8

「なるほど!タイトルはそういう意味か〜」って思わず言いたくなります。
ニンニクを抜いた餃子だと思っていたから…。

『クハナ!』の湊建日子監督なので割と期待してましたが、期待を裏切らないエンターテイメ
>>続きを読む

オーシャンズ8(2017年製作の映画)

3.8

冒頭の音楽から「きたきた〜」とテンション上がり、しっかりとオーシャンらしさを展開!
ファッションもステキで観てるだけで目の保養になるはず。

出所後のの化粧品のくすね方とかなかなかやるなと。さすが、ダ
>>続きを読む

大怪獣ガメラ(1965年製作の映画)

3.4

先日、ある映画専門家と話していた時にガメラの話になり、そう言えば金子修介監督のガメラは観てましたがオリジナルのは観てなかったなぁと…。

ゴジラとはまた違った人間味あふれるガメラ。
亀が大好きな少年と
>>続きを読む

オーシャンと十一人の仲間(1960年製作の映画)

3.2

初日に『オーシャンズ8』を観てきましたが、先に観ていたこちらをレビュー。

『オーシャンズ11』の元になった作品。
しかし、リメイク版のようなスタイリッシュな泥棒感はありません…。
ラスベガスの5つの
>>続きを読む

脱脱脱脱17(2016年製作の映画)

3.1

ぶっ飛んでて、かなりぶっ飛んでる。
34歳おっさん高校生と女子高生のぶっ飛んだ青春劇‼️
これを当時、女子高生だった女優の松本花奈が監督したんだから驚き!

ドカドカ流れる女性バンド「the pegg
>>続きを読む

空(カラ)の味(2016年製作の映画)

2.8

女子高生が摂食障害に気づき始めて、人生の分岐点に戸惑う物語である。
食べては吐き、食べては吐く。
でも病気だと認めたくない。

でもやっぱり認めて病院へ向かう。
そこで出会った女性と共に歩み始める。
>>続きを読む

此の岸のこと(2010年製作の映画)

4.0

日本が抱える老人介護問題を台詞なしで描ききった外山文治監督の秀作!
介護に疲れ、時に苛立ち、時に愛する。
そんな老夫婦が選んだ道とはーー。

意味ある終わり方である気もするし、悲しい終わり方でもある気
>>続きを読む

フローズン・リバー(2008年製作の映画)

4.0

母が子を想う気持ち。形はどうであれ、やっぱり母は母なんだと心揺さぶられる隠れた名作です!
母である人、母を持つ誰もがこの物語の切ない運命に心揺さぶられるだろう。

カナダとの国境の雪で覆われた小さな町
>>続きを読む

センセイ君主(2018年製作の映画)

2.3

これは浜辺美波のノリについていけるかどうかで作品の評価が変わると思います。
僕はついていけなくて…一度も笑うとこなく淡々と終わりました。
漫才でスベったかのような寒〜い空気が映画館に漂ってました💦
>>続きを読む

わさび(2016年製作の映画)

3.6

冒頭、芳根京子がわさびを擦るシーン。
その横顔がとても哀愁に満ち溢れていて素晴らしい。

うつ病のシングルファーザーを持つ女子高生、葵。
父は寿司職人だったが、今は全く握れずにいる。
代わりに葵は進学
>>続きを読む

再会の食卓(2010年製作の映画)

3.3

どんな時も食べることは大事。
楽しい時であっても、辛い時であっても。

『トゥヤーの結婚』でとても感銘を受けたので、ワン・チュアンアン監督の作品を。
戦争で台湾に行っていた夫が上海に戻ってくる。しかし
>>続きを読む

ミッション:インポッシブル/フォールアウト(2018年製作の映画)

4.4

Dolby Atmosで初日観賞。
もう「トムー」って何回叫びそうになったか笑
シリーズの中では一番ドキドキハラハラしたかも。
ラスト近くのヘリの攻防とかヤバかった‼️

ストーリー的には強引な感じは
>>続きを読む

春なれや(2016年製作の映画)

3.2

ソメイヨシノは60年しか咲かない…それを確かめる為に向かう痴呆症の女性(吉行和子)と青年(村上虹郎)。
舞い散る桜の風景がとても綺麗。
蘇る昔の記憶。
それが思い出だけでなくずっと残るように願う。

インクレディブル・ファミリー(2018年製作の映画)

4.0

冒頭のディズニーとピクサーのロゴの出し方からすでにインクレディブルバージョンでそこからニンマリ😏
そして前作の終わりからの続きを別の目線から見ていく形も面白く、ファミリーでの戦いの迫力の凄さに興奮して
>>続きを読む

バオ(2018年製作の映画)

3.5

『インクレディブル・ファミリー』の前に同時上映していた短編。
台詞はないが、心温まる。
肉まんが動き回り、作ってくれた人との友情、そして恋に落ちた瞬間ーー。
ちょっと衝撃。

青夏 きみに恋した30日(2018年製作の映画)

2.9

この二人は『くちびるに歌を』以来の共演ではないでしょうか?
実に先が読めてしまうキュンキュン映画。
初日に行ったのにガラガラでした💦
でも夏に好きな人と観るのにいいと思います。

川遊びもいい!
花火
>>続きを読む

宇宙飛行士の医者(2008年製作の映画)

2.1

このタイトルを聞いたら多くの人は宇宙飛行士の過酷な状況の中、必死に助けようとする医者の話だと思うでしょう。
僕もそうでした…しかし、全くそんな話ではありません‼️
ロケット自体ほとんど出てこない。遠く
>>続きを読む

BOX 袴田事件 命とは(2010年製作の映画)

4.1

映画『獄友』を観られた方は袴田さんの出所直後の精神的に不安定な姿が脳裏に残っているはずです。
この作品は袴田事件の真実に基づいて作られた作品で彼が不安定な精神に至るまでも描かれています。

袴田巌を演
>>続きを読む

Mr.インクレディブル(2004年製作の映画)

4.1

完全に『ミッション・インポッシブル』‼️
スピード感とかアクションとか引っくるめて。
後にこの監督が初実写映画で『ミッション・インポッシブル/ゴースト・プロコトル』を任されたのも納得。

ヒーローであ
>>続きを読む

マイレージ、マイライフ(2009年製作の映画)

3.9

知人がこの映画のジョージ・クルーニーみたいにスマートに空港の持ち物検査を通過したいと話していた。
実は僕もそう思う。だって悪いことしてないのに海外の検査でいつも引っかかるんだもん。

一年のほとんどを
>>続きを読む

軽蔑(1963年製作の映画)

3.0

「映画はいいね。服を着てる女でも、映画となればサッと脱ぐ」
この嫌みっぽい台詞も夫婦の関係に終わりが見えているからか?

ゴダールの作品の中では割と観やすい方だと思いますが、冒頭のベッドシーンでの照明
>>続きを読む

みんな好いとうと♪(2016年製作の映画)

3.2

とうとう前田敦子も結婚してしまいました。
割と好きだったのになぁ。アイドルもどんどん結婚していきますね。

こちらは福岡を中心に活躍するアイドルグループ「LinQ」が自らを演じたサクセスストーリー。
>>続きを読む

劇場版ポケットモンスター みんなの物語(2018年製作の映画)

3.2

前作『キミに決めた!』が良かったから期待して行きました。
悪くはないです、確かにいろんな人の物語で構成されていて。

今回はレアポケモン「ゼラオラ」が主役に近いのかと思ったら、意外に「ウソッキー」の出
>>続きを読む

首都消失(1987年製作の映画)

2.2

もし自分が住んでいる町が霧みたいなもので覆われたらどうするだろう?外部との連絡綱も遮断されたら…?
東京の町が覆いつくされてしまう話という内容だが、結局原因はわからないまま終わるっていう…💦

小松左
>>続きを読む

映画は映画だ(2008年製作の映画)

3.7

今年公開された名作『タクシー運転手』のチャン・フン監督の過去作品。
シリアスの中にもコメディ要素を入れてくるあたりが監督っぽい!

ワガママな映画スターが撮影中に本気で相手の俳優を殴って怪我をさせてし
>>続きを読む

劇場版コード・ブルー -ドクターヘリ緊急救命-(2018年製作の映画)

4.2

ドラマ版を全部見たわけではないので、映画も観に行く予定なかったんですが…結果的に観て良かった‼️
2回くらい泣いてしまったよ…(T_T)
周りも結構泣いてたなぁ。
しかも初日の平日朝一なのに満席。
>>続きを読む

殺したい女(1986年製作の映画)

4.0

楽しかった〜🤣
まるでアンジャッシュのコントのような勘違いの展開が笑える!
そしてこの邦題が秀逸やわ。

遺産目当てで社長の娘と結婚した男。
会社を経営していくうちに妻の存在がうっとおしくなり殺害した
>>続きを読む

BLEACH(2018年製作の映画)

3.5

少年マンガは割と読んでますが、なぜか「BLEACH」は全く読んでなくて…なので特に前知識なしで鑑賞。

原作読んでないからか楽しく観れました!
さすが佐藤信介監督って感じのアクションとCG。
駅前のバ
>>続きを読む

結婚(2017年製作の映画)

2.5

いつまでも好きだった人をなかなか嫌いになれない。
自分だけは愛してくれてると思いたい。
わからないではないが、この映画は酷い。

結婚詐欺師をディーン・フジオカが演じているんですが、そんな甘い手で引っ
>>続きを読む

東京ゴミ女(2000年製作の映画)

3.5

同じマンションに住む男性のゴミを漁り彼のことを知ろうとする女性の物語。
ストーカーまがいは犯罪だけど、なんか気持ちはわかる。
好きになればなるほど相手の事が知りたいし、知らない恋人にも嫉妬する。
しか
>>続きを読む

故郷の香り(2003年製作の映画)

3.7

中国の田舎町に佇む「ブランコ」。
そのブランコが2人の距離を縮め、また突き放していく。
故郷に戻ると蘇る記憶。
それが華やかであっても切なくても。

昔好きだった人に会っても、その当時の記憶が蘇る。
>>続きを読む

バトル・オブ・ザ・セクシーズ(2017年製作の映画)

3.6

とにかく実在の人物や時代の再現力が凄い!
オープニングの20世紀フォックスのタイトルから「おぉー」となる。

女子テニスの世界チャンピオンのビリー・ジーン・キングへと扮したエマ・ストーン。
言われなき
>>続きを読む

子どもが教えてくれたこと(2016年製作の映画)

3.1

「学校に行きたいだけ。ただそれだけ。」

この監督は自分の娘を病気で亡くした経験を持つらしい。
そんな経験があるからこそ、その目線で病気を患う5人の子どもを映し出すドキュメンタリー。

ここに出てくる
>>続きを読む

志乃ちゃんは自分の名前が言えない(2017年製作の映画)

3.6

♫生まれた所や皮膚や目の色で
いったいこの僕の何がわかるというのだろう♫
町中でザ・ブルーハーツの「青空」を歌う女子高生2人。
一人は吃音でもう一人は音痴。
そんな二人の友情物語。

でも単に友情とは
>>続きを読む

>|