夜空のパンケーキさんの映画レビュー・感想・評価

夜空のパンケーキ

夜空のパンケーキ

海辺の彼女たち(2020年製作の映画)

3.1

以前にポレポレで観ようと行ったら連日満席で観れず💦
やっと観れました。

不法就労する3人のベトナム女性の現実をまるでドキュメンタリーのように描く。
女性の目線による撮影方法なので、世界の広がり感はあ
>>続きを読む

竜とそばかすの姫(2021年製作の映画)

2.8

歌い始めたら、やっぱり中村佳穂だなぁって感じ🎵
ストーリー的にはなんかごちゃごちゃ混ぜてたり、急展開すぎてついていけなかった💦

約束のネバーランド(2020年製作の映画)

2.9

一巻しか読んでないけど、なかなか2時間で描くのは無理があるかも💦
レイ役の子が下手くそな演技すぎて、途中で観るのをやめかけた…。

東京リベンジャーズ(2021年製作の映画)

3.5

原作はよんでないけど、だからかもだけど楽しめた!
SUPER BEABERによる主題歌の『名前を呼ぶよ』はちょうど一週間前にフェスで聞いてたから、ラストに流れた時はテンション上がった〜。
ドラケンかっ
>>続きを読む

小説の神様 君としか描けない物語(2020年製作の映画)

2.7

音楽が一緒の人だからか、しつこいし使い方が下手💦
内容も無理があるし、あまり印象に残らないかな。

Arc アーク(2021年製作の映画)

3.4

ワンデーフリーパスポート④本目。
途中まではアートスティックな感じで集中して観れましたが、白黒シーンになってからはダラダラして飽きてきました。
建物が香川県庁に似てるな〜と思ってたらやっぱりそうでした
>>続きを読む

夏への扉 ―キミのいる未来へ―(2021年製作の映画)

3.4

ワンデーフリーパスポート③本目。

途中、頭ががこんがらがったけどタイムリープものは好きなので楽しめました!
なんかストーリー的にはあまりひねりはないけども。

『バック・トゥ・ザ・フューチャー』と『
>>続きを読む

ピーターラビット2/バーナバスの誘惑(2020年製作の映画)

3.9

ワンデーフリーパスポート②本目。
今作は前作よりマクレガーの人間の良さがかなり出てました!
奥さんを守る姿とか、ラビットたちとの交流とか。
前作よりウサギたちの動きがパワーアップしてた気がします。
>>続きを読む

いとみち(2020年製作の映画)

3.9

ワンデーフリーパスポート①本目。
青森でのオールロケで三味線とメイドカフェをテーマに描いた元気がもらえる越谷オサムの物語。

青森出身の駒井蓮がナチュラルな津軽弁すぎて、途中まで聞き取れないぐらい💦
>>続きを読む

ザ・ファブル 殺さない殺し屋(2021年製作の映画)

3.3

前作はイマイチだったけど、今回の方が迫力もあり良かった!
原作漫画では評判高い話の映画化とあって、内容も良かったです!

ヒノマルソウル~舞台裏の英雄たち~(2020年製作の映画)

4.4

内容はある程度推測つくんだけど、なんだかジーンときて最後の方は涙腺崩壊したなぁ。
長野オリンピックのジャンプはリアル世代だから、必死に見ていた記憶があるけど舞台裏にはこんなドラマがあったんやね。

>>続きを読む

トムとジェリー(2021年製作の映画)

3.3

『ロジャーラビット』に似てるけど、技術的にもそんなに上がってない気が…。
久しぶりにトムとジェリーに会えて楽しかったです!!

ノッティングヒルの洋菓子店(2020年製作の映画)

3.1

雰囲気が良さそうなので観ましたが、思ってたより暗い内容でした。
1番に抹茶ミルククレープを食べたくなる日本人いるんかな?

銀河ヒッチハイク・ガイド(2005年製作の映画)

3.0

ごちゃごちゃしたスターウォーズって感じかな。
イルカが世界の終わりを知っている存在だとしたら?
時々安っぽい映像になるのが残念。
ストーリーも難解でした💦

漁港の肉子ちゃん(2021年製作の映画)

3.4

この前まで西加奈子さんの『おまじない』を読んでいたのですが、やっぱり西さんの独特な話の展開やドキっとさせられる言葉にさすがだなと感じていました。
今作は原作を読んでませんが、西さんらしい楽しくもグッと
>>続きを読む

キャラクター(2021年製作の映画)

3.8

テレビ局制作にしてはかなり攻めた作品。
隣の男性が目を逸らしながら鑑賞してました。それぐらいグロい。

セカオワの深瀬がどんなもんかなーって思ってましたが、かなりサイコで演技上手かったですね!
浦沢直
>>続きを読む

ブルーヘブンを君に(2020年製作の映画)

3.6

岐阜でロケが行われた地方創生映画。
岐阜で青いバラを開発した女性をモデルに秦建日子監督が由紀さおりを主役に作った。
秦監督は『アンフェア』の脚本で有名ですが、『クハナ!』や『キスできる餃子』の地方創生
>>続きを読む

14歳の栞(2021年製作の映画)

4.1

これぞ現代の14歳のリアル!
春日部にある中学二年生のクラスにインタビューしただけで、それ以上でも以下でもない内容だけど、そこから湧き出てくる子ども達の本音。
自分が14歳の時こんなこと考えて生きてだ
>>続きを読む

映画大好きポンポさん(2021年製作の映画)

3.7

楽しい映画作りの裏側を描かれていて、自主映画を作ってる僕にとって興味津々でした!
編集シーンがかなり作品のほとんどを使っていますが、どの役割も大変💦

「泣く映画で泣かせるより、B級映画で泣かせたら素
>>続きを読む

るろうに剣心 最終章 The Beginning(2021年製作の映画)

2.8

全然悪くないし物語的にもいいんだけど、これが十年間のラストかーって考えたら尻つぼみ感がある。映画館でする意味あるかな?って。

ま、泣いても笑っても剣心の見納め。
もう少し短く描けないものかなぁ、この
>>続きを読む

カムバック・トゥ・ハリウッド!!(2020年製作の映画)

3.0

ロバート・デニーロ、モーガン・フリーマン、トミー・リー・ジョーンズと豪華なメンバーなのに話題になってないね。
内容や演出はかなりチープだし、先も読めるけどクスクス笑えて気楽に観れました!

明日の食卓(2021年製作の映画)

4.0

狂い出す親たちの熱演が怖かった…。
菅野美穂のプールでのシーンは狂気的だし、尾野真千子のエリート思考は怖いし、高畑充希の関西弁での子どもと向き合うラストは感情高まった。
誰でもこの親子と隣り合わせなん
>>続きを読む

猿楽町で会いましょう(2019年製作の映画)

4.3

「そうきたか!」と脚本の構成力に唸らされた‼️
雑誌モデルのリアル。
人を踏みつけてまでのし上がる女性の世界観を憎たらしいくらい描かれていきます。
最初は単なる恋愛映画かと思いきや、エピソード2からバ
>>続きを読む

名も無い日(2020年製作の映画)

3.3

東海地区先行上映にて。
とにかく出演者の演技が凄い!
特にオダギリジョーの演技はさすがです^ ^

家族とはー、孤独とはー。
やりたいことの裏には誰かの犠牲がある。
きっと世界の家族はこうやってできて
>>続きを読む

おろかもの(2019年製作の映画)

3.3

婚約者がフォーリンラブのバービーに似てる(笑)
男性の浮気と戦う女性たち。
こんな世界の渦中なら嫌だな💦

地獄の花園(2021年製作の映画)

1.0

久しぶりにこんな酷い作品を観た。
テレ東の夜中にやればいい。
笑えないし、内容ないし。
劇場はかなりしらけてました。。。

男の優しさは全部下心なんですって(2019年製作の映画)

3.2

シネマスコーレ 先行上映にて。
男のやりたい下心もだけど、それを見抜けない女性もダメダメだなぁと。
時折入るミュージックビデオみたいな感じはいいんだけど、もう少し悪ふざけでも楽しめたかも…。
ある意味
>>続きを読む

裏ゾッキ(2021年製作の映画)

4.0

映画『ゾッキ』完成までを描いたドキャメンタリー。
愛知県蒲郡市が町を上げて竹中直人、山田孝之、斎藤工の三監督を軸にコロナ禍に巻き込まれながらも作り上げていく姿は凄かった❗️
ピエール瀧の復帰第一作とい
>>続きを読む

ビューティフル ドリーマー(2020年製作の映画)

2.8

大林監督への追悼作品。
しかも『うる星やつら2 ビューティフルドリーマー』を観ていないと全くよくわからないかも。
全員本名で役柄…っていう、、。

小川紗良さんは映画監督もやってるから、そのままですね
>>続きを読む

うる星やつら2 ビューティフル・ドリーマー(1984年製作の映画)

3.3

押井守監督作品。
タイムループものかと思いきや、白昼夢のような展開に押井監督らしいSF感が出てました!
本広監督の『ビューティフルドリーマー』の予習として観たんですが、久しぶりにうる星やつらワールドを
>>続きを読む

ドッジボール(2004年製作の映画)

3.5

チャック・ノリスのせいだ!笑
ドッジボールの大会でジム存続のための賞金を狙うってコメディ。
若かりしベン・スティラーの悪人ぶりが凄い。
気楽に観れて楽しめます!

フード・ラック!食運(2020年製作の映画)

3.4

芸人が作った焼肉映画と見下すことなかれ!
なかなか食と人間ドラマが融合された作品でした。
もう少し勧善懲悪を特化しても良かった気もするけどね。
特別出演のあの人の爪痕もさすがだし、観終わると確実に焼肉
>>続きを読む

くれなずめ(2021年製作の映画)

2.8

松居大悟監督は『アイスと雨音』のワンシーンノーカットを引きずりすぎなんじゃないかな…。
笑えるかなと思ってたら、そこまででもなくイメージしていた内容とは違ったなぁと。

ドキ死(2018年製作の映画)

3.9

ぶっ飛んでるかと思いきや、なかなか手の込んだ恋愛劇。
本当ならありえないことを、そこまで不思議に描かない手腕はこの監督得意なんかな?(『ドンテンタウン』もそうだったので)。

>|