しもんぬさんの映画レビュー・感想・評価

しもんぬ

しもんぬ

新作映画の劇場鑑賞記録。年100本ペース。
(広島サロンシネマ/八丁座/横川シネマ)

#2014(@4star) #2015(@4star) #2016(@4star)
#2017(@4star) #2018(@4star)

映画(386)
ドラマ(0)

万引き家族(2018年製作の映画)

3.4

会話の中に出てくる「スイミー」って絵本が、どうも重要っぽい。

一般的な解釈として「協力し合うことの大切さ」を説いた作品ってことになってるんだけど、実はもっと複雑な話で、ひとりぼっちになって初めて自分
>>続きを読む

ファントム・スレッド(2017年製作の映画)

4.0

人を世話することへの依存、愛情という名の支配。
共依存の沼で喘ぐ中年男に、姉と嫁のツープラトンがのしかかる。ホラーみたいなコント。

にらめっこしてもあなた、絶 対 に 勝てないわよ。

ゲティ家の身代金(2017年製作の映画)

3.6

交渉人が全く活躍しない身代金誘拐映画。(^^;
大作のオーラと安定感はバッチリなので、とりあえず安心して楽しめる作品だと思います。

1973年にローマで起きたゲティ3世誘拐事件の映画化。「大富豪の祖
>>続きを読む

「ベクシンスキー家の人々 映像と音声のアルバム」(2017年製作の映画)

3.8

ポーランド映画祭@広島市映像文化ライブラリー

終焉の画家ベクシンスキーとその家族のドキュメンタリー。繊細な一人息子がいまして、自立に躓いてモラトリアムを長引かせた結果、鬱になって41歳で自殺するんで
>>続きを読む

二つの冠(2017年製作の映画)

3.2

ポーランド映画祭@広島市映像文化ライブラリー

ソラリスの著者(2016年製作の映画)

3.0

ポーランド映画祭@広島市映像文化ライブラリー

ポーランドのSF作家、スタニスワフ・レムのドキュメンタリー伝記映画。二度にわたって映画化された「ソラリス」(72年タルコフスキー/02年ソダーバーグ)の
>>続きを読む

君の名前で僕を呼んで(2017年製作の映画)

3.8

サイケデリック・ファーズの「Love My Way」やF.R.デイヴィッドの「Words」、バンドレロ「Paris Latino」といったツボな80'sシンセポップがいっぱい。(アーミー・ハマーのダサ>>続きを読む

アイ, トーニャ 史上最大のスキャンダル(2017年製作の映画)

3.9

世代なので事件のことはよく覚えてるんですけど、結局、事の真相がよく分からなかったんですよね当時。離婚した元夫が勝手に襲撃を企てて、ハーディングはそれに関与していないって言うんですけども、「じゃあ動機は>>続きを読む

ネルーダ 大いなる愛の逃亡者(2016年製作の映画)

4.1

チリの国民的英雄詩人パブロ・ネルーダの、複雑な人間性を映し出す逃亡劇。(共産党の政治家でもあった彼は、第2次世界大戦後チリ政府から弾劾され、生涯の大半を逃亡生活に費やした)

たしかにめっちゃ独創的で
>>続きを読む

笑う故郷(2016年製作の映画)

4.2

田舎の人々×インテリ作家。シニカルな大人コメディ@アルゼンチン

スクリューボールなドタバタ喜劇をイメージしてたんですけど、案外主人公のインテリが糞野郎じゃなくて紳士だった(?)ので、感情移入しながら
>>続きを読む

わたしは、幸福(フェリシテ)(2017年製作の映画)

3.9

幸福(しあわせ)についての映画、なんですけども、これとっても難しい。咀嚼するにはおそらく人類史の知識がいる。定住革命以前の(まだ「所有」という概念が生まれる前の)共同体にあった、原初的な幸せの形。1対>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

脚本エグっ。なんてわかり辛い人間賛歌なんだ。

南部のガッチガチな保守のポンコツっぷりを、また10-0でボコるだけのイデオロギー映画なのかな?と思って観てたんですけど、ちょっと違いましたね。9ボコって
>>続きを読む

婚礼(2016年製作の映画)

4.6

MyFFF2018@青山シアター

何が正しい、こうすべきだ、なんてことは言えませんが、僕はあの父親が言ってたことにはすごく共感できます。本物の自由って思ってるほど楽じゃない、ていうか多くの人間(弱者
>>続きを読む

1:54(2016年製作の映画)

3.5

MyFFF2018@青山シアター

なるほどー。中盤のスポコン展開は、わかりやすい物語の終息をイメージさせる(ミスリードさせる)ための引っ掛けなんですね。

ケベックの高校に通うゲイの男の子が学校でイ
>>続きを読む

ウィリー ナンバー1(2016年製作の映画)

4.3

MyFFF2018@青山シアター

面白かったなーこれ。オフビートなブラック・コメディ。なんか三浦大輔の「恋の渦」でDQNの部屋コン見せられた時みたいにヒリヒリする場面が結構あって、でも全体的にはホッ
>>続きを読む

夏が終わる前に(2017年製作の映画)

3.4

MyFFF2018@青山シアター

マージナルマン達の「終わりゆく夏」映画。
(スワッガー+アヴァ)/2+ほのぼの。
いろいろと詰めが甘い3人だけど、そこがいい。
後々郷愁にかられる場面って、意外とこ
>>続きを読む

クラッシュ・テスト(2017年製作の映画)

3.7

MyFFF2018@青山シアター

ひとりで居るのは平気。むしろ気が楽。嫌いなことは予期しないことが起こること。そんなアグラエちゃんにとって、自動車の衝突実験工場での単純労働は、天職であり生きがいなの
>>続きを読む

ヴィクトリア(2016年製作の映画)

4.1

MyFFF2018@青山シアター

箸休め的な感じで観れるラブコメディかと思ってたら、意外とややこしくて2回観るハメに。でもその2回目が面白かった。最初から無駄なシーンやセリフなんて1つもなくて、「あ
>>続きを読む

アヴァ(2017年製作の映画)

3.8

MyFFF2018@青山シアター

もうすぐ視力を失ってしまう13歳の少女アヴァの、ひと夏の成長物語(R15+)。母親役は「女っ気なし」のロール・カラミー(Victoriaにも出てるみたい)。20代の
>>続きを読む

ロックンロール(2017年製作の映画)

3.5

MyFFF2018@青山シアター

自身の老いと向き合えない中年俳優ギヨーム・カネが、「俺はまだまだロックだ(イケてる)ぜー」とジタバタする中年の危機コメディ。実生活のパートナーであるマリオン・コティ
>>続きを読む

アンダーグラウンド 完全版(1995年製作の映画)

5.0

5時間14分!通常版でカットされてるシーンに注目しながら観てきました。特に何か重要なプロットが削られてたとか、そういったことは全く感じられずー、地下生活でのヨヴァンのヌケっぷりとか、笑わせる場面が実は>>続きを読む

エンドレス・ポエトリー(2016年製作の映画)

4.5

ここにきて自由よりも秩序、集団的アイデンティティを重んじるモードに僕自身が傾いてきてるので、100%共感は出来ませんでしたけど、映画としては完全に4つ星レベルの見応えで、前作「リアリティのダンス」は凌>>続きを読む

>|