えしさんの映画レビュー・感想・評価

えし

えし

映画(533)
ドラマ(0)

アヴリルと奇妙な世界(2015年製作の映画)

3.3

猫はかわいい。

近代化が進むパリ。
不老不死の薬、血清をめぐるお話。
70年以上著名な科学者が失踪し続けている世界。科学の進歩は遅れ、蒸気機関がメインの動力だった。
そんな中、祖父と両親と離れ離れに
>>続きを読む

アラジン(2019年製作の映画)

4.0

親戚の家でSFCのアラジンよくやったな~。

船で旅する家族。
子どもたちに語りかける父親。
その話は、アラジンという心優しいコソ泥青年が若い女性を救う話で…

お金かかってるな~。
子供の時にアニメ
>>続きを読む

アンダー・ザ・シルバーレイク(2018年製作の映画)

3.0

小ネタは興味深いけど…

ロサンゼルスの端にあるシルバーレイクという場所に住む主人公は、アパートの家賃すら滞納しているイケメン駄目男。
ある日アパートのベランダから下のプールを覗いていると、好みの水着
>>続きを読む

女王陛下のお気に入り(2018年製作の映画)

3.6

悲しいバカ殿みたいな。

18世紀イギリス。
女王の統治下のこの国で、女王の寵愛をうけ公私にわたり絶大な力を誇っていたサラ。
彼女のもとへ、親戚の女アビゲイルが頼って職を求めた。
下女として下働きをし
>>続きを読む

チューリップ・フィーバー 肖像画に秘めた愛(2017年製作の映画)

3.5

直立不動の兵隊。

17世紀オランダ。
香辛料で財をなした男は、孤児院から若い女を娶った。
男は前妻を流産により母子共に亡くしており、親子ほども年の離れた妻であったが愛していた。
一方妻も、両親を疫病
>>続きを読む

聖なる鹿殺し キリング・オブ・ア・セイクリッド・ディア(2017年製作の映画)

3.8

不穏すぎる。

心臓外科医の主人公は、美人な妻、女の子と男の子に恵まれ、4人で邸宅で暮らしていた。
元患者の息子マーティンと親しくする主人公は、その少年を家に招き、家族に会わせてから、家族の様子は一変
>>続きを読む

おとなの恋は、まわり道(2018年製作の映画)

3.5

二酸化炭素を吐き出して植物に光合成を促したい。

リゾート婚の結婚式に出席するためセスナに乗り込もうとする2人の男女。
男は新郎の種違いの兄弟で、女は新郎の元カノというか元婚約者。
機内で隣、送迎車も
>>続きを読む

タイピスト!(2012年製作の映画)

4.5

これが「尊い」という感情なのかも。

1950年代後半のフランス。
片田舎から都会へ就職するため、保険会社の秘書に応募した若い女性が主役。
試用期間の一週間が過ぎ、クビを言い渡された彼女だったが、タイ
>>続きを読む

500ページの夢の束(2017年製作の映画)

3.3

はじめてのおつかい的な。

施設で生活をしている若い成人女性が主役。
自閉症の彼女は、スター・トレックの大ファン。
ある日、スター・トレックの脚本コンテストがあると知り執筆を始める。
郵送で送ろうとす
>>続きを読む

アリバイ・ドット・コム カンヌの不倫旅行がヒャッハー!な大騒動になった件(2017年製作の映画)

3.8

リョウとカオリの組み合わせ。

浮気などを隠すためのアリバイを工作してくれる会社、アリバイドットコム。
主人公はその社長。
ある日ふとしたきっかけで運命の出会いを果たし、彼女の実家に挨拶に伺うとそこに
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.5

ベビーシッターならぬババアシッター。

シリーズ第2弾。
彼女の父がホテルを営んでいるブラジルを訪れた主人公一行。
これを機会に主人公は彼女にプロポーズをしようと準備していたが、不発に終わる。
翌日気
>>続きを読む

真夜中のパリでヒャッハー!(2014年製作の映画)

4.0

バナナとカメのぬいぐるみ。

出版社で受付の仕事をしながら、漫画家になるという自身の夢に向かっている主人公は、今日30才の誕生日を迎えた。
友人たちと夜にパーティをしようと準備していたが、ベビーシッタ
>>続きを読む

おとなの事情(2016年製作の映画)

4.0

知らなくていいことってあるよね。

月食の夜。
3組の夫婦とバツイチの男の7人がホームパーティで集まった。
ワインを飲み食事がすすむ中、1人が全員でゲームをしようと言い出す。
スマホを机の上に置き、メ
>>続きを読む

ザ・ファブル(2019年製作の映画)

3.5

主役は安田顕なんじゃないか。

伝説の殺し屋ファブル。
ちょっと人を殺しすぎた彼は、組織のボスから1年完全休業し、一般人として生活をするように命じられた。
組織と提携している暴力団の世話になり、一軒家
>>続きを読む

いつだってやめられる 闘う名誉教授たち(2017年製作の映画)

3.7

まだ続けられる…のになぁ。

シリーズ3作目。
今度の学者ギャングたちは、未然に毒ガステロを防ぐために動き出す。

1、2作目からの伏線を一気に回収しているところが良い。
何気ないシーンがあそことつな
>>続きを読む

いつだってやめられる 10人の怒れる教授たち(2017年製作の映画)

3.5

イタリア語のまくしたてる感じが気持ちいい。

1作目で痛い目にあった学者ギャングの面々だったが、警察から合法ドラッグの撲滅のために協力すれば無罪放免してもらえるということで、再び彼らは集結。

新たに
>>続きを読む

いつだってやめられる 7人の危ない教授たち(2014年製作の映画)

3.8

ソウスリャナンデモキープイットイージー。

大学の予算削減の煽りを受け、失業してしまった天才神経生物学者。
困窮した彼は、かつての学者仲間に声をかけ合法ドラッグをクラブで売りさばくことを思いつく。
>>続きを読む

ロケットマン(2019年製作の映画)

3.6

江戸川コナンと名付け方一緒なのか。

稀代のヒットメイカー、エルトンジョンの生涯を描いた作品。

幼い頃からピアノの天才であったが、家庭環境が最悪。
親の愛に飢えている、ただハグしてほしいそんな少年が
>>続きを読む

アナと世界の終わり(2017年製作の映画)

3.7

コーンフレークやないか。

父子家庭で育った女子高生のアナ。
高校卒業後の進路で父と喧嘩したクリスマス前の22日。学校の用務員をしている父は校内のクリスマスイベントに。
アナはバイト先のボウリング場で
>>続きを読む

ハリウッド 1969 シャロン・テートの亡霊(2019年製作の映画)

1.4

これは…もうひとつのワンスアポンアタイムインハリウッドなのか。

ロマンポランスキー邸で起こった惨殺、シャロンテート事件を題材にしたスリラー映画。

悪趣味。
別に実際の名前使わないで、普通のスリラー
>>続きを読む

パラサイト 半地下の家族(2019年製作の映画)

3.7

浜村淳が憎い。

家族全員仕事がなく、ピザ箱を組み立てる内職でその日暮らしをしている父母息子娘の4人。
その家族のもとに、息子の友人が訪ねてくる。優秀な大学生である彼は留学予定であり、バイト先の家庭教
>>続きを読む

ディリリとパリの時間旅行(2018年製作の映画)

3.5

声聞くとすぐ斎藤工ってわかるよね。

ベルエポックのパリ。
密航しニューカレドニアからパリへやってきた少女ディリリは、配達人の青年と仲良くなる。
街は少女が連続して誘拐される事件がおこっており、2人は
>>続きを読む

ジョーカー(2019年製作の映画)

3.5

人生うまいこといかないおじさん、壊れる。

80年代っぽい雰囲気の荒れたゴッサムシティ。
そこで生活をしているアーサーという男は、ピエロとして生計を立てており、コメディアンとして成功することを夢見てい
>>続きを読む

ワンス・アポン・ア・タイム・イン・ハリウッド(2019年製作の映画)

3.6

ハッシュは名曲よな。

1960年代後半、落ち目の西部劇俳優とその専属スタントマンの2人が主人公。

面白いといえば面白かったのだけれど、何がどう良かったのかが伝えづらい作品かなぁと。
シャロンテート
>>続きを読む

チャイルド・プレイ(2019年製作の映画)

3.5

え、これターミネーターのはじまりですか?

大人気AI人形バディ。
新型発表を控えた時期に、一体のバディがショッピングセンタに返品されてきた。
返品受付のシングルマザーは、その不良品のバディをちょろま
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ 2U(2019年製作の映画)

3.5

1作目と映画のジャンルが違う…?

1作目のループを脱した次の日の続き。
カーターのルームメイトのアジア人の彼の身にタイムループが降りかかる。

監督の好みの映画がよくわかる作品だなぁ。
1作目では謎
>>続きを読む

ハッピー・デス・デイ(2017年製作の映画)

3.9

プルプルの金髪ビッチがぶっ殺されるお決まりのスプラッター…とは限らない。

尻軽女子大生の主人公が目を覚ますと男子寮の一室だった。
その日は誕生日だったが、昨晩しこたま酒を飲んでめちゃくちゃ二日酔いで
>>続きを読む

ヒックとドラゴン 聖地への冒険(2019年製作の映画)

4.5

見事3部作をキレイに締めたね。

ヒックとドラゴン劇場版3。
ヴァイキングのヒックはドラゴンと人間が共生しているバーク島の長。
ドラゴンハンターからドラゴンを解放し保護する活動をしていたが、バーク島が
>>続きを読む

ヒックとドラゴン2(2014年製作の映画)

4.0

羊の存在。

1作目から5年経ち、主人公達が暮らすバーク島はドラゴンと人間が共生する場所へ変貌を遂げていた。
20歳になった主人公のヒックは相変わらず相棒のトゥースと世界を飛び回っていた。
そんな彼に
>>続きを読む

ヒックとドラゴン(2010年製作の映画)

4.2

黒猫ドラゴン。

ヴァイキングの集落は度々ドラゴンに襲われ、食料を奪われていた。
そのため対ドラゴンをすべく、武力で対抗していた。
村の若者ヒックは村の長の息子であるが、まだ戦士として認められていない
>>続きを読む

シティーハンター THE MOVIE 史上最香のミッション(2018年製作の映画)

4.0

今年はシティハンター年だったなぁ。

嗅いだ相手を惚れさせる香水の警護を頼まれたシティハンター。
しかし、それを奪われ取り返すべく奮闘するお話。

これは愛あふれる実写化。
ここまでキャストがばっちり
>>続きを読む

サスペリア(2018年製作の映画)

3.8

亀甲縛り暗黒舞踊
装苑みたいな人たち
花とゆめというよりはヤングアニマル
怖くはないが気色悪い
ネオンデーモン観た後みたい
トムヨークらしさはあるがあのゴブリンのインパクトは超えない
なんかわからんが
>>続きを読む

機動戦士ガンダム(1981年製作の映画)

4.2

チンペイとたかじんという組み合わせのライリー。

「人類が増えすぎた人口を宇宙に移民させるようになって、既に半世紀が過ぎていた。地球の周りの巨大な人工都市は人類の第二の故郷となり、人々はそこで子を産み
>>続きを読む

サスペリア(1977年製作の映画)

3.3

あれ?あんまり怖くないな。

NYからドイツにあるバレエ学校へ入学するためにやってきた主人公。
大雨の中タクシーで学校へたどり着いたが、ひとりの女性が学校から飛び出し、出ていってしまった。その後すぐに
>>続きを読む

The Strange Thing About the Johnsons(原題)(2011年製作の映画)

3.8

蛍の光の激しさ。

ベッドで自慰行為に励む少年。
そこへ入ってきた父親。
少年が握りしめていた写真は…

臭いものに蓋をする。
見たくないものは見て見ぬふりする。
人間の防御本能だろうし、それがいい方
>>続きを読む

映画 すみっコぐらし とびだす絵本とひみつのコ(2019年製作の映画)

4.0

なんだこのヌクモリは。

物語の絵本の中に吸い込まれたすみっコたちが、ヒヨコのおうちを探すお話。

なんてことないお話のように思える。
なのに…なのに何故か心打たれ俺は涙を流しているのだろう。
君も一
>>続きを読む

>|