えしさんの映画レビュー・感想・評価

えし

えし

2018年上半期で173本鑑賞。気軽に映画の話を話しかけてください。

映画(407)
ドラマ(0)

The ショートフィルムズ/みんな、はじめはコドモだった(2008年製作の映画)

3.0

マイルーラという呪文。

崔監督の『ダイコン』のみ視聴。
ある家庭の事情をダイニングテーブルを中心に映し出すお話。

樹木希林と小泉今日子の掛け合いを楽しむお話。
2008年の流行や世相が懐かしい。
>>続きを読む

ブリグズビー・ベア(2017年製作の映画)

3.9

クマの頭部が最高にイカしてる。

25歳の男性である主人公は、両親と共にシェルターのような家でずっと暮らしていた。
両親から外出を禁じられていた彼の唯一の外界との関わりは、教育チャンネルでやっていそう
>>続きを読む

機動戦士ガンダムUC/episode2 赤い彗星(2010年製作の映画)

3.8

サザビ…シナンジュ最高だな。

副題通り赤い彗星の再来たるフル・フロンタルがユニコーンガンダム相手に大暴れする本作第2弾。

まんまシャアであるフル・フロンタルも気になる展開であるが、リディ・マーセナ
>>続きを読む

スカイスクレイパー(2018年製作の映画)

3.8

ここ1ヶ月でネーヴキャンベルを2回観る。

海兵隊の作戦の末、義足となったザ・ロック様が、超高層ビルの管理人に。
嫁さんと子ども2人と共に住まう準備をしはじめているその日にテロリストに襲われて…

>>続きを読む

機動戦士ガンダムUC/episode1 ユニコーンの日(2010年製作の映画)

4.0

最高の第1話。

コロニーと呼ばれる宇宙に浮かぶ円筒形の住居空間。
そこに住む高専生である主人公バナージは、宙から落ちてきた謎の少女オードリーを救い、出会う。
彼女には行かなくてはならない場所があり…
>>続きを読む

三度目の殺人(2017年製作の映画)

3.8

飛びたったカナリア。

殺人の前科のある男が、河川敷で男を殺害。遺体を焼いたとして起訴される。
犯行を自供し、前科があるため死刑はほぼ確実。
そこをなんとか無期懲役にまで落とせないかと弁護士は動き出す
>>続きを読む

マンハント(2018年製作の映画)

3.0

こういう白い鳩の飛ばし方かぁ。

製薬会社の顧問弁護士の主人公は、会社のパーティの次の日、朝目を覚ますと社長秘書の女性の遺体が自らの真横に。
こりゃハメられたなとわかった主人公は、逃亡。
大阪府警の刑
>>続きを読む

散り椿(2018年製作の映画)

3.4

麻生久美子のデコルテの美しさ。

藩の不正を訴え出たが認められず、脱藩浪人として京で妻と暮らしていた主人公。
妻が病に倒れ亡くなる前に残した遺言により、藩に舞い戻ることに。
義理の弟妹の家に世話になる
>>続きを読む

スクリーム(1996年製作の映画)

3.8

トリスペリングで十分よ。

カリフォルニアのウッズボローという田舎町。1年前に母を強姦された上に殺された主人公の女子高生は、同級生カップルがナイフで惨殺された翌日、警察から聴取を受けたり、マスコミから
>>続きを読む

AMY エイミー(2015年製作の映画)

4.0

あけすけ。

夭折した歌手エイミーワインハウスのドキュメンタリー。
彼女のデビュー前の映像から亡くなるまでをまとめている。

今作観るまでエイミーワインハウスのイメージといえば、歌は上手いけれどお騒が
>>続きを読む

マイマイ新子と千年の魔法(2009年製作の映画)

3.8

バックギャモンに興じる1000年前。

昭和30年山口県防府。
麦畑の広がる田舎にマイマイ(つむじ)がおでこにある新子という空想にふける小学生がいた。
おじいちゃん子の彼女は1000年もの昔にそこにあ
>>続きを読む

君よ憤怒の河を渉れ(1976年製作の映画)

3.5

キ…キ○ガイ病院…

1970年代半ば、新宿で1人の男が強盗傷害容疑で逮捕される。
その男は単独捜査をしていた検事であり、その容疑も身に覚えのないものだったが、物的証拠が次々と見つかり、何者かに完璧に
>>続きを読む

テイク8(2015年製作の映画)

3.5

『カメラを止めるな!』の源流。

結婚式場で映画撮影を行うクルーたち。
新郎新婦役の撮影も順調に進んで、あとは結婚を反対していた新婦父親役が現れるシーンで終わるというところまできた。
しかし、ブッキン
>>続きを読む

AIR/エアー(2015年製作の映画)

3.0

布団圧縮袋。

近未来的世界。
地球の大気が汚染され、生身の人間が地上で生活できなくなった。
アメリカ政府は優秀な人材、学問のスペシャリストをコールドスリープさせて、大気汚染から回復した後の次世代へと
>>続きを読む

映画 夜空はいつでも最高密度の青色だ(2016年製作の映画)

3.5

湿っぽい日本らしいロストイントランスレーション。

東京で工事現場で資材を運ぶ作業員をしている男。
東京で昼は看護士、夜はガールズバーで働く女。
東京の片隅で起こる出来事を紡いでいくお話。

独特な詩
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:Q(2012年製作の映画)

3.8

将棋を打つ←間違ってると言い切れない表現だけど、指す原理主義者からは激怒される案件。

あらすじ…は書けない。

冒頭の展開で?が頭の中を舞う観客。
明らかにされていく真実。
ディストピアなエゥーゴv
>>続きを読む

巨神兵東京に現わる(2012年製作の映画)

3.3

巨神兵=エヴァみたいなところあるか。

林原めぐみの独白、10分間のお話。
ネタバレも何もタイトル通りのことが起こるだけです。
東京の街並みを気持ちいいくらい壊していく巨神兵がただただ流れていきます。
>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:破(2009年製作の映画)

3.8

坂本真綾の「23時の音楽」は名盤。

新劇場版第2弾。
第1弾の序がテレビ版を踏襲したものであったのに対して、新キャラのマリが加わったり、アスカの苗字が変わっていたり、細かい変更がなされた本作。

>>続きを読む

ヱヴァンゲリヲン新劇場版:序(2007年製作の映画)

4.0

ミサトさんのエバーという言い方。

セカンドインパクトという未曾有の大災害で世界の人口が半分になった世界。
それから15年。
14歳の少年シンジは、離れて暮らしていた父から呼び寄せられる。
特務機関ネ
>>続きを読む

亜人(2017年製作の映画)

3.9

ゲッゲリローゲッゲゲリロー。

死んでも何度でも蘇る人間、亜人。
主人公は、研修医として働いていたが交通事故に遭った時に復活する様子を大衆に見つかった。
そして日本で3番目に発見された亜人として政府に
>>続きを読む

ヒーローマニア 生活(2016年製作の映画)

2.5

原作の漫画は面白そう。

日本のどこか堂堂市。
荒れに荒れている、なごみ商店街で自警団を結成した冴えないコンビニ店員の主人公と下着ドロの青年。
そこに若者殴り魔のおじさんと下着を盗られた女が加わり、自
>>続きを読む

ヒルコ 妖怪ハンター(1991年製作の映画)

3.4

90年代初頭、まだジュリーが細い。

主人公はかつて新進気鋭の考古学者であったが、古墳について新説を発表することで学会を追放されていた。
そんな主人公のもとへ一通の手紙が届いた。
手紙の主を訪ねるが行
>>続きを読む

カメラを止めるな!(2017年製作の映画)

4.5

TOHOシネマズ梅田スクリーン1、800人近く入る劇場のレイトショーで満席とか。

寂れた浄水場跡地に、ゾンビ映画を撮りにきた撮影クルーたち。
熱血監督は機嫌が悪く、演者の演技が気に入らない。監督のあ
>>続きを読む

ゾンビーノ(2006年製作の映画)

3.3

ブラックコメディ…なのか?

放射能の影響でゾンビが溢れた世界。
ゾンビ戦争の末、ゾムコン社がゾンビをおとなしくさせる装置を開発。
町の周囲をフェンスで覆い、町を安全地帯とし、ゾンビを奴隷化ペット化さ
>>続きを読む

トレジャーハンター・クミコ(2014年製作の映画)

3.5

ミネソタのアレ。

日本の29歳の疲れた発達障害気味のお茶汲みOLクミコは、ウサギと暮らしている。
彼女には趣味があり、VHSの映画『ファーゴ』を繰り返し観て、作中の雪の中に埋められた大金のありかを特
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.8

ザ祈祷バトル。

のどかな田舎村・コクソンで村民の不審死が連続して起こる。
加害者と思われる村民は皆肌がただれ正気を失い、身内を手にかけていたのだった。
主人公は妻と娘と母の4人家族である村の警察官。
>>続きを読む

ゾンビ大陸 アフリカン(2010年製作の映画)

3.4

なんじゃこの邦題は…

アフリカ大陸でゾンビが大量に発生。
米軍の軍用機で大陸から脱出を図った主人公一行だったが、機内で感染者が現れ混乱。さらにガス欠で海へ墜落してしまう。
もう1人の主人公は、西アフ
>>続きを読む

ネオン・デーモン(2016年製作の映画)

3.5

蠢く狂気と美の世界。

16歳だが19歳と偽りモーテルを住まいにし、LAでモデルとして活動を始めた主人公。
モデルの世界は一筋縄ではいかない、一癖も二癖もある人々で構成されており、年齢を偽るよう求めた
>>続きを読む

タイムズ・スクエア(1980年製作の映画)

3.5

ニューヨークの病巣。

NY市長の娘は内向的な性格だからか疎まれてか、それとも父親の意のままにならないからか、父親から神経科へ入院させられる。
もう1人の主人公は斜視で札付きの不良少女で、ヘタクソなギ
>>続きを読む

プールサイド・デイズ(2013年製作の映画)

4.0

おばちゃんの胸元に目がいくのが悔しい。

母親の彼氏に連れられて海のそばのコテージにやってきた14歳の主人公は、案の定酷い夏休みを過ごしていた。
母親の彼氏からのアタリは強いし、その娘もいけ好かない。
>>続きを読む

勝手にふるえてろ(2017年製作の映画)

3.4

イマジナリーフレンド。

上京OL24歳のヨシカはアンモナイトを愛して止まないいわゆる一風変わった子。
中学時代片思いをしていたイチという男の子と脳内で恋愛するくらい恋愛経験もなかった。
そんな中、会
>>続きを読む

ドラゴン・ウォーズ 戦士と邪悪な民(2017年製作の映画)

1.7

80年代のファミコンのファンタジーもののストーリーみたいな。

ドラゴンを倒すためにおくられた騎士たち。12人いた仲間も倒れていき、残すは3人のみ。
それでもドラゴンを追いかけ、城へ向かうと村民がゾン
>>続きを読む

14の夜(2016年製作の映画)

3.9

ダブルフロントライト。

1987年中3の主人公は、思春期真っ盛り。
柔道部の冴えない仲間と冴えないやりとりをしていた。
自分よりもスクールカーストが下であると思っていた映画研究会の面々も、自主制作の
>>続きを読む

ユージュアル・サスペクツ(1995年製作の映画)

3.9

小林弁護士 成功 財産 力。

カリフォルニアの港で麻薬密輸船が爆発炎上。船の内部や周囲に銃殺された遺体がゴロゴロ。
その事件で、唯一の生き残りである身柄拘束中の詐欺師を捜査官が尋問することになる。詐
>>続きを読む

存在の耐えられない軽さ(1988年製作の映画)

3.6

ウスボカシなどいらぬ。いらぬのじゃ。

1960年代後半のチェコスロバキア・プラハ。
主人公の脳外科医は凄腕だが、そこら中の女に手をつけるプレイボーイ。
ある日出張手術のため訪れた田舎町でウェイトレス
>>続きを読む

泣き虫しょったんの奇跡(2018年製作の映画)

3.5

チョイ役はホリプロにおまかせ…なのか。

26歳という将棋棋士になるためのデッドライン。
1度は敗れたプロ棋士の夢を叶えるためプロ編入試験に挑むお話。

ストーリーがもうわかっちゃってる話であるゆえに
>>続きを読む

>|