スピードスターさんの映画レビュー・感想・評価

スピードスター

スピードスター

SF、サスペンス好き。鑑賞直後は勢いで高評価にしてしまう傾向あり。後で冷静になり評価を下方修正する傾向あり。

トイ・ストーリー(1995年製作の映画)

3.7

誕生日やクリスマスにご主人様(子供)がプレゼントにオモチャを貰ってしまったら、自分の立場が脅かされるかもとソワソワするオモチャ達が可愛らしい。

彼らの仲間意識や、「お気に入り」の地位を奪われた末の嫉
>>続きを読む

美味しい美女(2017年製作の映画)

3.3

人肉好きの男がベジタリアンの隣人に恋するお話。

ゴア描写を排除し極力ポップに描いているので、構えずに楽しめるカニバリズム映画です。

強烈な色使いをそれなりに見せちゃうセンスは、寒色系の服が多い自分
>>続きを読む

お嬢さん(2016年製作の映画)

4.0

18歳以上の方なら是非観て頂きたい。ミステリー目的でもコメディ目的でもエロ目的でも…。入口は何処でもOK!
まとめて面白いです。これぞ大人の特権です(笑)

エロ描写を控えればR-18を回避できたんじ
>>続きを読む

スリー・ビルボード(2017年製作の映画)

4.2

娘を惨殺した犯人がなかなか捕まらない事に業を煮やした母親が、町外れの看板に地元警察を批判する広告を出す…。

看板をめぐって綴られる様々な人物の視点を通した物語にクスッとしたりウルッとしたり。その神の
>>続きを読む

嘘を愛する女(2018年製作の映画)

2.1

鑑賞中は周りですすり泣く声が聞こえたりと感動的だった模様の本作ですが、正直退屈でした。1時間で終わるテレビドラマの内容を引き延ばして2時間の映画にした様な薄さ。

それさっき説明したよね?見たよね?っ
>>続きを読む

デトロイト(2017年製作の映画)

4.0

『なんちゃって家族』でチ○コ腫らしてたお茶目なウィル・ポールターがこんなに憎たらしくなるなんて!
ホントに素晴らしい演技でした。

お恥ずかしながら本作の題材になったアルジェ・モーテル事件を知らない上
>>続きを読む

クリープ 2(2017年製作の映画)

3.5

変態で気持ちわりーおっさんを追ったPOV作品第2弾。

今回のターゲットは再生回数の少ないユーチューバー。いい絵が撮りたいので根性があり、おっさんの意味不明な言動や行動にも動じない。

おっさんが若い
>>続きを読む

クリープ(原題)(2014年製作の映画)

3.0

映像作家がある男からの依頼を受ける。余命わずからしく、もうすぐ生まれる子供のためにビデオメッセージを撮影して欲しいとの事。しかしこの男、何かが変だ…。

気持ちわりー!!
コレ80年代に所謂ファウンド
>>続きを読む

マンチェスター・バイ・ザ・シー(2016年製作の映画)

3.8

無愛想で客からの評判が悪い便利屋リー。
そんな彼に兄が亡くなったとの連絡が。
生まれ故郷のマンチェスター・バイ・ザ・シーに戻ると、弁護士から甥の後見人に選出された事を知る…。

落ち着いたトーンでス
>>続きを読む

皆はこう呼んだ、鋼鉄ジーグ(2015年製作の映画)

3.1

しがないコソ泥のエンツォが警察からの逃亡中、放射性廃棄物を浴びてしまう。
何故か超人的な力を手に入れたエンツォは、手始めにATM強奪を実行する。

ヒーローもので展開もベタだけど、イタリア産なので独特
>>続きを読む

サニー 永遠の仲間たち(2011年製作の映画)

3.6

病院で偶然出会った末期癌の患者は、かつて共に青春を謳歌した仲良し女子グループ「サニー」のメンバーだった…。

「サニー」のメンバーを探す現在パートと「サニー」メンバーの青春を描く過去パートを見せるスタ
>>続きを読む

キングスマン:ゴールデン・サークル(2017年製作の映画)

3.7

やりすぎ!
この一言に尽きます。

前作の面白かった部分を踏襲し更にパワーアップ!でもやりすぎ!ぶっ飛びすぎ!

もはやSF作品を観てるかの様な何でもあり感なので、何が起きても動じなくなってしまう。こ
>>続きを読む

IT/イット “それ”が見えたら、終わり。(2017年製作の映画)

3.2

「ホラー版スタンドバイミー」
本作に関してこのフレーズをよく聞きましたが、ホントその通りです(笑)

世代ドンピシャではないけど、80年代のゴテゴテにカッコいい時計や自転車などのガジェット類がノスタル
>>続きを読む

パージ(2013年製作の映画)

2.8

年に一度、どんな犯罪も許される法律『パージ法』。人々が狂暴性を解放する夜、最高のセキュリティを誇る家に住む家族は無事でいられるのか?

「安全な夜を」が合言葉のパージ法は素晴らしい法律(映画的に)なの
>>続きを読む

7番房の奇跡(2013年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

知的障害者の父と可愛らしい子供。
あざとい演出。感動的なBGM…。

私も人間なので、こんなに泣かせ要素てんこ盛りで泣かない訳がない!(笑)
しかし違和感。ファンタジーなのかリアルなドラマなのかハッキ
>>続きを読む

光をくれた人(2016年製作の映画)

3.7

孤島で暮らす灯台守の夫とその妻。2度の流産で失意の中にいた夫婦のもとに、一艘のボートが流れ着く。ボートには赤ちゃんとその父親らしき男の遺体。
夫婦は赤ちゃんをルーシーと名付け育て始めるが、ルーシーの本
>>続きを読む

アシュラ(2016年製作の映画)

4.1

私利私欲の為悪事の限りを尽くす悪徳市長と、どんな手を使ってでも市長を告発しようとする検事。2つの力に挟まれる主人公もまた、悪事に手を染める刑事。
韓国映画お得意の暴力描写と、たがが外れた人間達が織り成
>>続きを読む

ミッドナイト・イン・パリ(2011年製作の映画)

3.4

真夜中のパリで迷い込んだ場所は、かつてのアーティストが集う社交場だった。

ウディ・アレンらしいちょっとシニカルなコメディなのですが、全編に漂う雰囲気がなんか好きだなあ。

ピカソやヘミングウェイ、ダ
>>続きを読む

タッカーとデイル 史上最悪にツイてないヤツら(2010年製作の映画)

3.7

勘違い&自滅系ホラー!

湖畔にキャンプに来た大学生グループが、オッサン2人組を殺人鬼だと勘違いして襲いかかる!そして自滅!
襲撃シーンの勢いが好き。

見た目だけで極悪人だと決めつける女子大生に一目
>>続きを読む

スター・ウォーズ/最後のジェダイ(2017年製作の映画)

3.8

世界的お祭りイベントに参加できる喜びを噛み締めながら観て参りましたよスペースオペラ!お馴染みのオープニングシークエンスに鳥肌立ちっぱなしでした。

そして流石の超大作。2本分の映画を一気に観た様なボリ
>>続きを読む

バトルフロント(2013年製作の映画)

3.4

ある事件をきっかけに麻薬捜査官を辞め、娘と田舎で穏やかに暮らしはじめた男。
しかし、学校での子ども同士のトラブルから、命を脅かす危機に巻き込まれていく…

舐めてた相手が実はジェイソン・ステイサムだっ
>>続きを読む

gifted/ギフテッド(2017年製作の映画)

3.6

マーク・ウェブがスパイダーマンを撮ると言う冗談みたいなプロジェクト(私は好きですアメスパ)も終わり、プレッシャーから解放された彼の新作は個人的に楽しみにしていました。お帰りマーク・ウェブ!

金曜日は
>>続きを読む

怒り(2016年製作の映画)

2.9

このレビューはネタバレを含みます

夫婦を殺害し逃亡中の容疑者をめぐる群像劇。

人を信じるに至るまでの描写が浅いから、各パートの彼らの慟哭が唐突な印象だった。

素性の知れない人を簡単に信じちゃうんだから、そりゃあ簡単に疑っちゃうよね
>>続きを読む

哭声 コクソン(2016年製作の映画)

3.6

このレビューはネタバレを含みます

「チェイサー」みたいなクライムサスペンスを期待していたのに、スピリチュアルな展開へまさかの方向転換!
あ〜そっち行っちゃうのね〜…。と残念な気持ちでエンディング。

しかし、腑に落ちない部分があったの
>>続きを読む

ナイスガイズ!(2016年製作の映画)

3.5

シングルファーザーで酒浸りのダメ探偵が巨大な陰謀に巻き込まれるお話。

これが「ラ・ラ・ランド」でセクシーに「City of stars」歌ってたあのライアン・ゴズリングなの?
ヘタレっぷりが振り切れ
>>続きを読む

高慢と偏見とゾンビ(2015年製作の映画)

3.3

「不朽の名作、感染」

素晴らしいキャッチフレーズですね。
名作をゾンビ・ジャンルに引きずり込む訳ですから内容も突き抜けてるのかと思いきや、そこはマジメに「高慢と偏見」(笑)

今作での注目シーンは、
>>続きを読む

ダークナイト ライジング(2012年製作の映画)

3.7

3部作完結編。
アン・ハサウェイやジョセフ・ゴードン=レビットなどが参戦。豪華ですね。

ストーリーについては象徴的な場面が大味な印象。
詳しくはネタバレになるので避けますが、
正直「おいおい」みたい
>>続きを読む

ダークナイト(2008年製作の映画)

4.5

ノーラン版バットマン3部作2作目。にして至高。超がつく傑作である。

最初の銀行強盗シーンからラストシーンまで息つく暇もない展開。善と悪の対決と言うシンプルな構成ながら、予測不能なストーリーと俳優の魅
>>続きを読む

バットマン ビギンズ(2005年製作の映画)

3.4

クリストファー・ノーランが手がけるバットマン3部作の1作目。

大富豪の御曹司であるブルース・ウェインが、何故にバットマンに扮し悪と戦う事になったのかを描く。

後の2作に比べると地味な印象だけど、本
>>続きを読む

世界一キライなあなたに(2015年製作の映画)

3.6

「Me before you」
鑑賞後に色んな解釈ができる原題ステキ。
反してこの邦題。知性のかけらも感じないし、世界一キライ!って描写あった?
キライなのはこの最悪な邦題ですよ。

そんな事はどうで
>>続きを読む

フォックスキャッチャー(2014年製作の映画)

3.9

テフロン加工で有名なデュポンの御曹司がマッチョな妄想を実現する過程で狂気に囚われていくお話。かな?
一言で説明するのはムリですね…。

まぁとにかく俳優陣が凄い。どころかチャニング・テイタム以外は知ら
>>続きを読む

ラスト・シフト/最期の夜勤(2014年製作の映画)

2.8

女性新人警官の初勤務は閉鎖が決まった警察署の深夜警備。仕事内容の説明も程々にさっさと帰る酷い上司。
何が起ころうと任務を全うしようとする健気な女性のお仕事ムービー!

お化け屋敷みたいに次々と襲いかか
>>続きを読む

フリー・ファイヤー(2016年製作の映画)

2.5

このレビューはネタバレを含みます

敵味方が銃口を向け合いながらこう着状態が続く(最近知ったのですが、この状態をメキシカン・スタンド・オフって言うらしいですね。カッコいいネーミング)なか、粋な会話で物語が進むタランティーノ的なモノを期待>>続きを読む

ヴィオレッタ(2011年製作の映画)

3.3

女性写真家が幼い実娘のヌード写真集を発売。「アートか児童ポルノか」の大論争を巻き起こす実話をもとにした物語。
しかも本作の監督は、被写体であった娘という、なかなかセンセーショナルな作品。

承認欲求や
>>続きを読む

COP CAR コップ・カー(2015年製作の映画)

3.6

悪徳警察官が勤務中に死体処理している間に、悪ガキがパトカーを盗んで走り出す!
悪事がバレたくない警察官と無邪気な悪ガキ達の逃走劇が始まる…。

本人達はいたって大真面目なんだけど、その必死さが第三者か
>>続きを読む

スラムドッグ$ミリオネア(2008年製作の映画)

2.9

スラムに生れながらも貪欲な知的好奇心で勉学に励み、偶然出会った知識層の紳士にその直向きな向学心を認められ、
「君、学校へ行ってみないか?」
「学校に…行きたいです…!」
数年後、遂に彼はクイズミリオネ
>>続きを読む

>|