MamoruYoshinoさんの映画レビュー・感想・評価

MamoruYoshino

MamoruYoshino

お馬鹿で楽しい感じの映画か、極端に暗い感じの映画が好きです。
ベスト10は「大好きなお馬鹿映画10選」です。

映画(140)
ドラマ(6)

ペパーミント・キャンディー(1999年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

バッドエンドは最初に知らされていて、そこから切ない喪失の半生を逆再生。
そんな中で"人生は美しい"と言わせてしまうのだから、これは壮大な映画だと思う。

ワイルド・アニマル(1997年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

ほどよいB級感がとびきりクールだったと思う。
ただ、公園の彫刻を削るのとサバで刺殺するのはいただけない笑

知らなすぎた男(1998年製作の映画)

3.0

この手のコメディとしては上品過ぎるかなと思いました。

オールド・ボーイ(2003年製作の映画)

4.0

音楽が圧倒的に好きです。
エグさは評判通りで、韓国映画ならではのグロ描写もメンタル攻撃も健在。
ただ、催眠術、便利過ぎませんかね。
あと、書き文字にも字幕が欲しかった。

ゾンビデオ(2011年製作の映画)

2.5

ゾンビ愛はあるのかもしれないけど、致命的に好みじゃない。

コースト・ガード(2001年製作の映画)

3.7

敵国が出てこないのに戦争しちゃっているというアイロニーがヤバい。
軍隊の整列とかにコミカルさを感じてしまうのは、日本に兵役がないからなのか、監督の意図なのか、独特の雰囲気。

レッド・ファミリー(2013年製作の映画)

4.5

このレビューはネタバレを含みます

冷酷な上司役を演じきれなくなってくる班長が可愛すぎる。
この愛すべき擬似家族が幸せになるエンドはなかったのだろうかと思案するも、そっちはそっちで映画として陳腐なものになってしまうんだろうなあ。

親切なクムジャさん(2005年製作の映画)

3.8

ちょっとしたダークヒーロー(ヒロイン)なクムジャさん。
シナリオは普通なんだけど、とにかく見せ方が上手いと感じた映画。

ラスベガスをぶっつぶせ(2008年製作の映画)

4.0

YPPAHとかBGMの選曲が自分のiTunesとかぶりまくっていて途中泣きそうになりました。
ここまで頭良かったら人生楽しいのになっていう妄想を映像化させたような、色々羨ましくなる映画。

ロンドンゾンビ紀行(2012年製作の映画)

3.8

やっぱりゾンビ一体一体はこれくらい弱くてゆっくりでないと。
シリアス度が低いから、味方犠牲者も少ないので、お年寄りでも安心して観られますね。

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

4.2

ふつうに良い映画でびっくりしました‼︎
薄めたら3本くらい映画撮れるんじゃないかっていうくらいのイベント盛りだくさんな欲張りセット。
よくあのパパで、あんなきれいな心の女の子が育ったなあと。
そして、
>>続きを読む

ドーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

3.8

観れば観るほど陽気な映画としての印象が強くなります。全力疾走するエキストラに加わりたい。

主人公は僕だった(2006年製作の映画)

4.0

ジム・キャリーが主人公やりそうなストーリーだなと思いましたが、そこは全くふざけないウィル・フェレルが新鮮で、なおかつしっくりきてて魅力的でした。
脇を固める助演陣や音楽も良かったです。

過去のない男(2002年製作の映画)

2.7

雰囲気は大好きです。
でも、主人公とヒロインに魅力を感じられなかったし、音楽シーンが冗長過ぎたように思えます。

嘆きのピエタ(2012年製作の映画)

3.7

このレビューはネタバレを含みます

主人公は完全に確実に悪い奴なんですが、母の愛に飢えているという一点のみにおいて同情の余地があって、その一点だけで一気に感情移入させてしまうという構成力や演技力の力を感じました。
マザーファッカーなシー
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.3

ZQNを扱った映画では暫定第1位かと。

ショッピングモールに基地を作った集団のヒャッハー男性陣の演技、「終末の世界だから人格までマッドになっちゃってるだろ俺?」みたいな感じが受け入れられなかった。嫌
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.5

視覚的にも音楽的にも美しい作品でしたが、動物好きにとっては目を覆いたくなるシーンが多かったのがつらいところでした。

ゾンビ・ガール(2014年製作の映画)

3.6

安心して観られるノリのホラーコメディ。
いくら美人でも性格の悪いアンデッドとは付き合いたくないなと思った。
喋ることができて、思考能力もハッキリしていて、(たぶん)走れるあたり、そんなゾンビ感は無いか
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.8

期待通りのおバカムービー。
随所でおばあちゃんが良い仕事してて笑いました。
あと、エンドロール前のカーテンコールみたいなダンスソロが大好きです。

天国の口、終りの楽園。(2001年製作の映画)

4.1

おバカなロードムービーかと思ったら、官能的で文学的でした‼︎

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.8

猟奇とか暴力とか韓国映画の得意な部分が思う存分に発揮されていて、この感じのジャンルは敵わないなぁと思いました。

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

微笑ましく幸せで、詩的な毎日なのに、どこか不穏な予感を掻き立てられてしまい、落ち着いて観ていられませんでした。
とはいえ我々人間の日常なんて、一歩間違えればどん底に陥ったり、そんなものなのかもしれませ
>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

4.0

おバカな楽曲をわりと真面目に作っていることと、カメオ出演のゲスト達がすごい豪華なので、最後まで楽しく観られました。

探検隊の栄光(2015年製作の映画)

4.0

ローファイな『トロピック・サンダー』を日本で作った感じ。
面白さは負けず劣らず、最後の最後まで楽しめました。

アタック・ザ・ブロック(2011年製作の映画)

3.5

ゆるくて、クールなんだけど、しっかりSFホラーもやってて面白かったです。
途中からエイリアンがかわいく見えてきました。

ビッグ・クラブ・パニック(2015年製作の映画)

3.3

CGがすごく子供っぽくて、なんか一周回ってやさしい気持ちになりました。
すごく時間があるひとにはオススメです。

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

4.0

犬が聡明で可愛かったことと、ヒロインが結構ビッチだったことが良かった。

THE HYBRID 鵺の仔(2015年製作の映画)

1.5

あらすじだけはそんなに悪くはなかったと思います。

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.2

ひとりひとりを見ても、全体を見ても、「何かかっこよかった‼︎」と思いました。
邦画でこう思うこと珍しいです。

恋愛ルーキーズ(2006年製作の映画)

3.0

『ナポレオン・ダイナマイト』を観た後に観たら、ジョン・へダーの演技の幅が感じられて良かった。

ペントハウス(2011年製作の映画)

3.8

ストレスなく安心して観られる良心的コメディー。

>|