MamoruYoshinoさんの映画レビュー・感想・評価

MamoruYoshino

MamoruYoshino

お馬鹿で楽しい感じの映画か、極端に暗い感じの映画が好きです。
ベスト10は「大好きなお馬鹿映画10選」です。

映画(122)
ドラマ(6)

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.3

ZQNを扱った映画では暫定第1位かと。

ショッピングモールに基地を作った集団のヒャッハー男性陣の演技、「終末の世界だから人格までマッドになっちゃってるだろ俺?」みたいな感じが受け入れられなかった。嫌
>>続きを読む

オン・ザ・ミルキー・ロード(2016年製作の映画)

3.5

視覚的にも音楽的にも美しい作品でしたが、動物好きにとっては目を覆いたくなるシーンが多かったのがつらいところでした。

ゾンビ・ガール(2014年製作の映画)

3.6

安心して観られるノリのホラーコメディ。
いくら美人でも性格の悪いアンデッドとは付き合いたくないなと思った。
喋ることができて、思考能力もハッキリしていて、(たぶん)走れるあたり、そんなゾンビ感は無いか
>>続きを読む

世界の果てまでヒャッハー!(2015年製作の映画)

3.8

期待通りのおバカムービー。
随所でおばあちゃんが良い仕事してて笑いました。
あと、エンドロール前のカーテンコールみたいなダンスソロが大好きです。

天国の口、終りの楽園。(2001年製作の映画)

4.1

おバカなロードムービーかと思ったら、官能的で文学的でした‼︎

殺人の追憶(2003年製作の映画)

3.8

猟奇とか暴力とか韓国映画の得意な部分が思う存分に発揮されていて、この感じのジャンルは敵わないなぁと思いました。

パターソン(2016年製作の映画)

4.0

微笑ましく幸せで、詩的な毎日なのに、どこか不穏な予感を掻き立てられてしまい、落ち着いて観ていられませんでした。
とはいえ我々人間の日常なんて、一歩間違えればどん底に陥ったり、そんなものなのかもしれませ
>>続きを読む

俺たち ポップスター(2016年製作の映画)

4.0

おバカな楽曲をわりと真面目に作っていることと、カメオ出演のゲスト達がすごい豪華なので、最後まで楽しく観られました。

探検隊の栄光(2015年製作の映画)

4.0

ローファイな『トロピック・サンダー』を日本で作った感じ。
面白さは負けず劣らず、最後の最後まで楽しめました。

アタック・ザ・ブロック(2011年製作の映画)

3.5

ゆるくて、クールなんだけど、しっかりSFホラーもやってて面白かったです。
途中からエイリアンがかわいく見えてきました。

ビッグ・クラブ・パニック(2015年製作の映画)

3.3

CGがすごく子供っぽくて、なんか一周回ってやさしい気持ちになりました。
すごく時間があるひとにはオススメです。

ミラクル・ニール!(2015年製作の映画)

4.0

犬が聡明で可愛かったことと、ヒロインが結構ビッチだったことが良かった。

THE HYBRID 鵺の仔(2015年製作の映画)

1.5

あらすじだけはそんなに悪くはなかったと思います。

SCOOP!(2016年製作の映画)

4.2

ひとりひとりを見ても、全体を見ても、「何かかっこよかった‼︎」と思いました。
邦画でこう思うこと珍しいです。

恋愛ルーキーズ(2006年製作の映画)

3.0

『ナポレオン・ダイナマイト』を観た後に観たら、ジョン・へダーの演技の幅が感じられて良かった。

ペントハウス(2011年製作の映画)

3.8

ストレスなく安心して観られる良心的コメディー。

俺たちニュースキャスター 史上最低!?の視聴率バトルinニューヨーク(2013年製作の映画)

3.8

スティーブ・カレル演じるお天気コーナー担当のバカさが前作よりも加速していて、やり過ぎではないのかと不安になった。

ゾンビーノ(2006年製作の映画)

4.2

心温まる作品。
原題の"Pet of the Dead"のままではいけなかったのだろうか⁇

ショーン・オブ・ザ・デッド(2004年製作の映画)

4.4

21世紀の、シリアスなものより、コミカルなものの方がロメロ原理主義への敬虔さで勝っているように思えてしまうものの典型。

バイオハザード III(2007年製作の映画)

1.8

シリーズ最強とも言えるカラスの群れ。
これはなんの映画だ⁇

バイオハザード IV アフターライフ(2010年製作の映画)

2.0

アリスが裸に布きれ一枚で、明る過ぎる実験室で目覚めるシーンが、このシリーズのアイデンティティだとわかった。
東京の街並みが出てくると少しだけ嬉しい。

マスク(1994年製作の映画)

3.9

愛犬とキャメロン・ディアスの魅力がすごい。

ブラインドネス(2008年製作の映画)

3.9

「白さ」っていうのも結構こわくできるんだなぁ、と思いました。

呪怨(2002年製作の映画)

3.8

過剰演出にちょっと笑ってしまうところがありましたが、それを差し引いても充分にこわかったです。

記憶探偵と鍵のかかった少女(2013年製作の映画)

4.2

主演のタイッサ・ファーミガの魅力、存在感にやられました。

スプライス(2008年製作の映画)

2.4

このレビューはネタバレを含みます

化物が人襲うまで90分かかりました。

そこまでの90分は思っていたよりずっと崇高なテーマの純文学(あくまでB級SF)。
ただし、ドレンを少しも美しいと思わなかったし、エルサに終始感情移入できなかった
>>続きを読む

デッドクリフ(2009年製作の映画)

3.8

このレビューはネタバレを含みます

前後半でジャンルが違います。
あれだけ仲悪いんだから、前半部の難所コースだけでも充分全滅できたかも笑

後半ジェイソンにしたいのなら、もっと見た目のインパクトがあってもいいかな......

どうでも
>>続きを読む

ファイナル・デッドサーキット 3D(2009年製作の映画)

3.6

サーキットだと、飛行機やローラーコースターより席の並び順とかどうでもよくなった感じ。

WARの歴史的名曲を、そういう感じで使っちゃいますかー。
いや、それもアリでしょ‼︎とお馬鹿映画には肩入れしてし
>>続きを読む

ワイルドなスピード! AHO MISSION(2015年製作の映画)

3.8

Amazonプライムならではの一期一会なお馬鹿ムービーチョイスに感謝しています。

俺たちステップ・ブラザース -義兄弟-(2008年製作の映画)

4.3

俺たちシリーズのお手本のような秀作。
もっとこのシリーズを量産してほしいです(関係ないパチもんは邦題変えてほしいです笑)。

>|