ふぁそらさんの映画レビュー・感想・評価

ふぁそら

ふぁそら

甘め。泣ける映画大好き人間。

映画(116)
ドラマ(0)

新感染 ファイナル・エクスプレス(2016年製作の映画)

3.0

評価が高いから見たけど不満足!!!
ウォーキング・デッドを見ている人からしたら、この作品にはあまり納得がいかないはず。

ゾンビの設定が曖昧すぎる、これが終始頭をちらつかせて、都合のいいようにゾンビを
>>続きを読む

チェイサー(2008年製作の映画)

3.6

無能すぎるやつらにただただ苛つく。
救われない。
最後の攻防戦は手に汗握る。

エスター(2009年製作の映画)

3.9

ん〜ドキドキさせられた。
子供たちが可愛すぎて、愛着湧きすぎて、尚更ドキドキした。

ドント・ブリーズ(2016年製作の映画)

3.3

最後の畳かけるようなおじいちゃんとの抗争、逆転しては逆転の連続で笑えてきた。
見てるこちらがはやくここから抜け出させてくれ、と思ってしまえるほどに。
これは映画館で見てたらおしっこ漏らしてたかもしれな
>>続きを読む

南瓜とマヨネーズ(2017年製作の映画)

3.0

登場人物全員クズしかいなくて、なんだろう、、、クズ同士絡めば起きることすべてに「まあこうなるでしょ」とツッコミを入れたくなるような。

人の期待を勝手に望んで
自分は頑張っている気になるけど、相手はつ
>>続きを読む

50回目のファースト・キス(2004年製作の映画)

4.0

実話をモチーフにしてることだけあって、想像していたような、ありがちなハッピーエンドで終わらない感じ、良い。
登場人物、みんな良い奴。
割と絶望的な題材をも、ひとつも悲しさを感じさせず常に明るい、ポジテ
>>続きを読む

永い言い訳(2016年製作の映画)

4.0

人間の汚い部分、そして芯にある愛情を目の当たりにさせられる。大切な人を見縊ってはいけない、愛する人がいない人間になってしまう、この台詞が刺さる。1人でも人を愛せば、周りの人も変わり、それに伴って心も変>>続きを読む

マイ・インターン(2015年製作の映画)

3.9

個人的にはプラダを着た悪魔のほうが好き。
最後の旦那の浮気のくだりが消化不良な感じがして。

最後に、あんなじいちゃんに私はなりたい。

8年越しの花嫁 奇跡の実話(2017年製作の映画)

3.8

土屋太鳳さんの細かい演技がリアルさを引き出していて、愛する人が急に変わり果ててしまう絶望感を面食らった。
内容自体は、奇跡の実話と題してるのでハッピーエンドへの流れが手に取るように分かってしまうのだが
>>続きを読む

ラ・ラ・ランド(2016年製作の映画)

4.0

オープニングで、な、なんだこれからどんな楽しい世界が待ってるんだ、と思いきや話の内容は夢追う人の挫折、妥協、そして成功と自分が思ってたよりも現実的。
もうちょっとストーリーが詳しく見たかったなあ、と心
>>続きを読む

ペット(2016年製作の映画)

3.3

内容はともかく、こういう軽い気持ちで見れる映画、イイね

ヒロイン失格(2015年製作の映画)

2.7

内容ぺらっぺら。
でもギャグ要素多めで観てられた。
後半真面目な展開になってからは観てられんひでえ話。

百円の恋(2014年製作の映画)

3.6

主人公の人間臭い演技が光る。
打ち込めるものは人間を変える、自分もなにかに挑戦してみようかな、と思わせてくれる映画でした。

キセキ あの日のソビト(2017年製作の映画)

3.0

このレビューはネタバレを含みます

率直な感想スッキリしない映画だなと。
良かったのは実話ってこともあって、夢を掴みかけてから何もかも失ってしまう兄の話がリアルなところ。
ん?ってなったことはまず主人公が曖昧。まあ兄弟のサクセスストーリ
>>続きを読む

シング・ストリート 未来へのうた(2016年製作の映画)

4.3

青春、いいな〜
俺もバンドつくって女の子を落すために全力を注ぎたかったな〜

湯を沸かすほどの熱い愛(2016年製作の映画)

4.6

最近見た映画の中で1番好き。

愛をもらったものが愛を返す素晴らしさ。

この世界の片隅に(2016年製作の映画)

4.0

このレビューはネタバレを含みます

のほほんとした雰囲気からいきなり転落するストーリー構成が戦争の怖さを物語らせていた

ぼくは明日、昨日のきみとデートする(2016年製作の映画)

3.8

うん、めっちゃ泣けた
設定がわかった途端、切なさが込み上がりすぎて。
それにしても小松菜奈ちゃんの役、絶対不幸にしかならないのにどうしてこの世界に来たのか、とか疑問(話聞き逃してたかもしれない)
あと
>>続きを読む

あと1センチの恋(2014年製作の映画)

3.5

話の内容的にはすれ違い方がワンパターンという(どちらかが恋人がいる)印象だった。
無理矢理感あるゴリ押しハッピーエンドもなんだかなあ。
でもコリンズがひたすら可愛かったし、笑えたし、何だかんだ楽しめた
>>続きを読む

アイアムアヒーロー(2015年製作の映画)

3.5

日本のアクションにしてはドキドキハラハラで楽しめた。

映画 聲の形(2016年製作の映画)

3.9

個性があるからこそ、関係がぎくしゃくして、それもまた人間味があるのかな、と。
あと上野さん終始イラつきました。

>|