toshikiさんの映画レビュー・感想・評価

toshiki

toshiki

コヴェナント/約束の救出(2023年製作の映画)

4.2

「必ず助けに来る」なんて言葉はなくても確かに二人の間には"約束"が交わされていた。
それは瀕死の自分を命懸けで救ってくれたアーメッドへの感謝、それからなる信頼によるものだと分かる。

あと、緊張感や悲
>>続きを読む

女優は泣かない(2023年製作の映画)

3.7

登場人物たちは至って真面目だからこそクスッと笑えるシーンも多く、すごくふんわりした映画でした。

ボーはおそれている(2023年製作の映画)

3.7

いい具合に気分が悪くなりました。

最後ボーが助けを求めるも、無視して傍観する劇中の観客がエンドロールの始まりとともにふわ~っと帰っていく様子がどこか「トゥルーマン・ショー」観たときの違和感に似ていて
>>続きを読む

ビフォア・サンライズ 恋人までの距離(1995年製作の映画)

4.3

ウィーン西駅を降りた2人の足並みがピッタリ揃っていたのが、これからの2人を表しているようだった。

とにかく会話を見て聞く映画。
2人の話す内容が想像力豊かでありながら現実的で賢い会話だから面白くて、
>>続きを読む

一月の声に歓びを刻め(2024年製作の映画)

3.4

短編3本の3部構成
第1章、第2章は物語になっていなくて、全くはまらなかった。
第3章 大阪編 ( 前田敦子 坂東龍汰 ) のモノクロで長回しでイタリアの音楽が流れたり雰囲気は良かった

「幼子
>>続きを読む

夜明けのすべて(2024年製作の映画)

4.3

しんどい時は誰かに頼って、自分が元気な時に誰かのために手を差し伸べてあげればいい。
そのぐらいでいいんだなと思った。

後輩を思って泣いてくれる、渋川清彦
ヘルメットを前後逆にかぶる、光石研
このお二
>>続きを読む

⻤太郎誕生 ゲゲゲの謎(2023年製作の映画)

3.9

今更ながら鑑賞

村の不気味さ、妖怪より怖い人間たち、
終始立ち込める不穏な空気が良かった。

理不尽に命を奪われた時ちゃんが余りに可哀想だったけど、目玉のおやじが変わっていない世の中を詫び、優しく解
>>続きを読む

「鬼滅の刃」絆の奇跡、そして柱稽古へ(2024年製作の映画)

3.8

MAN WITH A MISSION
     ✕
    milet
  「 絆ノ奇跡 」

最後の最後で聴けた
リミックス最高。

メロスたち(2023年製作の映画)

4.0

3人で演劇をする時間がものすごく楽しいし、これからもずっと続けていきたい。けど、現実はそう容易くない。
役者を追い求める曽田
自衛隊の道に進む常松
介護士を目指す石飛
それぞれが考え抜いた選択と決断を
>>続きを読む

ゴールデンカムイ(2024年製作の映画)

4.0

ロケーションに映像、照明がとにかく美しい。IMAXカメラじゃないけどまさかの全編フルサイズで尋常じゃない迫力
アクションの撮り方も好きだし、結構笑えるところもあった。

うんこだと思っている味噌を嗅が
>>続きを読む

千年女優(2001年製作の映画)

4.0

個人的に今敏監督といえば
独特な世界観とサントラなので今作でも要所要所で流れるサントラのセンスが、監督らしすぎて最高。

現在と過去の時間の操り方が秀逸だし、
何より台詞が良い。
「 私はあの人を追い
>>続きを読む

哀れなるものたち(2023年製作の映画)

4.3

何から話そう
まずはとにかく劇伴が印象的で、奇妙でありながらも各シーンでの高揚や恐れ、不安など繊細な心情を的確に表現されていて、この映画の肝に感じた。
あと、ランティモス監督らしいズームイン、ズームア
>>続きを読む

シチリア・サマー(2022年製作の映画)

4.2

「秘め事にしていれば100年だって続けられる」印象的な台詞があったけど、そもそも相手を思う想いを秘めておかなければならない時代でさえなければなと思う
まさに悲劇、こんな終わり方になるとは

花火を真下
>>続きを読む

笑いのカイブツ(2023年製作の映画)

3.9

正直、ツチヤタカユキには全く共感できないし、こっちが頭おかしくなりそう。( それぐらい岡山天音の演技が狂気的 )
自分の職場にもお礼やお詫びが言えない後輩がいるので、ツチヤにキレる人たちの気持ちが分か
>>続きを読む

ポトフ 美食家と料理人(2023年製作の映画)

3.9

あらゆる鍋を使って、
黙々と料理を作る冒頭のシーンがとにかく手さばきも完璧で美味しそうで、ずっと観ていられる。

「私はあなたにとって妻?料理人?」の問いにウージェニーが望んでいた答えであろう「料理人
>>続きを読む

スイッチ 人生最高の贈り物(2023年製作の映画)

4.1

楽しくて、笑えて、
なんて幸せな映画なんだろう

ふっと落ち着いて俯瞰して見れば、相手のことを考えられるし、自ずと自分も幸せになるだな

久々のクォンサンウが47歳で
あのムキムキは笑えてくる

ニモーナ(2023年製作の映画)

4.1

目に見える一辺だけで決めつける人間の醜さを改めて考えさせられる映画

斬新で新鮮なアニメーションも良いし、ラストシーンも好き。

劇場版 SPY×FAMILY CODE: White(2023年製作の映画)

3.7

いつも通り面白いです。
確かに面白いんだけど、
やっぱりSPY×FAMILYは家のテレビでクスクス笑いながら観るぐらいが丁度いい

枯れ葉(2023年製作の映画)

4.1

仕事を失いお金がなくても生き急ぐことなく、ゆっくりゆっくり2人で立ち直っていく過程や時間の流れ方がめちゃくちゃ好き。

仕事中に飲酒したり、平気でタバコやマッチをポイ捨てするホラッパには呆れるけどね笑

サーチライト-遊星散歩-(2022年製作の映画)

3.8

「 ヤングケアラー 」
親の世話をしている中学生が17人に1人いて、平均で10歳から世話をしている。実際の悩みは想像を絶する。

自分の時間を犠牲にしてでも母親と一緒にいたい。それでも頼れる人がいない
>>続きを読む

カラオケ行こ!(2024年製作の映画)

3.8

終始ゆる~くてクスクス笑えて楽しくて
ほのぼのする映画でした。

ぜひこの映画で初笑いを。

ハンガー・ゲーム0(2023年製作の映画)

3.9

前半~中盤はハラハラして
終盤にかけて中だるみを感じる辺りが「ハンガーゲーム観てるな~」ってなって、めっちゃ好き。

主演トム・ブライスの
金髪坊主がとにかくカッコいい

TALK TO ME/トーク・トゥ・ミー(2022年製作の映画)

3.7

「人の命で遊ぶな!」
この台詞に尽きると思う。
"生きている自分たちの"と"亡くなった方たちの"この二つをを含んだ、若者への警鐘とも取れるホラー映画でした。

度胸試しに良いことなんてないよね

PERFECT DAYS(2023年製作の映画)

4.4

ルーティンのように過ごす日々でも、毎日ちょっとずつ違って、その違いに幸せを感じながら、自分の思うperfect daysにしている様子が本当に良い。

カセットテープ屋の店長が松居大悟監督ってのもいい
>>続きを読む

>|